うーさん さん プロフィール

  •  
うーさんさん: 大きな家のボロキッチン
ハンドル名うーさん さん
ブログタイトル大きな家のボロキッチン
ブログURLhttp://baigaesi.hyakunin-isshu.net
サイト紹介文ババ付き商売屋の長男嫁です。 いつになったら自由になるのか、積もり積もった不満ぶちまけます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供325回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2014/02/16 16:35

うーさん さんのブログ記事

  • もう元には戻らない
  • 現実に帰ってきました。マザオから聞いた話ですが、「私だったらこんな同居生活、耐えられない!」「もっとちゃんとしないと!」義母は姉妹から総攻撃を食らったようです。今回の件は、ある一面ではよかったのかもしれません。 今夜の義母はまるで日頃の私、抜き足差し足の忍者生活なのか物音がしません。これはこれで不気味でもありますが、どうせ長続きしないに決まってますから。特に多くの苦言を呈した叔母は、やっぱりの同居 [続きを読む]
  • 宴の後のがっかり
  • はあー、いよいよパラダイスからもお別れです。現実に引き戻されるわけですが、誰かが言ったホテル暮らしも続くと嫌になるなんてことは一切なく、ただただ名残惜しいです。まるで、楽しい宴がお開きになるような...美味しいものを知ってしまったら、またそれを食べたいって思うように、次のチャンスが待ち遠しい気持ちです。これも常態化したら新鮮味もなく、追い出された感から来る恨みつらみが増すだけなのかもしれませんが [続きを読む]
  • 成り下がり
  • 気ままなホテルライフ、遠足へ行く小学生のように嬉しくて寝ることがもったいなくて、よそ様のブログを読み漁ってました。やっぱり目が行くのは、自営業の方や同居嫁のブログです。私の苦い経験と重なって切ない思いとともに、なんでそこまで我慢するの!?って気持ちが湧き出ます。自分のことは棚に上げて、じれったい...人のことをじれったいなどとはおこがまし過ぎますね。私のこの愚痴ブログを読んでる方ももどかしく思っ [続きを読む]
  • イライラの絶頂が嘘のようです
  • こんな開放感が日常の普通の人が羨ましいです。一人気ままってこういうことなんだ...なんだか感動ものです。仕事を終えてホテルの自動ドアの前まで来た時は、やるせない気持ちが押し寄せてきました。バッグの中に職場で買った助六と紅茶のペットボトルとチョコレートを押し込んで、何やってんだかって思いました。義母に追い出されたような気持ちの放浪泊は二度目です。 この前、ちらっと書きましたけど、まだ小さな息子を連れ [続きを読む]
  • 義母の身内すらも非難めく
  • 昨夜お風呂に入ったのは日付が変わってから!怒りきれませんでした。マザオが途中で様子伺いしながら早く寝たらと進言しに行きましたが、結果、深夜まで我慢大会でした。翌朝は早めに出掛けるから送ってくというマザオの言葉だけが我慢の支えでした。明日は不在だと。その翌朝である今朝、予定変更で午後から出かけることになったという義母にげんなりうんざりでした。勘弁してよ... その出掛けのことです。「人を待たせたらい [続きを読む]
  • やっぱり義母はそういう人間
  • 帰宅したらすぐお風呂に入りたいです。普通の人ならとっくに夕食の終わってる時間に帰ってからの食後はもう動きたくなくなってしまうのです。食後にウトウトしてお風呂に入ることが面倒になります。先にお風呂にはいりたい、常々言っていることです。働いてる人が一番偉いってずーっと聞かされてきたことです。間が空けば湯温も下がってこの時期は追焚きすることになりガス代もバカになりません。なんでこんな判り切ったことが義 [続きを読む]
  • 虚脱感
  • 嵐のように年末年始のあれこれが過ぎ去って、なんだか放心状態に似た感じの私です。すべてが義家族の都合に合わせて創り上げられたこの家で、なんだかんだ言っても義母のいいようにとり回される生活です。コーヒーカップを片付けていてふと思い出しました。コーヒーカップ自体はこの家のものとして購入したのですが、スプーンやフォークは私個人の所有物でした! ボロキッチンが完成した時、安物の食器棚を購入しました。お金がな [続きを読む]
  • 同居なのにボロキッチンで
  • 休職中の息子が彼女さんと連れ立ってやってきました。偶然にも義母も仲間と遠出する日と重なり、ラッキーなことに私の懸念が払拭されました。年始早々に彼女さんのご実家で随分とお世話になったようで、息子が受け入れられている安堵感とともに恩返ししたいと思っていました。恩返しというのも変ですが、正式に結婚という形をとっていないにもかかわらず息子を温かく迎え入れてくださり、またうちへの配慮もいただいて申し訳なく [続きを読む]
  • やることなすこと信じらんない!
  • いまさっきのことです。布団を物干し竿に干す義母との静かな戦いがありました。布団だけでなく大量の洗濯物も!毎日が休日の隠居生活なのにどうしてこうも要領が悪いのでしょうか。布団はベランダや窓枠のポーチに干せ!と言いたいです。物干し竿のしなり具合がハンパありません。だいぶ前に義母の布団バサミが落ちていたのですが全く拾う気配がありません。洗濯竿に引っ掛けておいたら、今現在そのままです。信じらんない!!( [続きを読む]
  • なんで私だけ!
  • いろんなことが重なりすぎて、また年末年始の慌ただしさも手伝って、順序立ててブログを書くことができません。途中で書きかけのまま忘れてることもありそうです。会社の関係者で新年早々ご不幸があり、うちの葬儀前後の出来事も中途半端なまま放置してあったことを思い出しました。話が前後したり中途半端ですみません。またコメントへのお返事も遅れがちで申し訳ないです。昨日、スーパーへ来た知人がいつもと様子が違いました [続きを読む]
  • 心底イラつく義母の行動
  • 年頭の小姑とのやりとりや話の内容からおおよそ想像出来る受験模様、まだ一年あるからどんな飛躍があるかもだけど、受かった中学高校から見たら「どうして?」の低空飛行にどこか胸のつかえが溶けるような感覚を覚えました。あの苦境の中でどうやってあの大学へ受かったのかと聞かれた時、息子は「最低の結果だったから第一志望の国立は諦めて..」と言い、私はしっかり環境を整えてやれなかったことが今でも悔しいと答えました [続きを読む]
  • 今頃わかっても遅い!歪んだ私の思い
  • 昨日の続きです。玄関から小姑一家と義母が言葉を交わしているのが聞こえているのに、新年のあいさつもしないで無視するのもどうかと思い、重い腰をあげました。話が長引きそうな時のためにマザオも一緒に、雁首揃えて玄関へ。息子が用意したいとこへのお年玉を渡し簡単なあいさつを交わすと、小姑が矢継ぎ早に受験のあれこれを言い出しました。それでもすぐに、間が悪くて申し訳ないと珍しく自らを引いて、また相談に乗って欲し [続きを読む]
  • 新年早々に
  • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。元旦早々から事件勃発でした。でも、なかなかパソコンを開いて落ち着いて書ける時間がありませんでした。それが今朝になってまた一難!厄年ですか!?(笑) 元旦に私が出かけたのとすれ違いで小姑一家がやってきました。義母を連れ出しショッピングモールへ繰り出し、そのまま義母を送り届けたらすぐ帰るということでラッキーと喜んでいたのです。新 [続きを読む]
  • 今年もあと一日です。
  • 明日は大晦日だというのに、泊まりに来ると言っていた義叔母がきてません。なんでも予定が合わなくて年も押し迫りお流れになったとか。わかった時点で教えくれればこんなに気を揉まなくてよかったのに。まあ来ないに越したことはないのでいいのですけどね。息子が彼女を連れてくる日、義母は終日出掛けていないらしく、マザオが珍しくブッキングしないくて良かったと私寄りの発言をして驚かせました。なんだかんだ言いながら、今 [続きを読む]
  • 葬式はしなくていいからそのお金を頂戴と言われて
  • 義父が亡くなった時、借金はあっても遺産などあるわけもなく、闘病中も資金繰りには本当に苦労しました。店も思うように営業できずに早仕舞いしたり休業したりで売上げは散々、とてもじゃないけど自転車操業どころではありませんでした。息子たちの学資保険やマザオの生命保険、私が独身時代に掛けていた年金共済などお金になるものは全て解約しました。義父が亡くなったことによって入ったお金で弁済してもらったのは息子たちの [続きを読む]
  • ゴミは貯めても貯金はしない義母
  • 年末ということもあって義母のゴミ出しも加速度的に増えてる気がします。もっとも、部屋に積まれた何かが、私にはゴミにしか見えないので年末に限らずどんどん捨ててもらいたものです。そのゴミが昨日帰ってきました。分別間違いです。自治会の当番の方から引き取りに来るよう電話があり、マザオが持ち帰ってきました。義母のゴミですけど! 片付けようとするだけマシだと思うしかないのでしょうか。あれだけ大量に残された物を処 [続きを読む]
  • この人たちはなにも知らない
  • 少し前になりますが、銀行の人がうちにやってきたようです。マザオから聞くには、いつもの担当の人でなく少し上の立場の人だったと。なにしに?あと数年たったら借入金も完済となって、税金対策も考えないといけないとか?要するに貯金してほしいということでしょうか。それとも次の展開で事業資金の借り入れをしたらどうかということでしょうか?この人たちはなにも知らない...借金だらけであと数年で終わるなどありえないこ [続きを読む]
  • やっぱり足りない
  • 浮かれたというには静かで穏やかな、それでいて少しイラっとしたイブが過ぎて再び日常です。職場のスーパーもクリスマス当日にもかかわらず、お正月モードへ移行していくはずです。例年のこの時期は精神的にも肉体的にも追い込まれ、目が覚めると動悸がしたものです。家政婦時代も然り、ボロキッチンができても年中行事ならば然り、年を追って行事の負担が減るほどに資金繰り悪化に見舞われた日々...今年も家計総決算で支出予 [続きを読む]
  • 五百円のクリスマスディナー!
  • クリスマスイブが過ぎ去ろうとしています。なんて穏やかなイブだったんでしょうか。今年も昨年と同様にマザオがケーキも料理も用意してくれました。賃貸料が入るようになってもまだまだ落ち着くことなく心がガサついていた昨年よりも、幾分落ち着いたでしょうか。少しだけ気持ちに余裕が出たかもしれません?対するマザオ、大変を連呼して準備に疲れ切った様子です。(笑)たった三人分じゃないですか!三人、そうです、今年も義 [続きを読む]
  • 苦労人には見えない?
  • 以前にも書いたけど、今の職場にはシングルの人が多いです。クリスマス一色の店内でケーキもよく売れていきました。明日はもっと、クリスマスケーキの予約が山のように入ってます。クリスマスケーキの話からシングルか家族か、一人じゃ食べきれない、自然とそんな話になるのが季節行事ごとの定番です。そして、なぜ私がケーキおせちも予約をしないのかって...単純な理由は、簡単に作るか食べないから。もう行事に振り回される [続きを読む]
  • 暇なんだから譲れ!
  • 元はと言えばマザオの勘違いが原因です。でも、義母がちょっと譲ればいいことじゃないですか!昨日は不燃物のゴミ出し日でした。マザオがゴミ出しに行くというので、私は待ったをかけたのです。だってまだまだゴミ袋には余裕があるし、年内にもう一度回収日が来るのですから。義母の不燃物ゴミを出すために、自分たちのゴミも一緒に出してしまうというのです。は?だったら義母が自分で出しに行けばいいじゃないですか!重くもな [続きを読む]
  • 今度の年末年始
  • 去年の大晦日はふたりの息子も帰省していて、次男が買ってくれたテレビを前に家族水入らずで過ごしたのでした。ブログを振り返ると、最高のお正月を迎えられそうだと書いてありました。情けないことに記憶はぼんやりです。近い記憶にめっぽう弱くなっています、昔のことは根に持っているのにね。今度はどんな年越しになるのかな...不思議と恐怖感とか嫌悪感はありません。子供の頃に感じた、待ち遠しく、どこかわくわくするよ [続きを読む]
  • 冗談じゃない!
  • マザオをしげしげと眺めてから「年取ったわねえ」の言葉を浴びせられたとマザオが言いました。今に始まったことではないけど。私はボロキッチンのドアを挟んで漏れ聞こえてくるその会話を苦々しい思いで聞いていました。ここまでならなんてことない会話も...「私の方が長生きしそうじゃないの」大いに笑う義母の冗談が冗談に聞こえない私でした。そんな空恐ろしいこと!! マザオが先に逝って、義母と私二人残されるなんて。絶 [続きを読む]
  • 一難去って?また!?
  • 最初に、十六日の記事の「大手を振って休めるように」の表記について、不適切な表現だったことお詫び申し上げます。私の拙い表現で誤解を招き、不快に思われた方もいらっしゃったと思われます。申し訳ありませんでした。ご指摘をいただいたおかげで気づくことができ、ここで改めて申し開きできることをありがたく思っています。会社を休むことに罪悪感を感じ出勤しなくても心が休まらなかった息子が、上司や同期からの言葉で「今 [続きを読む]
  • 正直、羨ましい...
  • 大都会の駅構内は待ち合わせ場所どころか自分のいる場所すら把握できなくなって右往左往し、暑くなってコートを脱いだ私です。お財布の中の一万円は正確に言えば一万円はなかったのですが、息子たちへのクリスマスプレゼントを買ったことでさらに減ってしまいました。なのでマザオと合流して一番に「いくら持ってる?」と聞いてました。(笑)息子にはもったいないくらいの人でした。引っ越しや休職が重なったこんなタイミングで [続きを読む]