ラッキー&ポーちゃん さん プロフィール

  •  
ラッキー&ポーちゃんさん: 簡単すぎる水耕栽培
ハンドル名ラッキー&ポーちゃん さん
ブログタイトル簡単すぎる水耕栽培
ブログURLhttp://luckypochan.blog.fc2.com/
サイト紹介文100円ショップで買ったグッズで、簡単な水耕栽培始めました!
自由文安く!手軽に!美味しく!きれいに!

100円ショップで買ったグッズを使って、野菜を室内で栽培しています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/02/12 12:24

ラッキー&ポーちゃん さんのブログ記事

  • 2017年秋 チマサンチュ栽培 ―種まき〜育苗開始―
  • ―春と秋と冬に栽培―サラダ野菜の栽培適温は20℃〜25℃。我が家では、毎年9月から6月頃までの約10ヵ月、栽培しています。7月と8月の2ヵ月は気温が高く生長が止まり、種を蒔いても徒長して収穫に至りません。栽培の注意点は、暑い時期を避けるだけ。暑い時期に種を蒔いて失敗しても、これからの時期ならもう大丈夫!たくさん収穫しましょう!!―種まき―蒔いた種は、2015年春にダイソーで購入した種の余り種。たくさん蒔いてきた [続きを読む]
  • 水耕栽培 茎ブロッコリー ―(夏まき)定植―
  • ―すっかり苗らしく―8/1に種まきをした、スティックセニョール。(前回の記事はコチラ)節間が空いて徒長気味でしたが、それなりに育ってきました。現在、草丈は12センチ。(8/1種まき)(種まきから41日目)6枚目の本葉が出たところです。葉の大きさは、7.5センチ×6.5センチ程度。(本葉3枚目)春栽培と同様に、鯉のおヒゲのような、本葉3枚目からの葉形の変化も見られます。―水耕栽培容器に定植―今回は2株とも、深底水耕栽培 [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト スーパーで買ったトマト ―再び開花―
  • ―涼しくなって、また開花始まる―8/20に最後の収穫をしていた、ミニトマト。茎と葉だけになっていた挿し木株。そのまま撤収せずに残していました。蕾を膨らませて、また黄色い花が咲き始めました。(3/14種まき)(種まきから178日目)窓辺の酷暑を乗り越えて、よく頑張りました。開花から収穫まで、必要な積算温度は800℃。50日位はみていた方がいいかな。無事に着果すれば、10月下旬から11月初旬の収穫になりそうですね。久々の [続きを読む]
  • 2017年 水耕栽培バジル ―今年は容器を増やさず栽培―
  • ―2粒の種で、長くたくさん収穫―摘心して株が増えると同時に、容器もどんどん増えていくバジル栽培。株が増えるのはありがたいけれど、撤収時の片付け作業も増えてしまうのよね^^;とうことで、今年は”容器を増やさず、いつにも増して手間をかけず”をモットーに栽培。2粒の種から、一時7株まで増えたバジルを3株に減らして栽培中です。(前回の記事はコチラ)容器の中の3株が育ってきたら摘心をし、株ごと全部収穫(4/25種まき) [続きを読む]
  • 2017年8月 水耕栽培 正月菜 ―種まき―
  • ―正月菜も早々に種まき―秋の青菜価格の高騰に備えて、今年は早めの種まき。四季どり小松菜と同時に、栽培を開始しました。8/15 種を一晩浸水。8/16 朝、バーミキュライトに播種。蒔いたのは、昨秋にダイソーで購入した「正月菜」の種。生き生きと大きく育ち、春には菜の花をたくさん収穫できます。かきとり後の再生が早く、とても重宝する青菜です。今秋もたっぷり栽培します。8/20 本葉が育ってきたら、小松菜と浅底水耕栽培 [続きを読む]
  • 2017年8月 水耕栽培 四季どり小松菜 −種まき―
  • ―小松菜の価格、じわりじわりと―7月は一束70円程度だった小松菜の価格。8月に入り、100〜130円と上昇してきました。毎秋、青菜の価格は高騰気味。昨年の10月は一束320円に!値段を見て、思わず目が飛び出てしまったことを思い出します。今年の8月は曇りがちで雨も多い。日照不足で今後、野菜の価格が跳ね上がりそうな予感。スーパーの野菜売り場で「高くて買えないわ…」と立ち尽くすことのないように、今のうちに^^―今年は早め [続きを読む]
  • 水耕栽培 アスパラ菜 ―種まき―
  • ―久々のアスパラ菜栽培―2015年春に栽培して以来、冷蔵保存されていた余り種。収穫まで少し時間がかかるからと、いつも栽培を見送り。その存在を忘れていました。せっかくの種が勿体ない!ということで、先に蒔いたスティックセニョールと秋の合わせ収穫を目指して、久々に栽培することにしました。暑い時期に蒔ける野菜は貴重ですね。有効期限はとっくに切れた種ですが、発芽するでしょうか。―種まき―8/3 種6粒、一晩浸水。8/ [続きを読む]
  • 水耕栽培 茎ブロッコリー ―種まき(夏栽培)―
  • ―夏栽培、開始―春栽培では、全体的に茎が細かった印象のスティックセニョール。(春栽培の記事はコチラ)夏まき秋冬収穫では、春栽培より太く育って欲しいと、春栽培との比較も兼ねての栽培です。”まきどき”は7月〜8月。ちょうど今頃ですね。7/31 種を一晩浸水。8/1 バーミキュライトに、2粒種まき。(8/1種まき)蒔いた種はたった2粒!今から蒔くと、頂花蕾の収穫は、おそらく11月初旬頃。その後、側花蕾の収穫が始まります [続きを読む]
  • 2017年 水耕栽培バジル ―摘心と収穫―
  • ―収穫をじっと待つ―収穫したい気持ちをぐっと堪えて待っていると、茎に節がたくさんでき、そこには新芽も育ってきます。(前回のバジルの記事はコチラ)(7/22)(種まきから89日目)こうなると、もうどこを摘心してもいい感じ。7/29 摘心と同時に収穫7/30 長めに切った茎は、株数を増やすために挿し木に。水を入れた瓶で根出し中です。摘んだばかりの葉で作った、フレッシュバジルソース。収穫したミニトマトとチキンと和えて [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト スーパーで買ったトマト ―そろそろ終わり―
  • ―3月蒔きのミニトマト―只今、挿し木株の実を収穫中です(前回の記事はコチラ)。残るは、これだけになりました。なるべく実に養分が集まるように、切り詰めています。(3/14種まき)(種まきから139日目)気温が高いので、レースカーテンは朝から晩まで閉めたっきり。日光に当たらない環境と暑さとで、ミニトマトは次第に弱ってきた模様です。茎は細々として、新しく出た脇芽も弱々しい。蕾はあるも花は咲かず。今ある実の収穫を [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト スーパーで買ったトマト ―6月蒔きも生育中−
  • ―実は小さめ、挿し木株―挿し木株だけになった、3月蒔きのミニトマト。(前回の記事はコチラ)7/11 2個収穫。(合計61個)深底水耕栽培容器でゆっくり色づき中。実は小さめです。(3/14種まきの挿し木株)(種まきから126日目)レジナと合わせて、収穫は150個を超えました。―6月蒔きのミニトマト―暑くて実りに至るかは分かりませんが、今のところは順調に育っています。7/9 5枚目の本葉が出たところ。(6/14種まき)(種まき [続きを読む]
  • 2017年 水耕栽培 バジル ―摘心と切り戻し―
  • ―摘心―6/14 伸びてきた2株のバジル。(前回のバジルの記事はコチラ)それぞれ、下から3番目の節のすぐ上を摘心。いつものように水に浸けて、根を出して…(6/14)(種まきから51日目)同じ容器の空いているところに定植。(挿し木株)(挿し木株)これで2株から4株(親2株、挿し木2株)になりました。挿し木株は、定植位置の直ぐ上から2つの新しい芽が出ています。摘心の際に収穫 今年の初収穫です。今回はそれだけではなく、 [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト スーパーで買ったトマト ―増殖中―
  • ―もう終わり?―収穫中のミニトマト。株の負担を減らすべく、葉をできるだけ取ってスッキリ。(3/14種まき・種まきから110日目)(前回の記事はコチラ)双葉はまだ残っています。窓辺の水耕栽培でミニトマトを収穫できるって、嬉しいですね。果房の実が残りわずかになってきました。今日は6個収穫。(合計38個)全て収穫したら、ミニトマトはレジナだけに。そんなはずはありませんね^^深底水耕栽培容器に寄せ植え中の、摘心した茎 [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト レジナ ―収穫中、また蕾現る―
  • ―新たな花の気配―次々と赤くなるレジナ。13株あるおかげで、収穫が途絶えません。(種まきから108日目)(前回の記事はコチラ)今日は5個収穫。暑い日にはとびきり美味い、瑞々しくサッパリとした味。実も大きいです(合計47個)また新しい蕾が出てきました。小さな株でも、もう立派に成熟したミニトマトの木。たくさん実をつけようと、頑張っています。―その後―7/2 6個収穫。(合計53個)他の株が着果を始めた頃。葉ばかりが [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト スーパーで買ったトマト ―緑熟しなかった実、試食―
  • ―緑熟期なく成熟したB株の実―早々と芯止まりしたA株。緑熟しなかったB株。艶があって一番美味しそうなC株。(3/14種まき・種まきから103日目)同じ実から採種した種ですが、三者三様に生長しました。着果してから”緑熟するのをすっ飛ばして”、白い実のまま着色を開始したB株の実。F2種の宿命か、強い日差しに当たって高温にさらされたからか、原因は分かりません。同時期の他の株の実が、緑熟の過程を辿っていた頃…6/10 [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト レジナ ―初収穫―
  • ―待ちに待った、初収穫―3/16の種まきから99日。5/12の開花から41日。6/22朝 ようやく収穫の時がやってきました。レジナの実を触ってみると、弾力があって柔らかく、実が果柄にしがみつく感じがなく少しグラグラ。よし!ということで、レジナのお尻をつまんで上に傾けてみると、ヘタを果柄に残してほろっと優しく取れました。 (種まきから99日目)(前回の記事はコチラ)こんな感じに、今朝は10個収穫できました。(初収穫)そ [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト レジナ ―ゆっくり成熟中−
  • ―収穫はまだ、待機中―色づき始めた6/12から10日。(3/16種まき・種まきから98日目)(前回の記事はコチラ)赤橙色の実が増えてきました。強風でコテッと倒れたり、枝が折れる心配も雨に打たれる心配もなく、ただマイペースに、じっくり時間をかけて熟しているようです。実をつまむと、フニっと弾力がある柔らかさになってきました。弱い力で軽くもぎ取れる頃合いで、収穫しようと思います。続きはコチラへ [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト スーパーで買ったトマト ―収穫中−
  • 6/20朝 実が柔らかくなってきたC株の第一果房。(3/14種まき・種まきから99日目)(前回の記事はコチラ)実をつまんで上に上げると、ヘタを果柄に残し、実だけが取れました。3つ収穫。果柄に残ったヘタは、病気予防のため取り去っておきました。(合計5個)その味は、皮が柔らかく酸味が抑えられ、うまみがあって美味しい。”赤く色づき、そこから更に数日。つまんだ時に柔らかく、弱い力でもげるようになった時”が、より美味し [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト スーパーで買ったトマト ―初収穫―
  • ―その味は―前回の記事から3日目の朝。6/13 ヘタの際まで赤くなってきた2粒。(6/13・種まきから92日目)(A株の第一果房)その夜、早速収穫することに。実を横に捻りながらつまみ上げると、矢印のところ(離層)で簡単にポキッと折れるんだそうです。毎朝、出勤前に手分けして人工授粉をしてきた主人と、第一果と第二果を「せーの!」で収穫。簡単にポキッと取れました。実を潰さないかとヒヤヒヤしましたが、難なく収穫できま [続きを読む]
  • 水耕栽培 ミニトマト レジナ ―色づき始めたレジナ畑―
  • ―収穫まであと少し―現在のレジナの様子です。(3/16種まき・種まきから94日目)(前回の記事はコチラ)6/12(種まきから89日目)から少しずつ色づき始め、楽しい色合いになってきました。日に当たると尚、キレイな色が映えます。プルンとして張りがあり、実が詰まっている感じがします。レジナは観賞用で、その味については、特長的な甘さ等があるわけではないようですね。完熟した頃を見計らって…早く食べたい!一段落したと思 [続きを読む]
  • (続)茎ブロッコリーの水耕栽培 ―12―
  • ―収穫は、あと半月ほど―現在の茎ブロッコリーの様子です。(2/4種まき・種まきから134日目)(前回の記事はコチラ)草丈は、側花蕾を初収穫(5/7)した頃から変わらず、深底水耕栽培容器の2株…約40センチ浅底水耕栽培容器の2株…約30センチと、10センチの違いがあるままです。容器から出て日を浴びようと、深底容器の株の節間が伸びたことで、草丈に違いが出たのではないかと思います。ただ、草丈は違えど、収穫量や茎の太さは [続きを読む]