ラッキー&ポーちゃん さん プロフィール

  •  
ラッキー&ポーちゃんさん: 簡単すぎる水耕栽培
ハンドル名ラッキー&ポーちゃん さん
ブログタイトル簡単すぎる水耕栽培
ブログURLhttp://luckypochan.blog.fc2.com/
サイト紹介文100円ショップで買ったグッズで、簡単な水耕栽培始めました!
自由文安く!手軽に!美味しく!きれいに!

100円ショップで買ったグッズを使って、野菜を室内で栽培しています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/02/12 12:24

ラッキー&ポーちゃん さんのブログ記事

  • 水耕栽培 ミニトマト レジナ ―着果―
  • ―小さな可愛い実が次々と―開花から一週間。(3/16種まき・種まきから67日目)見る度に目尻が下がってしまう、ぼた餅のような可愛い実です。世話と言ったら、毎朝の人工授粉と養液の補充だけ。人工授粉は私の指が太くて(レジナの花が小さいから!)やりづらいので、綿棒で花の先をツンツンしています^^パセリを一容器撤収し、浅底水耕栽培容器に空きができました。2株ずつの容器が5つに。一容器だけ3株。全部で13株のレジナです [続きを読む]
  • 2017年 水耕栽培パセリ ―トウ立ち―
  • ―2年ぶりのトウ立ち―食べても食べても追いつかず、収穫すればするほど葉が茂る一方のパセリ。今年もたくさん収穫してきました。(パセリの前回の記事はコチラへ)(2016/9/16種まき・種まきから248日目)手前の黄色の容器でトウが立ちが始まりました。(2016/9/16種まき・種まきから248日目)思い起こせば一昨年の今頃も、パセリがトウ立ちした記事を書いていました。パセリは毎年栽培していますが、昨年はナゼかトウ立ちせず、 [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト スーパーで買ったトマト ―着果―
  • ―次々と着果―一つ二つと実がつき始めた先週。(5/13・種まきから61日目)あれから一週間。(5/20・種まきから68日目)朝食前に開花した花を見つけては、花柄や花の先をピンピン指先で弾くのが日課になりました。ちゃんと授粉ができているようです。こちらは全体像。(種まきから68日目)A、B、Cそれぞれ、生長具合が違います。まずは右奥から。―A―(草丈62センチ)(第一花房)この第一花房には8個着果しています。一番早くに [続きを読む]
  • 〜腹ごしらえ〜53
  • わさびリーフとチマサンチュ、パセリを使ってサンドウィッチ♪ビタミン菜と厚揚げで鰹節の蒸し焼きビタミン菜と春野菜のスイートチリソース炒めスティックセニョール頂花蕾〜わさびマヨソースで〜スティックセニョールの葉〜じゃがいもとベーコンのソテーで〜強健ほうれん草とみつばのそぼろ飯スティックセニョールと正月菜の梅塩炒め [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト レジナ ―開花―
  • ―小さな花が開花―5/9 レジナの開花が始まりました。草丈は約8〜15センチ。(種まきから55日)(「―蕾の出現、定植―」はコチラへ)5/12朝 丈の割に茎が太く、葉が堅い感じです。(種まきから58日)そんなミニチュアな木に咲いた花もまた小さくて。。なんだかとっても可愛いです。(種まきから58日)5/14 そして今日。ようやく記事が現実に追いつきました。(種まきから60日)一容器に2苗を定植した容器が4つ。そして未だに容 [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト レジナ ―蕾の出現、定植―
  • ―定植―レジナは時間をかけて、ゆっく〜り育ってきた印象です。(「―種まき、育苗開始―」はコチラへ)4/18 3枚目の本葉が出てきたところ。(種まきから34日)4/23 5枚目の本葉が出てきたところ。(種まきから39日)5/3 7枚目の本葉が出た後、蕾のようなツブツブが出てきました。(種まきから49日)草丈は7センチ位。5/4 浅底水耕栽培容器の空きが出たので、2苗ずつ定植。(種まきから50日)ハイポニカ液肥は500倍に希釈 [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト レジナ ―種まき、育苗開始―
  • レジナ(ナス科トマト属)”おてがる”で、育っても”草丈15〜20センチ”で、”支柱要らず”で、”室内の明るい場所で育てられる”。こんな願ったり叶ったりの文言に惹かれ、早速種を購入。暖かい地域では、この5月までが”まきどき”。”花が咲いてから35日程度で色づく”とのこと。想像するだけで楽しくなってきます^^そんなこんなで、今夏の初栽培はミニトマト。窓辺がミニトマトで一杯になりますように!「スーパーの [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト スーパーで買ったトマト ―開花、人工授粉―
  • ―開花―あれから、草丈は約30センチ伸びて、60センチ、53センチ、44センチに。生長が早いです。(5/13・種まきから61日目)フラフラしてきたので、簡単な支柱を取り付けて麻ひもで誘引。伸びてきた脇芽をちょこちょこ欠いています。欠いた脇芽に蕾がついていたので、試しに水に挿しておいたら…5〜6日経って根が出てきました。根がもう少し伸びたら、水耕栽培容器に挿して育ててみようかな。蕾は…5/8朝 開花が始まりました。花 [続きを読む]
  • (続)茎ブロッコリーの水耕栽培 ―10―
  • ―側花蕾、初収穫―5/7 頂花蕾の収穫から13日。(2/4種まき・種まきから93日目)側花蕾がびよ〜〜んと伸びてきました。種袋によると、側花蕾は長さ15センチ〜20センチで収穫とのこと。花蕾がだいぶゆるくなってきたので、ここで収穫することに長さ約15センチのものを3本と…(5/7・種まきから93日目)短めの約10センチのものを3本。(5/7・種まきから93日目)合計6本。蕾が少な目の花蕾ですが、種まきから3ヵ月を経て、よ [続きを読む]
  • 水耕栽培 みつば 〜たくましい和のハーブ〜
  • ―PETボトル容器に植え替え―1、2月は、寒さで枯れ枯れになっていたみつば。3月に入り、旬を迎えて復活していました。(3月下旬頃)(みつばの前回の記事はコチラ)それからは収穫しても収穫しても、あっという間に生えてくる勢い。(2016/9/26種まきと2016/10/9種まきの混在)たくましい生命力。窓辺で本領発揮中のみつばです。そんな中、ミニトマトの定植容器と置き場所が足りないことが判明。考えに考えた結果、まだまだ収穫で [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト スーパーで買ったトマト −蕾の出現、定植―
  • ―日照少なく肌寒かった3月下旬―発芽した3月下旬は曇りの日が多く、10℃前後の寒い日が続きました。生育適温が20〜30℃で暖かい気温を好むトマト。夜はタッパーの蓋を閉め、アルミシートを巻いて寒さを凌ぎました。(前回の記事「―種取りから発芽―」はコチラ)4/4 本葉が出始めました。(種まきから22日目)4/11 2枚目の本葉が出始めた頃、浅底水耕栽培容器で育苗開始。茎に触れると、もうトマトの香りがしていました。(種ま [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト スーパーで買ったトマト −種取りから発芽―
  • ―夏の楽しみ、ミニトマト栽培始める―栽培したことが無いミニトマト。室内では難しそうと諦めていたものの、ナゼかやって見ようと一念発起。思い立ったら吉日!ということで、早速、スーパーで買ったミニトマトから種を採取。先達方の栽培をいろいろと参考にさせていただきながら、日々勉強の始まりです。―買ったトマトの種採取から発芽―3/1 思い立った日。夜な夜な、ミニトマトを冷蔵庫から取り出し…ミニトマト一個から…種 [続きを読む]
  • (続)茎ブロッコリーの水耕栽培 −9−
  • ―待ちわびる側花蕾―頂花蕾の収穫から9日。(2/4種まき・種まきから89日目)側花蕾はというと…ビヨ〜ンと伸びてきました。(深底水耕栽培容器1)(深底水耕栽培容器2)まだかまだかと毎日覗いていますが、ゆっくり育っています。(浅底水耕栽培容器1)(浅底水耕栽培容器2)そんな待機中、PETボトル容器の頂花蕾が伸びてきていました。(PETボトル容器)定植時に他と比べて小さく、間引く予定だった苗。愛着が湧いて間引けず、PE [続きを読む]
  • 2017年 春栽培のいろいろ 〜かきとり収穫始まる〜
  • ―待ちに待った、我が家の野菜たち―3/7に種まきをしたチマサンチュが収穫期を迎えました。(前回の記事はコチラ)(種まきから54日目)(チマサンチュと赤葉チマサンチュ)幼苗期に気温が低めだったせいか、生育に少し時間がかかりました。柔らかくて美味しいチマサンチュ。本格的な夏になるまでの2ヵ月程度の間、またかきとり続ける日々が続きます。(種まきから54日目)赤葉チマサンチュは、冬栽培時のように葉全体が赤く染まる [続きを読む]
  • (続)茎ブロッコリーの水耕栽培 −8−
  • ―頂花蕾、摘心収穫―4/15 9日前(前回の記事はコチラ)。(2/4種まき・種まきから71日目)4/23 昨日の様子。株の真ん中にある頂花蕾が見えます。 (2/4種まき・種まきから79日目)浅底水耕栽培容器の草丈は、20センチと24センチ。深底水耕栽培容器の草丈は、30センチ。草丈違えど、本葉の枚数及び花蕾の大きさは同じ。どの株にも、頂花蕾の直下に13枚目の本葉が有ります。頂花蕾の大きさは、直径2.2〜2.4センチ程。(浅底1)( [続きを読む]
  • 2017年春 正月菜の水耕栽培 〜定植〜
  • ―春栽培の正月菜、ようやく定植―四季どり小松菜と同じ容器で育苗していた、春栽培の正月菜。(前回の正月菜の記事はコチラ)4/19 青のスポンジが四季どり小松菜。ピンクのスポンジが正月菜。(3/11種まき・種まきから40日目)4/19 わさびリーフ(秋栽培)を撤収し、空いた深底水耕栽培容器に正月菜を定植しました。(4/19定植)4/23 それから4日が経ち、元気に育っています。(3/11種まき・種まきから44日目)4/29 茎がしっ [続きを読む]
  • 2017年春栽培 チマサンチュ 〜定植〜
  • ―ようやく定植―育苗中の9苗。(前回の記事はコチラ)(2017/3/7種まき)容器の空きが無く、待機状態でした。秋栽培のチマサンチュが撤収を迎え、ようやく浅底水耕栽培容器を確保!容器は確保したものの、今度は置き場所が無い。泣く泣く3苗を間引いて6苗を定植。(3/7種まき・種まきから47日目)今春は、いろいろと作り過ぎているようです。一容器に2苗ずつが丁度良く、共に大きく育ちます。(3/7種まき・種まきから47日目)赤葉 [続きを読む]
  • 秋栽培のビタミン菜、まもなく撤収 〜春栽培はのんびり生長中〜
  • ―まもなく撤収―4/18 トウ立ちを確認していた、秋栽培のビタミン菜。(2016/9/11と2016/10/23種まきの混在)蕾をつけた茎が、あっという間に伸びてきました。(前回の記事はコチラ)たっぷりの収穫も、しばらくお預けです。昨年10月下旬のかきとり収穫開始から、約5ヵ月半。何度も食卓に登場し、お腹を満たしてくれました。今夜も鶏唐と春野菜と一緒に、スイートチリソース炒めに。無くなってしまうと困る、美味しい青菜です。早 [続きを読む]
  • 2017年 水耕栽培パセリ 〜収穫中〜
  • ―栽培というより、もう食べるだけ―2016年9/16に種まきをした、モスカールドパセリ。(2016/9/16種まき・種まきから213日目)今年のお正月あたりから、もっぱら食べているだけ。(前回の記事はコチラ)定植してからは見守るだけで、たまに養液を注ぎ足すくらいです。毎年収穫量が多く、2014年に初めてパセリ栽培を始めて以来、スーパーでパセリやドライパセリを買うことが無くなりました。今年もまだ、昨年収穫したパセリがたくさ [続きを読む]
  • (続)茎ブロッコリーの水耕栽培 −7−
  • ―待ちに待った嬉しい変化―あれから6日が経ちました。4/9 つい6日前。(2/4種まき:種まきから65日目)4/15 また葉が増えました。(2/4種まき:種まきから71日目)変化は葉が増えただけではなく…浅底、深底水耕栽培容器共に、一枚目の本葉が枯れてきました。(浅底水耕栽培容器)(深底水耕栽培容器)優しく取っておきました。気温が低く、アントシアンが発生して紫色になっていた茎元や葉の裏。暖かくなるにつれて色が薄まっ [続きを読む]
  • 〜腹ごしらえ〜52
  • みつばの玉子丼小松菜の菜の花と鯖の蒸焼きわさびリーフとひじきと梅の塩つくね〜収穫したパセリを添えて〜ビタミン菜の春雨炒めビタミン菜と肉団子のお味噌汁春のナポリタン〜摘みたてパセリと四季どり小松菜の菜の花、フリンジ―グリーンを添えて〜わさびリーフと鮭のシチュー [続きを読む]
  • (続)茎ブロッコリーの水耕栽培 −6−
  • ―栽培開始から2ヵ月経過―種まき(2/4)から65日。頂花蕾(ちょうからい)の収穫予定まで、あと一月と迫ってきました。雨曇りの日々。来月の今頃は、無事に初収穫を迎えているでしょうか^^3/25 定植した頃。(種まきから50日目)4/1頃 定植から一週間。(種まきから57日目)(前回の記事はコチラ)4/9 また一回り大きくなりました。(種まきから65日目)浅底水耕栽培容器の草丈は、16センチと17センチ。深底水耕栽培容器の草 [続きを読む]
  • 2017年春 わさびリーフ(わさび菜) 〜収穫と栽培〜
  • ―秋栽培、収穫続く―3/25にトウ立ちを確認していたわさびリーフ。(前回の記事はコチラ)蕾がついた頂芽を収穫一茎一茎がこのボリュームです。(2016/9/22種まき)毎日食べていても、なかなか減りません。(2016/9/22種まき)独特の香りとピリッとした辛みが、より強くなってきました。ふんわりとした葉を千切って、ひじきと混ぜて鶏の塩つくねに。摘み取った瞬間からポワーンと香るフレッシュなパセリを添えて^^わさびリーフから [続きを読む]
  • 2017年春 水耕栽培ビタミン菜 〜ようやく定植〜
  • ―秋栽培はトウ立ちの気配―4/8 葉がワックスがかってきました。そろそろ蕾が出てきそうです。(2016/9/11と10/23種まきの混在)昨年(2016年)10月下旬から続いている、かきとり収穫。(前回のビタミン菜の記事はコチラ)春雨炒めには欠かしません。肉団子を入れて、汁物にもよく合います。油と相性の良い、ボリュームのあるビタミン菜。我が家ではターサイやチンゲン菜の代わりにもなってくれています。―2017年 春栽培―気温 [続きを読む]
  • 2017年春 水耕栽培チマサンチュ 〜育苗開始〜
  • 今日は久々に暖かい陽射しホッとしました。毎晩食べている昨秋蒔きのチマサンチュは、そろそろ撤収間近です。(前回のチマサンチュの記事はコチラ)―春栽培開始―3/5 チマサンチュ(青)と赤葉チマサンチュの種を浸水。3/6 バーミキュライトに種まき。(種浸水)(画像では分かりづらいですが、種が水に浸かっています)3/12 青チマサンチュが発芽した日の翌日、赤チマサンチュも発芽。(種まきから7日目)3/19 スローペース [続きを読む]