kyo-omotenashi さん プロフィール

  •  
kyo-omotenashiさん: 京おもてなしブログ
ハンドル名kyo-omotenashi さん
ブログタイトル京おもてなしブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/kyo-omotenashi/
サイト紹介文京おもてなしブログとは、京都の観光名所や年中行事・イベント情報等を案内するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/02/18 19:49

kyo-omotenashi さんのブログ記事

  • 岡崎さくらわかば回廊十石舟めぐり〜京都のイベント〜
  • 春の岡崎公園、桜並木が美しい琵琶湖疏水を運航する春限定の十石舟です。周囲の平安神宮や美術館を訪れるのも楽しいひととき。■場 所:南禅寺舟溜まり(琵琶湖疏水記念館前)〜夷川ダム(往復約3km)■期 間:3/30(月)〜5/6(月・祝)※過去の例■時 間:9時半〜16時半(15分毎に出発)乗船時間:約25分※桜の開花時期は20時30分発まで延長■料 金:大人:1,000円、小中生:500円、300円(3歳以上)■アクセス:地下鉄東西線「蹴上」駅■お問 [続きを読む]
  • ギオンコーナー開幕〜京都のイベント〜
  • 夜の祇園。舞妓の優美な京舞に、茶道・琴・華道・雅楽・狂言・京舞・文楽と京都ならではの古典芸能を鑑賞します。■場 所:ギオンコーナー■期 間:1/4〜12/28(12月〜3月第2週目までは金・土・日・祝のみ(7/16、8/16、12/29〜1/3は休館)。(※毎年同じ日程です)■アクセス:市バス206「祇園」■お問合せ:075-561-1119↓よかったら押してくださいね♪↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 京町家『冨田屋』・町家に残された最古のお雛様〜京都のイベント〜
  • お話や歌を詠み、貝合わせなどで遊び、和やかに会食のお雛祭り会を西陣の古い町家で体験。文化財の町家で、古く、歴史あるお雛様と戯れる一日です。要予約。■場 所:京町家 冨田屋■期 間:2/20〜4/3(※毎年同じ日程です)■時 間:11〜13時■料 金:8,400円(白酒付・町家見学としきたりのお話・お雛会伝統弁当・昔遊び) 、定員:20名(予約:2名様以上)、夕食会:15,750円〜(白酒付、税サ飲物別)基本プラン(町家見学、しきたりのお話 [続きを読む]
  • 大徳寺塔頭黄梅院・特別拝観〜京都のイベント〜
  • 黄梅院の方丈、庫裏、唐門、雲谷等顔筆襖絵西面は全て重要文化財です。茶室「昨夢軒」、苔が美しい庭園等も公開されます。※本堂屋根の修復中のため、期間中、方丈庭園は鑑賞できません。■場 所:大徳寺塔頭黄梅院■期 間:2017年3/25(土)〜5/7(日)■料 金:600円■アクセス:市バス206「大徳寺前」■お問合せ:075-231-7015(京都春秋事務局)↓よかったら押してくださいね♪↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 随心院・はねず踊り〜京都のイベント〜
  • 花笠を被りはねず色(白色を帯びた紅色の古名)の段絞りの小袖を着た少女が踊ります。随心院は小野小町の住居跡といわれ、遅咲きのはねずの梅が咲き乱れる庭園で行われる「はねず」衣装と菅笠の小町と少将に扮した少女達の童唄と踊りは、とても華やか。早春の「はねず」の咲く頃、老いた小野小町は里の子達と遊び、楽しい日々を過ごしたといいます。梅の花が咲く頃になると、里の子供達が小町を偲んで童唄が歌われ踊られてきたとい [続きを読む]
  • 北野をどり〜京都のイベント〜
  • 上七軒歌舞会の舞踊公演。温習会が発展して始まった踊りです。昭和27年の第1回の開幕日に倣い、平成22年度からは北野天満宮の縁日である25日の開幕となりました。■場 所:上七軒歌舞練場■期 間:3/25〜4/7(※毎年同じ日程です)■料 金:入場料:4,300円、4,800円(お茶席券付)■アクセス:市バス50「上七軒」■お問合せ:075‐461‐0148↓よかったら押してくださいね♪↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 京都大アンティークフェア〜京都のイベント〜
  • 骨董好きならはずせない。西日本最大の骨董市です。全国330店以上の古美術やアンティークディーラーが海外からも一堂に集い、150万点以上が展示即売されます。古伊万里からアールヌーボーまで、多彩。開催中は地下鉄竹田駅から無料送迎バスも運行されています。■場 所:パルスプラザ大展示場■期 間:2017年3/24(金)〜/26(日)■時 間:10〜17時(※最終日は16時まで)■アクセス:地下鉄「竹田」駅より 市バス南1・2・3「パルスプ [続きを読む]
  • 平岡八幡宮・椿を愛でる会〜京都のイベント〜
  • 白玉椿伝説をご存知ですか?「願い事をすると白い花の白玉椿が一夜で花開き、願いが成就した」という当神社に伝わる故事です。その樹齢170年の白椿が見頃となり、樹齢200年を越える紅椿等の古木が数多く、珍しい椿約200種300本も同時に鑑賞できます。源氏や、足利等の有力武将たちに愛でられた椿は今も訪れる人々を魅了し続けます。高雄、北山杉の里に至る道筋にも歴史を感じさせられます。■場 所:平岡八幡宮■期 間:2015年3/13 [続きを読む]
  • 千本釈迦堂・千本釈迦念仏〜京都のイベント〜
  • 室町時代の文永年間期に始められたという念仏は、「遺教経」を千本式の唱え方で奉誦します。本堂内には僧侶が歌唱する声明が流れ、その中で本尊釈迦如来像が特別に公開されます。吉田兼好が随筆「徒然草」にも書いた事で知られています。■場 所:千本釈迦堂■期 間:3/22(※毎年同じ日程です)■料 金:拝観料:宝物館のみ500円■アクセス:市バス50「上七軒」■お問合せ:075-461-5973↓よかったら押してくださいね♪↓ にほんブ [続きを読む]
  • 泉涌寺即成院・彼岸法要〜京都のイベント〜
  • ぽっくり寺とも言われ、長患いしないという御利益で知られる即成院の法要です。弓の名手といわれた那須与一公のお墓があります。与一が出陣の途中、病にかかり当院の霊験あらたかな噂を聞いて立ち寄ったところ 直ちに完治しました。即成院とは即、成就するの略なのです。■場 所:泉涌寺即成院■期 間:3/19(※毎年同じ日程です)■アクセス:市バス208「泉涌寺道」■お問合せ:075-561-3443↓よかったら押してくださいね♪↓ に [続きを読む]
  • 瑞光寺・元政上人忌と法華懺法会〜京都のイベント〜
  • 詩文が巧みな文人であった開山の元政上人の命日です。上人を偲んで、法要と遺品展が催され、宝物展観 遺墨、遺品、書画、宝物などその数は数百点に及びます。詩文に興味を持つ人には是非足を運んでみましょう。かやぶきの本堂は草庵が結ばれた当時の名残です。■場 所:瑞光寺■期 間:3/18(※毎年同じ日程です)■料 金:参拝料:500円(当日のみ)■アクセス:京阪電車「深草」駅■お問合せ:075-641-1704↓よかったら押してくださ [続きを読む]
  • 大徳寺塔頭大仙院・古渓忌〜京都のイベント〜
  • 大徳寺の塔頭、大仙院。本堂は禅宗の方丈建築としては最も古い遺構の一つで国宝、庭園は枯山水を代表する石庭です。千利休と関わりの深かった三代古渓和尚を偲び、茶室にて薄茶の奉仕が行われます。一般の見学者も自由に参加できます。■場 所:大徳寺塔頭大仙院■期 間:3/17(※毎年同じ日程です)■時 間:9時半〜15時半(受付終了)■料 金:1,400円(拝観料・薄茶含む)■アクセス:市バス206「大徳寺前」■お問合せ:075-491-8346 [続きを読む]
  • 本法寺涅槃図公開〜京都のイベント〜
  • 長谷川等伯が61歳の時に描いた日本最大級の仏涅槃図(重文)は、桃山時代に隆盛を誇る狩野派に対抗して独自の画風を創造した彼の気迫が感じられ必見です。国の名勝・光悦作の「三巴の庭」も是非この機会に鑑賞しましょう。■場 所:本法寺■期 間:3/14〜4/15 ※寺の行事のある時は休止■時 間:10〜16時■料 金:拝観料:1,000円■アクセス:市バス9「堀川寺之内」■お問合せ:075-441-7997↓よかったら押してくださいね♪↓ にほ [続きを読む]
  • 涅槃会と嵯峨大念仏狂言とお松明式〜京都のイベント〜
  • 京の三大念仏狂言の一つ。狂言堂にて3回演じられ、自由に鑑賞できます。涅槃会法要の後は、炎が寒空に吹き上げるお松明式が行われます。京都でも最も古い行事のひとつで、釈迦を荼毘に付したときの様子を再現した祭りだといわれています。また、この日は拝観料が特別に無料になります。■場 所:清凉寺■期 間:3/15(※毎年同じ日程です)■料 金:当日夜間のみ無料(当日以外は400円)■アクセス:京都バス71・72「嵯峨釈迦堂前」■ [続きを読む]
  • 泉涌寺・涅槃会〜京都のイベント〜
  • 公開される大涅槃図は紙本極彩色、大きさは縦16m、横8mの日本最大のもの。江戸中期に明誉古かん(※石へんに間という漢字)が描いたものです。涅槃会法要は15日にとり行われます。■場 所:泉涌寺■期 間:3/14〜/16(※毎年同じ日程です)■料 金:拝観料:500円■アクセス:市バス208「泉涌寺道」■お問合せ:075-561-1551↓よかったら押してくださいね♪↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 宝鏡寺・門跡尼寺の春の人形展〜京都のイベント〜
  • 室町時代の創建で歴代皇女が住持となった門跡尼寺の春の恒例特別展です。等身大の人形が飾られ、孝明天皇寵愛の人形をはじめとする、あどけない顔立ちの中に気品が感じられる御所人形や内裏雛等が本堂に並べられます。その他、日野富子御木像や、門跡尼寺にふさわしい雅やかな襖絵、庭園など見処たっぷり。■場 所:宝鏡寺■期 間:3/1〜4/3(※毎年同じ日程です)■料 金:拝観料:600円■アクセス:市バス9「堀川寺ノ内」■お問合 [続きを読む]
  • 京都・東山花灯路〜京都のイベント〜
  • 清水寺から青蓮院までの情緒豊かな散策路を一定期間中約2500もの行灯と一輪挿しが道しるべとなって並ぶ「花灯路」が行われます。この行灯は京焼や清水焼、北山杉の磨き丸太や京銘竹から作られ、一輪挿しには、花が生けられます。沿道の寺院もライトアップ。■場 所:清水寺〜円山公園〜青蓮院■期 間:2017年3/3(金)〜/12(日)(雨天決行)■時 間:18時〜21時半■お問合せ:075-212-8173(京都・花灯路推進協議会)↓よかったら押して [続きを読む]
  • 樂美術館新春展 「茶碗の結ぶ「縁」」〜京都のイベント〜
  • 千利休が樂家初代・長次郎にもたらした千家と樂家の「縁」、また本阿弥光悦は、徳川家や前田家等の将軍家や有力大名を引き合わせるなど、樂家にとって大きな助けとなり、宗教=法華、日蓮宗との繋がりの中で光悦と樂家は信仰を同じくして、「縁」を深めたようです。本展では、千家お家元のお手造茶碗から、15代吉左衞門の友人・15代坂倉新兵衛氏など、樂家における様々な「縁」ある作品を紹介します。■場 所:樂美術館■期 間:20 [続きを読む]
  • 保津川下り・川開き〜京都のイベント〜
  • 亀岡〜嵐山間16キロの渓谷を約2時間船で下ります。川開きのこの日は、イベントや花飾船でお祝いし、臨時船等も繰り出されます。営業時間も長くなり、便数も増えた保津川下りは明治末・大正初期頃から行楽化されました。(※10名以上の団体は予約が必要です。)■場 所:保津川(亀岡〜嵯峨・嵐山)■期 間:3/10〜11/30(※毎年同じ日程です)(※毎年同じ日程です。※ 定期船は平日9時〜15時半の間、1時間毎に運行、最終15時半運行。 土 [続きを読む]
  • 貴船神社・雨乞祭〜京都のイベント〜
  • 雨水を司る高龗神(たかおかみのかみ)神を祀り、降雨と五穀豊穣を祈願します。この神社が鎮座するここは、鴨川の水源地にあたり、平安に都がおかれた時から水を司る神として崇敬を集めています。ご神水と神饌を献上し、神職が「雨たもれ」と大きな声で唱えながら、榊の葉でご神水を天地に振りかけます。他の者も太鼓や鈴を鳴らしながら「雨たもれ、雨たもれ、雲にかかれ、鳴神(なるかみ)じゃ」と一緒に唱え、続いて、かつては馬を [続きを読む]
  • 城南宮・枝垂れ梅と椿まつり〜京都のイベント〜
  • 城南宮は「曲水の宴」で大変有名ですが、「春の山」とよばれる庭園では「源氏物語」に登場する百余りの植物が植えられていて「源氏物語花の庭」とも呼ばれているほどです。2月下旬には150本余りのしだれ梅、その後は300本もの椿が咲き誇ります。毎日15時には神職の案内あり。■場 所:城南宮(※無料大駐車場有り)■期 間:2017年2月18日(土)〜3月22日(水)■時 間:神職の案内:(※過去の例です)10時〜14時〜■料 金:拝観料:500円 [続きを読む]
  • 定期観光バス特別コース〜京都のイベント〜
  • 「京の冬の旅」キャンペーンにあわせ、社寺ゆかりの名物と老舗料亭の味をめぐるコースが用意されています。各コース名は【うるわしコース】〜大政奉還150年記念〜京の幕末ゆかりの地をたずねて、【みやびコース】豪華絢爛!門跡寺院と旧花街 障壁画の美をたずねて 、【やすらぎコース】「京の冬の旅」初公開2ヶ所を巡る!京の名宝と庭園をたずねて 、 【あじわいコース】食にこだわる!京の冬の美味いものめぐり、です。その他、「シ [続きを読む]