心理士村田 さん プロフィール

  •  
心理士村田さん: 心理士村田の女性心理学
ハンドル名心理士村田 さん
ブログタイトル心理士村田の女性心理学
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/murayoshi25251/
サイト紹介文恋愛から結婚まで、女性のための心理学です。恋愛のための心理テクニックを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2014/02/04 12:03

心理士村田 さんのブログ記事

  • シリーズ9 「内集団びいき」好きな人の仲間意識を利用する
  • 「内集団びいき」とは、自分の所属している集団・成員の方がそれ以外の集団・成員に対して、より好意的に考える傾向です。簡単に言えば、同じサークルやコミュニティに参加していると、その集団の人に比べて、好感を持たれやすいということです。一般的に「仲間意識」といわれる意識がありますが、これをイメージすれば、わかりやすいと思います。「気になる人」「片思いの人」を巡ってのライバルが居るとき、「気になる人」「片思 [続きを読む]
  • 科学的に特定されてない? フェロモンの現実
  • 異性を惹きつける「媚薬・フェロモン」を使用すれば、恋愛は思いのままです。しかし、ヒトフェロモンの物質はまだ、科学的に特定されてないという現実がありました。 2017.3.8西オーストラリア大学の研究チームが英国王立協会のオープンアクセス誌『Royal Society Open Science』に論文を発表しました。フェロモンは、動物の体内で作られ体外に放出され、自分と同じ種に対して特有の情報を伝えるための物質です。昆虫から哺乳類に至 [続きを読む]
  • キスペプチン 愛と性を促進、不妊治療・うつ病に朗報
  • 2017年1月23日Waljit S Dhilloらによる「 キスペプチンはヒトにおける性的および情緒的脳の処理を調節する 」は、 Journal of Clinical Investigationに掲載ホルモンのキスペプチンは、性的興奮とロマンチックな愛に関連する脳領域の活動を増強することができる。イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンの科学者たちは、キスペプチンがいくつかの心理的障害(心理的起源の性的な問題)の治療に貢献できると期待しています。キ [続きを読む]
  • 馬の夢を見る女性は性的欲求不満?
  • その昔、著名な精神医・カウンセラーのもとに、ある女性が来て、「毎日、落馬して、馬に乗れない夢を見ます。」 という相談をしました。この精神医は、精神分析を行ったり、催眠術を使って、理由を探しましたが、見当たらず、その間も馬に乗れない夢を見続けました。そして、あるとき、女性患者がカウンセラーを訪れ、「馬に乗れた夢を見ました」という報告をしました。種明かしをします。カウンセラーが、最近の大きな出来事につ [続きを読む]
  • シリーズ8 「シロクマ実験」告白のことは忘れてというと・・・
  • 彼や彼女に、いつまでも覚えておいて欲しいことを忘れなくする方法があります。その理由を解説します。アメリカの心理学者ウェグナーの実験がこの現象を表しています。被験者を3つのグループに分け、白熊の50分ほどの映像を見せたあと、各グループに次のように指示しました。グループ1 白熊のことを覚えておくことグループ2 白熊のことを考えても考えなくても良いグループ3 白熊のことは絶対に考えないこと1年後、白熊の映像を [続きを読む]
  • シリーズ7 「一貫性の原理」格好をつける心理を利用する
  • 人間は自分で出した結論には逆らえません。人は自分が一度行った考え方や行動に固執して、同じ態度を貫こうという傾向があります。これを一貫性の原理といいます。非常に強い心理傾向であり、説得が大変な理由はここにあります。人間は、言行を一致させることが良いことだという教育を受けてきました。そして、言行が一致している人を「信用できる人」と評価されますが、言行が不一致な人を「信用できない人」と評価します。簡単に [続きを読む]
  • 男女の違い、視線の行方:女は赤ちゃん、男はヌード
  • 男性と女性には、興味の違いがあります。女性は、赤ちゃんを見ると「可愛い!」と関心を示しますが、男性はそうでもありません。どうして、男女によってこのような違いが起こるのでしょうか? 興味のあるものを見ると瞳孔が拡大する私たち人間は目の瞳孔は光量が強い時は小さくなり、光量が弱くなると大きくなります。ところが、ヘスという心理学者は、心地よいものや興味のあるものを見るとき、動向が拡大することを発見しました [続きを読む]
  • 香りで印象付ける プルースト現象
  • 「火薬の匂いを嗅ぐと子供の頃の夏休みを思い出す」「バニラの匂いを嗅ぐと子供の時の誕生会を思い出す」「ある香水の匂いを嗅ぐとあの人を思い出す」など、ある香りからある特定の香りから、それに関係した過去の出来事の記憶が呼び覚まされることがあります。これをプルースト効果と呼びます。フランスの文豪マルセル・プルースト『失われた時を求めて』の主人公が作中で同様の体験をすることから、プルースト現象と呼ばれる。 [続きを読む]
  • 男性が感じる女性の身体的魅力 スリーサイズ
  • 女性の間では、痩せていることが魅力的で美しいという感覚を持っている人が多いようです。しかし、女性の求める魅力と男性が感じる女性の魅力は異なります。男性が求める女性のスタイルと女性が理想とするスタイルのギャップはどこにあるのでしょうか?また、男性は女性の身体についてどのように魅力を感じているのでしょうか? 1. ヒトの配偶システム男性が感じる女性の身体的魅力を論じる前に [続きを読む]
  • シリーズ6 「イエスバット」喧嘩が絶えないペアに
  • 恋人からの質問に対して反論がある場合、いきなり、「違う」と言うと相手の怒りを買ってしまうことがあります。これを防ぎつつ、自分の主張をノベルテクニックが「イエスバット法」です。「イエスバット法」は、本来、顧客の断りに対する営業話法です。顧客の言葉をすぐに否定すると顧客のプライドを傷つけるということで、顧客の怒りを買うことにもなってしまいます。そのような時に、「そうですね。」と顧客の意見を受け入れるこ [続きを読む]
  • シリーズ5 「愛着の3S」子供の時からの心理
  • イギリスの心理学者ボウルビィの導き出した概念に愛着があります。元々は親子の結びつきを示す言葉ですが、愛着を深める行動を愛着行動と呼び、接触(Skin-ship)、微笑(Smile)、視線(Sight)があります。母親は、赤ちゃんに対して、この3Sを施すことにより、親子の結びつきが強くなっていきます。この心理傾向は、大人になっても残りますので、人間関係に利用することができます。接触(Skin-ship)握手やハグが行われるのは、 [続きを読む]
  • シリーズ4 「イエスセット」相手にYESと言わせるテク
  • 相手にイエスと言わせるテクニックです。人間は自分の言動が一貫したものにしたいという欲求をもっています。人間は子供のときから、他人からよく思われるように教育を受けてきました。私たちは、言行が一致していると「誠実な人」と評価します。逆に「言行が一致していない人」は「信頼できない人」と評価します。他人からよく思われたいという心理から、大きなお願いも受け入れるようになるのです。これは、一貫性の原理に基づく [続きを読む]
  • シリーズ3「アンダーマイニング効果」億円を貢ぐ心理
  • プレゼントをすれば、彼・彼女は喜ぶでしょう。昔も今も、女性や男性に貢ぐことが話題になっています。しかも、その金額は「億」にも達するとか。しかも、頻繁な貢物には、愛に対するモチベーションを弱める効果があるのです。その心理について解説します。 内発的動機付けと外発的動機付け賞罰によらずに、正義感のように自発的に頑張ろうとモチベーションの高い状態を内発的動機付けといい、褒賞などの外部から導かれたモチ [続きを読む]
  • シリーズ2、「アンカー効果」 第一印象がイメージを決める
  • 今回は、「アンカー効果」についてです。気になる人や周囲の人に好印象を与える心理効果についてです。アンカーとは、船が止まる時に使う錨のことです。 同じ値段でも高く感じることがある「アンカー効果」というのは、お客さんに価格を提示するとき、初期値(アンカー)が判断に影響するという心理的効果のことです。例えば、最初に1万円の価格を提示して、「提示した金額に誤りがありました。本当は12,000円です」と言われ [続きを読む]
  • 「MUM効果」で相手を落とす方法
  • こんにちは、心理士の村田です。今後は、アイウエオ順で心理学のセオリーなどを簡単に説明していきたいと思います。今回は、「MUM効果」で相手を落とす方法です。 MUM効果とはMUMには英語で「沈黙」という意味があり、「自分にとって悪い情報は伝えたくないので、沈黙してしまう」という心理傾向をMUM効果といいます。これは情報を伝える側から見たMUM効果になります。 逆に、「相手のことを知らなければ知らないほど、悪い方 [続きを読む]
  • フェロモンは3倍の効果!しかし効果が「ゼロ」になることも
  • 異性を惹きつける不思議な物質「フェロモン」。どのくらいの効果があるのでしょうか。その実験を紹介します。また、フェロモンは汗に混じって出てきますので、お風呂に入ると流れてしまうことも明らかになりました。 女のホルモンアメリカのABCニュースでフェロモンが異性を惹きつけるかを確認する実験を行いました。双子の女性の一方にフェロモンオイルをつけ、もう一人にはヘーゼルナッツオイルをつけて、バーで他の客には [続きを読む]
  • 窃盗現場で甘いもの食べる「窃糖のシュガー」はシュガーハイかも
  • 窃盗現場で甘いもの食べる「窃糖のシュガー」と呼ばれる男を逮捕しました。なぜ、このような人を馬鹿にしたような行動をとるのか、話題になっています。この男は砂糖依存症・シュガーハイだったのではないでしょうか。あなたは、甘いものが食べたくなって我慢ができないことはありませんか?また、そういう時に甘いものを食べると、ホッとして良い気持ちにならないでしょうか?そして、甘いものがやめられない、過食してしまうとい [続きを読む]
  • 異性を惹きつける「フェロモン」の不思議
  • フェロモンを出している人は異性からモテモテになる、異性をひきつける物質として誰もが耳にしたことがあると思います。フェロモンは、無臭で目にすることはない五感で認知できない物質ですが、なぜ、モテモテになる理由について解説しましょう。 フェロモンとはフェロモンは、生物の体内で生成され体外に放出され、「異性をひきつける−哺乳類」、「仲間を集める−ゴキブリ」、「身の危険を知らせる−アリ」、など自分と同じ種に対して [続きを読む]
  • 横綱稀勢の里と絆創膏の心理的意義
  • 今回は、少し方向を変えて、大相撲の話をしたいと思います。 怪我が心配された稀勢の里稀勢の里が順調に勝利を重ねています。絆創膏が注目を浴びています。場所前の稽古で負った傷ですが、その出血に周囲の人達は凍りついたといいます。傷の程度は11針を縫う傷であったそうですが、この傷がどの程度影響するか心配されました。対戦では、相手の弱点を突くことは常套手段であり、意図的でなくても、相手の手や頭が傷に当たるこ [続きを読む]
  • 心理士が語る 気になる人・好きな人を振り返らせる「笑顔」
  • 心理士が語る 気になる人・好きな人を振り返らせる「笑顔」好きな人ができると、その人の気を引きたいと考えるようになります。できれば、気になる人・好きな人から好かれたいと考えるものです。実はそんな方法があります。それが「笑顔」です。過去に恋愛経験がある人は、その相手の顔を思い出してください。どのように辛い別れをした人でも、多くの場合「笑顔」の記憶が残っていることでしょう。このことは笑顔が強く心に残るこ [続きを読む]
  • ハッピーホルモン・セロトニンの増やし方
  • 人間の脳には、神経と神経の間を取り持つセロトニンという神経伝達物質があります。セロトニンはハッピーホルモンと呼ばれ、脳内にセロトニンが放出されると、幸福感や満足感がえられます。また、ストレスの発散をします。 ハッピーホルモン・セロトニンの効果1. 女子力が上がるセロトニンは、体幹部の姿勢筋や表情筋に作用して、姿勢をよくしたり、目をぱっちりさせ、顔を引き締めるなどの効果 [続きを読む]
  • 女性の深層心理 性感帯を知る心理テスト
  • ある質問をすると女性の性感帯が手に取るように分かります。その質問は次のとおりです。その昔、イヴはエデンの花園で寝ていました。花園は暖かく、花の匂いも香ってきます。肌や髪を撫でる風も心地よく、良い気持ちで、イヴはウトウトして意識が薄くなってしまいます。そのようなときに、蝶が一匹ヒラヒラと飛んできました。さて、その蝶はどこにとまりましたか?そして、どのような感じですか?解説男女の仲は、花と蝶に例えられ [続きを読む]