Yas さん プロフィール

  •  
Yasさん: ローラー日記
ハンドル名Yas さん
ブログタイトルローラー日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/yas0424/
サイト紹介文ほとんどローラー。たまーに実走。
自由文自己紹介:好きなもの:自転車、酒、音楽、本、3連休、小銭。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/02/10 00:19

Yas さんのブログ記事

  • 小説・秒速5センチメートル
  • 小説・秒速5センチメートル (文庫ダ・ヴィンチ) Amazon 今更だけれども。アニメが良いらしいじゃないですか。ちょっと見てみたいと思って。 で。 小説版もあると知って。うーん。どうしようか。アニメが先か小説が先か? なんて思っていたところ。古本屋で小説版を見かけたので。小説が先かなって。 自分のことを分かってくれる誰かがこの世界にひとりだけいるとういう感覚は、 僕たちを強くした。 3話からなる、連作短編。1話 [続きを読む]
  • 神様のカルテ
  • 神様のカルテ (小学館文庫) Amazon タイトルから、医療現場を舞台にした話っていうのはわかるけれども。こう、緊迫感のある、サスペンス的な内容を想像して読んでみたら。ほんわかとした、あたたかい物語だったよ。 アツイっていうのではなく。読後の、ほんのりと温かい気持ちが、いつまでも続く感じ。 で。この本で最も共感したというか、印象に残った台詞。「延命治療はいいんですよ、栗原先生」これ。延命治療。病気の根治で [続きを読む]
  • GO
  • GO (講談社文庫)484円Amazon これは僕の恋愛に関する物語だ。 主人公は在日韓国人。青春恋愛小説だけれど、テーマは日韓問題。テーマは重い…。でも、肩肘張らずに読める感じ。 青春小説は好き。昔を思い出して、「あの時、こんな行動を取っていたら…」ってあれこれ想像できる。想い出の補正ね。 だから、俺たちが色々なことを知って、強くなって、そいつらを許してやればいいんだよ。 主人公が心身ともに強くてね。自分とは正 [続きを読む]
  • こころ
  • 再読。たぶん、自分が一番好きな小説。 こころ (新潮文庫) Amazon もし愛という不可思議なものに両端があって、その高い端には神聖な感じが働いて、低い端には性欲が動いているとすれば、私の愛はたしかにその高い極点を捕まえたものです。 読むたびに、感想が変わるんだよ。その時の、自分が置かれている立場とか、状況とか、気分によって。「私」の視点で読んだり、先生の視点で読んだり、「私 [続きを読む]
  • 引っ越し。
  • メダカ鉢のメダちゃん。また、一匹お亡くなりに。(ノД`)・゜・。これで、3匹連続…。 立ち上げから約1か月。落ち着いたと思っていたのに。 なんだろう。原因がわからない。見た目に変化は無いので、病気ではなさそうだし。 調べてみると。水流に弱い?→鉢内に水流無し。ストレス?→隠れ場所は作ってあげたし、水1リットルあたり一匹以下だし。水草が多すぎて酸素不足?→ホテイアオイ、ウィローモス、アナカリ [続きを読む]
  • メダちゃんが…
  • 安定しているように見えたメダカ鉢。 メダちゃんが2匹続けてお亡くなりに…。なんでだ。原因がわかない。 うーん。餓死…? メダカを外で飼うにあたって、本やネットでいろいろ調べたのだけれども。餌に関しては、いろいろな解説があって。屋内で飼う時よりは少なくて良い、とか、苔とかプランクトンとか自然発生してそれを食べるから与えなくても大丈夫、とか。 で。後者を信じて、与えてなかったんだ [続きを読む]
  • プラ船ビオトープ
  • プラスチックのメダカ鉢で立ち上げたビオトープ。設置場所は玄関先。小さいメダカ鉢のメリットは、移動が容易っていうことだわね。 日当たりとか、水温とか、その辺りの様子を見て。水温が上がりすぎるとかさ、もしもの時は屋内に置くこともできるもの。これでね、上手くいくようなら、もっと大きいものを作ろうかと思っていて。 でも。 毎晩、YouTubeでメダカ動画を見ていたら。小さなメダカ鉢では物足りなくなり [続きを読む]
  • ガード下。
  • 憧れていた飲み方があって。寿司屋(非回転寿司)で飲むっていうのと、蕎麦屋で飲むっていうのと。これら二つはクリアしたので。 それと、もうひとつ。 ガード下で飲むっていう。 住んでいるところが田舎なので。そもそも、ガード下の飲み屋が無い。高架橋。その下は、大体、空き地か駐車場だわね。 で。先日、都会に赴く用事があったので。これはチャンスとばかりにね。 ガード下で、昼間から。 & [続きを読む]
  • ウィローモス投入。
  • 先日立ち上げたビオトープ。今のところ、安定しているみたい。 できれば、このまま環境を変えたくないけれども。ちょっと、緑が少ない感じがするのと、ミナミヌマエビのエサが少ないような気がして。ウィローモスを追加。 最初から、流木に巻き付けられている状態で売ってた。ちょっと割高だけれども。大きさがちょうど良かったので。 最初はずっと隠れていたエビも、姿を見せるようになった。 [続きを読む]
  • ビオトープ
  • 一時期ね、水草に興味を持ったことがあって。でも。大変そうだよね…。二酸化炭素添加とか。 そこで、ビオトープですよ。安定すれば、蒸発で減った水を足すくらいで良いみたいじゃないですか。 動植物が生息する環境。生態系を、自らの手で創る…。神にでもなったおつもりか!!…。 ポピュラスは大好きでした。 で。 前から、室内で、メダカと [続きを読む]
  • 移動手段
  • 今日は歯医者の日。いつもなら、車で行くんだけどね。天気も良いし、自転車で行こうかなっと。 本日の自転車。乗る目的は移動手段としてだけれども。まぁ、ポタリングも兼ねて。ちょっと早めに家を出た。 聞こえるのは、鳥とカエルの鳴き声。ホントに静かでさ。こういう時、田舎に住んでいて良かったと、心から思うよ。 田んぼに水が入り始めて。春だね。この季節、好き。 あまりにも気持ちが良 [続きを読む]
  • トラブルクッキング
  • トラブル・クッキング (集英社文庫) Amazon 料理の失敗談が書かれたエッセイ。最近、料理を作る機会が増えて。タイトルが目に留まったので読んでみた。 でも、料理するっていっても、子供たちに食べさせるためで。家で一人の時は、カップラーメンとか、弁当買ってくるとかで済ませちゃうんだよな。 人に食べさせるのならともかく、自分で作って食べるだけとなると、そこまでやるこたぁないんじゃ [続きを読む]
  • スロウハイツの神様
  • 辻村深月の初期の作品は、この順番で読めばより楽しめる、っていうのがあるみたい。 凍りのくじら(既読)↓スロウハイツの神様↓↓→V.T.R.(”スロウハイツの神様”のスピンオフ)↓冷たい校舎の時は止まる(既読)↓子どもたちは夜と遊ぶ(既読)↓僕のメジャースプーン(既読)↓名前探しの放課後↓ロードムービー↓光待つ場所へ で、今回。未読だったスロウハイツの神様を読んでみたのだけれども。 ス [続きを読む]
  • ツールドとちぎ
  • ツールドとちぎ。「あー。開催されるんだなー。」ぐらいで、あまり興味も無かったのだけれど。何気なくコースを見てみたら、自宅のすぐ近くがコースになってるじゃん。 ちょっと出かけてみましょうかね。カメラ持って、自転車で。風がちょっと冷たいけど、それが心地よい。 迫力ある〜。で。先回りして、もう一か所で観戦しようかと。通過予想時間を見てみるとね、のんびり走っても間に合いそうなの [続きを読む]
  • 砕け散るところを見せてあげる
  • 年度末。来年度に向けて、いろいろと環境が大きく変わる時期。毎年、この時期は気分がモヤモヤするんだよ。 なんとか自分にとって、良い方向に物事が進みますように…。まぁね。自分の力の及ばない部分を、あれこれ心配してもどうしようもないのだけれども。変わっていく環境に対応するのって、パワー使うんだよね。 そして、それがストレスになるんだよ。で、そんな時。ストレス解消の手段として、気分の沈みそうな、 [続きを読む]
  • 飲み代を節約して買ったもの(その他マンガ)
  • 今日もいつもの惣菜屋さん。こうしてね、閉店間際の安くなったお惣菜を買って。それを肴にして。 飲み代を節約しているんです。 で。飲み代を節約して買ったもの。マンガ。 ポプテピピック (バンブーコミックス WINセレクション) Amazon ずっと気になっていたのだけれども。購入は迷っていたんだよ。そしたら。甥っ子が持っていたので、試し読みさせてもらったら…おもしれぇ。 好き嫌いが [続きを読む]
  • ガールズブルー
  • ([あ]1-1)ガールズ・ブルー (ポプラ文庫) Amazon ”少女”を読んで、「女子高生はよくわからない…」と感じたので。 冷めてるな…と思ったら、友達に親身になったりもして。思考がよくわからない。他の本も読んでみたら、少しは理解できるかと思って。 ダメだった…。 彼女たちの行動ね。どんな考えで?どんな想いで?っていうのが読みたかったのだけれども。 この作中の、登場人物たちの会 [続きを読む]
  • いとみち
  • いとみち (新潮文庫) Amazon 人見知りと、津軽訛りがコンプレックス。それを克服するため、メイドカフェでバイトを始める女子高生のお話。主人公の成長を描いた、青春小説って感じ。 ”少女”を読んで、「女子高生はよくわからない…」と感じたので。他の本も読んでみたら、少しは理解できるかと思って。 主人公、”少女”に出てくる登場人物たちとは、イメージがまるで違うわね。・・・まぁ、裏表紙の [続きを読む]
  • セロリ。
  • いつもの惣菜屋さん。 状況を確認。 お気に入りの惣菜3種盛り。最近見かけないな…。売り切れているだけか?廃番か? 改めて状況を確認。 向かいの焼き鳥屋さん。つくねと皮が多少残ってる…ん?焼き鳥屋に、主婦らしき女性が並ぼうとしている。 これは…。展開が読めない。おっさんは、自分の食べる分だけ、数本購入っていうパターンが多い。 これが、主婦なら…。「あら、お安くなってるわ。残り [続きを読む]
  • 少女
  • 少女 (双葉文庫) Amazon 人が死ぬ瞬間を見たい…っていう女子高生のお話。もっとこう…陰鬱な内容を想像していたのだけれども。意外と軽い感じ…? なかなか入り込めなくてね。女子高生。冷めてるな…と思ったら、友達に親身になったりもして。思考がよくわからない。 ”わたしは人に奢られるのが苦手。他人と貸し借りを作るのが嫌なのだ”とか、”買っても負けても自分だけの責任、そういうとこ [続きを読む]
  • キッチン
  • キッチン (新潮文庫) Amazon あー。この本、全体から感じたのは喪失感。良いね。哀しい気分に浸るのは好き。 大切な人を失ってしまった…。 もう二度と会えない。どうしようもないと、理解しているはずなのに。この空虚感。 わかる。 そんな雰囲気がひしひしと伝わってきて。何気ない日常のシーンでも。読んでいて泣けてくる。 そして、「満月-キッチン2」のラスト。「小説の終わ [続きを読む]
  • 久しぶりに自転車に乗った
  • 久しぶりに自転車に乗ったよ!半年ぶりくらい? このブログのタイトル。”ローラー日記”ローラー台っていう、自転車用のトレーニング機器があって。それを使った、トレーニングの記録を載せていたのが由来なんだけれども。 自由時間が減り、自転車熱も冷めてきて。自転車以外の趣味が増えて。それでも、自転車が嫌いになったわけではなく。 移動手段としてでも、乗れれば良いなぁなんて、常々思っている。 [続きを読む]