tilefish さん プロフィール

  •  
tilefishさん: 水があれば釣りをする
ハンドル名tilefish さん
ブログタイトル水があれば釣りをする
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/tilefish55/
サイト紹介文思ったことを書いています。 釣りがメインで時々、感じたことも書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/02/19 11:44

tilefish さんのブログ記事

  • さくらんぼ狩(2017)
  • 果物狩社会人になり行き始めた果物狩。 友人の紹介より利用するようになったこちらのサイト。 逸品やまなし いちご狩、桃狩、さくらんぼ狩逸品やまなしさんではこの3つの果物狩が楽しめます。 過去、いちご狩、桃狩については紹介させて頂きました。<過去の記事はこちら>いちご狩→2015年 2016年桃狩→2016年 実は、一番の目玉と言っても過言ではないのがさくらんぼ狩なんです。自分は過去 [続きを読む]
  • アオリイカ釣行記('17,6,4〜'17,6,5)
  • ついに関東でも梅雨入りの発表がありました。 自分には梅雨の雨はそんなに悪いイメージはなく、むしろ雨が降ると風はなく釣り日和になると喜んで海に出掛けていました。 今もそれは変わらず、梅雨時期はシトシト雨ならば海に出掛けます。 4月末辺りから様子を見に海に出掛けていました。自分が通うポイントは南風が吹くと釣りになりません。また、春先の大型を狙う場合は満潮絡みに限られてきます。 自分が行 [続きを読む]
  • アカムツ釣行記('17,5,17)
  • 忙しいを言い訳に、ブログ更新を怠っておりました。ただ、本当に忙しく、残業の日々なのです。休日もなかなか海に行けず、行けてもパッとしない内容ばかり…………。フラストレーションが溜まる一方…………。適度なガス抜きが必要です。仕事から帰宅し、ご飯を食べたら釣り竿片手に、いざ海へ!!!!!!最近は夜な夜な徘徊しているのです。この徘徊についてはまた今度。ようするに、「忙しい」は「忙しい」けど、自分で忙しくしてい [続きを読む]
  • メダイ五目釣行記('17,4,16)
  • ようやく春らしくなってきたこの頃。色々とやることが多く、公私ともに忙しい毎日…………。故に釣りにも全然行けず、今年は釣行回数が激減しそうである…………。1ヶ月半振りに予定が空き、ようやく海へ。釣物は悩んだ挙げ句、メダイ五目でキンメを狙う事にした。4月16日天気:晴れ 風:北東2m 波:0.8m潮色:薄濁り前日は時化により休船。前日予定されていた方々もスライドしてきた性か、片舷10人〜11人が入る大にぎわ [続きを読む]
  • 光と色③
  • だいぶ放置してしまいました。なかなか忙しく、手をつけられませんでした。すいません。「光と色」について…………。色の波長や、色の見え方、吸収、反射なんてについて書いてきました。※前回ブログ→光と色①、光と色②正直、化学的な事で、自分みたいな素人がどうこう言えるものではありません。色々調べながら、得た知識を基に、自分なり解釈で述べていきます。突っ込み所満載でしょうが、どうか暖かい目で見て下さい。前回 [続きを読む]
  • アマダイ釣行記(’29.2.25)
  • だいぶ放置をしていました。 何だか忙しく、なかなか余裕がない毎日です。 3月も半分が過ぎ、もうお彼岸。これからは暖かくなることでしょう。 ちょっと前のことだが、釣行記を書いておきます。記憶が曖昧なので、報告程度に…………。 2月25日天気:晴れ 風:北東2m 波:0,5m潮色:濁り 水温:16℃ いよいよ濁りが入ってきたとの事。南の風が吹くようになり、4月上旬の気温な日もあったりと、季節の変わ [続きを読む]
  • アマダイ釣行記('17,2,4)
  • あっと言う間に2月に突入。正月など、とうの昔に感じる。仕事がバタバタと忙しくなり、書きかけの「光と色」についても放置してしまっている…………。とりあえず、忘れないうちに、釣行記を先行させます。2月4日天気:晴れ 風:北東4m→1m 波:0,8m→凪潮色:澄み 水温:18℃最近あっちこっちで乱舞するデカ。もう毎日釣果速報を見るのが気が気ではなく、落ち着かない毎日でした。ようやく目処が立ち、予約を早々に [続きを読む]
  • 光と色②
  • それでは前回の続きです。※前回は→こちらではなぜ物にはそれぞれ色があるのか?前回この疑問を投げ掛け終わりにしました。 普段我々が見ている色。この色、もしくは物の見え方は2通りあるんです。・自らが光って見える物(色)・自らが反射して見える物(色)まず、「自ら光る物(色)」から考えていきます。今正に目の前にある物が1つですね。パソコン、タブレット、スマートフォン(携帯)です。他にもテレビや蛍光灯、自然界では太陽 [続きを読む]
  • 光と色①
  • 最近クルピカについて良く質問されるようになりました。何気に少しずつ、気になる方々が増えてきているのかもしれません。そんなこともあり、ちょっとだけ自分の思うところを述べさせて下さい。自分がなぜここまでクルピカに執着するのか?それは、光の性質が、魚の生体にどう影響しているのか。ここに凄く興味が沸いたのが切っ掛けです。学生時代に色彩検定をかじっていて、光と色の性質についてはある程度理解をしていました。 [続きを読む]
  • アマダイ料理(レシピ)⑦
  • どうにか工夫して食べないと、美味しい魚も飽きてしまう…………。ある意味贅沢な悩み…………。出来る限りの、思い付く範囲で実践しております。また、自分は揚げない料理をメインに考え行っています。「魚料理=揚げ料理」これは付き物かもしれません。美味しいし、手軽だし、ついつい揚げ物に逃げたくなりますが、あえて避けて料理しています。自分的に、それが魚本来の味を生かす最もな料理だと考えているからです。ちょっと片 [続きを読む]
  • アマダイ釣行記('17,1,8)
  • 毎年、成人式の連休で、年始2回目の釣行をするのが恒例となってきた。平成29年の新成人は123万人程となり、去年と比べると2万人増えたようだ。成人式になると天気が気になるところだが、今年は雲行き怪しい予報が出ていた。自分はそんな中でも関係なく海に向かった。1月8日天気:曇り→雨 風:北東2m→4m 波:0.5m潮色:澄み 水温:16℃天気予報が良くないせいか、思った程人は多くなく、左舷3人、右舷6人で出船。昨 [続きを読む]
  • 初釣・アマダイ釣行記('17,1,3)
  • あけましておめでとうございます本年もよろしくお願いします1月2日毎年恒例の初詣段葛昨年の3月に改修工事が終わり、リニューアル。昔の姿を見て育った自分としては、綺麗になったのは良いのだが、何だか微妙…………鶴岡八幡宮朝早目に出たことから待つことなく参拝できた。しかし、参拝し降りて来ると、もう長蛇の列に…………。観光地であることを改めて感じる。そして、今年もパーカー、短パンで初詣に向かいました。1月3日天 [続きを読む]
  • 2016年を振り返って
  • 『大晦日』ここ数年、大晦日にまで引きずることはなかった。どうしても納得できず、内容はどうあれ竿を振らずにはいられなかったのだ。潮止まりが6:53(満潮)、6:00ぐらいから投げ始め、684g336g潮止まりまで2杯、それ以降明るくなり始め潮流れがなくなり7:50ストップフィッシング。なんとか形になりました。個人的なエゴだが、やはりちゃんと区切りを付けて竿を持って終わりにしたかったのです。今年も良く釣りに行きました。結果 [続きを読む]
  • アマダイ料理(レシピ)⑥
  • 「釣り納め」23日しか予定を空けられず、天気予報とにらめっこするも、『ダメ予報ばかり…………』当日はダメ素で宿に向かったが、駐車場はガラガラ。宿は半分電気が消え、船長数名が電話番をしていた。『中止だ…………』とりあえず年末の挨拶がしっかりできたので良し。家に帰り時間ができ、やることなく料理をすることにした。『アマダイの甘酢ソースかけ』≪材料≫ アマダイ(適量)、玉ねぎ(2分の1)、人参 (2分の1)、水(1カッ [続きを読む]
  • アマダイ釣行記('16,12,16)
  • 「冬至」太陽の位置が1年で最も低くなり、日照時間が最も短くなる日を冬至と言う。太陽の位置が1年で最も高くなる夏至と日照時間を比べると、東京で約4時間40分の差があるとか。そして、冬至と言ったら、柚子湯ではなぜ柚子なのか?冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えが昔はあったようだ。また、柚子は実るまでに長い年月がかかり、「長年の苦労が実りますように」そんな願いも込められてい [続きを読む]
  • アマダイ料理(レシピ)⑤
  • 最近アマダイの食べ方について良く質問されます。アマダイは捨てる所が少ない魚です。しっかり堪能できますよ‼‼‼‼そして、皆さんが良く捨てるレンコ(キダイ)は大変美味しい魚です。前回、アカボラの話しをしましたが、レンコも同様です。※前回の内容は→こちら「小さい」「捌くのが面倒」色々理由はありますが、20cm程の個体はぜひ持ち帰って食して下さい‼‼‼‼アマダイ釣りの楽しみが更に増えますよ。それでは最近作った [続きを読む]
  • アマダイ釣行記('16,12,10)
  • 「年末年始」暦の関係上、12月を跨ぐと新年となる。1つの区切りかもしれないが、普通に一ヶ月が過ぎ、次の月が来るだけだ。それなのに何か特別であり、節目となっている。社会人になると学生の時に比べ、年末年始が大きなイベントとなり、面倒な時期に感じる。ただ、仕事では面倒でも釣りとなると違ってくるから不思議だ。「竿納」「初釣」イベントが多い程良いもんだ。毎年こんなこと書いてるな…………。何か理由を付けて海に向 [続きを読む]
  • アマダイ釣行記('16,12,4)
  • 「ヒマワリ」季節外れに咲き誇る夏の象徴。突然プランターから自然に生えてきたヒマワリ。『種はどこから来たのか?』不思議であるが、朝の出勤時、夜の帰宅時、必ず顔合わせるヒマワリに何だか癒される毎日です。12月4日天気:晴れ 風:北東2m→南東3m 波:凪潮色:澄み 水温:20℃今回はもう1つの常宿より出撃しました。片舷10人づつ入り満船。自分は右ミヨシ4番に入りました。ポイントは葉山沖〜江ノ島沖の60m〜1 [続きを読む]
  • アマダイ釣行記('16,11,20)
  • だいぶ冬らしくなってきた。11月24日は東京で積雪の観測があり、これは史上初のこととか…………。北海道ではマンタが網に入る珍事が起きている。日本海ではこの100年余りで2.1℃の水温上昇、北極では記録的な温暖な状態。釣り人としては見逃せないニュースが多い昨今だ。11月20日天気:晴れ 風:北東1m→南東2m 波:1.5m→0.5m潮色:澄み 水温:21℃前日は雨が降り、最高気温は11℃と気温もあまり上がらない1日だっ [続きを読む]
  • アマダイ釣行記('16,11,13)
  • 贅沢な事に、週に1回は生魚が食べたくなります。釣り人の性なのでしょうか?無性に欲するのです。海に行けない時は尚更その傾向高く、程度の良い魚を選んで食べるのです。そして気付くのです。魚捌くことが好きなんだ。魚に触れていると、処理は大変なのですが、「楽しい」と感じます。魚を使った料理をしているときは、もっと「楽しい」のです。職を間違えたのかもしれません…………。生魚が食べたくなり、海に行ってきました。 [続きを読む]
  • アオリイカ釣行記('16,11,11〜12)
  • 「歓送迎会」社会人でサラリーマンならば、出たことがない方はまずいないだろう。自分の会社は、4月、10月がまとまった異動の時期。今年は1ヶ月ずれ込み、11月が異動の時期となった。そして冒頭のように歓送迎会である。社会人、特にサラリーマンとして、自分は致命的なんです。『私、お酒がダメなんです…………』体質なのか、身体が受け入れないのです。ただ、素面で最後まで全然付き合いますよ‼‼‼‼嫌いじゃないのです、飲 [続きを読む]
  • アオリイカ釣行記('16,10,26〜'16,11,7)
  • だいぶ冷え込むようになり、いよいよ冬を感じさせる陽気になってきた。クールビズが終わったことより、ネクタイをし、しっかりと背広を着るようになった。しかし、自分は依然として半袖のワイシャツで出勤している。 夜寝る時は短パンのみで、上半身裸。『やはりおかしいのだろうか?』寒さは感じるが、まだ着込む程ではないと思っている…………。そんな季節の変わり目に、季節を感じさせる物が釣れ始めた。「アオリイカ」秋アオ [続きを読む]
  • アマダイ料理(レシピ)④
  • 前回の大会では久々に満足のいく釣りができました。大会の様子は→こちら改めてこの釣りが好きなことを再確認。そしてこの多くの食材を調理するのだが、新たにチャレンジ、もしくは紹介していないものを上げていきます。『アカボラのおろしポン酢乗せ』≪材料≫アカボラ(適量)、大根(10cm程)、めんつゆ(大さじ2)、ポン酢(大さじ1)、刻みネギ(適量)1,アカボラを炙る。2,大根おろしを作り、水を切る。3,めんつゆ、ポン酢を合わせ、 [続きを読む]
  • アマダイ釣行記('16,10,30)〜バリバスカップ〜
  • ≪今回はちょっと長いです。お時間の許す方どうぞ≫「大会」自分はあまり大会等は好きではない。以前、理由は「JGFAとIGFA」の内容に書きました。※「JGFAとIGFA」は→こちら自分の考え、タイミングやペースは崩れがちであり、やりたいことができなくなるからだ。「ではなぜ参加したのか?」今回参加した理由は、3つありました。・釣物がアマダイであり、1匹の長さで競うため誰でもチャンスがあること・毎年常宿で開催され、社長 [続きを読む]
  • カツオ&マグロ釣行記('16,10,23)
  • 「教祖様・マグロ」常宿の社長がそんな風に呼んでいた。マグロ教、完全に私は信者です。『諦めきれずに…………』そして強引に再び海に出るのです…………。10月23日天気:曇or晴れ 風:北東7m 波:1,2m潮色:澄み 水温:24℃今回も常宿を離れ、アマダイでお世話になっている船宿さんへ向かいました。釣れてきている事から、コアなファンが集まり満船。自分は左ミヨシ2番に入る。ポイントは以前より近くなっていたが [続きを読む]