FXサバイバル さん プロフィール

  •  
FXサバイバルさん: 観て自在に張ると相場は打ち出の小づちになる
ハンドル名FXサバイバル さん
ブログタイトル観て自在に張ると相場は打ち出の小づちになる
ブログURLhttp://fxsurvival.blog.fc2.com/
サイト紹介文FX相場観、裁量トレード、システムトレード、バイナリーオプション
自由文FXについては、相場観、裁量トレード手法、システムトレード、さらにバイナリーオプションも取り上げています。よく言えば話題豊富、悪く言えばまとまりのないブログですが、それぞれについてが参考にあるところは結構あると思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/02/16 09:57

FXサバイバル さんのブログ記事

  • ドル円 4時間足での調整が日足レベルに拡大してきた意味とは・・・
  • 2017年5月28日 ドル円 月足もうすぐ5月は終わりです。月足では上昇トレンドです。雲がローソク足のサポートとなっています。雲の先端は陽転中で先行スパン2は切りあがっています。ただ、遅行スパンは陰転しており、中期的にはレンジ相場です。ボリンジャーバンド、MACD、RSIもレンジ相場を示しています。2017年5月28日 ドル円 週足週足のボリンジャーバンドは縮み切りました。次に動きが出れば、それなりの大きさの動きになる [続きを読む]
  • ドル円 4時間足でエリオット波動方向波動が進行中
  • 2017年5月20日 ドル円 4時間足4時間足では先週RSIダイバージェンス成立の後、エリオット波動方向波動が進行しています。現在は第4波動と考えられます。ただ、安値に小さなRSIダイバージェンスが付いており、ここで第5波動終了で現在は調整波動の可能性もあります。2017年5月20日 ドル円 日足日足では思いのほか強い下落となりました。暫くは下への圧力が続きそうです。相場は4月24日にできた窓を埋めに行くのではないでしょう [続きを読む]
  • ドル円 日足の上昇スイングは一旦終了か。
  • 2017年5月13日 ドル円 日足先週終わりは113円付近で調整に入るのかと思っていましたが、単なる小さな踊り場で、結局114.3付近まで上がりました。Daily Pivotや1時間足のボリンジャーバンドとの関係で相場を見ると、11日木曜日が変化日で12日は下落トレンドと読むことができます。また、1時間足の一目均衡表も12日の途中から三役逆転が成立しています。これらのことから日足の上昇スイングは一旦終了した [続きを読む]
  • ドル円 日足の重要ポイントにきています
  • 間もなく、フランス大統領選挙決戦投票が始まります。結果次第では相場は荒れる?2017年5月7日 ドル円 日足木曜日に113円を付けた後、112円台後半で横に行くような動きになっています。現在のポイントは、一目均衡表の雲上限とトレンドラインに抑えられる位置です。遅行スパンは陽転中、RSIが70を超えていることを勘案すると、上昇の継続を前提とし、横向きまたはトレンドラインにそってジリ下げの調整があり、114円方向に向かう [続きを読む]
  • ドル円 方向感がなく膠着状態
  • 2017年4月29日 ドル円 月足今月のロウソク足は下ヒゲの陽線で確定しました。これだけ見れば来月は陽線となりますが、先月と併せて考えると、111.5付近を中心に上下に振れただけとなります。一目均衡表では、雲の上限にタッチしただけで雲にサポートされた形ですが、遅行スパンは陰転しており、トータルではトレンド感はない状態です。この方向感なさは、MACD、RSI、ボリンジャーバンドのすべてに見られます。チャー [続きを読む]
  • トレンド・アナライザー 【Trend Analyzer】
  • トレンド・アナライザー 【Trend Analyzer】 移動平均線と標準偏差を用いて、相場のトレンドを「本格上昇・調整上昇・なし・調整下落・本格下落」の5つに分類します。ある時間足においてトレンドを把握するには、一定のルールを用いて、トレンドを定義づけする必要があります。代表的な方法は、高値安値を結んだスイングで考えるダウ理論があります。また、200日移動平均線より上は買い相場、下は売り相場と考える方法もあります [続きを読む]
  • ドル円 下値はかなり深いのかもしれない
  • 今日・明日にも事件が起こりそうな感もありますが、取り敢えず、現状分析します。2017年4月15日 ドル円 月足まだ、月の途中なのですが、まず月足チャートを見ます。年足で考えると、  2015年 始値:120.413 高値:125.847 安値:115.845 終値:120.237  陰線トンボ  2016年 始値:120.173 高値:121.682 安値: 98.961 終値:117.022  陰線トンカチとなり、今年の下げは納得できます。2015年高値からの調整波動 [続きを読む]
  • ボリンジャーバンド拡張版 【Bollinger Bands Extra Version】
  • MT4標準付属のボリンジャーバンドは2種類あります。メニューの「挿入」−「インディケータ」−「トレンド」−「Bollinger Bands」「挿入」−「インディケータ」−「カスタム」−「Bands」です。仕様は多少違っていますが、どちらも中心線の種別は「単純移動平均」と決まっています。例えばですが、MACDを使うとき、メインチャートには、MACDの元になっている2本の移動平均線、12EMAと26EMAを引くと思います。これに、更に相場 [続きを読む]
  • ブログ3万アクセス記念 読者プレゼント
  • 以前よりお知らせしていた3万アクセス記念キャンペーンの件ですが、30000アクセスを達成しましたので、次の新作インジケーター2つのセットを先着30名様に無料で差し上げます。ボリンジャーバンド拡張版 【Bollinger Bands Extra Version】移動平均線を自由に定義できる拡張版ボリンジャーバンド、σ値表示もできる。トレンド・アナライザー 【Trend Analyzer】 移動平均線と標準偏差を用いて、相場のトレンドを「本格上 [続きを読む]
  • ドル円 膠着状態はいつかは破られる
  • 2017年4月8日 ドル円 週足昨年安値から大統領選挙後の高値までに引いたフィボナッチリトレースメント(オレンジ色)38.2%付近で止まっている。また、110円はまだタッチもしていない。この2週間は横向きの膠着状態。週足の先行スパン2がレジスタンスに切り替わった感がある。ボリンジャーバンドは縮小方向。いずれ-2σまでの調整下落はあると思うが、そのころにはバンドは縮み切って-2σラインも相当切り上がっている [続きを読む]
  • ドル円 111円を中心とした動き
  • 2017年4月1日 ドル円 月足3月は陰線だった。2月のロウソク足と比較すると、高値切り上り、安値切り下がりで方向感がない。遅行スパンは実態ロウソクから離れて陰転がはっきりしてきている。相場は雲の上にあるが、4月の先行スパン1は108.987円。この辺までの下げ余地はあるということか。2017年4月1日 ドル円 週足今週は、高値112.19、安値110.102、終値111.37の陽線で、先行スパン2の111.353に絡む形 [続きを読む]
  • ドル円 日足のRSIダイバージェンス成立まで下落継続か。
  • 2017年3月25日 ドル円 週足これまでは週足の雲にタッチすることなく、ぎりぎり上で反発していたが、今週は週足雲の上限にタッチした。終値は僅かだが雲の内部に入っている。111円がレンジの下限で底まで来た状態である。レンジ下限を破って110円やさらにその下(107円とか)を目指すかどうかの瀬戸際に来ている。MACD、RSI、ボリンジャーバンド、遅行スパン、どれを見ても下げる余地はある。波動で見ても、現在 [続きを読む]
  • ブログのアクセスカウンタが3万を超えたら
  • いま、このブログのアクセスカウンタは29500です。このブログを開設したのは、2013年3月3日です。アクセスカウンタを設置したのは、いつかはっきりしないのですが、取り敢えず、30000カウントを超えたら、キャンペーンをしようと思っています。キャンペーンの内容は、それなりに役立つであろうオリジナルのインジケーターを、先着30名様に無料で差し上げることにしようと思っています。皆様、お楽しみに。↓読ん [続きを読む]
  • ドル円 上がりにくいけど、下がりやすい?
  • 2017年3月11日 ドル円 週足今週は陽線で終わったが、115円は割れて引けた。一目均衡表の雲がサポートになっている状況は継続中。高値からの下落の波動で考えると、abc修正波動のb波になったということか。週足だけ見ていると、来週も少し上がるように思える。MACDはデッドクロス状態なので、上値の伸びは期待できなさそう。RSIはレンジの上限という感じ。2017年3月11日 ドル円 日足木曜日の終値は一目均衡表の雲の上だったが [続きを読む]
  • EAを作ろうと思ってから4年が経っていました。
  • このブログのカテゴリーをちょっと整理していて、EA開発を思い立ってから、ちょうど4年が経過していたことに気が付きました。殆どがブランク期間でしたが、漸く損益曲線が右上がりのEAが作れるようになりました。最初のころは、いくつかのテクニカルを組み合わせさえすればEAができると思っていましたが、作っても出てくるのは、右肩下がりの損益曲線ばかりでした。ブレイクスルーは何だったかというと、知っている手法をEA化する [続きを読む]