yellow10 さん プロフィール

  •  
yellow10さん: 少年サッカーを見守るブログ
ハンドル名yellow10 さん
ブログタイトル少年サッカーを見守るブログ
ブログURLhttp://fanblogs.jp/soccerkids/
サイト紹介文4級審判員、指導者、保護者、ルール、8人制、自主トレ、戦術等、少年サッカーに関する話題が盛り沢山。
自由文 少年サッカーに関わる全ての方に読んでもらえるブログを目指しています。
 パパ、ママ審判員向けの情報や、ママさん向けルール解説、親子で出来る自主トレ、問題定義や腑に落ちない点等、色々な目線で書き込んでいます。
 少年サッカーを見守る立場を大切にし、パパさん、ママさんが上手にサッカーに関われる様な情報も掲載してゆきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供283回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/02/24 00:32

yellow10 さんのブログ記事

  • 本当に我慢が必要なのは誰?
  •  ベンチ組の子達は、何時も試合に出る事を我慢させられています。 「我慢する事も勉強だよ・・・」なんて事言う人もいますよね。 確かにそう言う面もありますよね。 そこは、否定しません。 ただね・・・それって誰に必要な事なんだろうって思う時もあるんですよね。 以前、こんな事がありました。 たまたま、私がベンチを預かっていた練習試合での事です。 その日は、Bチームの子達を中心に練習試合に臨んでいたのですが [続きを読む]
  • 何を今更・・・
  •  全日本少年サッカー大会の終了後、日本サッカー協会の田島幸三会長へのインタビューがありました。 そこで、会長が問題にしたのが・・・選手交代の少なさ・・・でした。 私なんかは、「何を今更・・・」と言う感じでしたがね。(^^; それが、サッカー界の現実ですよね。 底辺の事なんて知りもしない・・・一番力を入れないといけない所なんですけどね。 土台がしっかりしていないから、上に行けば行く程グラつきも大きくなる [続きを読む]
  • 最後の女子トレセン
  •  土曜日は、最後となる女子トレセンの練習日でした。 これで最後・・・そう考えると、なんだか寂しい気もします。 会場に着くと、また何時もの様に1人・・・かと思いきや・・・声を掛けてくれた子がいました。 この間、大会で挨拶をしていた子です。 やがて、数人の輪が出来て・・・お陰で、笑顔で最後の練習に臨む事が出来ました。 アップから楽しそうにボールをいじっている『なでしこ』を見ていると、何だか切なくなりま [続きを読む]
  • オフ・ザ・ピッチ
  •  『オフ・ザ・ピッチ』と言う言葉が在ります。 ピッチの外での振舞いをこう言う言葉で表す事が最近では多くなって来ました。 何気ない生活習慣がサッカーに与える影響がどの位のものなのか・・・ハッキリとは、分かり兼ねますがね。(^^; ピッチを離れてまで・・・なんて言っている様では、サッカーは本当の意味で上手にはなれないんだろうな・・・と思いますよ。 一度、ピッチを離れてしまえば、普通の小、中学生なんですよね [続きを読む]
  • ヘボトレセン?
  •  以前、こんな事を言った子がいます。 「上手い子はトレセンがあるから良いよね。下手な子にも『ヘボトレセン』が在れば良いのに・・・」 その子は、試合に出してもらえない子でした。 練習もちょっと着いて行けない感じだったのですが・・・サッカーは、大好きな子でした。 チームで下手と言われている子ばかりが集うトレーニングセンター(トレセン)と言う発想は、面白いなって思いました。 チームの練習にもついて行けな [続きを読む]
  • 祝卒団!
  •  今日は、卒団式でした。 これが7回目の卒団式です。 去年は、息子達が主役の卒団式でした。 もうあれから1年・・・時が経つのは、本当に早い物ですよね。(汗) 今年は、初めからこの6年生の挑戦を影ながら応援し続けて来た1年だったと言えます。 息子のコーチだった人が、この学年をその手で救い上げようと・・・奮闘した1年間だったと言えます。 だから・・・私も、その挑戦を見守る事にしたんですけどね・・・「お [続きを読む]
  • ぼ〜っと、眺めているだけじゃね〜
  •  「試合観てろよ!」なんて声が子供達に掛かる事があります。 確かに観てはいる様ですが・・・本当に観・て・る・だ・け〜って子の何と多い事か。(汗) 後で感想を聞いても・・・「別に・・・」なんて答えもあったりして・・・観るって難しい事なんだなって思い知らされます。 今回は観る事に関してのお話です。 何でもそうですが、ぼ〜っと観ているだけじゃ、何も感じ取る事は出来そうにありません。 いや、ぼ〜っと観る時 [続きを読む]
  • 伸び期
  •  ある時、「あ〜この子伸びて来てるな〜」って感じる事があります。 ハッキリとした変化が見える子もいれば、ともすれば気が付かないでいてしまう様な微妙な変化の子まで、様々なんですがね。 何時も観ていると、その違いに気が付く物なんだと思います。 そう言う子は、練習も意欲的になって来るものです。 伸び期って、言われる事もあるこの時期には、積極的に試合に出場させてあげられると良い方向に向かう事も多いんですね [続きを読む]
  • もう・・・いいよね・・・
  •  先週、ナイター練習に行く支度をしている『なでしこ』がボソッとつぶやく様に私に言いました。 「パパ・・・もう・・・いいよね・・・」 直ぐに私は、その言葉の意味を理解する事が出来ました。 「あぁ、いいよ・・・」 その後は、黙々と・・・ただ黙々と・・・練習に行く支度を・・・でも、ホッとした表情を浮かべていました。 グランドに向かう車中、『なでしこ』に訊きました。 「何かあったの?」 私の問い掛けに、無 [続きを読む]
  • ママさんの苦悩
  •  我が子に対するコーチの態度が気になってしまう・・・こんな親御さんがいます。 パパさんよりもママさんに多い様に思います。 コーチが皆を平等に扱っているつもりでも、そう言う風に映ってしまう事もあるかも知れません。 それは、ママさんにとって我が子が特別な存在だから・・・なんでしょうね。(^^; こんな話を耳にしました。 パパさんコーチが、我が子にキツク当たり過ぎるんじゃないか・・・と言う物です。 我が子が [続きを読む]
  • サッカーが楽しくなくなっちゃった・・・
  •  「もうサッカーが楽しくなくなっちゃった・・・」 大会の帰り道、送迎していた子がボソッと私に言いました。 そう言う胸の内を打ち明けてくれた事は嬉しいのですが、そう言わせてしまうサッカー環境は考えさせられます。 何が、その子にそんな事を言わせてしまうのか・・・。 話している内に、私の危惧していた事がその原因だと気付かされます。 それは・・・声・・・会場を飛び交う声です。 先週の試合でも、その子は途中 [続きを読む]
  • 笑われてますけど・・・
  •  MY FOOTBALL LIFEと言うブログの「止めるな〜」と言う記事に目が留まりました。 試合中、このフレーズが連呼されると言うチームのお話です。 DFがボールを処理しようとするタイミングで、この「止めるな〜」の指示がベンチから出るのですね。 審判をしながら、そのフレーズが耳に残った様です。 自陣に飛んで来たボールをDFが処理しようとする時、そこにはプレッシャーが存在する事もあります。 こう言う時程落ち着いて [続きを読む]
  • 勝てっこない・・・
  •  チームに何人かトレセンに参加している子がいるかと思います。 そう言う子は、他所のチームの誰が上手いのかを良く知っている事が多いのですね。 〇〇君は、県トレだとか・・・ナショナルトレセンだとか・・・。 試合に影響しなければ良いのですがね〜。(^^; 対戦チームが分かれば、誰がどの程度のレベルなのか・・・そう言う事は、同じ地域のチーム内なら筒抜けですよね。 多くの子はそんな事は、気にしていません。 気に [続きを読む]
  • 勝てっこない・・・
  •  チームに何人かトレセンに参加している子がいるかと思います。 そう言う子は、他所のチームの誰が上手いのかを良く知っている事が多いのですね。 〇〇君は、県トレだとか・・・ナショナルトレセンだとか・・・。 試合に影響しなければ良いのですがね〜。(^^; 対戦チームが分かれば、誰がどの程度のレベルなのか・・・そう言う事は、同じ地域のチーム内なら筒抜けですよね。 多くの子はそんな事は、気にしていません。 気に [続きを読む]
  • 少年サッカー百景
  •  今週末は、色々なチームを見る事が出来ました。 そんな中から、印象に残った物を幾つか・・・。 とても雰囲気の良さそうなチームがありました。 試合としては負け試合だったのですがね。(^^; 失点しても「いいよ、いいよ、取り返そう!」って声が子供達自身の中から掛かります。 皆が大量失点にも関わらず、下を向く事無く、諦める事無く、手を抜く事無く・・・精一杯今出来る事をしている・・・そんな感じのチームです。  [続きを読む]
  • 目指せスポーツマン!!
  •  良く耳にする言葉にスポーツマンと言う物があります。 色々なスポーツを嗜んでいる様な人をスポーツマンなんて言う事もありますよね。 多くの人は、その程度にしか考えていませんよね。 それが、普通ですよ・・・。 じゃぁ、スポーツマンて実の所何なのよ・・・って言うと、答えられない人も多い筈です。 その位曖昧な使われ方をしている言葉でもあります。 私も息子がサッカーを始めなければ、気にも留めなかった言葉なん [続きを読む]
  • 聞こえてますよ・・・
  •  観戦もヒートアップして来ると、色々な言葉が飛び交う事があります。 まぁ、聞き流せる類のものなら良いのですがね。 中には、耳を疑ってしまう様な事を言う方もいます。 興奮し過ぎて周囲が見えなくなってしまっているのでしょうか・・・? 少年サッカーの試合では、互いのチームの保護者達が非常に近い位置で観戦をする事が多いと言えます。 そんな状況下では、小さな声で話しているつもりでも・・・聞こえて来てしまう事 [続きを読む]
  • 見苦しい指導者
  •  試合中、ベンチって非常に多くの人に観られています。 反対側には両チームの保護者の方がズラリと並んでいるのですから、それだけでも相当な数になる事もありますよね。 それ以外でも、試合ともなれば観ている人は多い訳です。 小心者の私なんかは、身の引き締まる思いがするのですが・・・。 試合中、ベンチにふんぞり返っている指導者の方がいます。 夏場には、ふんぞり返った上に、シャツを捲り上げて立派なお腹を見せび [続きを読む]
  • いい加減なキック
  •  ボールを蹴るって思っている程簡単ではありません。 真っ直ぐに蹴ろうと思っても、中々上手くは行かない物です。 誰だって、狙った所に蹴りたいんですけどね。(^^; 試しに空き缶でも立てて、それを的として狙ってみて下さい。 10回中何回空き缶を倒せますかね? 遠くなればなる程、命中率はぐんと下がるんですよね〜。 僅か10mの距離でさえ、当たらない子って相当いますよ。(汗) キック練習なんて時間を取らなくて [続きを読む]
  • 親馬鹿な馬鹿親の独り言
  •  ふと、家のフォトフレームに目をやると・・・小学1年生の時の息子の姿が・・・。 それは、初めての大会の時の写真。 この大会から、あの子達のサッカー人生は始まったんだな・・・って、まぁ〜しみじみと思いにふける訳です。(^^; あの日の事は、今でもよ〜く覚えています。 胸にひらがなで書かれた、チーム名が懐かしさに拍車を掛けます。(笑) そう言えば、こんなユニフォームを着ていた時期もあったね〜。 その大会は [続きを読む]
  • 兵共が夢の後・・・
  •  中学生の一年生大会県大会も、残す所後2試合・・・決戦は磐田市の安久路グラウンドです。 ここまで来ただけでも、凄い事なんだと思います。 他の学校は、複数の少年団の混合チームである所も多く、良いとこ取りが出来るのですが・・・うちの場合は、一少年団そのままなんですよね。(^^; 抜けた者はいるが、新戦力がいない状態で迎えた今年の1年生大会です。 それだけに、良く頑張った・・・そう言えます。 この日はコーチ [続きを読む]
  • あの日の忘れ物
  •  中学生の一年生大会、2日目です。 一年前にNTTの県大会で散ったあの場所が試合会場です。 息子は、去年このフィールドに立つ事を許されませんでした。 他の子達も皆、それぞれにフィールドに残して来てしまった物があります。 息子達子供は勿論ですが・・・親御さん達も残して来てしまった物があった様です。 初戦、試合開始後直ぐに息子がミスをします。 緩いボールのトラップを失敗し、そこからピンチとなります。  [続きを読む]
  • 1+1は・・・?
  •  仲間と協力し合って勝利を目指すのは、サッカーの醍醐味と言えます。 子供達も自分なりの判断でその都度、仲間を意識したプレイを精一杯しているのだと思います。 ピンチを救ったり、チャンスを作ったり、色々なシーンを演出してくれます。 1+1は・・・分かりますよね。 算数では、2と教えてくれます。(^^; 1対1のシーン、誰か1人が来てくれれば・・・1+1対1となります。 これが、数的優位を作ろうと言う取り組 [続きを読む]
  • 頂点目指して!
  •  色々な所で、今は大会が行なわれていますね。 うちの地域でも小学生はNTT西日本U−12サッカー大会が行なわれています。 6年生にとっては、最後の公式戦と言う事もあって、親御さんも子供以上に熱が入っている事と思います。 ベスト4まで出揃って、今週末は準決勝、決勝がありますね! カワイSC、HondaFC、入江SSS、Salfus oRsと強豪揃いの中、目指すは勿論・・・頂点です!! 去年、息子達もこの [続きを読む]
  • 動体視力を鍛えろ!!(2)
  •  前回に引き続き、動体視力について考えてみます。 動体視力は、主に以下の7つの能力の事を指す様だと前回も書きました。  ● DVA動体視力・・・横方向の動きを識別する能力 ● KVA動体視力・・・前後方向の動きを識別する能力 ● 深視力・・・遠近感や立体感を正確に捉える能力 ● 瞬間視・・・瞬間的により多くの情報を捉える能力 ● 眼球運動・・・眼球が正確に素早く動く能力 ● 目と手の協応動作・・・ [続きを読む]