i401gou さん プロフィール

  •  
i401gouさん: 試行錯誤の毎日
ハンドル名i401gou さん
ブログタイトル試行錯誤の毎日
ブログURLhttp://i401gou.blog.fc2.com/
サイト紹介文基本的に電気ですがその他にも広く浅く手を出しています。
自由文自分が苦労した事や取得技術、比較結果をメモ代わりに書いていますので新たなことがわかれば書き直しを基本にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/02/18 23:31

i401gou さんのブログ記事

  • 24MHz 8チャンネル USBロジックアナライザ
  • 24MHz 8チャンネル USBロジックアナライザを買ってみました。8CHすべて動作し、同じ入力信号ならCH毎の測定結果に差はありませんでした。ホビーユースなら結構使い物になりそうです。値段も750円と安いので持っていて損にはならないと思います。アプリは下記アドレス内のhttps://sigrok.org/wiki/Downloadspulseview-NIGHTLY-32bit-static-release-installer.exe (debug build)をダウンロードします。USBドライバーも含 [続きを読む]
  • LCR-T4を買ってみた
  • 写真に付いている足(ナイロンスペーサー)は自分で取り付けた物で付属部品ではありません。ゼロプレッシャーに塗られている赤と黄色はピンアサインが同じ部分(赤・・・2番、黄・・・3番、無・・・1番)を自分で塗りました。私の買ったのはLCR−T4−H Ver2.68です。デジパーツさんで売られている物と同じと思われますが、バージョン違いなのかちょっとだけ違いがありましたので、デジパーツさんの説明を元に自分 [続きを読む]
  • arduino ide 備忘録
  • Arduino.ccページのIDEを使う。(和解しarduino.orgからも同じ1.8.x系がダウンロード出来るようになった)Arduino IDE の[ファイル]→[環境設定]→「追加のボードマネージャーのURL」に下記のアドレスを追加−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ESP8266のインストールhttp://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json(esp8266 by esp8266 Commu [続きを読む]
  • Digispark用のメモ
  • Windows10へアップグレードしてからDigisparkを使うとき、Arduino IDEからCOMポートの選択が゛できなくてスケッチのアップロードができない状態になってました。つい先ほど方法が分かったので備忘録としてここにメモを残します。まずは下記ページを参照して、ページの通りに処理をします。http://denshibu.blog.fc2.com/blog-entry-80.htmlここで私の環境と違いがあったのは、「デバイスマネージャー」で約5秒後にリムーブされ [続きを読む]
  • オシロスコープのケース2
  • 以前オシロスコープのケースについてのブログ">オシロスコープのケースについてのブログを書いたのですが、それよりも小さく出来る物を見つけました。ダイソーで売ってました。上下にはすこし余裕がありますが、左右は2mm程度の隙間しか空きません。ケースに穴を開けて入れたまま電源と測定用コードをつなげられる様にしました。オシロスコープとケースはオシロスコープのスタッドのネジを利用して固定しています。その際、オシ [続きを読む]
  • FTDI FT232RL 3.3V 5.5V USB to TTL シリアル コンバータ
  • ピンアサインが違うのでハードウェアはコンパチとはなりませんが秋月電子さんのFT232RL USBシリアル変換モジュール(http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-01977/)と同等に通信は出来ました。Windows10の標準ドライバで認識できます。一時期問題になっていた、「偽物だと使えなくなる」という問題は回避されているようです。ICSPとして使う場合は本品 − AVRRI  − RESETRSD − SCKCST −  [続きを読む]
  • 国産の車、バイク用スピードパルス発振器
  • 国産の車、バイク用のスピードパルス発振器をarduinoで作ってみました。仕掛け的には普通のパルスジェネレーターですが車とバイク用に特化しているので1.デューティー比は50%固定。2.パルスのON/OFF時間を設定するのではなく、時速を設定する。3.短型波しか発信しない。としています。これが回路図。arduino以外はSW2種類とOLCDしかありません。以下がスケッチです。/* 簡易車速パルスジェネ [続きを読む]
  • オシロスコープが直った。
  • 以前壊れたと書いたオシロスコープですが直りました。当時は色々とアドバイスをいただき、自分で出来る事は全部やってみたのですが直りませんでした。もう無理かなと思いつつ、まだ何かできることは無いか探っていたときに基板に力を加えると状況が変化することを発見しました。そこで気がついたのは、本現象は寒くなってから発生し始めたということです。で、思ったのが「もしかすると温度変化で基板が変形したときに発生している [続きを読む]
  • 大陸製ロータリーエンコーダー
  • 1回転20パルスのプッシュスイッチ付きロータリーエンコーダーです。接点の真ん中がグランドになっていました。回しているときの 感は割とあり、プッシュスイッチを押したまま回してもパルスは発生しました。1セット10個で10とも正常動作しました。ブログランキングに登録中です。応援 お願いします。    ↓にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 大陸製 圧電ブザー
  • 左が20mm右が12mmです。20mmは50枚セットで230円ぐらい12mmは10枚セットで130円ぐらい。(どちらも送料込みで購入時の値段)実際に入っていたのは53枚と11枚でした。注文してから到着まで40日かかりました。購入先全数チェックしてみたところ、すべて異常なしでした。ブログランキングに登録中です。応援 お願いします。    ↓にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 車のシートカバー
  • Seat Saver 車用防水シートカバー かぶせるタイプ 全車種対応 簡単脱着 ドライブシート。これなかなかいい。ペラペラだが防水シートにありがちなバリバリ感やウエットシート素材のフワフワ感も無し。位置ずれも起こりにくい。ブログランキングに登録中です。応援 お願いします。    ↓にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • ダイソー 目覚まし時計の分解
  • ちまたにいっぱいある分解記事の1つです。分解したのはこれ。前面カバーを外します。マスキングテープで保護をしていからマイナスドライバーをつっこんでこじる様にすればすぐ外れます。接着剤や爪はありません。針を外します。位置決めはなにもなくあっさり抜けます。上から秒針、分針、時針、アラームです。盤面を剥がします。ポリエチレンかなにかの樹脂シートが両面テープで貼り付けられているだけです。赤丸のネジ2個を外し [続きを読む]
  • DC-DC変換器(5V→3.3V固定タイプ)
  • 大陸製5V→3.3V固定タイプのDC−DC変換器です。10個1パッケージで送料込み300円以下。到着までやく20日かかりました。AMS1117が使われており、最大電流は800mAの様子。本サイズに必要な物はすべて詰め込まれており、ブレッドボードに刺して後は5Vを供給すれば3.3Vが出力されます。5V側に通電ランプも付いています。出力はかなり安定しており、リップルや変動は見られません。電流出力(約5 [続きを読む]
  • ペットボトル潰し
  • 真空ポンプもどきというか負圧発生器というか・・・ダイソーで買った押しても引いても空気が入る空気入れとペットボトルのキャップに穴を開けた物です。これを下の写真のようにホットポンドで止めただけ。ホットボンドで止める前にゴム系接着剤で仮止めしてます。2Lのお茶のペットボトルぐらいなら簡単につぶれます。足で踏みつけるのとどちらが早いかって言われると踏みつける方が早いですけど、こっちの方がしっかりつぶせます [続きを読む]
  • 双方向ロジックレベルコンバータ SPIタイプ
  • 大陸より6個まとめ買い。これで送料込みで300円以下でした。納期は2週間程度。8chのロジックレベルコンバーター(信号の電圧レベルを変換するもの)でYF08Eと刻印されたチップが使われています。(チップの正式名はTXS0108E)一袋の中身は部品付き基板1つとピンヘッダー2つ。ピンはそのまま半田付けしてもいいんですが私は写真のように完結したアッセンブリーにしました。変換タイミングを外部からコントロール [続きを読む]
  • ミニDC-DCコンバータステップダウンモジュール
  • MP1584ENが使われているDC-DCコンバータステップダウンモジュールです。赤丸で囲った部分を改造しています。中央下の赤丸はパターンカットです。このラインはオープンでもかまいません。というよりオープンにしないと入力電圧が12V以上になると壊れます。右側の赤丸はセラミックコンデンサの追加です。元々ついていたセラミックコンデンサの上に22μFと47μFを追加しています。尚、このコンデンサの値は自分でテストして [続きを読む]
  • 2.2″ SPI TFT LCD Module 320×240 ILI9341(9341ドライバーの場合)
  • 大陸性2.2インチ 320×240ドットのLCDです。これはタッチパネルはありません。型式もわかりません。接続図と使い方は下記です。接続図使い方1.https://github.com/adafruit/Adafruit-GFX-LibraryにあるAdafruit-GFX-Library(https://github.com/adafruit/Adafruit-GFX-Library/archive/master.zip)とhttps://github.com/adafruit/Adafruit_ILI9341からファイルをダウンロード2.ダウンロードしたファイルを解凍 [続きを読む]
  • XPT2046_Touchscreen ライブラリーについて
  • タッチパネルのドライバーICとしてXPT2046が使われている物を入手しているのですが、まだまだ公開できるまでは長い道のりが必要みたいです。一応、SDへのデータの読み書き、SDから画像データを読み出して画面に表示、タッチパネルを使った簡易お絵かきは成功しているですが、タッチパネルとSDを同時に使おうとするとうまくいかない状況です。タッチパネルの処理は下記ライブラリーを使っています。https://github.com/Paul [続きを読む]
  • Arduino用 信号電圧変換器
  • 大陸製のLCDはドライバーICが偽物だったり、コピー品のため正規品の情報がそのままでは使えなかったりします。今まではブレッドボード上に分圧回路を組んでテストしていたのですが、手間がかかる上に回路間違いも発生していました。加えて作業が翌日に持ち込むときなどに回路を保存しておくのが、これもまた気を遣う。又、LCDへの電力供給は5Vで良くても信号ラインの電圧は3.3V前後でないと通信が出来ない事も多々あ [続きを読む]
  • いまさらながらMETABOARD
  • USBに直接挿せるメタボードの存在をしってから何回かチャレンジしていたのですがなかなかうまくいきませんでした。最近になって私の環境でようやく出来る方法がわかりましたので公表します。結論から先に言いますとARDUINO IDEのバージョンが00xx系でしか出来ませんでした・・・(00xx系以外ではスケッチのコンパイル時にエラーがでる)テスト環境・Windows 10・Arduino IDE 0023・ATMEGA328P-PU・ブー [続きを読む]
  • 2.2 SPI TFT LCD Module 220×176 ILI9225用 通信ベースの作成
  • 接続の詳細は以前のブログを見ていただくとして、下図が実際の配線図です。基本的に「1.8 SPI TFT LCD Module 128×160 ST7735S用 通信ベースの作成」で作成した物と変わりありません。但し、LEDの明るさ調整は全く違います。本LCDの明るさ調整はPWMでコントロール出来るようになっています。よって本来はこのラインに抵抗を入れる必要性はないのですが、直接電圧を加えても明るさ調整が可能なのでAruduinoのピ [続きを読む]
  • 1.8 SPI TFT LCD Module 128×160 ST7735S用 通信ベースの作成
  • いくつかLCDを手に入れたのはいいのですが、なかなか目的に合うものを見つけきれていません。このままお蔵入りさせるのはもったいないですし、本命が見つかるまでの勉強用として使うことにしました。そこで毎回毎回ブレッドボードで回路組むのは面倒ですし、間違いの元になるので専用の接続ベースを作りました。接続の詳細は以前のブログを見ていただくとして、下図が実際の配線図です。実際出来た物が下図です。SDカード行き [続きを読む]
  • 1.8 SPI TFT LCD Module 128×160 の動作確認
  • 最近、当初の目的から逸脱してLCDの動作確認ばかりしている気がします・・・大陸へ直接注文している物が予定より早く着くのです。気が短い質なので来ちゃうとどうしても動作確認しないと気が済まなくて(笑テスト環境・自作 Arduino Uno・Windows 10・Arduino IDE 1.0.6・1.8 SPI TFT LCD Module 128×160 ST7735Sarduino標準のスケッチの例>TFT>arduinoが使える。1.ArduinoとLcdを下記のように配線する。  5V [続きを読む]