獅子鮟鱇 さん プロフィール

  •  
獅子鮟鱇さん: 獅子鮟鱇詩詞
ハンドル名獅子鮟鱇 さん
ブログタイトル獅子鮟鱇詩詞
ブログURLhttp://shiciankou.at.webry.info/
サイト紹介文自作の漢詩と俳句・短歌のブログ。漢詩では絶句、律詩、詞、曲のほか、漢俳など漢語の現代短詩を吟詠。
自由文漢詩の作詩歴は2014年3月末で18年。中国の古典定型詩である詩・詞・曲と漢俳など漢語の現代短詩を詠み、2013年6月末までに40000首を詠んでいます。詠んだ詩体の数はおよそ2500詩体。多作で、そのことは中国のネットでも紹介されています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1570回 / 365日(平均30.1回/週) - 参加 2014/02/11 19:20

獅子鮟鱇 さんのブログ記事

  • 柳梢青・流口常談
  •       柳梢青・流口常談      2017.02.24 -48445.  才媛多嫌,騷翁喜愛,流口常談。帶酒懸河,鼓舌加熱,醉借紅顔。  鸚哥記性十全,無主見、博聞辯言。摘句裁詩,擬唐尚古,作品平凡。 [続きを読む]
  • 素口罵人 七言絶句と五七令と短歌と俳句
  •  素口罵人:素食(肉食をしない)の口で人を罵る。偽善を比喩する。.      七絶・素口罵人       2017.02.23 -48442.  清貧少欲老詩壇,素口罵人花酒錢。韻事徳操在勤愼,莫貪醉夢蜃樓眠。  ○○●●●○平,●●●○○●平。●●○○●○●,●○●●●○平。                ○:平声。●:仄声。平:中華新韻八寒平声の押韻 [続きを読む]
  • 酒泉子・搬口弄舌
  •       酒泉子・搬口弄舌      2017.02.23 -48441.  搬口弄舌,正是酒魔靈驗。有白頭,傾金盞,競私説。  繆斯鼻哂彈琴處,廢紙秋風舞。詩論空,騷翁歩,晩寒苛。 [続きを読む]
  • 酒泉子・拙口鈍腮
  •       酒泉子・拙口鈍腮      2017.02.23 -48440.  拙口鈍腮,只有酒杯堪啜。醉蜃樓,遊碧落,問白臺。  花容含笑迎風漢,目語如馳辯。意相投,共稱歎,月輪開。 [続きを読む]
  • 酒泉子・杜口裹足
  •       酒泉子・杜口裹足      2017.02.22 -48439.  杜口裹足,但啜金杯解悶。嘆老師,才不敏,性通俗。  心中將欲諫言處,反倒爲鸚鵡。醉學舌,説正路,扮鴻鵠。 [続きを読む]
  • 慶春時・信口胡言
  •       慶春時・信口胡言      2017.02.22 -48432.  紅唇勸酒,白頭傾盞,信口胡言。離題萬里,遊魂一路,香夢到桃源。  花容引導,佳句洶涌詩泉。櫻雲滿目,山鶯悦耳,裁賦喜春天。 [続きを読む]
  • 慶春時・守口如瓶
  •       慶春時・守口如瓶      2017.02.21 -48430.  竅門開處,迷宮高聳,騷叟將逢。詩魔飼養,鸚哥慎默,嚴守口如瓶。  懷柔神鳥,傳授心術通靈。華詞盛涌,言泉滾沸,佳釀洗風情。 [続きを読む]
  • 柳梢青 『詞曲傑作連綿 (詞曲の傑作 連綿たり)』
  • 柳梢青・詞曲傑作連綿 2017.02.21 -48429. 十口相傳,季題百代,俳句千年。詩叟聞之,却思詞曲,星譜彌天。 好學聲律森嚴,菲才也、高吟列仙。平仄玲瓏,韻學精美,傑作連綿。. 十口 相傳す, 季題は百代, 俳句は千年と。 詩叟 之れを聞き, 却って思ふ 詞曲の, 星譜 天に彌(み)てりと。. 聲律の森嚴なるを好く學べば, 菲才も、高吟して仙に列す。 平仄は玲瓏にして, 韻學は精美なれば, 傑作 連綿たり。 [続きを読む]
  • 霜天曉角・蛇口蜂針
  •        霜天曉角・蛇口蜂針     2017.02.20 -48421,  蛇口蜂針,害樗翁素心。夢想繆斯妖艷,勸玉盞、撫瑤琴。  菲才學醉吟,酒錢飛藝林。裁賦十年空老,無佳作、減年金。 [続きを読む]
  • 慶春時・交口同聲
  •       慶春時・交口同聲      2017.02.19 -48418.  大家守舊,門徒安分,交口同聲。裁詩詠月,嘲風覓句,模範是啼鶯。  白頭無恙,紅友金盞盈盈。濃春勝地,花間韻事,揮筆擅閑情。 [続きを読む]
  • 柳梢青・虎口拔牙
  •       柳梢青・虎口拔牙      2017.02.19 -48416.  老作詩家,菲才迷路,虎口拔牙。偏愛山河,登攀煙嶂,探索琪花。  憩休茅店喫茶,遊目賞、風光麗佳。看到清溪,欲將滌手,下磴油滑。 [続きを読む]
  • 慶春時・虎口餘生
  •       慶春時・虎口餘生      2017.02.19 -48415.  医生高手,樗翁長壽,虎口余生。春郊曳杖,花間飲酒,遊目醉風情。  園池白水,輕泛香雪飄零。波光引起,詩魂振奮,吟句競鶯聲。 [続きを読む]
  • 俳諧に先立つ宋代十七字詩 十一首のうち四首
  •  十七字詩は俳諧・滑稽を旨とする詩で中国宋の時代の張山人に始まるとされているが そうであれば、俳句の源流である「俳諧の連歌」よりも古い。 十七字詩が盛んになったのは明代 俳諧の連歌が始まった室町時代と符合する。. だからといって直ちに 中国での俳諧ブームが日本にも伝えられ 連歌に対するものとして俳諧の連歌が始まった とするわけにはいかない。 しかし、俳句は十七音 十七字詩も十七音。. また、日本語へ [続きを読む]
  • 五絶・金口木舌
  •       五絶・金口木舌       2017.02.18 -48405..  白頭始講評,金口木舌鳴。門下無言處,歸鴉一兩聲。  ○○●●平,○●●○平。○●○○●,○○○●平。     ○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平聲の押韻。 [続きを読む]