人を動かす文章添削文章作成サービス さん プロフィール

  •  
人を動かす文章添削文章作成サービスさん: 人を動かす文章添削文章作成サービス
ハンドル名人を動かす文章添削文章作成サービス さん
ブログタイトル人を動かす文章添削文章作成サービス
ブログURLhttp://ameblo.jp/bunsyoka/
サイト紹介文文章を添削します。7年半ブログ等で文章を綴り、2年ほど前に満を持してサービスを開始しました。
自由文文章を書くのが苦手なあなたのサポートをいたします。

「文章添削サービス」
http://goo.gl/5tdbYC

「文章作成サービス」
http://goo.gl/AxTJOz
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/02/23 14:52

人を動かす文章添削文章作成サービス さんのブログ記事

  • 漫画全巻専門店decadeview
  • 2006年の開業以来、10年以上の運営実績を誇る漫画全巻専門店decadeviewでは、5000種類の漫画全巻セットの取扱いがあります。販売しているものは、紙の本です。古本漫画の全巻セット販売です。やはり漫画は電子書籍では無くて、紙がいい!という方の為にあるサイトです。絶版漫画から、最新の漫画までを幅広く5000種類取り扱っています。ご注文いただいた漫画を全巻揃えて宅配便で、ご自宅に配送させていただきます。[送料無料サー [続きを読む]
  • 文字数を節約「〜であること」「〜なの」「〜こと」「〜の」
  • 小論文や作文などで、「400字以内で書きなさい」というように、文字数制限がある場合も多いです。 文を簡潔にし、文字数を減らすコツもさまざまありますが、その一つをご紹介します。 「彼は彼女が天才であることを知っている」「彼は彼女が天才なのを知っている」 「彼は彼女が優しいことを知っている」「彼は彼女が優しいのを知っている」 上記のように、「〜であること」は「〜なの」、「〜こと」は [続きを読む]
  • 口語(話し言葉)と文語(書き言葉)を使い分ける
  • 普段話してる言葉づかいのまま文章を書く人もあまりいないと思いますが、活字にするとなると妙にかしこまってぎこちない文を書いてしまう人もいると思います。 ブログなどでは、話し言葉をふんだんに織り交ぜて書いても良いと思いますが、たとえば履歴書などフォーマルなものの場合は、口語を用いないように気をつける必要があります。 どれが口語か口語でないか迷う場合もあるかもしれません。 たとえば、「好き [続きを読む]
  • 口語(話し言葉)と文語(書き言葉)を使い分ける
  • 普段話してる言葉づかいのまま文章を書く人もあまりいないと思いますが、活字にするとなると妙にかしこまってぎこちない文を書いてしまう人もいると思います。 ブログなどでは、話し言葉をふんだんに織り交ぜて書いても良いと思いますが、たとえば履歴書などフォーマルなものの場合は、口語を用いないように気をつける必要があります。 どれが口語か口語でないか迷う場合もあるかもしれません。 たとえば、「好き [続きを読む]
  • 『朝と夜に確認だけでOK!月平均35〜60%成長の週足トレード』
  • 『朝と夜に確認だけでOK!月平均35〜60%成長の週足トレード』なるワードと申します。リアルでは脱サラして会社経営をしつつ、収益を運用しております。本教材は週足という長時間足の優位性を存分に生かした短期〜中期間(3日〜10日程度)トレードです。インジケータの販売ではなく手法の提供となります。※テンプレートファイルと必要なインジケータのzipを用意しています。一日の朝と夜にチャートを見るだけ!エントリーし [続きを読む]
  • 「〜(し)なくてはいけない」→「〜(し)なければならない」
  • 「行かなくてはいけない」「行かなければならない」 この二つの文にどのようなニュアンスの違いが感じられるでしょうか? 「行かなくてはいけない(行かなくてはならない)」、つまり、「〜(し)なくてはいけない」という言い方だと、言い手がそのようにしなさいと命令するようなニュアンスが感じられます。 また、この言い方は、口語(話し言葉で)よく使われます。 一方、「行かなければならない」、すな [続きを読む]
  • 文章添削サービスサンプルNo.6「子どものアトリエ『カラフル』」
  • 【添削文章募集】 に、清水 範子様 からご応募いただきました。 清水さんは、中央区の月島で、子どものアトリエ『カラフル』を主宰されています。 ブログでは、アトリエでの子どもやママたちの様子・作品が紹介されています。 以下が、「添削前」と「添削後」の文章です。 <添削前>----------------------------------自由な造形活動を通して子どもとママを笑顔に変えるアトリエ『カラフル』 子どもに大切な創造力と表現力、マ [続きを読む]
  • 【募集】あなたの文章お寄せください
  • お願いがございます。200〜400字程度の文章をお寄せください。テーマ・ジャンルは問いません。無料で文章添削をさせていただきます。ただし、条件があります。文章添削サービスの見本(サンプル)にしたいので、「添削前」と「添削後」の文章を当ブログに掲載させていただきます。個人情報などを含まず、ネットに掲載しても差し障りのない文章をお寄せください。当然匿名で、当ブログに掲載させていただきます(掲載前に添削済み [続きを読む]
  • 文章添削サービスサンプルNo.5「支援グループ/田本様」
  • 【添削文章募集】に、支援グループ/田本純一様からご応募いただきました。以下が、「添削前」と「添削後」の文章です。<添削前>----------------------------------家事代行をご利用された経験のない方、またご利用するにあたって不安や抵抗がある方に、まずは気軽に無料体験していただき、サービスへの理解を深めてもらうことを目的とした体験型コースです。サマンサコンシェルジュでは、家事代行のメリットをより身近に感じて [続きを読む]
  • 文章添削サービスサンプルNo.4「『幸せになりたい』なら」
  • 【添削文章募集】に、純さんからご応募いただきました。以下が、「添削前」と「添削後」の文章です。<添削前>----------------------------------あなたが心の底から「幸せになりたい」と願うのなら、あなたが大切に想う人たちを笑顔にすることです。こんな話を聞いたことがあります。ある世界にとても長いお箸がありました。人の背丈ほどもあるお箸では、ご飯を食べることができません。ある者はそれを折ろうとし、ある者はご [続きを読む]
  • 文章添削サービスサンプルNo.3「自然の摂理と人間の欲」
  • 【添削文章募集】にご応募いただきました。以下が、「添削前」と「添削後」の文章です。<添削前>---------------------------------- 自然の摂理と人間の欲  庭のパラソルの頑丈な木のはりが折れてしまった。雨ざらしになったままのパラソルだったので耐久性がなくなってぼろぼろになってしまったのだろう。おまけに木製のガーデンテーブルも、朽ちてきた。金属のものやプラスティックは丈夫だけれど趣に欠ける。 しかし、木 [続きを読む]
  • 文章添削サービスサンプルNo.2「ITコラム」
  • 早速、【添削文章募集】にご応募いただきました。ご依頼主は、あべっかん様です。あべっかん様は、ITエンジニアを読者対象としたサイトで、「IT技術を日常生活で活かそう」というコラムをお書きになっています。以下が、「添削前」と「添削後」の文章です。<添削前>----------------------------------■Embededd Technology 2012 組み込みシステムの展示会、Embededd Technology 2012 が11/14〜11/16にパシフィコ横浜で開催さ [続きを読む]
  • 文章添削サービスサンプルNo.1「個人と社会の優先順位」
  • 早速、【添削文章募集】にご応募いただきました。ご依頼主は、「ブログ記事代行本舗」様です。http://ameblo.jp/blogkiji-daikou-honpo/以下が、「添削前」と「添削後」の文章です。<添削前>----------------------------------「個人と社会の優先順位」個人と社会…これはいつも大きな葛藤を引き起こします。社会というのは、「学校」や「職場」もそうですし、もっと大きな意味では「国家」もそうです。日本人は伝統的に個人よ [続きを読む]
  • DoorWoor! 自動開閉折りたたみ傘
  • 『DoorWoor! 自動開閉折りたたみ傘』 デキる男のすごいギミック。 自動的に開くのはどこにでもあるが、スッと軽くボタンを押すだけで自動的に閉じてくれる。車に入るときも椅子に座ってからでも傘が閉じられる。出先から屋内に入った時のビショビショな傘を閉じるのはなんだかモタついて面倒だし格好わるい。そんなときにはこの傘の出番です。スッと閉じてパッパと水を落としてサッと行動。貴方の手間は取らせ [続きを読む]
  • 無料文章解説サービス
  • お一人様月1回まで無料で、800字以内の原稿の解説をします(文章の添削は無し)。 小論文や作文等でお困りのあなた、ぜひ、ご利用ください。 無料ですが、SNSでシェア・共有いただければ幸いです。 文章の直し(添削)はありませんが、「書いた文章をみてもらいたい」というあなたは、お気軽にご相談ください。 ↓↓↓↓↓無料文章解説サービス [続きを読む]
  • 「思う」「考える」「感じる」を使い分ける
  • 文章を書いていて、文末が、「〜と思う」「〜と思います」となることがほとんどだと思います。 英語で、「思う」「考える」は、"think"で同じですが、ほとんどの場合、それぞれ「思う」か「考える」で置き換えられます。 厳密に区別しようとすると、ぱっと思い浮かぶことについては文字通り「思う」で、多少時間をかけて出した感想や意見に関しては「考える」とするのが適切でしょうか。 「感じる(feel)」につい [続きを読む]
  • と思います→かと思います
  • 「〜と思う」「〜と思います」 という表現はよく使いますが、 「〜と思います」 というと、やや冷淡に聞こえる場合もあります。 それを和らげる方法があります。 それは、「か」を付け足すことです。 「〜かと思います」 とすると、少しマイルドになると思います。 また、少し回りくどいと感じられるかもしれませんが、 「〜ではないかと思います」 とすると、さらに柔らかく [続きを読む]