み さん プロフィール

  •  
みさん: 遊びの記録 山,スキー,自転車とか
ハンドル名み さん
ブログタイトル遊びの記録 山,スキー,自転車とか
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/power_of_ukon/
サイト紹介文ロードバイク、スキー、山登りの記録
自由文北海道で、バックカントリースキー、ロードバイク、山登りして遊んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2014/02/11 16:55

み さんのブログ記事

  • 2017.07.24 雨が上がってから走る
  • 明け方から雨音が聞こえていたので、半ばふて寝で9時起床。路面は乾かず午後は昼寝を3時間超。FB見てたら、走りに行ってまさかの雨〜、みたいな投稿があったけど、ウチの辺りは昼過ぎまでずっと降ってましたけどね。4時過ぎから道路が乾いてきたので出発。高岡周回コースと獅子内の大回り。サドルを10mm弱上げてみる。尻の筋肉が使えなくなったが、臀部と大腿部の筋肉における全体的な疲労はこの方が少ない。酸素の消費も少なく済 [続きを読む]
  • 2017.06.18 定山渓・豊羽ロードレース
  • (写真は昨日のもの)1周回、2周回カテゴリのレースはゴールが疎ら。集団が縦に延びているということである。狭いため下りでは容易に抜けない。従って集団が詰まる。なんて展開を予想していたのは全く外れていた。8周回のレースなら序盤は緩いペース展開、なんてことも無し。先行位置に居る者、かつ、先行できる脚のある者がどんどん先行していく展開。ケガが嫌で完全にビビッてしまったもので、後方スタート。スタート後の下り。 [続きを読む]
  • 2017.06.17 定山渓・豊羽ロードレース/受付日
  • 前日受付ということで行く。130km超を走ることになるから前日は多めに喰っておく。山岡家の儀。ロング走行前の儀式。もちろん味濃いめ。アミノ酸とミネラル補給。受付は当日でもよかったらしい。確認の至らない私が悪いのだが、当日でよければ当日に受付したかった。チャリ移動なら丁度いいが、札幌の市街地を横切らなければならない定山渓は車移動だと遠い。試走は2周回。コーナーのセンターラインにはパイロンが置かれて狭小感増 [続きを読む]
  • 2017.06.14 小林峠、手稲山
  • 出勤まで時間があるので乗る。愛里さんからは誘いがあったので合流。今日仕事は休みのO谷さんを捕獲。車からチャリを降ろして直ぐに、円山から小別沢。アップ無しで急登は苦しい。小林峠はかなりのスローペース。東海大で折り返し。身体が慣れてきて復路はペースアップできたが、長持ちしない。道路の穴を踏んだところでリアタイヤがパンク?チューブレスだからリム打ちでチューブが破れるパンクはあり得ない。かといってタイヤに [続きを読む]
  • 2017.07.11 ニセコクラッシック140kmコース
  • TEAM PAJAMAの皆さんと140kmコースへ。ヒラフは朝から雨。走り始めてからも雨。雨と一緒に移動してるのかな。登りは身体が温まるが、下りで凍える。道の駅シェルプラザ港に緊急避難。温かいカップ麺が効く。Y溝さん、まさかの小麦アレルギーのでコーヒー(T_T)125kmくらい走ってからやっと晴れ間に当たる。終始H野さんが速い。追走しても結局離される。平坦区間は牽いてもらって甘えるつもりでいたが、ハイペースで牽いてくれちゃう [続きを読む]
  • 2017.06.10 3本ローラー/ELITE QUICK MOTION・肋骨負傷
  • 先週と同様に週末雨。週末雨率が高い。夕方からローラーに乗る。ELITE(エリート) QUICK MOTION / クイックモーション【サイクルトレーナー】【3本ローラー台】【QUICK-MOTION】【運動/健康/美容】価格:50704円(税込、送料無料) (2017/6/24時点)3月末に確保したこれ。ローラー台というものは、秋に確保し、冬に使い込む。というのが正しい消費タイミングなんだろうが、実走シーズンにゲッツ。結局、真っ当に乗るのは今回が初と [続きを読む]
  • 2017.06.04 藻岩山ヒルクライム
  • 1週間前から体重を気にして過ごしたところ、1〜1.5kgくらい調整できた。体調はここ数年の中では良い方なので、ベストタイムを30秒くらい更新し15分台を目標に設定。アップは汗が出始めたロープウェイ中腹駅まで行ってお終い。山頂まで行ってしまうと汗冷えしそうなので、汗で身体が濡れるにやめておく。スタート直後は特に悪い感じはなかったのだけれども、1kmくらい走ってから急に左脚が全く動かなくなってしまう。血が止まり溜ま [続きを読む]
  • 2017.06.02 タイヤ交換して軽〜く
  • 降る降る詐欺。雨が降るという予報なので、外出せずに引きこもってやろうとしていたが降る気配なし。午後から外を走りに行く。決戦用ホイールのタイヤを交換したので皮剥きも兼ねる。タイヤはいつも通りイクシオンプロ。マビック イクシオン プロ パワーリンク チューブラー MAVIC Yksion Pro PowerLinkリアタイヤとしてご利用ください!【ロードバイク】【マヴィック】【タイヤ】【tu】価格:15120円(税込、送料別) (2017/6/2時 [続きを読む]
  • 2017.05.31 サイクリング@上富良野〜十勝岳〜旭岳
  • 登り3本で獲得標高3,000m超稼げるルートへ。上富良野から十勝岳温泉。美瑛に下ってから旭岳ロープウェイ。折り返して同じルートを戻る、走行距離:179km獲得標高:3,124m朝のうちは天気が良かった。2年前の5月にもこのルートを走ったが、同じようには走れない。力が続かず、10km/hを下回ることもしばしば。歳取ると着々とこういうことになるのかね。一番失いたくないのは体力。凌雲閣でパノラマ堪能。寒いけど長居する。白銀荘に立 [続きを読む]
  • 2017.05.26 手稲山1本
  • 午前中だけチャリに時間を使えたので、手稲山まで行って帰ってくる74km走。朝練タイムを過ぎ通勤時間帯だったので、見かけたサイクリストは1人だけ。結構頑張って登ったつもりが、あまりタイムは良くない。パワーが出てる感触は十分。30minは簡単に切れてるくらいの手応え。なんだけど、全然進まないしハイペースを維持できず。冬から1kgしか体重を減らせていないからかな。それでも例年より体力の戻り具合は早いと思う。復路は大 [続きを読む]
  • 2017.05.25 ニセコクラッシック140kmコース
  • ニセコクラシックの140kmコースへ。もう10回近く走っていて試走というよりは、サイクリング兼トレーニング。上富良野に行って、旭岳までの往復175km、3,000メートルUpも考えたが、上川方面の天気が怪しかったので天気が安定している予報のニセコへ。天気はすっごく良かった。ひんやりした空気がとても気持ちがよくて幸せ。レースを考えると、ワイスホテル下の分岐までで前の方に位置することが先ず重要。なので一応、ペースを上げ [続きを読む]
  • 2017.05.19 手稲山、朝里峠
  • 標高差2,000m稼ぎたくて、本日の練習コースは山を拾っていく感じで計画。手稲山、朝里峠、小樽天狗山を登ってくれば、170km、Up2,400mくらい走れるはず。という予定で出発。出発は9時過ぎ。遅ぇ。7時台には出るようにしたい。遅く出発すると、午後が丸潰れになるのと、風が強くなって帰り辛くなる。まず、手稲山。出発したときは涼しかったのに、10時を過ぎると暑い。今日の予定はまだまだ先があるので、急がずもしっかり走って34 [続きを読む]
  • 2017.05.18 早朝浦河、高岡3周回
  • 昨日のアポイ岳ハイキング後、浦河で一泊。早起きして、牧場エリアを30分少々サイクリング。ひんやりした空気と、いい感じの朝靄。1馬力達を眺めながらとても気持ちが良く走れた。生まれたばかりの仔馬が、ヘルメットを被ったおじさんをとても気にしがち。一方、親の馬は無関心でした。この辺りは5年前走ったことがある。 2012.11.4 浦河〜広尾〜襟裳岬 周回襟裳の強烈な風に印象を持っていかれているが、浦河はとてもい [続きを読む]
  • 2017.05.17 アポイ岳登山
  • 暑い時期の登山は、その暑さや湧いて出る虫が嫌いなのであまりやらない。涼しいうちに登っておこう。チャリ練習はサボる。花の山、アポイ岳へ。麓から山頂まで、登山道やトイレ設備がとても良く整備されていて、調査や植物の保護活動にお金が掛けられている恵まれた山。花は1合目過ぎから登場する。エゾオオサクラソウ。エゾムラサキツツジ。フイリヤマスミレ。朝方、山頂は雲の中だったが、オイラが近づけば雲は切れ始める。そし [続きを読む]
  • 2017.05.12 ロード練、朝里峠・豊羽鉱山
  • あと2日で道新杯ですね。私は出走しません。スキーシーズンを少なくても1ヶ月以上早く締めて、道新杯までに1,500〜3,000kmくらい練習しなければ、真っ当に走れるワケもなく。自転車も所詮は娯楽なので、他の娯楽とうまくバランスしていくのです。皆様の安全と健闘をお祈りしております。そんなわけで、レース前の調整とか考えなくて良くて、自由に練習。そろそろ距離も標高も稼ぎたくて、CMJ土曜練ルートをベースに朝里峠。小樽側 [続きを読む]
  • 2017.05.09 ロード練、手稲山・小林峠
  • 先週は、登る練習をするための練習をした。まだまだ登るには力強さが全然足りないので、標高差を増やすためい手稲山へ。黄砂は収まったようだが、西風。そして、昨日筋トレしたせいで、臀部の筋肉が痛い。そんなこんなで花岬大橋までは低速走行。ちなみに花岬で「バンナグロ」と読むんですね。新港エリアから石狩市役所までは横風+少し追い風気味。臀部の痛みも取れてきた。筋肉の痛みに対しては、力をかけずに回数を動かすのが最 [続きを読む]
  • 2017.05.05 暑寒別岳/滑り納め
  • スキーは粘れば6月中も可能。だが、チャリもそこそこ乗れないと競技が面白くないので、G.W.まででスキーを〆る。締めは増毛のビッグマウンテン。このエリアも雪が少なかったようで、尾根に出るまでは板を外したり履いたり、小川を渡ったりな感じ。ショートカットせずに、林道を素直に歩いたほうが距離は長くとも、時間や体力的に進み易かったと思われる。左上台に出ても、雪はまだ所々切れている。天気はまぁOK。高曇りで視界があ [続きを読む]
  • 2017.05.04 小さく登坂練、厚田月形
  • 4月の走行距離は433km、3月末の1回を合わせて538km。4月末までの自分なりのノルマ500kmには達した。(しっかり準備するなら2〜3倍くらい乗らなければならないのはわかってる。)ハンドルの遠さや低さにも慣れてきて、腰回りや臀部の走るためのベースになる筋肉は機能してきた。走るため、を意識した練習はこのくらいで良しとして、登るための練習を開始。登るための練習とはいっても、まだ練習するための練習の段階なので、小さ目 [続きを読む]
  • 肉離れの瞬間@羊蹄山
  • 先日の羊蹄山の1合目付近で、立木に衝突して転びました。そして内腿の肉離れ。内腿の筋肉から内出血し、どす黒い紫色に染まってしまいました。GoProで撮った、転んで伸ばしたときの様子。脚を横方向に広げることができません。多分数か月間。膝を曲げて前後に腿を動かすことはできます。なので、自転車は問題なく乗れます。転んだ翌日はしっかり走れた。乗り降りする際に、脚を上げるときが怖いだけ。歩くのも大丈夫。スキーするの [続きを読む]
  • 2017.04.28 ロード練、浜益往復
  • 先週は練習をサボっちゃったので、しっかり乗る。4月の目標走行距離は500kmくらいになればいいかという感じ。ちゃんと走り込んでる競技者にくらべらば半分にも満たないのは分かってますよ。そこそこの距離を乗れるように、道道28号を北上し、暑寒国道から浜益に向かうルートを往復。150km弱くらい。当別ダム沿いの往路はやんわりと向かい風。朝は北から風が吹く。短くは無い距離だが、大きな峠は無くガツンと強度を上げる箇所も無 [続きを読む]
  • 2017.04.26 羊蹄山
  • 今シーズン、ニセコ・羊蹄エリアが著しく少雪だったこともあって、羊蹄山は1回行っただけ。毎シーズン2回以上は通っている、1回で終わるというのも寂しいので、行ってきた。コースはありがちな真狩コースから。正午過ぎから曇る予報なので、タイムスケジュールは、7時出発、11時外輪山、釜滑って外輪に戻って12時、13時までに登山口に戻る。という予定だったが、中山峠でトラックに抑えられたりコンビニでレジ待ちしたりで出発は [続きを読む]
  • 2017.04.14 ロード練習@小樽往復
  • これからは練習日の殆どが平日になって、ぼっち練ばっかりになるかと思いきや、リアルアスリート女史がいらっしゃいましたのよ。朝練のランを終えてきたオフシーズン無きこちらの水陸両用アスリート、「脚がパンパンだからサイクリングペースで行こうね」とか言いつつも、張碓峠で点となり先へと消えてゆきました。往路も復路も完全にやられましたよ。結構本気で登ったつもりなんだけど。まだまだ私の身体は登れるような状態じゃな [続きを読む]
  • 2017.04.13 テレマーク練、キロロパウダー
  • 春キロロ、たまにこんな青空も。なんだけど、風ビュービュー。ついでに降雪あり。パウダースノーは降雪で殆ど吹っ飛ばされているけれど、所により吹き溜まっていて深さ10cmくらい。本当に最後のパウダーを味わう。気温は氷点下。風が強いからハイシーズン並みの寒さを感じる。アイスバーンありなのでよく板が走るコンディションで練習できた。斜度が無いペタペタ斜面が多くて退屈なキロロではあるけれど、テレマークなら低速でもま [続きを読む]
  • 2017.04.07 高岡×3周回
  • 朝はしとしと雨。昼頃になって路面が乾いてきたので午後から練習。午後からなので距離は短め。高岡周回路を内回り×2周、外回り1周。ひんやりした北西の風。雨上がりで春にありがちな埃っぽさが無くて清々しい風。外回りの方がペースは速めでa.v.30km/hを少し超えるくらい。LSD走は2日こなした。今日は、負荷を上げるところはしっかり上げることを意識。一番大きなピークの坂前半はダンシングでガシガシ踏む。ピークを下ってからの [続きを読む]