木野村なぎさ さん プロフィール

  •  
木野村なぎささん: レイキの練習&稽古ノート(東京編)
ハンドル名木野村なぎさ さん
ブログタイトルレイキの練習&稽古ノート(東京編)
ブログURLhttp://ameblo.jp/1s-one/
サイト紹介文暮らしにレイキを活かす方法や、レイキの練習方法をお伝えしています。
自由文レイキ講座では「私はレイキをもっていて、それを使う才能がある」ことを実感していただいています。その才能を日常の中に活かすお手伝いが、ブログで、できたらいいなぁと思ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 40日(平均7.7回/週) - 参加 2014/02/10 14:55

木野村なぎさ さんのブログ記事

  • レイキヒーリングが痛かった理由
  • レイキヒーリングが痛かった理由このブログをお読み頂いている貴方様も、きっと経験されているかと思います。おもいっきり、ドアの角に足の小指をぶっつけたこと、ありませんか?昨日、右足の小指、同じ場所を2度もぶっつけてしまって。昨夜は、飲みに出かけちゃって放置したら、小指1.5倍に腫れてる。赤黒内出血もしちゃって、痛い。さっさとヒーリングしたら良さそうなものなんですが。躊躇してます。だって、レイキヒーリング [続きを読む]
  • 生きている絵、死んでいる絵を見分ける
  • 生きている絵、死んでいる絵を見分けるモネの絵画を鑑賞して、その生涯の変化を絵から感じ取るフィルドワーク。時を超えて、その時代々のモネの氣を私の「からだ」が感じる。それは、本当に感動的でした。その日、ショップに立ち寄って。展示されていた「模倣の睡蓮」を観たら、何も感じられない。模倣では「からだ」は動かないんだ。「からだ」で観るって、面白いってことをみんなに伝えたくて。土曜稽古会の方々と高幡不動でフ [続きを読む]
  • 気は時空を超える−モネの生涯
  • 気は時空を超える−モネの生涯「気は時空を超える」って話を、レイキ講座でしたところ、「遠隔ヒーリングができるから空間を超えるのは分かるけど、時間を超えるってどういう事?」ってご質問をいただいた。メッチャしたい話なので、嬉しい。今日は巨匠モネの絵画鑑賞の話フィルドワークで「モネ展」を鑑賞したことがあります。モネの初期の作品から晩年の作品まで、モネが生涯にわたって描いた絵画が展示されていました。モネの [続きを読む]
  • 子供や動物の生きる力を育てる母親とは
  • 昨夜いらしたお客様は、飼い猫についてのご相談。私がお客様の猫と話をして、その内容をお客様へ伝える。「まるで家の娘(人間のね)が話しているみたい。娘とそっくりな感じ方するのね」と、おっしゃっていた。生き物は、生き物に同調する。レイキヒーリングの基礎。動物は飼い主に同調する。一緒に暮らしている者同士は、同調しあう。家のように生活空間に生き物が多いと、動物同士が同調しあう。これが、人間ひとり動物ひとり [続きを読む]
  • 塩で気分が晴れやかになる
  • 塩で気分が晴れやかになるよ「病気だからしかたがない」と言われるんだけど、鼠色がっかった結城紬の着物を見ると、つい買ってしまう。今年購入したお気に入りの結城紬の着物の色は「深川鼠」と「桜鼠」、どちらも絶妙な色合い。まさに色合い。日本人はこの黒い目のおかげで、「鼠色」の幅が広いとか。本日のテーマは「塩」今月の水曜稽古会は、またまた「肩甲骨と胸」の稽古。肩甲骨が、その周辺との癒着が剥がれると、それはそ [続きを読む]
  • レイキじゃなくてもイイんじゃないですか?
  • レイキじゃなくてもイイんじゃないですか?2013年12月、師と初めてお逢いした時に「レイキじゃなくても、いいんじゃないですか?」と言われる。レイキヒーリングを実践していて、これ以上どうして良いか分からなかった。幾つものレイキセミナーを受講してみた。有名な先生の練習会や交流会へも参加したけど、同じところで足踏みしている感じがした。たまたま見つけたブログ。主は、とても偏屈にみえた。だけど「この人何か違う」 [続きを読む]
  • 何故、レイキの稽古が分からなくてもいいのか
  • 昨夜はお茶の稽古。レイキの臨時稽古会を終えて、慌てて先生のお宅へ。お茶の先生の口癖は「経験、体験」。「本日は旅箪笥手前を体験していただきました」。以上おしまい・・・「分かった?」などは聞かないし、感想も聞かない。お茶もレイキの稽古も、「経験・体験」を大切にする。身(からだ)に落としていく。稽古の内容が分からなくても、「からだ」には何かが残される。その蓄積が、「身につく」と云うこと。学校の授業は「 [続きを読む]
  • レイキの稽古、日日是好日
  • レイキの稽古、日日是好日今月の稽古、休もっかなぁ〜。2014年4月から通っている靈氣の稽古会。なんだか、稽古するほど「つぶされていく」感じがした2017年の2月。どうにも「師」と合わない。師は勿論ご存知で。ある日「なぎささんには、僕の姉弟子を紹介しようか?」と、おっしゃった。即答で「お願いします!」本当、修復不可能な師弟関係。・・・困った。これまでに浴びせられた暴言。理不尽な扱い。些細な出来事から、色んな [続きを読む]
  • 断食をしてはイケナイ人もいる。
  • 断食をしてはイケナイ人がいる。断食で(正確には、減食時期)、3年来の肩の痛みから開放。勿論、痩せた。それだけではなく「観える」・・・部屋の氣の動きが分かったのは初めて。良い事づくめのようなんですが。思わぬところに弊害が。やる気が出ない。持続する力が出ない。魂がぬけたように、ぼんやりした私。なんだ、なんだ・・・慌てました。こんな事ないから。師に連絡。「丹田がポシャったね」なんだとぉ?これは、本当に断 [続きを読む]
  • 3年来の肩の痛みが治った意外な方法
  • 3年来の肩の痛みが治った意外な方法肩の故障が多い私です。いわゆる40肩、50肩・・・60肩?(そんな肩が有るのか、無いのか)この3年ほどで、徐々に右肩が動かなくなり。自分でヒーリングしても、治らず。不便さに耐えきれず、レイキの師に観てもらいました。師いわく「食べるの止めたら治るよ」。いつも、訳わからん事を言います。そんな事を言われたのも、すっかり忘れた頃。友人と一緒に森下先生の「断食のプログラム」にのっ [続きを読む]
  • 「からだ」の感覚を磨くと自由になれるよ
  • 「からだ」の感覚を磨くと自由になれるよ50年前、中学生の時の卒業文集のテーマは「将来、何になりたいか?」子供の頃の夢や目標、覚えていますか?その文集に「私は、私になりたい」と書いたのを、覚えています。子供から大人に変わる時期。今思うと、重要なことに気がついていたんだと、思う。私の物事の判断基準は、社会や親が作ったモノのコピーではないだろうか?私のオリジナルってなんだろう?普遍的な価値ってなんだろう [続きを読む]
  • からだの季節「春の肩甲骨」
  • からだの季節「春の肩甲骨」「からだ」には、季節があります。レイキの稽古では、「からだの季節」に合わせた稽古をよくします。2月、3月は「胸」「肩甲骨」が旬。先日は肩甲骨の癒着を剥がす稽古。こんなに軽くなるの〜♪ってくらい、体と心が軽くなった。今なら飛べそう♪4月に入って師が突然「臨時で肩甲骨を動かす稽古をしよう」って。「季節は過ぎたけど、やらないよりやった方がいいから」だって。私たちの肩甲骨・・・酷か [続きを読む]
  • レイキでソメイヨシノのお茶を淹れる
  • 東京はソメイヨシノが散りはじめましたね。春ももうすぐ終わり、初夏に向かっていますね。今は、おもいっきり胸を広げる季節。レイキの稽古も胸に関することが多くなります。昨日の臨時の稽古で最後に、桜の胸を作った。この季節ならでは。桜が胸中に広がる。桜を感じた時、ひとりひとりの胸の氣の展開が違う。感じ方は、皆違うんだってことが、その人の胸の動きで分かる。「清い」「清々しい」色々。私の胸の中でも氣がゆらゆら [続きを読む]
  • 音の世界を変える
  • 火曜日の稽古会に、メッチャ可愛い動物がやって来た。その名は「ピンク」ちゃん。ハリネズミである。可愛い、メッチャ可愛い、家の子に欲しい。昨夜の東京は雨。雨、丁度よい。火曜稽古会の復習「自分で自分を拘束している線を消す」の復習を、する。静かな部屋で座り、雨の音を聴く。これまでも何度も聴いていた雨音。それが、全く違う聴こえ方をする。音が重なり合う。小さな音や低い音、無数の音が重なって、聴いたことのない [続きを読む]
  • レイキヒーリング「思いを込めてはいけない」理由
  • レイキヒーリング「思いを込めてはいけない」理由昨日は、「染色工房」の展示会の搬入。友禅を習い始めて、半年。帯を2本作りました。歳を重ねると「物欲がなくなる」と言いますね。けど、私は物欲バリバリ。今月も買ってしまった帯2本・・・だって、欲しいんだモン。帯揚げ&半襟/上原先生今日は火曜稽古会。まずは、復習。ヒーリングする時は、相手の事を思いますよね。親しい人が病気なら尚更「早く良くなって欲しい」と思う。 [続きを読む]
  • 動物の体を弱くする「飼い主の思い」
  • 動物の体を弱くする「飼い主の思い」猫、可愛いです。ほんと、何やっても最後は「全く、可愛いなぁ」で終わる。バカになりますよ、飼い主は。「うずら」は、私がミルクを飲ませ、排泄をさせた猫。ハラハラ、ドキドキの子育てでした。生命に関するたくさんの事を、この猫から学んだ。離乳食は、同じ肉を数日食べ続けさせる。ミンチにして鶏肉4日、合鴨4日・・・って感じ。こうすると、アレルギーが起こりづらい体になる。ある日、 [続きを読む]
  • レイキヒーリングの最初の所作−座る稽古
  • レイキヒーリングの最初の所作−座る稽古良い天気。朝から洗濯。陽を浴びて、洗濯モノは乾くし、私の胸は広がるし。なんの稽古もしなくても、胸が広がるんだから、陽は浴びた方がイイよね。昨日は、私の稽古。お題が出ていた「稽古場に入ったら、からだを整えて座って待て」直接でも、遠隔でも、レイキヒーリングの際に一番最初にする所作。座る。数年前の私は、それが「難しい」と云うことも知らなかったです。およそ「道」と名 [続きを読む]
  • レイキで、呼吸のしやすいテーブルを作る
  • 本日は、私のお稽古。たくさんの方々と一緒に稽古をさせていただく。さぁ〜って、行ってきましょっ。今月の土曜稽古会では、「胸を開く」稽古もしました。今回は、テーブルを題材に胸を開いてみました。自分の胸を観ながら、その胸が広がるように「からだ」を動かす。テーブルを拭く動作で、胸を広げる。広がった胸で拭いたテーブル。そのテーブルを見た人の胸も広がる。胸の氣をみんな観れてる。つくづく、彼女達を見ていて思い [続きを読む]
  • からだを整える「浄心呼吸法」
  • からだを整える「浄心呼吸法」本日の東京は雨模様。肌寒い時には、猫が重宝します。猫たちも私で「暖」をとっているので、持ちつ持たれつ。ヌクヌク幸せです。本日の土曜稽古会の最後の方で、ちょっと浄心呼吸法の稽古。浄心呼吸法は、自分を整える方法。「観る」「息」「鳩尾」の感覚が無いと、分からない。チャレンジするだけでも、しないより「からだ」が整う。だからと言うんじゃないけど、できなくても大丈夫だよ。稽古前に [続きを読む]
  • 息、楽々できているか?−レイキのチェックポイント
  • 息、楽々できているか?−レイキのチェックポイント東京は肌寒いですね。この雨で桜は散らないかしらね。さっ、今日は土曜レイキ稽古会。春だから、「胸」に関わる稽古も入れたいと思ってます。私のレイキ講座について。私は、レイキは「生命」を観、促進させる行為だと思っています。ですので、最初に「生命」感じることを、お伝えしています。「生命」と云うと漠然していますが。「生命の動き」は、感じることも観ることもでき [続きを読む]
  • 動物へレイキをする前に、飼い主のできること。
  • 当家、只今、猫5匹。上は18歳で、下は13歳。みな高齢になりました。加えて、猫エイズ(FIV)、猫白血病(FeLV)、猫伝染性腹膜炎(FIP)のキャリアがいます。正確には、キャリアだった猫達です。エイズ、白血病は陰転。致死率90%を超えるFIPは、病名が付いてから検査をしていません。生きてるからイイことにしたの。この10数年、家の猫は獣医にお世話になることもなく、平穏に暮らしています。私は猫達にレイキヒーリングをするこ [続きを読む]
  • 歌に込められた「氣」を観る
  • 歌に込められた「氣」を観る昨日は、私の稽古。春にちなんで「桜」がテーマ。稽古の相手をしてくださったのは、平安末期の歌人西行法師。西行法師は「花(桜)」をどう感じていたかを観る稽古。「氣」は、時間も空間も超える。昨日の稽古は、時代を超えている「氣」を観る。絵画や仏像や書などから、それを作った人の「身体と心と思考の動き」を感じることができます。氣を観る。レイキヒーリングの基礎・・・って言うか入り口手 [続きを読む]
  • 4月・5月のレイキ講座のご案内
  • 桜が満開ですね。麗しい。当家の庭のイチゴも花を咲かせています。全くお手入れをしていないので、伸び伸びと育ってます。今月中には、なんとかしなきゃ・・・では、では4月と5月のレイキ講座のご案内をさせていただきます。※ 再受講ご希望の方1年間は無料です、メールでお申込みくださいませ。4月と5月のレイキ講座のご案内■ 日にち● ファースト;4/17(月)、4/22(土)、5/13(土)、5/22(月)● セカンド;4/18(火)、4/23(日)、5/14 [続きを読む]
  • 「からだ」が整うお茶を淹れる−レイキの作法
  • 「からだ」が整うお茶を淹れる−レイキの作法東京は、桜が見頃。昔の方は、ソメイヨシノを「麗しい木」と感じたようです。確かに「美しい」より「麗しい」の方が合うなぁ。稽古会に来ている方が、面白い漢方医のセミナーを受けたって、教えてくれた。喉の感覚で自分に合っている薬を選ぶ、そうだ。彼女は、小6の息子とふたりで受講。息子は、ほぼ全問正解。自分に合っている薬を、喉の感覚だけで選んだそうだ。喉の感覚、大事。喉 [続きを読む]