FXサバイバル さん プロフィール

  •  
FXサバイバルさん: 観て自在に張ると相場は打ち出の小づちになる
ハンドル名FXサバイバル さん
ブログタイトル観て自在に張ると相場は打ち出の小づちになる
ブログURLhttp://fxsurvival.blog.fc2.com/
サイト紹介文FX相場観、裁量トレード、システムトレード、バイナリーオプション
自由文FXについては、相場観、裁量トレード手法、システムトレード、さらにバイナリーオプションも取り上げています。よく言えば話題豊富、悪く言えばまとまりのないブログですが、それぞれについてが参考にあるところは結構あると思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/02/16 09:57

FXサバイバル さんのブログ記事

  • ドル円 日足のRSIダイバージェンス成立まで下落継続か。
  • 2017年3月25日 ドル円 週足これまでは週足の雲にタッチすることなく、ぎりぎり上で反発していたが、今週は週足雲の上限にタッチした。終値は僅かだが雲の内部に入っている。111円がレンジの下限で底まで来た状態である。レンジ下限を破って110円やさらにその下(107円とか)を目指すかどうかの瀬戸際に来ている。MACD、RSI、ボリンジャーバンド、遅行スパン、どれを見ても下げる余地はある。波動で見ても、現在 [続きを読む]
  • ブログのアクセスカウンタが3万を超えたら
  • いま、このブログのアクセスカウンタは29500です。このブログを開設したのは、2013年3月3日です。アクセスカウンタを設置したのは、いつかはっきりしないのですが、取り敢えず、30000カウントを超えたら、キャンペーンをしようと思っています。キャンペーンの内容は、それなりに役立つであろうオリジナルのインジケーターを、先着30名様に無料で差し上げることにしようと思っています。皆様、お楽しみに。↓読ん [続きを読む]
  • ドル円 上がりにくいけど、下がりやすい?
  • 2017年3月11日 ドル円 週足今週は陽線で終わったが、115円は割れて引けた。一目均衡表の雲がサポートになっている状況は継続中。高値からの下落の波動で考えると、abc修正波動のb波になったということか。週足だけ見ていると、来週も少し上がるように思える。MACDはデッドクロス状態なので、上値の伸びは期待できなさそう。RSIはレンジの上限という感じ。2017年3月11日 ドル円 日足木曜日の終値は一目均衡表の雲の上だったが [続きを読む]
  • EAを作ろうと思ってから4年が経っていました。
  • このブログのカテゴリーをちょっと整理していて、EA開発を思い立ってから、ちょうど4年が経過していたことに気が付きました。殆どがブランク期間でしたが、漸く損益曲線が右上がりのEAが作れるようになりました。最初のころは、いくつかのテクニカルを組み合わせさえすればEAができると思っていましたが、作っても出てくるのは、右肩下がりの損益曲線ばかりでした。ブレイクスルーは何だったかというと、知っている手法をEA化する [続きを読む]
  • デイトレード用の新たなインジケーターがほぼ完成しました。
  • 土曜日の明け方に、ふと思いついたトレード手法のアイデアを、突貫工事で形にしました。デイトレードを目的にしたソフトウェアで、ほぼ完成しました。トレードのアイデアとしてはとてもシンプルなのですが、今までにはない新発想の手法だと思います。トレンドを大きく取りに行きます。急騰・急落相場でも、縦の動きが出る前に、エントリーサインが出ることが多いです。まず、インジケーターとしてコーディングしました。エントリー [続きを読む]
  • ドル円 週足の一目均衡表の雲でサポートされた状況が継続
  • 2017年2月11日 ドル円 月足12月と1月のローソク足の組み合わせで考えれば、2月は1月と同じぐらいの陰線になってもよさそうだが、今のところ陽線になっている。MACDは先月からゴールデンクロスしている(OsMAがプラス)。これがテクニカル的には下落しにくい原因か。ボリンジャーバンドとRSIはレンジ相場を示している。一目均衡表の遅行スパンは陰転に転じ始めており、上値は伸びなさそう。2017年2月11日 ドル円 週足先週の陰線 [続きを読む]
  • 平均雲 平均足の実体部を雲表示するMT4インジケーター
  • 平均足は便利ですが、相場の高値・安値が見えないときがあり、それが理由で個人的にはあまり好きではありませんでした。道を歩いていて、「平均足の実体部を雲として表示すれば、ロウソク足と組み合わせて使える」と、ふと思いつき、このインジケーターを作りました。名付けて「平均雲」です。こんな表示になります。平均足の始値どうし、終値どうしを結んだラインと、平均足の始値と終値の間を雲として表示します。平均足では、高 [続きを読む]
  • FXサバイバル・トレーディング・システム#04 開発完了
  • FXサバイバル・トレーディング・システム#04をfx-onさんに出品してから、2度バージョンアップを行いました。これで開発は完了とします。これ以上機能を追加(特にエグジットポイントの明示)していくと、EAになってしまうからです。色々なアイデアが浮かんでは消え、考えは逡巡したのですが、裁量トレード補助ツールとしては、ここまでにしておこうと決めました。前の記事に載せている過去相場検証では、中長期のトレンドを考 [続きを読む]
  • 【金言】勝率は5割が良い
  • どの本で読んだのか、はっきりしないのですが、トレードの勝率は5割がよいという金言がありました。FXとBOをいろいろやって5年目ですが、やはり、この言葉は正しいと、最近改めて思うようになりました。特に落ち着いて裁量トレードをできなかった時期、自動売買だけやっていた時期がありました。いろんなタイプの自動売買プログラムを使用しましたが、この時の経験を基に考えると、勝率を追求すると、証拠金は増えない、むしろ、 [続きを読む]
  • ドル円 116円を超えられるか
  • 2017年1月29日 ドル円 月足ボリンジャーバンドは横向きでレンジ相場。-2σから+1σのレンジに思える。遅行スパンと実態ロウソクは絡んでいるが、これが継続するかどうか。MACDは相場の上昇が速すぎて、反応が遅れているように思える。MACD・シグナル・OsMAすべてがゼロ近辺で方向感が読み取れない。RSIはレンジ相場を示している。2017年1月29日 ドル円 週足ボリンジャーバンドの-3σは上を向き始めており、上 [続きを読む]
  • ドル円 今年前半は調整相場が続く、ホントかなぁ?
  • 2017年1月22日 ドル円 週足一目均衡表の雲の先端は陽転に変化している。相場はその変化点(2017年7月2日)辺りまでは調整を続けるとみる。すると、二つの可能性が考えられる。1.相場は雲に支えられながら、ほぼ横ばいで調整を続ける。111円から116円の範囲。2.遅行スパンがボリンジャーバンドの+1σと+2σの間を推移する状況が継続し深い押し目となる。その後、遅行スパンが実態ロウソクに絡む形で反発する。ここまで考えて [続きを読む]
  • ドル円 114〜118円のレンジ相場が続くか。
  • 2017年1月14日 ドル円 日足今週はボリンジャーバンドセンターライン(26SMA)と一目均衡表の基準線を下回る展開となり、中期的に下落優勢に変化しました。しかし、一目均衡表の雲やボリンジャーバンドの形、RSIの現在値からみて、直ちに下落が継続・加速するとは考えにくく、遅行スパンが実態ロウソクにぶつかる位置に来たことも併せて考えると、相場は一旦反発して、118円後半の高値をもう一度トライする展開を想定したいです。 [続きを読む]
  • MACD OsMA(アラート付き) バージョンアップ情報
  • 私の販売しているMT4インジケーターの中では、スパンモデル(アラート付き)とともに、ツートップを形成しているMACD OsMA(アラート付き)ですが、このほど、バージョンアップ(ver.1.3)しました。バージョンアップの内容は、MACDの元となる短期・長期の2本の移動平均線がクロスした時、アラートが出るようにしたことです。これにより、MACDではなく、単純に移動平均線クロスのアラートソフトとしてもお使いいただけます。前バー [続きを読む]
  • ドル円 目先は流れがなく難しい局面
  • あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。2017年1月8日 ドル円 月足一目均衡表の雲は陽転中で基調は上昇トレンド。遅行スパンが実態ロウソクに絡んでおり、このまま推移すれば夏ごろに2015年高値をトライすることになる。ボリンジャーバンドは横向き平行でレンジ相場を示している。レンジ上限は+2σで130円、+1σで122.6となる。下限は-2σの100.75である。MACDは今日時点では [続きを読む]
  • ドル円 FOMCのサプライズにより上昇継続中
  • 2016年12月25日 ドル円 月足ボリンジャーバンドのセンターライン(26SMA)を超えてきました。-2σからの反発なので、+1σ(122.5付近)までは伸びるでしょうか。因みにボリンジャーバンド+2σは129.85です。2016年12月25日 ドル円 週足今週は陰線となり、小さな調整に入りました。遅行スパンが雲に当たるまでの上げ余地はあるでしょう。2016年12月25日 ドル円 日足RSIで大きめのダイバージェンスが付いています [続きを読む]
  • ドル円 相場の転換点が近づいている。
  • 2016年12月10日 ドル円 月足相場は100円ラウンドナンバーとボリンジャーバンド-2σに支えられて、一目均衡表の雲に触れることなく反発した。また、遅行スパンも実態ロウソクに支えられ、さらに実態ロウソクに絡みながら上昇に転じた。下落に引いたフィボナッチリトレースメント61.8%に近づいている。11月は大陽線となったが、あくまで下落に対する調整波動の一部と見るべきである。MACDはマイナスであるが、ゼロ付近に戻っ [続きを読む]