ままちゃん さん プロフィール

  •  
ままちゃんさん: 気弱親父の喘息日記
ハンドル名ままちゃん さん
ブログタイトル気弱親父の喘息日記
ブログURLhttp://zensokujitensha.seesaa.net/
サイト紹介文大人になってから喘息になり、自転車と体質改善で完治を目指す試行錯誤の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供446回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2014/02/07 16:40

ままちゃん さんのブログ記事

  • 黒ニンニク
  • うちのお客さんで喘息の人がいる。僕と同じくらいの年齢。昨年、食道癌が見つかって治療。今年もまた小さいのが見つかった。でも元気だという奥さんの話。「黒ニンニク」がいいらしい。早速、アマゾンで注文した。今朝、届いたので食べてみた。ニンニクとは思えないほど甘い。続けてみよう。 [続きを読む]
  • バーベキュー後の痰
  • 昨日は午前10時ころから我が家でバーベキュー。20人くらいが集まった。午後3時過ぎにはお開き。当然、炭火で煙が出る。昨夜も全然なんともなかった。けれど、今日の昼食後の外出時に咳と痰が・・・。痰が少しだけだが、これが発作の前兆であることは経験済み。嫌ーな予感がして、清肺湯を飲む。最近はビタミンDのせいで漢方も忘れるほどの快調。こんなことがある度に、漢方薬のお世話になる。「このまま治ってしまうのでは・ [続きを読む]
  • ゲップとオナラ
  • 昨夜は小さなゲップが無数に出た。左を向いてのうつ伏せ寝でも「コホ、コホ」と続けて出る。胃から上がってきていることは明白。このゲップは短に飲み込んだ空気だけだろうか?胃の中で産生された気体がゲップ。腸の中で産生された気体がオナラ。この二つが最近の僕の大きな悩みだ。上からも下からも出続ける。僕の消化管では何らかの気体が分解産物として作られている。それは?二酸化炭素なのか?ならば、アルコールは分解されて [続きを読む]
  • 右目の奥の痛み
  • 昨夜は11時にうつ伏せ寝で就寝。12時から1時くらいに気がついた。ラジオ深夜便のフィリピンからのレポート。1時からの大阪落語も聴くはめに・・・。そのころから右目の奥が痛み出した。体位や頭の向きを変えても痛みは引かない。結局、夜が白々と明け始めた。なんとかウトウト・・・。寝不足のまま起きた。右目の奥から右の後頭部も連動して痛い。右の鼻がスーと通ったような痛み・・・。昨夜は寝ていても鼻水が出ていた。花 [続きを読む]
  • 花粉症
  • 5月になれば僕の花粉症が始まる。今年もやってきた。でも5月も半ばを過ぎても一向に治らない。どころか、今年はびたみんDの大量投与でも改善しない。朝から晩まで、酷いと夜中に鼻詰まり。喘息には発展しないのいが唯一の救い。免疫細胞が鼻の粘膜やら眼の粘膜で活躍してくれている。そのせいか、アレルゲンが気管支まで到達しない。斉藤糧三先生の本には、ビタミンDの大量投与で花粉症が劇的に改善するというが・・・?まだま [続きを読む]
  • 獣医は余っている
  • 最近、世間を騒がせている新設獣医学部の話。経済特区を旗印に四国に獣医学部の新設があるという。降って湧いたような話だが、もう来年には開校するまで工事が進んでいる。アベ総理大臣の大親友が経営する岡山理科大(加計学園)が今治市に獣医学部を新設。ゴルフや飲み会の度を外した写真・・・。笑顔のうらにはカネがちらつく。それに加えて、文科省の管理職から農水省も「総理の意向」だと念を押している。無茶苦茶な話だろう。 [続きを読む]
  • アメリカのビタミンD審議委員会
  • アメリカには「ビタミンD審議委員会」という団体がある。そこでは、喘息の予防に成人で一日5000IUの摂取を推奨している。この値はMoyerさんのブログで経験する値と同じだ。斉藤量三先生の「サーファーに花粉症はいない」という本の中に出てくる値も同じ。日量10000IU以内なら副作用はないという。やっぱり、今日からは一日4000IUを摂ろう。これを3ヶ月は続けて初めて結果が出る。斉藤先生の本に拠れば、40 [続きを読む]
  • 癌にならない方法はあるのか
  • 14年間、医者と決別して生きた末期の癌患者さんが亡くなった。フランス料理のシェフだった神尾さんは14年前に末期の前立腺癌と診断された。ホルモン療法を選んで治療していたが、薬を断つと症状がぶり返す。抗癌剤を薦める医師と決別する。これ以上の治療を拒否するにあったって一筆書かされたという。それ以来、治療を拒んで14年。前立腺のPSAという癌マーカーみたいな数値も、いつ死んでもおかしくないほどの高値。以前 [続きを読む]
  • 低気圧と花粉症と喘息
  • 僕は5月の上旬は花粉症が酷い。スギ花粉とは3ヶ月ほど遅れる。僕の住む埼玉県の北部は赤城おろしが吹く。赤城山はスギではなく白樺が多い。シラカバの花粉。今年もそうだ。昨夜は鼻が詰まって眠れなかった。うつ伏せ寝の右向きで寝たが1時間ほどで目がさめた。今度はうつ伏せ寝で左向き。もっと鼻が詰まってくる。僕の鼻は左が詰まりやすい。それで、今度は左下の横向き寝。だが、問題がある。左肩が痛くて、またうつ伏せ寝にな [続きを読む]
  • 噛み締め呑気症
  • 僕の臭くないオナラ100連発。奥歯が噛み合っていると空気を呑むらしい。オナラ100連発は半年前頃から酷くなった気もする。その頃から歯の治療を始めた。それ以降は、歯を気にしながら食べている。食べたり飲んだりする時に空気を飲み込んでるらしい。無意識のうちに奥歯が噛み合って空気を飲んでいるのだそうな。それが胃から腸に達する。胃からもゲップで出る。僕の場合は、うつぶせ寝で一日に7時間は奥歯を噛んでいる。週 [続きを読む]
  • 喘息の近況報告
  • ビタミンDの大量投与を始めてからは息苦しいと感じることが無くなった。花粉症は相変わらずで、僕の場合はビタミンDが効いていない。今日も快調で、昼食後に痰と咳が出そうなったが、便通とともに症状が無くなった。思うに、人は何故に一日に1回しか便通がないのだろう?それは、一日三食が常識で、一日1回の便通も常識。この二つの常識が今や崩れかけている。僕の考えでは、一日2食で、便通も一日2回がいい。最近では漢方も [続きを読む]
  • 連休の嫌ーな思い出になった
  • 5月3日、渋滞の中を長男家族がやってきた。いつもは1時間半くらいで着くのが4時間・・・。赤ちゃんと子連れで大変だった、もうコリごりだという。孫に会うのは楽しみ。夕食はイタリアンレストラン。僕はその後に職場へ行く用事があったので、車2台で発車。レストランの駐車場に入る直前の交差点。交差点の角にレストランがある。西からでも北側からでも入られる。西から入ろうとしてまず交差点を右折。その直後に、「ウー、ウ [続きを読む]
  • 掌セキ膿ホウ症
  • うちのお客さんと話していて、僕の持病の喘息に話が及んだ。ステロイドを切ったこと・・・。彼女は「掌セキ膿ホウ症」という病気であった。かかりつけの医者でもなかなか治らずにいたらしい。ビオチンが効くというので、医者に言ったら、笑われたらしい・・・。「そんなもの?」と一笑に付されたらしい。僕と同じで歯の金属を外すこともいいのだが・・・。僕のビタミンDも同じだが、高容量での投与が日本ではありえない。医者が処 [続きを読む]
  • 漢方薬をサボると出る痰?
  • 昨日は就寝後に、時間は覚えていないが、3時くらいか・・・?急に目がさめた。ラジオは既に切っていた。喉の奥のほうで痰が絡む。咳き込んでも出ない。それが気道なのか食道なのかもわからない。何回か咳き込んでも痰が出てくる気配はない。イガラッポクもない。ヤバイと思って、麻黄湯を水で飲む。それまではうつ伏せ寝だったが、それからは枕を抱いて頭を上げてみる。でも、喉の様子は同じだ・・・。これでは後鼻漏が喉に落ちる [続きを読む]
  • ビタミンDと喘息
  • モイヤーさんのブログにある、喘息完治へのビタミンDの一日摂取量が5000IUとある。彼はこの容量を週に3回くらいだと書いている。Wikipesiaでは過剰症については10,000IUと書かれている。とてつもなく高い容量だが・・・。モイヤーさんの5000IUだって怖いくらいの量だ。2000IUくらいなら僕にでも適用できるかもしれない。医者で処方されるビタミンD3は0.5ugが限度。これをIUに換算すると、20IU [続きを読む]
  • ステロイド吸入薬と「うつ」
  • 僕がステロイド吸入薬を始めたのが2009年10月。それから半年後に「うつ」と診断された。アメリカの喘息ブログを覗いていたら、この吸入薬で精神を害する人が何人もいることがわかった。イライラや情緒不安や不眠・・・。僕の「うつ」がこの薬が原因だとは不明だが・・・。ステロイドの吸入は飲み薬よりもはるかに安全だと医者は言う。でも、身体がステロイドを吸収しているから、脳にも副作用が出ているのではないのか?日本 [続きを読む]
  • 喘息と花粉症
  • 僕はステロイド吸入薬と抗アレルギー剤を止めてから13ヶ月になる。その間、花粉症に悩まされている。でも、それが喘息の悪化にはつながらない。今年も、シラカバの花粉が飛びはじめている。家の前の田圃には小麦が実をつけ初めている・・・。つまり、小麦の花が、花粉が・・・。この時期はシラカバと小麦の花粉でダブルパンチだ。昨夜はそれほどの花粉症の症状はなかったが、夜中に咳き込んだ。痰が出ないが喉の奥のほう・・・。 [続きを読む]
  • モイヤーさんの喘息完治三原則
  • アメリカ人喘息完治ブログ。読めば読むほどに僕の喘息に似ていて、試行錯誤もピッタリ一致する。その彼が行き着いた三原則。1)ビタミンDの大量投与(正常量の30倍を超える量)2)グルテンフリー・カゼインフリーでパレオダイエット   小麦製品や乳製品を避ける。加工食品は食べない。3)ナスやピーマンなどのナス科野菜を食べない。これに加えて、マグネシウム剤やビタミンCなど・・・。基本はパレオダイエットとビタミ [続きを読む]
  • パレオダイエットで喘息完治
  • パレオダイエットとは旧石器時代の食事。狩猟で食べ物を得ていた頃の食事。「先住民食」というのに似ている。砂糖・食塩・芋・穀物・乳製品などは避ける。お肉やナッツはOK。糖質制限に準ずるものかも・・・。加工食品は論外。アメリカのブログに綴られた喘息完治方法。その中の食事がこのパレオダイエット。この他にも、ビタミンDの高容量、オメガ3、マグネシウムのサプリメント。これが全てで、喘息が劇的に改善する。アメリ [続きを読む]
  • アメリカはやっぱり凄い、日本はまだまだ閉鎖的
  • 僕は喘息になってから、それを治そうと色々なことを試みてきた。ネットサーフィンももう何年になるか・・・。このブログで発信することが日課になった。ときに、あり難いコメントをいただくこともある。本当はコメントを待ち続けているのだけれども・・・。毎日が「喘息」に関するネット検索が日課だ。いや、毎日ではなく、毎分とでも言えるかもしれない・・・。それほど探しても日本国内のブログに飽き飽きしていた。自身の喘息体 [続きを読む]
  • 空腹時の酸素濃度
  • 今朝は100%だった酸素濃度が昼前には97になって、昼食後は96%。いかに空腹時の肺と気管支がいい状態かがわかる。腹を凹ませたままでは仕事はできても、「痩せました?」という嫌な質問にあう。昼食は帰宅して昨夜の残りのチャーハン。ブドウとパインナップル。僕の喘息が息苦しさだけになったことと、今日もオナラが100連発・・・。体質が変わりつつあるのだろうか?漢方のせいだろうか?狭くなった気管支の慢性炎症は [続きを読む]
  • 酸素濃度100%!
  • 久しぶりに、というか、初めてというか・・・。今朝の酸素濃度が「100%」を示した。何故?昨日の食生活を省みる。朝は8時起床。食べないで、教会へ行く。ミサが終わって職場へ。帰りに生協でバナナと牛乳を買う。帰宅後、牛乳入りドリップコーヒー。パインナップルとバナナを食べる。お昼は独りでジョイフルホンダへ行く。へちまの苗二つとスタミナドリンクを1箱買う。買ったドリンク1本とバナナ1本を車中で食べる。帰宅後 [続きを読む]
  • ザンジバルの猿
  • NHKテレビの「ダーウィンが来た」という番組。動物好きの僕でもあまり観ることがない。昨日、たまたま観ていたら、不思議なことを伝えていた。アフリカ東部のザンジバルという島に住む猿。名前は忘れたが、木の葉っぱを食べて生きている。木から木を伝っては色んな種類の木の葉を食べる。50種類くらいの葉っぱがあるらしい。沢山の種類の葉っぱを食べ続ける。でも、最近は人里近くに住んで人を怖れないものもいるという。食べ [続きを読む]
  • 臭いオナラの連発
  • ゆるい糖質制限を始めて半年くらいになる。初めは野菜やらオリゴ糖を食べると臭いオナラが出始めた。それで、MEC食を始めたら臭いオナラが止まった。「野菜なんていらない」と感じていた。ところが、最近、臭いオナラが連発しはじめた。オナラの連発は以前からあったが・・・。どうも便の出が悪いので、夕食か昼食にはご飯を一膳食べ始めた。それと、コーヒーに入れていたココナツオイルをオリゴ糖に変えてみた。オリゴ糖を近く [続きを読む]
  • 食道平滑筋と気管支平滑筋
  • 気管支拡張剤で胸焼けが起きることは僕が経験済みだ。気管支も食道も平滑筋でできている。薬で気管支の平滑筋が弛緩させれば、食道の平滑筋も弛緩する。それで、胃から胃酸が食道を上がってくる。食道平滑筋を弛緩させないで、気管支だけを拡張させることは難しい。漢方薬の生薬の中で麻黄が気管支を拡張させる。僕は今は漢方だけだが、それでも胃が焼けるように痛むことがある。我慢できないときにはプロトンポンプ阻害薬に頼る。 [続きを読む]