まふゆ-ゆ さん プロフィール

  •  
まふゆ-ゆさん: ゆのまちねこ
ハンドル名まふゆ-ゆ さん
ブログタイトルゆのまちねこ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mahuyunoneko
サイト紹介文野良猫たちのTNR・保護・譲渡をしてます『定ニャンの会』の活動記録です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/02/14 19:26

まふゆ-ゆ さんのブログ記事

  • ポコちゃんのその後
  • 不妊手術後のポコちゃんこのエリアから依頼があった時何匹かいるけれど「ダメだったら、せめてポコちゃんだけでも」と特別思いをかけられていたポコちゃんわたしたちは写真を見たときロン毛かぁ、、と思った野良猫のロン毛は悲惨なのだ毛が広範囲に玉になって、皮膚をひっぱって痛くて歩きにくそうにしてて最初は怪我してると思って保護された定山渓の、故「ロン毛ちゃん」ロン毛ちゃんが歩きにくそうにしてた原因はロン毛 [続きを読む]
  • チコちゃんたち、それぞれ
  • 避妊手術後の療養のためメンバー宅へお泊まりのチコちゃん1歳二人であれだけ慎重に配慮しいざ、ケージに入れようとしたらわずかの隙から逃げられてしまった妊婦猫だったので傷も大きいしあまり追いかけてもと一晩そのままにしてたらずっとご飯を食べないで潜んでいるこれは逆に良くないし、となんとか必死でケージに誘導しほっとしたけれど次に捕獲されたメス猫の術後のお迎えに行って、戻ったらばケージ内が大混乱寝床 [続きを読む]
  • ポコちゃんのいるエリア
  • ここはまた別エリアですこの仔はメスのポコちゃん、5歳とのことボロ、と呼んでる人もいます元々懐いてたのに、今は触れなくなったとのこと何かがあったんだろうと言ってましたここも3〜4人の人が関わっています(2〜3人のおじさん含む)メスばかり4匹いるというのですが、、、?最初に入っちゃった猫さんちーちゃん「じゃあな、ちーちゃん、がんばってこいよ」っておじさんに見送られて病院へ術後、先生から「オスでし [続きを読む]
  • 束の間の再会
  • 1「おかえり、帰ってきたのー」と優しく迎えられた本物の母さん猫リターンです他の猫みたいにすぐには飛び出さず聞き覚えあるヒトの声を確認するように出てきましたあ〜あ〜わざわざそんな、雪のあるところに行かなくても道路は乾いているのに猫の道があるんでしょうが、、その後3〜4日、姿を見せなかったようですが近隣のお家におととし産まれの子供2匹を連れてご飯を食べに来ていたそうですチャーちゃんエリア [続きを読む]
  • マミーの人慣れ修行開始です
  • いつも寄り添ってたマミーとヒューヒュー親子保護の経緯 → 親子猫親子も兄弟もいつかは別れ別れが常なのが猫の世界マミーに幸せお知らせメールがきました預かりボランティアを希望する方が現れたのです希望された方は信頼できる里親Dさんです2015年11月母猫と4匹兄妹合計5匹についての相談を引き受け譲渡した中の仮名むねこ(今は不二子ちゃん)そう、不二子ちゃんの里親Dさんが今度は預かりボランテ [続きを読む]
  • チャーちゃんエリア5匹目
  • 真冬に逆戻りの札幌ですチャーちゃんエリアから連絡来ました今度こそ、本物の母さん猫らしい病院では「お腹に、赤ちゃんは入ってない」ことでも「乳腺が張っている」こと「でも、おっぱいは出ていない」ことを言われました最初は赤ちゃんが待ってるならすぐ帰さないとと、話していたのですが出産はしたものの、おっぱいがあがってしまってるということは授乳はしていないもしくは授乳はしたけれど赤ちゃんが育たなか [続きを読む]
  • チャーちゃんエリア4匹目
  • あれから本物の母さん猫が姿を見せたとの連絡があって期待して捕獲器を設置してもらいましたが入ったのはトラ猫のオスでしたこれは術後一泊しリターン時の様子です病院で差し出されたご飯にも手を付けず随分とおとなしくしていましたが移動中の車内でガタガタ!っと捕獲器がひっくり返ったような物音病院でお泊まり中からずっと我慢してたらしいぷうんと漂う匂い。。。オシッコです実はよくあることです(オシッコ [続きを読む]
  • チャーちゃんエリア3匹目
  • チャーちゃんエリアの母さん猫を目標に捕獲器置かせてもらってましたがそこがちょっと不都合になり、、また場所を変え置かせてもらいました母さん猫、わたしは一度もお目にかかってないのですが妊婦猫かもしれないとのこともうどこかで産んでしまってたら、、と思うと心配でなりません翌朝同じく心配MAXなチャーちゃんの預かりご家族から母さん猫らしきが入ったと電話をもらいましたが入ったら入ったで、もう出産終えて [続きを読む]
  • 今年もまた、始まる
  • チャーちゃんの預かりさんの付近には野良猫が結構いて毎年仔猫が産まれてるらしいのでチャーちゃんを連れて行くとき、捕獲器もセットで持っていったまずは毎年産んでるという母さん猫が目当てだった翌朝、「母さん猫らしいのが入ってる!」と言う知らせに飛んでって病院には「メス猫です!!」と電話連絡手術中病院から電話が入って「オスですが、去勢していいですか?」わたしとしたらよく確認もせずうっかりミスこのオス猫の [続きを読む]
  • 預かりボランティアさんのおうち
  • 定ニャンの会の保護猫を迎えるにあたり娘さんも階下にお住まいのお母さん宅にきて一緒にケージのセットをして待っていてくれました細やかな心配り、温かい気持ちになります預かりボランティアさんはお母さんのほうです猫に好まれそうな明るい声でたくさん話しかけてくれる方ですまずはあらためまして、ご挨拶1年前に飼い猫を亡くされ悲しい思いをされています年齢的にもう、飼えないけれど預かりボランティア、というのが [続きを読む]
  • ご指名待ち
  • 2月28日メンバー宅保護猫のゴロとうちにいるチャーちゃんの健康診断日でしたどちらも、キャリーに入れるまでが至難の業(汗)ゴロは前日からケージに入ってもらって準備毎回キャリーに入れるために追い詰めるのがなんだかいじめてるみたいでほんと嫌な作業ですこれまで築き上げてきた信頼度は一気にゼロに急降下、か?と思われます2匹とも内科的に血液検査の数値に全く心配なし、でした検便の結果、虫くんもいま [続きを読む]
  • 親子猫
  • 様々な事情が交錯し、もうこれ以上各メンバー宅では保護出来ない状況をくつがえし2匹の親子猫を会で保護する決断をしましたその少し前、T区からの3匹の保護のご相談があってあちこち保護の依頼をしましたが見つからずやむなくお断りをしたばかりその方には大変申し訳なかったですがそちらをお断りしておきながらH区の親子猫を保護するに至った、その親子猫たち過去記事にあります ↓↓悲しい現場から離れよう昨年、H区で [続きを読む]
  • 吉報・・・クミコ
  • つい先日、「最近の保護猫の様子」で紹介したばかりの黒猫クミコ繰り返しますけど2014年7月に保護されて2年7ヵ月会の保護猫の中では古株に属しますがしかし保護猫の中で一番といっていいほどの憶病ねこメンバーの日頃の努力のおかげでそれでも少しナデナデ出来るようになってきていますがまだ里親募集する段階ではないと思っていましたそのクミコに仰天吉報です!写真お見合いで見初められたんです!見初めてくれたご家族 [続きを読む]
  • お近づきのちゅ〜る
  • お近づきのちゅ〜じゃない、「ちゅ〜る」で大接近一番先に食いついたのはシャム姉さんはじめはケージ越しに食べていたけどここんとこ、思うところありケージを片付けてます片付けてみたり、出してみたり人慣れ修行の一環として模様替えばかりするので閉口してるはず慣れるまで丸1日ビビってますもんケージなしでも食べるかな差し出すとためらいながら、ぺろぺろしはじめましたでも手が近づきすぎてくると途中でちょっと考える [続きを読む]
  • 最近の保護猫たちpart2
  • 再び、目の傷の様子を診てもらいに病院受診快方に向かいほぼ完治だけど「目薬だけはもう少し続けてください」とのことこの目薬さすのが、格闘ですよね何食わぬそぶりで音を立てないように目薬を出しキャップを開けたらその途端にもう、わかってしまいケーに追いかけられる時のように、脱兎のごとく本棚の上に逃げて行ってしまいますあと、今日のグッピーだと、ワクチンも大丈夫とのことで接種してきました0歳の時、癌 [続きを読む]
  • 最近の保護猫たち
  • メンバー宅の保護猫たち3つの部屋を自由に行き来しているがメンバーが掃除機をかけ始めると一目散に、ここに避難するらしい(笑)左からゴロ♂ シカマル♂ ぶっちゃ♂ぶっちゃ(右)は外にいるとき放浪癖があったから保護した場所は違うけどシカマルとも知り合いだったかも仲悪くないし歳も同じくらい、今年でもう8〜9歳だゆのまちの「大変な時代」を生き抜いた彼らいろんな事を見てきたに違いない貓はちゃんとわかっ [続きを読む]
  • 展示販売
  • うどん山菜塩屋さん ← メンバーのお店、うどん山菜塩屋さんでは2階スペースで昨年12月から今年3月まで手作りグッズ品展示販売をしています今回から定ニャンの会とアニマルディグニティさん ← 2グループのグッズも置かせてもらっていますアニマルディグニティ(正式にはAnimal dignity)さんはイベントでよく一緒になりお世話になっています石狩の多頭飼育困難の大型犬中型犬の生活、医療等の支援と里親 [続きを読む]
  • 思いがけない譲渡
  • 会のメンバーの娘さんの飼い猫昨年暮れ、20歳で天寿を全うし安らかに逝ったそうですこれ以上可愛いがれないっていうほどに溺愛している話はいつもメンバーから聞かされてましたなので治療も最期まで悔いなくやり通しそしてたくさん泣いて共に作った思い出とお別れしいつかこの仔の生まれ変わりに出会えますようにと祈ってたそうですこれまで里親募集に応募される方とお話して思うことですが愛猫を亡くしたあとしばらくは辛 [続きを読む]
  • さい先いいね2017
  • ダリは、どっぷりとうちで寝正月を過ごしたあと3ヵ月生活した家から新しい家族の、今度こそ本当の、家族になっていきました新しいおうちには6ヵ月の男の仔「ふうた」君(去勢済み)がいます仔猫どうしだからトライアル無しでも大丈夫ですとのことでこの日初対面この「ふうた」君、とても人懐っこいお客さん大好きですぐ寄ってきてくれましたどえ!見知らぬ猫に、身がすくむダリこのままキャリーに引っ込ん [続きを読む]
  • 一年を振り返って
  • 2016年は月見橋にいた、ちゅう太郎とピンクちゃんの保護から活動がスタートした突然現れた捨て猫と思われるぴんくちゃんは絶対保護しなくては!と迷いがなかった素敵な素敵な飼い主さんがみつかり家族になってピッキーちゃんという名前になってる(※隣にいる犬は羊毛フェルトの作品です)ちゅう太郎もやはり猫風邪と目に炎症があって真冬の外には置いておけなかった病院で入院治療してるときエイズ(+)白血病(+)ダブル [続きを読む]
  • 検診
  • 向かって右のシャム姉さんは月見橋から保護されてもう、今月で2年が経ったみんなの話を総合すると『何度も出産していた』左の薄トラちゃんはこの夏来たばかりこの2匹の検診をしてない事が前から気になっていた病院に行く為に触れない猫をキャリーに入れる、、考えるといつも躊躇してしまい、中々行けずにいた心開いてもらうため日々努力してるのに手荒な方法でキャリーに入れることでせっかく少しだけ背中を触れるまでに [続きを読む]
  • いたけど、、、、
  • 雪がやんで道路状況も少し良くなったので首輪はずしにメンバーと3人で行ってきました橋の上からメンバーがチョビ髭母さんを見っけ!パイプの部分は温泉湯の熱で雪が溶けています触れない生粋野良猫なので捕獲器に入ってもらってから首輪取りするんですが唐揚げ入り捕獲器にご招待出来るのはチョビ髭母さん限定ですので難しいんです他の猫が入らないよう、先に他の猫にご飯をあげておきますチョビ髭母さん、そして別な [続きを読む]
  • 最近のこと
  • 「最近のこと」ってざっくりしたタイトルですがブログ停滞してたので最近のこと書きますまず譲渡の予定だったダリは実はまだ家にいますメンバーが何度も「戻りクセ、付かなきゃ良いけどね」って心配してたとおりになってきました「6匹全員決まりましたぁ」とブログに書いてからその後ダリだけ何回も話が流れるのでもうわたし、イソップ童話のオオカミ少年状態かもです先方のご都合で譲渡日の前日にキャンセルご家族間で意見 [続きを読む]
  • そろそろ旅立ちの準備
  • ぬいぐるみにヒソヒソ話するローくんローくん、モンク 2ヶ月半2匹とも、やんちゃ盛りを迎えています当初はともかく猫風邪とコクシジウムの治療優先でしたが元気になってくるにつれだんだん個性も見えてきました同じ兄弟で産まれてきても性格はじつに様々ですよねロークンはお客さんが来ても全く関係なし自由自在に遊びまくってますこっちはモンクちょっと人見知りわたしが行くと知らない顔にビビリ隠れてしま [続きを読む]
  • 人との暮らしを知っていた
  • 前記事の黒猫「はやと」のその後のこと飼い猫にしてもらってからの変化が著しい!!野良猫だった期間は少なくても2年はあったとしてその以前に「誰かに飼われてたんでないか?」って電話がきたはじめの1週間まず、威嚇が全くないだけでなくこの方の足元に来てちょこんと座るこの方がソファに座ってるとソファの背もたれの縁を歩く(そう!家猫が好きなコース)そして訴えるように「ニャーゴ」「ニャーゴ」と一晩中,絶え [続きを読む]