ジニ さん プロフィール

  •  
ジニさん: アロマとハーブでなりたい自分になる
ハンドル名ジニ さん
ブログタイトルアロマとハーブでなりたい自分になる
ブログURLhttp://ameblo.jp/take-a-short-rest/
サイト紹介文アロマとハーブを活用してハッピーライフを目指します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/02/06 21:41

ジニ さんのブログ記事

  • 夏のスキンケアとアロマ
  • にほんブログ村にほんブログ村夏は紫外線や虫刺され、汗などにより肌にトラブルが生じる季節。 アロマなどの自然療法としては、 アロマを作るときに取れる水の部分フローラルウォーターとアロマをジェルベースに混ぜたアロマジェルが活躍します 日焼けには、炎症を鎮めるラベンダーフローラルウォーターをほてった肌にそのまま吹きかけたり、ジェルベースに1〜2滴入れてよく混ぜ、塗るとよいかと思います。&n [続きを読む]
  • ご家族でアロマを楽しむと...
  • にほんブログ村 にほんブログ村 5/9(火)と5/20(日)にアロマ香水を作るレッスンをさせていただきました9日の火曜日は土日休みでないお仕事の方々がいらっしゃいました。この日のMVPはローズマリースーッとしたグリーンハーブの香りで、抗酸化作用や頭脳明晰作用があるため香りを嗅ぐと、頭がシャキッと冴える感覚がします。自分にカツを入れるような、パワフルなアロマ香水を作って行かれました(手ぬぐいは播州織のお気に [続きを読む]
  • 薬用植物園見学会 in 千葉
  • にほんブログ村 昨日は日本メディカルハーブ協会主催の薬用植物園見学会として、 日本大学薬学部の薬用植物園行ってまいりました 松崎教授の植物学的な講義で、適法なケシ科植物と違法なケシ科植物の見分け方を聞いたり、科名ごとの特徴を知り、大変勉強になりました。 薬用植物園には生薬の原料を基本として、 香料の原料となるハーブなども植えられており、興味深かったです葉がベルベッ [続きを読む]
  • レッスン告知用のFacebookページ開設
  • にほんブログ村私は読み物として色んなブログを拝見しているのですが、 instaの投稿のみや、 告知のみのブログは、正直ちょっとガッカリする...んです。笑  私もそういうことはしたくないけど、 もちろん告知をしたい時もありまして...笑、 ということで、 告知用のFacebookページ開設してみました https://www.facebook.com/aromaki2017/ 「Room.11201」という屋号で、今後 [続きを読む]
  • ホテルステイにアロマ??
  • にほんブログ村にほんブログ村GW後半は神戸に行きました宿泊先ホテルのANA Crowne Plaza KobeさんではSleep Advantageという睡眠サポートサービスを行っていて、アロマのサービスがありましたアロマストーンに、精油を垂らして置いて下さりますなんと素敵なサービスラベンダーマンダリンシダーウッド から選べるのですが、柑橘好きの主人に合わせてマンダリンにストーンだからそんなに拡散はしないだろうと思っていたのですが、ホ [続きを読む]
  • 結婚祝いのアロマパルファン(アロマ香水)
  • にほんブログ村 にほんブログ村今日は友だちの結婚式先日開催したアロマ香水作りのお試し会にも来てくれた友だちなのですが、「式と二次会に、香水つけてくね今までの香水の中で一番のお気に入り」と言ってくれて...結婚式という人生のもっとも輝かしい日につけてくれて本当に光栄です彼が先日選んだアロマが、偶然にも結婚式というテーマにもぴったりだったので、彼と奥さまへのメッセージ付きで大きな瓶で、愛をモリモリ込 [続きを読む]
  • ヒノキから芳香蒸留水を蒸留する!
  • にほんブログ村 にほんブログ村昨日は清澄白河のリカシツさんで、家庭用アロマ蒸留器によるヒノキの蒸留会でした講師は、アロマのブレンドや空間プロデュースを主にされている齋藤智子先生上品でラグジュアリーな先生ですが、白衣を着て、ニコニコ話されるお姿はチャーミング家庭用アロマ蒸留器を製造された関谷理化株式会社さまもすごいですね下の水が沸騰し、蒸気が上の氷で冷やされて、ポタッと垂れた先に管がつたって下の [続きを読む]
  • アロマでDiorジャドールとプワゾンを作る??
  • にほんブログ村 アロマテラピーインストラクターで、ハーバルセラピストの久保真希です今日は四ツ谷のアクトインターナショナルスクールにて、アロマブレンドデザイナーの講座を受けて来ました。↑ずらーっと並ぶ10%希釈の香料。今日はフローラル、スパイシー、ウッディ、バルサム・レジンのアロマを。香料として使うアロマとして初めて名前を聞くものもありました名香を天然100%のアロマのみで表現するレシピも教えて [続きを読む]
  • 【3つのキーワードで知るアロマ】ラベンダー
  • にほんブログ村 アロマの本での一つ一つのアロマを調べると、 「抗菌」「呼吸器によい」などのワードが説明として書かれていて なんだかワクワクしない...という経験ありませんか 植物は、菌がやってきても、日に照らされても動くことができません。 アロマはそんな時に植物自身が使う、「生きぬく力」なのです。 元の植物を知れば、もっともっとそのアロマのことも理解できます& [続きを読む]
  • アロマパルファンでなりたい自分になる!
  • にほんブログ村 ある時、大好きなアロマで仕事が出来ないかアロマで私に何が出来るのか...考えました。 私の母は助産師でマタニティや産後のケアが出来るアロマ屋さん。 妹はマッサージ師と鍼灸師で、東洋医学の観点も入れて、堂々とアロママッサージができるひと。 では、私は... 10年ほど法律の勉強をしてきましたが、法律とアロマは...なんか直接コラボは難しいですよね。笑 法律を [続きを読む]
  • 植樹ボランティア♪
  • にほんブログ村 にほんブログ村 先日、植樹ボランティアに行ってきました 認定NPO法人自然環境復元協会 レンジャーズプロジェクトという団体で、 板橋のとあるマンションの中の森(と言っていいレベル)の一角に。 監視カメラなし!門などもなし! みなさん自由に犬の散歩をしたり、 買い物帰りにベンチに腰掛けられたり。 開かれた森、開かれた [続きを読む]
  • 世界最古の香水「ケルンの水」
  • にほんブログ村 世界最古の香水ケルンの水ってご存知ですかアロマの資格の勉強をされたことのある方なら、歴史のところで一度は耳にされるケルンの水先日、たまたま訪れた生活の木ソラマチ店さんで、最古の香水ケルンの水のオードトワレなどが作れる企画を知り、レジ横に置いてあったその元のブレンドオイルをかいだところ即決しましたベルガモットを中心とした気持ちが華やかになりながらも落ち着く香り。以下、先日勉 [続きを読む]
  • アロマを知らない方にもアロマの魅力を。02.21美コラボイベント
  • にほんブログ村 にほんブログ村 昨日、美と健康のスペシャリストの方々と花粉症と紫外線対策をテーマに、美コラボイベントをさせていただきました私はアロマとハーブ担当として、・フレッシュな春を表現したアロマ芳香空間・花粉症ハーブティー・アロマ手浴をしました。紫のセーター、そして俯いてもネズミ顔なのがわかる人物が私笑普段はアロマやハーブに興味がある方々に教室を行いますが、こういったイベ [続きを読む]
  • アロマの容器も!清澄白河のリカシツ!!
  • にほんブログ村 昨日ずっと気になっていた清澄白河のリカシツさんへレトロな白い建物・深田荘の1階、カフェのお隣にあります。グリーンがたくさん。学校ではあんなに殺風景な理科室だったのに...さすが、理化学+インテリアですランプもフラスコ大小様々なビーカー、フラスコがズラリ。家庭用アロマ蒸留器「リカロマ」。52,500です。笑アロマウォーター(芳香蒸留水)が作れます月に一回ほど蒸留会もやっているようです [続きを読む]
  • 試験によいアロマ
  • にほんブログ村 今週末はセンター試験だそうですね。センター試験なんて何年前だろう...とふと思いましたが、笑その後も司法試験をやっていたので、試験とは非常に長いお付き合いでした。ドキドキ緊張して眠れなかったり、自信が持てなくてふわふわした気持ちになったり、神経使いすぎて心が休まらなかったり、受験時代は度々心身が不安定になりましたねぇそんな時々に使ってきた、試験によいアロマについて、実体験を [続きを読む]
  • 酵素と赤ビーツのはなし。
  • にほんブログ村 酵素ドリンク果物や野菜の酵素などやたらと酵素の話をよく聞きますよねなぜ、酵素が不足すると身体に悪く、ひいては太るのでしょうか体内で酵素は、まず①食べたものの消化や排泄に使われます。そして、体を動かす②熱量を作り出します。③病気になりにくい体を作ります。このため食べ過ぎ、飲み過ぎ、酸化した油やトランス脂肪酸の摂取、食品添加物の摂取など①で使いすぎると、食べたものを燃やして② [続きを読む]
  • アロマフェア2016 in松屋銀座8F
  • 今日は松屋銀座でのアロマフェア2016に言って来ました!松屋銀座さんは入り口や随所に芳香器(アロマを焚く機械)が置いてあって館内を歩くだけでいい香りアロマフェアでは通常よりお安く買えるだけでなく、色んな会社のアロマを嗅ぎ比べて買えるのでアロマ好きにはたまらないイベントです。ずっと納得する香りを探し続けていたメリッサ(レモンバーム)や、チュベローズというマニアックな蘭の香りにも出会え、本当に嬉しかったです何 [続きを読む]