獅子鮟鱇 さん プロフィール

  •  
獅子鮟鱇さん: 獅子鮟鱇詩詞
ハンドル名獅子鮟鱇 さん
ブログタイトル獅子鮟鱇詩詞
ブログURLhttp://shiciankou.at.webry.info/
サイト紹介文自作の漢詩と俳句・短歌のブログ。漢詩では絶句、律詩、詞、曲のほか、漢俳など漢語の現代短詩を吟詠。
自由文漢詩の作詩歴は2014年3月末で18年。中国の古典定型詩である詩・詞・曲と漢俳など漢語の現代短詩を詠み、2013年6月末までに40000首を詠んでいます。詠んだ詩体の数はおよそ2500詩体。多作で、そのことは中国のネットでも紹介されています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1557回 / 365日(平均29.9回/週) - 参加 2014/02/11 19:20

獅子鮟鱇 さんのブログ記事

  • 口耳相承 口耳相傳 七言絶句と五七令と短歌と俳句
  •  口耳相承:接受伝聞するをいう。   口耳相傳:口でいい耳で聴くことで伝授するをいう。  .      七絶・口耳相承以酒杯    2017.03.30 -48671.  老爲風漢展霜眉,口耳相承以酒杯。醉叩竅門通洞府,詩魂舞處羽人飛。  ●○○●●○平,●●○○●●平。●●●○○●●,○○●●●○平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻五微平声の押韻 [続きを読む]
  • 洗耳恭聽 七言絶句と五七令と短歌と俳句
  •  洗耳恭聽:耳を洗い清めて人の話を敬い聴くこと。心を専らにして聴くこと。.      七絶・洗耳恭聽       2017.03.29 -48668.  洗耳恭聽巨匠説,風流韻事損生活。學詩花費酒錢後,罹患痛風揮筆拙。  ●●○○●●平,○○●●●○平。○○○●●○●,○●●○○●平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 [続きを読む]
  • 掩耳偸鈴 七言絶句と五七令と短歌と俳句
  •  掩耳偸鈴:人に聞かれることを恐れ、自分の耳を押さえて鈴を盗む。自己欺瞞を比喩。.      七絶・掩耳偸鈴       2017.03.27 -48656.  夢聽仙樂戀清音,掩耳偸鈴埋藝林。以後詩人皆善感,繆斯發奮喜彈琴。  ●○○●●○平,●●○○○●平。●●○○○●●,●○○●●○平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 [続きを読む]
  • 七絶・清耳悦心
  •  清耳悦心:耳を清め心を悦ばす。樂曲美妙にして人の心を動かす。.      七絶・清耳悦心       2017.03.26 -48651.  繆斯却老愛風情,月下彈琴擅五聲。清耳悦心騷客喜,求詩啜飲酒堪傾。  ●○●●●○平,●●○○●●平。○●●○○●●,○○●●●○平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平声の押韻 [続きを読む]
  • 七絶・充耳不聞
  •  充耳不聞:耳を塞ぎ聞こうとしないこと。.      七絶・充耳不聞       2017.03.26 -48650.  鷄群仙鶴守孤高,充耳不聞輕世交。草舎裁詩冬又夏,集螢映雪忍風刀。  ○○○●●○平,○●●○○●平。●●○○○●●,○○●●●○平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 [続きを読む]
  • 耳聞眼睹 七言絶句と四七令と短歌と俳句
  •  耳聞眼睹:自分の耳で聞き、自分の眼で見ること。.      七絶・耳聞眼睹       2017.03.25 -48648.  詩叟耳聞天樂好,春宵眼睹彩雲開。清輝玉女來蝸舎,含笑彈琴促詠懷。  ○●●○○●●,○○●●●○平。○○●●○○●,●●○○●●平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 [続きを読む]
  • 耳熏目染 耳聞目染 七言絶句と五七令と短歌と俳句
  •  耳熏目染:見聞しているうちに自覚なく影響を受けること。 耳聞目染:耳はいつも聴き、眼はいつも見て染まっている。  知らず知らずのうちに影響を受けること。.      七絶・耳熏目染       2017.03.25 -48645.  贅叟閑居藝苑東,耳熏目染作詩翁。好學風韻擅平仄,醉列酒仙明月中。  ●●○○●●平,●○○●●○平。●○○●●○●,●●●○○●平。                ○:平声。●:仄声 [続きを読む]
  • そうだ櫻を詠もう 其四十八之九 寄調燭影搖紅
  • 燭影搖紅・夢作鸚哥競鶯囀 2017.03.25 -48643. 夢作鸚哥,醉張雙翼飛湖畔。櫻雲盛涌映清漣,花影如銀漢。 看到旗亭白首,是詩仙、閑傾玉盞。學舌半日,擬唐吟競,黄鶯巧囀。. 夢に鸚哥(インコ)となり, 醉って雙翼を張り湖畔へ飛ぶ。 櫻雲 盛んに涌いて清漣に映じ, 花影 銀漢の如し。. 看るに到れる旗亭の白首, 是れ詩仙にして、閑に玉盞を傾けをり。 舌を學ぶこと半日, 唐に擬へて吟じ競ふ, 黄鶯の巧みに囀る [続きを読む]
  • 新緑 七言俳句と俳句と漢俳と五言絶句と短歌
  •  明日25日に投句〆切のNHK俳句其一、題は「新緑 または自由」 七言俳句を五句と漢俳二首を詠み一句一首を投句。 投稿を見送ったのは次の四句。.      七言俳句・新緑 其一    2017.03.24 -48630.  新緑破屋鳴布谷  しんりょくやはおくになけるほととぎす  ○仄●平○●仄     ○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十四姑平仄両用の押韻。 [続きを読む]