山荘流茶道教室 さん プロフィール

  •  
山荘流茶道教室さん: 茶道教室の日常
ハンドル名山荘流茶道教室 さん
ブログタイトル茶道教室の日常
ブログURLhttp://sansouryu.blog.fc2.com/
サイト紹介文京都市で山荘流の茶道教室を開講しています。茶道だけでなく、美味しいお茶やお菓子の紹介もしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/02/21 08:09

山荘流茶道教室 さんのブログ記事

  • 藤田美術館へ
  • 日中は暖かい日が続きますが、夕方から夜になると少しヒンヤリしてきますね。こういう時に体調を崩しやすいので注意したいですね。さて、今日は先日行ってまいりました藤田美術館の感想を書いてみようと思います。藤田美術館では現在、「ザ・コレクション」という展覧会をされていて、前期が今月末まで、後期は6月11日まで開催されています。この展覧会が終わると改修工事をされしばらく閉館されます。関西では他に野村美術館が来 [続きを読む]
  • 改めて稽古不足を実感…
  • またまた更新が滞ってしまいました…このところ書くことがないのと、何かバタバタしておりなかなか更新できておりません。できるだけ書こうとは思うのですが、毎回書くことに悩みます。新聞のコラムなどを担当されている方はもっと大変な思いをされているのでしょうから、この程度で根を上げていたらいけませんね。ただ、私なんかと比べると失礼だとは思いますが…さて、昨日はいつも大変お世話になっている方のお稽古場に寄せてい [続きを読む]
  • 鶯の声を聞かない代わりにウグイス餅のご紹介
  • 昨日から東京国立博物館で特別展「茶の湯」が始まりましたね。私もとりあえず、4月に1回行くことにしましたが、理想は5月、6月ともう2回くらいは行きたいですね。時間とお金の都合がつけばぜひ行きたいと思っています。さて、4月も10日以上過ぎ、桜も散り始める頃となりましたが、当家の辺りではほとんど鶯の声を聞くことがありません。母が言うには去年くらいから余り聞かなくなったということですが、今年は2月の師範者研究会の [続きを読む]
  • 茶碗の持ち方について
  • 今日は花まつりですね。先日からの雨で各地の桜は散ってきているかもしれませんが、当家の桜はこれからです。表の桜は結構咲いてきましたし、裏の桜もだんだんと咲いてきました。さて、今日は久しぶりの更新になって間が空いてしまいましたが、手指の使い方シリーズの続きで茶碗の持ち方について書いてみようと思います。ご多分に漏れず、今回の記事も当流の持ち方であり、流派によってはこのように持たないこともあるかと思います [続きを読む]
  • 続・手指の鍛錬
  • 気がつけば3月も終わりですね。なんだか今月もあっという間に終わってしまったように思います。来月は落ち着いて物事を進めていけると良いのですが…さて、今日は先日書いた手指の鍛錬の続編として、茶碗を持つ際の親指に注目してみようと思います。毎回そうですが、今回の記事は特に当流の持ち方で、個人的な意見が中心の内容になりますので、そのつもりでお読みいただければと思います。当流では茶碗をこの写真のように持ちます [続きを読む]
  • 師範者研究会へ(後炭)
  • 今日の朝は寒かったですね。そのせいか今日はちょっと体調が思わしくありませんでした。自分ではそんなに感じていなかったのですが、「今日は元気がないですね。いつもと違う」と言われてしまいました。しっかりしないといけませんね。そんな今日は当流の師範者研究会だったのですが、今回は「後炭」をしました。当流ではこう書いて「のちずみ」と読みますが、「ごずみ」と読む流派もあるようです。確か、裏千家さんでは「ごずみ」 [続きを読む]
  • 手指の鍛錬
  • お彼岸の中日も過ぎてそろそろ暖かくなってくれるかと思いましたが、今日は冷たい雨でしたね。明日は今日よりも暖かくなってくれるそうですが、もうしばらくは朝晩は冷え込むみたいですね。体調管理に気をつけなければ!さて、今日は私が当教室の生徒さんにお伝えしている手指の鍛錬方法の一つをご紹介しようと思います。以前にも書いたかもしれませんが、当流では細かな指使いを求められることが多くあります。普段から私がそうい [続きを読む]
  • 淀看席へ
  • 3月も気がつけば半分を過ぎてしまいましたね。先日は確定申告の期限でしたが、私もなんとか無事に済ませることができました。体調を崩してしまい、ギリギリになってしまいましたが間に合って良かったです。今は完全に赤字の当教室ですが、そのうちに税務署に目を付けられるくらい儲けてやる!と思ったりもしましたが、性格的に難しそうですね…さて、期限といえば先日金戒光明寺の西翁院にある茶室「淀看席(よどみのせき、「澱看 [続きを読む]
  • もうすぐ師範者研究会
  • 一昨日は旧暦の2月15日でした。旧暦の15日というと、満月の日ですが(実際には多少のずれもあります)非常に綺麗な月を見ることができました。なお、2月15日はお釈迦様が亡くなられた日でもあります。そのことについては当ブログで何度か書かせていただきました。さて、もうすぐ当流の師範者研究会があり、今回は私達の担当なのですがまだ何をするか決まっておりません。前回は向切の稽古でしたので今回は別のものにしよう [続きを読む]
  • 新生活スタートキャンペーン 第三弾!
  • 気がつけば3月で、このままだとあっという間に新年度ですね。そこで以前させていただきました「新生活スタートキャンペーン」を今年は再度させていただこうと思います。内容は前回と同じで「2ヶ月間月謝2割引」となります。対象の方はこのブログをご覧になった方で、3、4、5月中にお稽古を開始される方です。最初の月とその翌月の月謝が2割引となります。つまりその2ヶ月の月謝が週一回コース 10,000円→ 8,000円週二回コース 1 [続きを読む]
  • 濃茶の稽古
  • 明日からまた気温が下がるみたいですね。お彼岸まではもう少しありますから、まだしばらくは寒い日もあるのでしょうね。さて、今日は濃茶の稽古について書いてみようと思います。先月に茶会も終わり、多くの生徒さんが濃茶の稽古に戻られたり、新しく濃茶の稽古を始められたりしています。濃茶の稽古をしていて最近ちょっと面白いなと思ったのは、私が「ああ、美味しいお茶だなぁ」と思うとお茶がたくさん減ります。たとえ上手に点 [続きを読む]
  • 茶会と会記について
  • 気がつけば2月も終わり、3月になってしまいました。先月は茶会に茶事にと色々と忙しく慌ただしい毎日でしたが、今月はどうなるのでしょうか。少し落ち着けると良いのですが、なかなかそうもいかなさそうです。さて、今日は茶会の際の会記について書いてみようと思います。ご存じない方の為に書いておきますと、会記とは茶会などで使った際の道具を書いておくものを言います。現在の茶会では多くの場合、会記が待合などに掲示され [続きを読む]
  • 師範者研究会へ
  • 先日、今年初めての鶯の声を聞きました。古来、鶯などが初めて鳴いた声を「初音」と言い(鶯だけにとどまりませんが)、多くの人に親しまれてきました。源氏物語の帖名にもその名が見え、その帖に因んだ婚礼道具である国宝「初音蒔絵調度(徳川美術館所蔵)」は有名です。さて、そんな初音を聞いた日に当流の師範者研究会へ行ってまいりました。今回は母の当番(二名一組なのでもうお一人いらっしゃいますが)の月で、私は正客の順 [続きを読む]
  • お茶事へ
  • 今日は風が強かったですね。近畿地方では春一番を観測したとのことですが、これですぐに春らしい陽気になるというわけではなく、寒い日を時々挟みつつ暖かくなるわけですから体調管理には十分注意したいですね。さて、先日お茶事に招かれました。今回でお茶事(私の中で「お茶事」とは炭点前をされる会のことを指しています)に参加するのは3回目で、今回が初めての正客でした。最初のお茶事は席披きの茶事で、その時は某流派のお [続きを読む]
  • 生徒さんとお茶会に
  • 先日も書きましたが、パソコンの調子が良くありません。何か記事を書こうと思っても度々応答が無くなり中断してしまうと気力も失せてしまいます。なんとか元通りに動いてくれると良いのですが…さて、先日生徒さんと一緒にお茶会に行ってきました。最近は余り生徒さんと一緒にお茶会に行く機会も減っていたように思いますが、今回久しぶりに一緒に行くことができました。今回一緒に行った生徒さんは最近お茶を習い始めた方でしたの [続きを読む]
  • パソコンの不調についてお知らせ
  • 昨日の京都は時折あられが降るような天気でしたが、今日も雪が降るかもしれないということなので外出する際には気を付けたいと思います。先日からパソコンの調子が悪く、ブログ更新やメールの返信が遅れています。このところ少し持ち直してきたように思いますので、なんとかまた更新していければと思います。 [続きを読む]
  • 茶会のお菓子
  • 明日からまた雪が降り、週末にかけて大雪になるかもしれないということで心配です。個人的には先日の茶会の時に雨は降りましたが、雪が積もることが無くホッとしていますが、今週末も各地で茶会が催されると思いますので、ご亭主の方は心配なことでしょう。さて、今日は先日の茶会の時のお菓子のご紹介を。今回のお菓子も当ブログではおなじみの亀廣保さんにお願いしました。右側の雪輪と左の種合わせは根引松ですね。今日は珍しく [続きを読む]
  • なんとか終えられた茶会
  • 立春を過ぎましたが、明日から週末にかけて寒くなるそうですね。インフルエンザも警報レベルの流行ということですから体調管理には気をつけたいですね。私は茶会が終わってちょっとホッとしているところですからより一層注意しないといけませんね。さて、昨日東福寺退耕庵にて月釜の当番を務めさせていただきました。今回が私にとって初めての月釜の当番でした。自宅や松殿山荘では数えるのが面倒な程は茶会をしておりますが、場所 [続きを読む]
  • 炭を切る
  • 早いもので1月も今日で終わり、明日からは2月ですね。今日は昨日に比べると寒くなりましたので、寒暖差で体調を崩さないようにしたいです。週末の茶会には万全の体調で臨みたいですしね。今日は茶道において目立つ存在ではないものの、非常に大事な役割を果たす炭について書いてみようと思います。言うまでもなく、お茶を点てるにはお湯が必要ですが、そのお湯を沸かすのに炭を使います。もっとも、現在では様々な制約により電熱器 [続きを読む]
  • 茶会の日がもうそこまで…
  • 気がつけば1月ももう25日ですね。初天神も終わり、いよいよ2月です。そうするとすぐに茶会の日がやってきてしまいます。まだもう少し先だと少し油断しておりましたが、もうそんなことを言っていられる状況ではありません。一つ一つ確実に準備してその日を迎えたいと思います。今回の茶会は私にとって初めて松殿山荘以外の場所で行う大寄せの茶会です。初めての場所となると色々と勝手も違います。そういったことで色々と苦労するこ [続きを読む]
  • 初釜(主菓子)
  • 昨晩からの雨で当家に残っていた雪もすっかり解けましたが、週明けにまた雪の予報が出ておりました。今回は積もることがなければ良いのですが…さて、今日は遅くなってしまいましたが、先日の初釜の際の主菓子のご紹介を。今回は珍しく羊羹です。こちらは、「暁の梅」という銘で、亀末廣さんのお菓子です。こちらのお店ではよく粟羊羹を買わせていただいておりましたが、今回はこちらにしてみました。華やかな雰囲気も、銘もお正月 [続きを読む]
  • 雪景色
  • 久しぶりの更新となってしまいました。先日は凄い雪でしたね。ちょうどその日は東京の茶会に行く予定だったのですが、非常に大変でした。行きの新幹線も2時間以上遅れ、人生初の特急料金の払い戻しを受けました。そんな凄い雪の日は当家の庭もこのように雪化粧しておりました。雪の日の朝は辺り一面が白黒の世界に変わりますが、その厳しい雰囲気が私は好きです。ただ、寒いのは苦手なので早々に部屋に籠ってしまいますが…近所の [続きを読む]
  • 初釜(干菓子)
  • 随分と寒くなりましたね。明日、明後日は広い範囲で雪に注意が必要とのことで心配です。明日はお稽古の後、高校時代の恩師と食事をして、明後日は東京の茶会に行くというのに…明日からセンター試験という方はもっと大変でしょうね。雪にも試験にも滑らないことをお祈りします。さて、今日は先日の初釜の際の干菓子のご紹介を。今回は亀廣保さんのお菓子にしました。当家で茶事や茶会をする時にはほとんどこちらのお店の干菓子を使 [続きを読む]
  • 初釜の花
  • お正月休みも終わり(そんなもの無かったよ!と仰る方もあるかもしれませんが…)、そろそろ普段の生活の感覚を取り戻された方が多いと思いますが、私はなかなか取り戻すことができません。なんとか早く取り戻せるようにしたいです。さて、今日は先日の初釜の際の花をご紹介しようと思います。花も写真も思い通りにいかなかったのですが、こんな感じに今年はなりました。花は普段お世話になっている東京の道具屋さんが年末に送って [続きを読む]
  • 初釜を終えて
  • 気がつけば1月も2週目ですね。年末から毎日慌ただしく過ごしており、あっという間に時間が過ぎていきます。そんな毎日ですが、本日なんとか無事に当教室の初釜を終えることができました。昨年は諸事情により、初釜を行うことができませんでしたが、今年はなんとか無事に行うことができてホッとしています。昔、母が中心になって教えていた時は母が初釜をしておりましたが、私が中心になって教えるようになってから初めての初釜です [続きを読む]