osmo さん プロフィール

  •  
osmoさん: 大相撲 来場所予想番付 ブログ版
ハンドル名osmo さん
ブログタイトル大相撲 来場所予想番付 ブログ版
ブログURLhttp://finstr.blog73.fc2.com/
サイト紹介文大相撲の来場所番付予想を幕内〜序ノ口まで全て公開しています。
自由文幕内〜序ノ口までを網羅した番付予想を公開しています!
趣味で予想して楽しんでいるものですので実際の番付とは異なりますが、精度を少しずつ高めて行きたいと思いますので宜しくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/02/13 12:18

osmo さんのブログ記事

  • H29 名古屋場所予想番付(序二段〜序ノ口)
  • 名古屋場所の予想番付を公開しております。(幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序ノ口)今回は序二段と序ノ口を見てみましょう。まずは人数の整理からです。今場所の引退力士は年寄襲名の朝赤龍と佐田の富士を含めて16人(番付外の2人を除く)となります。また、序ノ口の全休(引退力士を除く)が2人いますので、名古屋場所の番付から姿を消すのは合計18人です。新たに番付に載るのは、付出デビューの2人と前相撲を取った8人 [続きを読む]
  • H29 名古屋場所予想番付(幕下〜三段目)
  • 名古屋場所の予想番付を全て公開致しました。幕内、十両に続き、今回は幕下、三段目を見てみましょう。幕下です。十両からの降格が少なく、幕下上位で好成績でも十両昇進が叶わない例が出てしまっています。希善龍、北はり磨、志摩ノ海あたりまでは星数的には可能性がある勘定でしたし、十両から陥落濃厚の旭日松も不運ですね。このあたりが上位2枚目まで、大成道、優勝の大岩戸が3枚目と予想しています。常幸龍は西4枚目、貴源 [続きを読む]
  • H29 名古屋場所予想番付(十両)
  • 名古屋場所の番付予想を公開しています。幕内に続き、十両の予想を公開致しました。夏場所の十両の土俵は大混戦でした。2桁勝ったのは10勝で優勝した錦木のみ、2桁負けたのも大砂嵐と山口、貴源治だけという稀に見る団子レースとなりました。殆どの力士が6〜9勝です。名古屋場所も大きな変動のない番付となるでしょう。前回の記事で述べた通り、幕内からの陥落は豊山、妙義龍、豊響に加え魁聖と予想しています。その魁聖が東筆 [続きを読む]
  • H29 名古屋場所予想番付(幕内)
  • 夏場所は白鵬が1年ぶりの優勝を全勝で飾りました。終盤戦まで失速することなく、復活を印象付ける38回目の見事な優勝です。高安が大関昇進を確実にしました。照ノ富士、カド番脱出の豪栄道に次ぎ、番付としては東の2番目となりますね。三役は千秋楽の取組でその座をかけた争いが見られました。東関脇の玉鷲は文句なし、西関脇は東小結で8勝の御嶽海が昇進となるでしょう。小結は、西小結で8勝の嘉風が東、西は関脇で7勝の琴奨 [続きを読む]
  • 新番付発表 幕下以下レビュー 平成29年夏場所
  • 夏場所の新番付を引き続き見ていきます。今回は幕下以下です。まずは幕下です。先場所優勝の阿炎が予想通り東筆頭です。幕下中位〜下位では、5勝力士が予想ほど上がりませんでした。今場所は引退が少なく上がりにくいのですが、少し不運な力士も出てしまいましたね。三段目からの昇格も厳しくなると予想していたのですが、意外にも4勝組では、西三段目10枚目の大雷童だけでなく西11枚目の末川まで昇格になりました。そしてそれよ [続きを読む]
  • 新番付発表 幕内・十両レビュー 平成29年夏場所
  • 夏場所の新番付が発表になりました。例によって、予想番付と比較して見ていきましょう。今回は、まず幕内と十両からチェックします。稀勢の里が東の正横綱となりました。4横綱・2大関が万全の状態で出場できると良いですがどうなるでしょう。関脇は慣例と異なり、星数と関係なく先場所の順番を引き継ぎました。これまでの例に倣えば、星数順で高安、琴奨菊、玉鷲と並べるのが普通と思いますが、今回は違う判断になりました。3年 [続きを読む]
  • H29 夏場所予想番付(序二段〜序ノ口)
  • 夏場所の予想番付を公開しております。(幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序ノ口)今回は序二段と序ノ口を見てみましょう。まずは人数の整理からです。今場所は引退力士(番付外除く)が6人と少なめです。序ノ口の全休も引退の姫勝山だけですので、番付から姿を消すのはこの6人だけです。新たに番付に載るのは56人。前相撲からの出世力士が56人いたのですが、残念ながら早くも2人が引退してしまい54人。三段目付出デビューの [続きを読む]
  • H29 夏場所予想番付(幕下〜三段目)
  • 夏場所予想番付を全て公開致しました。幕内、十両に続き、今回は幕下、三段目を見てみましょう。幕下です。阿炎は1枚足りず再十両はなりませんでした。東筆頭と予想します。以下、枠が足りずあがれなかった希善龍、岩崎の順で並べています。常幸龍は西7枚目くらいまで戻るでしょう。ベテラン豊ノ島は東21枚目まで下がると予想します。注目力士では、木崎が十両が視野に入る東8枚目くらいまで上がって来そうです。朝日龍は西32枚 [続きを読む]
  • H29 夏場所予想番付(十両)
  • 夏場所の番付予想を公開しています。幕内に続き、十両の予想を公開致しました。幕内との入替は4〜6人ですが、前回の記事で述べた通り、ここでは5人と予想しています。豊響、阿武咲、千代大龍、小柳に加え、大砂嵐まで入幕としています。幕内からの陥落は千代皇、錦木、旭秀鵬、佐田の海までが確実で、あと一人は魁聖と予想、妙義龍は残留としています。その魁聖が東筆頭と予想します。もし陥落なら十両では力が違うでしょう。西 [続きを読む]
  • H29 夏場所予想番付(幕内)
  • 春場所は凄い結末になりました。相撲を取れる状態なのか心配された稀勢の里が、本割と決定戦で照ノ富士に連勝して連覇となりました。稀勢の里の涙が印象的でした。立派な横綱です。早速ですが、夏場所の幕内予想番付を公開致しましたのでご覧下さい。稀勢の里は遂に東の正横綱です。現時点では完全に第一人者と言える存在になりました。鶴竜と日馬富士は影が薄くなってしまいましたので来場所こそは奮起して欲しいですね。照ノ富士 [続きを読む]
  • 新番付発表 幕下以下レビュー 平成29年春場所
  • 春場所の新番付を引き続き見ていきます。今回は幕下以下です。まずは幕下です。貴源治は予想通り西筆頭、東筆頭と予想したベテラン豊ノ島は東2枚目となりました。予想と差があったのは、翔天狼・佐田の富士といった1勝力士があまり下げませんでした。そもそも両者ともこの番付にいること自体違和感はありますけどね。幕下からの陥落は東38枚目で2勝の東里ではなく東30枚目で1勝の碧己真となった点が予想と異なりました。微妙ではあ [続きを読む]
  • 新番付発表 幕内・十両レビュー 平成29年春場所
  • 春場所の新番付が発表になりました。例によって、予想番付と比較して見ていきましょう。今回は、まず幕内と十両からチェックします。三役までは予想通りです。新横綱の稀勢の里は慣例通り横綱の最下位となりました。関脇は玉鷲、高安、琴奨菊の3人、小結は御嶽海、正代。平幕もさほど驚きのない妥当な番付編成となりました。荒鷲が西4枚目(予想は東6)、佐田の海が東12枚目(予想は東14)というあたりが少し予想より上であった [続きを読む]
  • H29 春場所予想番付(序二段〜序ノ口)
  • 春場所の予想番付を公開しております。(幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序ノ口)今回は序二段と序ノ口を見てみましょう。まずは人数の整理から。春場所の番付に載る力士の数は8人の減少です。毎場所減っているのは寂しいですが、春場所の入門に期待しましょう。番付外を除く引退が15人、序ノ口から番付外への陥落は3人。合わせて18人が番付から姿を消します。新序出世・再出世力士が10人ですので、差引8人の減少です。序二段 [続きを読む]
  • H29 春場所予想番付(幕下〜三段目)
  • 春場所予想番付を全て公開致しました。幕内、十両に続き、今回は幕下、三段目を見てみましょう。幕下です。ベテラン豊ノ島、期待の若手の貴源治が筆頭に並ぶと予想しています。三段目優勝の武政は東13枚目と予想、一気に十両昇進が見えてきます。西13枚目には貴公俊としています。貴源治とW昇進もあり得る番付です。期待の朝日龍は東24枚目と予想しました。千代の海(東35予想)、池川(西43予想)も幕下復帰、とは言っても幕下力 [続きを読む]
  • H29 春場所予想番付(十両)
  • 春場所の番付予想を公開しています。幕内に続き、十両の予想を公開致しました。前回の記事で、大砂嵐、臥牙丸、千代大龍、千代鳳、錦木の5人が陥落と予想しました。幕内から陥落の錦木、千代鳳、千代大龍の順に並ぶと予想します。全体的に組みづらさはありません。小柳は西4枚目、大奄美は東9枚目と予想しています。中位あたりが混戦ですのでこのあたりは前後する可能性があります。誉富士、旭大星、山口は星勘定としては同点です [続きを読む]
  • H29 春場所予想番付(幕内)
  • 初場所では稀勢の里が遂に待望の初優勝を果たしました。語るまでもなく実力も実績も十分で、遅すぎるくらいの初優勝です。これでプレッシャーから解放され、今後も優勝を重ねて欲しいものです。早速ですが、春場所の幕内予想番付を公開致しましたのでご覧下さい。稀勢の里の横綱昇進については見解が分かれる面もあるとは思います。個人的には、千秋楽に勝ったことで昇進で良いと思っています。来場所も優勝またはせめて優勝同点で [続きを読む]
  • 新番付発表 幕下以下レビュー 平成29年初場所
  • 初場所新番付を引き続き見ていきます。今回は幕下以下です。まずは幕下です。東西の筆頭に予想と異なり陥落の北はり磨と朝赤龍が置かれた為、幕下上位で好成績の力士たちが予想より一枚下になっています。全体的に、先場所同様、負越力士に甘く、勝越力士に厳しい感じの編成となっています。この傾向が定着するのでしょうか。碧己真(2勝)が5枚ほど予想より下がらず、大和富士(5勝)は逆に予想より4枚下に留められている、といっ [続きを読む]
  • 新番付発表 幕内・十両レビュー 平成29年初場所
  • 初場所の新番付が発表になりました。例によって、予想番付と比較して見ていきましょう。今回は、まず幕内と十両からチェックします。三役までは予想通りです。玉鷲、正代が新関脇です。上位では松鳳山(東5枚目で8勝)が西2枚目、豪風(東7枚目で9勝)が西4枚目というのは驚かされました。2桁勝利の荒鷲、勢が予想より1枚下に留め置かれています。いずれにせよ荒鷲は初の上位挑戦が楽しみですね。新入幕の佐藤改め貴景勝は [続きを読む]
  • H29 初場所予想番付(序二段〜序ノ口)
  • 初場所の予想番付を公開しております。(幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序ノ口)今回は序二段と序ノ口を見てみましょう。まずは人数の整理から。初場所の番付に載る力士の数は11人の減少です。番付外を除く引退が18人(玉飛鳥を含む)、序ノ口全休は9人でそのうち4人が引退なので、番付外への陥落は5人。合わせて23人が番付から姿を消します。うち約半分は春日山勢なのは残念なことですね。新序出世・再出世力士が12人ですの [続きを読む]
  • H29 初場所予想番付(幕下〜三段目)
  • 初場所予想番付を全て公開致しました。幕内、十両に続き、今回は幕下、三段目を見てみましょう。幕下です。上位は少し混雑していますが、朝弁慶、海龍、富士東、栃丸、貴源治と並べています。幕下上位は面白そうですね。三段目優勝で復帰した常幸龍は西14枚目と予想しています。全勝なら関取復帰となる番付です。三段目からの昇格は、東11枚目で4勝の玄界鵬、東28枚目で5勝の本多まで上がれると予想します。このあたりは番付運とし [続きを読む]
  • H29 初場所予想番付(十両)
  • 初場所の番付予想を公開しています。幕内に続き、十両の予想を公開致しました。正直なところ、十両の番付はこれまでにないほど組みづらいです。通常であれば十両中位になりそうな星数の力士ばかりです。4枚目から10枚目くらいまでは非常に厳しい状況になっています。勝ち越した東龍、安美錦を同地位に留まらせる予想となったのもかなりの苦肉の策です。また、1点負越しただけの剣翔や阿夢露も大きく下げ予想ですし、5〜6勝でここ [続きを読む]
  • H29 初場所予想番付(幕内)
  • 九州場所は鶴竜が久しぶりの優勝となりました。豪栄道の綱取りは振り出しに戻ってしまいました。稀勢の里は改めて実力は最強クラスであることを示したものの、またも重圧に勝てませんでした。白鵬も終盤は気持ちが切れてしまった感があったのは残念でした。さて、初場所の幕内予想番付を公開致しました。関脇は玉鷲、正代、小結は高安、栃ノ心でしょう。平幕の上位は少し候補者が多く難しいところです。荒鷲を西筆頭と予想していま [続きを読む]
  • 新番付発表 幕下以下レビュー 平成28年九州場所
  • 九州場所新番付を引き続き見ていきます。今回は幕下以下です。まずは幕下です。全体の傾向として負越力士に甘く、勝越でもさほど上がらない番付編成となりました。1勝の明瀬山が7枚半、大波が6枚、予想ほど下げませんでした。逆に5勝力士があまり上がらず、久之虎は予想より6枚下に留め置かれてるなど、予想と比べて厳しくなっています。5勝組で注目の琴鎌谷は、東43枚目(予想は西39)となりました。幕下からの陥落ラインは東49枚 [続きを読む]
  • 新番付発表 幕内・十両レビュー 平成28年九州場所
  • 九州場所の新番付が発表になりました。例によって、予想番付と比較して見ていきましょう。今回は、まず幕内と十両からチェックします。上位は前頭筆頭までは予想通りです。2枚目からは半枚ずつ違う組み方ができそうと述べた通りになり、予想とは異なる魁聖、嘉風、遠藤の順となりました。幕内下位は予想が難しいと述べましたが、やはりこういう組み方しかなかったようで、ほぼ予想に近い番付編成となりました。新入幕の大輝改め北 [続きを読む]
  • H28 九州場所予想番付(序二段〜序ノ口)
  • 九州場所の予想番付を全て公開致しました。(幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序ノ口)まずは人数の整理から。九州場所は番付に載る力士の数が13人も減ってしまいます。引退が13人。協会発表は時天空を含め14名、そのうち昇龍は協会HPでは序ノ口となっていますが実際は秋場所番付外の為、秋場所番付に載っている引退力士は13名です。玉飛鳥は来場所の番付に残る前提です。序ノ口全休が13人ですが、うち4人は引退ですので差引9人 [続きを読む]