宮 国男 さん プロフィール

  •  
宮 国男さん: 元・塾講師がバラす中学受験対策のキモ
ハンドル名宮 国男 さん
ブログタイトル元・塾講師がバラす中学受験対策のキモ
ブログURLhttp://homehelper72000.seesaa.net/
サイト紹介文元・塾講師が首都圏の補習塾・進学塾での自らの体験をもとに受験のキモを伝授。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2014/02/24 20:47

宮 国男 さんのブログ記事

  • ありがとうございました
  •  いよいよ今日で このブログも 最後となりました。 2年半もの間、 読者の方にご覧いただき、 本当にありがとうございました。 今後は、人気ブログランキング、 日本ブログ村などの中から ご家庭にマッチしたブログを選び、 今後の指針として いただきたいと思います。 人気ブログランキング、ブログ村ともに 以下のボタンを すると ジャンプできます。 本当にありがとうございました。↓↓ 読んでいただけ [続きを読む]
  • ブログ終了のお知らせ
  •  突然ですが、今月中をもちまして、 このブログを終了し、 過去記事をすべて 削除することにしました。 過去記事を必要とされる方は、 今日のうちにメモ帳に コピー&ペースト(貼り付け)して 保存されることをお勧めします。 小6の皆さんは、昨年の過去記事を 参考にしていただければ 嬉しいです。↓↓ 読んでいただけましたら1 、応援よろしくお願いいたします。↓↓ 中学校受験 ブログランキングへにほ [続きを読む]
  • 時事問題(4)
  •  まだ栄光ゼミナールと SAPIXのものが出ていませんが、 他の時事問題の本を紹介します。 SAPIXが出るのを待つか、 日能研のを買うか、 全部買ってしまうかの どれかがいいと思います。↓↓ 読んでいただけましたら1 、応援よろしくお願いいたします。↓↓ 中学校受験 ブログランキングへにほんブログ村にほんブログ村 style="display:block" data-ad-client="ca-pub-7530052774129030" dat [続きを読む]
  • 吸収力を高める(4)
  •  算数の立体図形など 立体的なことをイメージしたり、 抽象的思考ができたりといったことは、 小学校高学年でできるそうですが できる年齢は個人差があるようです。 立体図形の断面図の対策は、 大根を包丁で切って見せることで ある程度は解決します。 が、抽象的思考のほうは、 小4、小5ではどうしようもない 場合もあるので、 小6の人こそ、今、 苦手意識をかなぐり捨てて 慣れていけば、 吸収力は一気に 高 [続きを読む]
  • 吸収力を高める(3)
  •  私は、京都にも奈良にも近い 京都府宇治市に生まれ育ち、 一時、東京に住みましたが、 恵まれていると思いました。 歴史の勉強にはうってつけの 場所だからです。 飛鳥時代の飛鳥はどこかとか 室町時代の室町はどこかとか。 でも、今はグーグルマップが あります。 実際にその場所に行かなくても 地図で調べて、 飛鳥や室町がどこかなど 実感してもらうと 吸収力は大分違います。↓↓ 読んでいただけましたら1ク [続きを読む]
  • 吸収力を高める(2)
  •  まだ基礎が終わっていない人も、 志望校の過去問にサーッと 目を通してみましょう。 たとえば、国語の大問4の問6は 毎年50字以内の記述式だとか、 算数は毎年、円の問題が出るなど。 各教科の問題の構成がどうかを見ると、 その特徴に、日頃の勉強から自然と 注意が向くと思います。↓↓ 読んでいただけましたら1 、応援よろしくお願いいたします。↓↓ 中学校受験 ブログランキングへにほんブログ村にほ [続きを読む]
  • 吸収力を高める
  •  これは小4、小5でも可能ですが、 テキストの基本的説明を読み、 線にしてつなげる行為は、 時間もそんなにかかりませんし、 頭の整理になっていいです。 歴史だったら旧石器時代から 習い終わった時代までを通読し、 要点を大きな紙に書きだすとか。 算数だったら、比→割合→分数と 逆読みしていくとか。 基本は完璧という人は別にして、 こういう作業は吸収力アップに 貢献すると思います。↓↓ 読んでいただけ [続きを読む]
  • 吸収する時期(3)
  •  この時期は様々な問題に触れるので、 これまでは腑に落ちなかったことが 突然「あっ、わかった」と 腑に落ちる場合もあります。 また、これまでは点だった知識が 線になり、その線さえ力を入れれば 後は軽く覚えられるという経験も することになるかもしれません。 この時期は、問題演習とともに 知識の整理も行っていきますので、 ご家庭でも市販の暗記カードなどを使い、 どんどん吸収してほしいと思います。↓↓  [続きを読む]
  • 吸収する時期(2)
  •  塾講師、家庭教師、志望校の説明会、 他の父兄、近所の受験経験者など 様々な情報源とつながることで、 勉強の強弱のつけ方だったり、 吸収スピードを上げるコツなど いろいろな情報が入るのも、 この時期以降の傾向といえます。 小学校の全範囲を終えていない間は 言えないことも、習い終えたことで 初めて言えるわけですし、 いたいけな小学生が頑張っていると聞くと 応援したくなる人も多いのだと思います。 そう [続きを読む]
  • 吸収する時期
  •  小4、小5の場合、 これから勉強が難しくなりますが、 ばねをゆっくり伸ばして 伸びきる状態にするのと同様に 徐々に勉強を習慣化しないと、 習った内容の吸収はなかなか 難しいと思います。 が、小6の場合は、 すでに1度は習った内容を 角度を変えて学習しているのと、 受験日まで近くて せっぱつまってきているので、 「吸収する時期」だといえます。 なので、学習習慣がなかった人も、 これから頑張れば、特 [続きを読む]
  • 効率化(10)
  •  過去問や塾の復習、宿題の時間に、 知識を問う問題、計算問題、 算数の一行問題、国語の記述問題を 解くときは、 パッパと素早く解く癖を 身に着けたほうがいいです。 誤字・脱字がないことは大前提ですが、 この癖をつけておくと 勉強時間の短縮につながりますし、 本番でも余裕をもって解け、 見直しの時間がとれます。 なお、国語の記述問題は、 とにかく手を動かして 問題用紙の余白に下書きし、 その後に時間 [続きを読む]
  • 効率化(9)
  •  インプットとアウトプットの繰り返しも 勉強の効率を高めます。 テストしてみるなり、親や友達に 説明するなりしてアウトプットすると、 より素晴らしいインプットがあります。 アウトプットで回路ができたところに インプットがあると、 吸収が早くなるのです。↓↓ 読んでいただけましたら1 、応援よろしくお願いいたします。↓↓ 中学校受験 ブログランキングへにほんブログ村にほんブログ村 style="dis [続きを読む]
  • 効率化(8)
  •  進学塾で授業を受けていると、 まれに、感動的な授業に 出会うことがあります。 また、そういう授業は、 これから受験直前までに 出やすいと思います。 感動的な授業で得たことが 身につきやすくなるのと同様、 感情を伴って記憶したことは なかなか忘れません。 授業等で起きた感情を 思い出しながら 効率的に記憶しましょう。↓↓ 読んでいただけましたら1 、応援よろしくお願いいたします。↓↓ 中学校 [続きを読む]
  • 効率化(7)
  •  難関校の算数の問題で、 ある程度までは数えて、 そこに法則性を発見して計算し、 また数えて、を繰り返し、 答えを出す問題があります。 算数、国語、理科、社会のうち、 特に社会の地理的分野で、 単に覚えるだけのほうがいいのか 法則性を見出すのがいいのか 迷う場合があります。 法則性を見いだせれば 暗記を効率化できるのでいいですが、 無理やり法則を見出そうとすると 無理が生じてきますので、 (果物の [続きを読む]
  • 効率化(6)
  •  何日か前の記事で、 塾の月例テストの正答率50%以上の 問題を解くのがいいと書きましたが、 塾によっては、 正答率が出ないところもあります。 そんな場合、参考にしたいのが 以下の問題集です。 首都圏模試受験生のデータが 参考にされていますが、 その他の地域の受験生も 大差ないと思いますので、 ぜひ参考にしてください。↓↓ 読んでいただけましたら1 、応援よろしくお願いいたします。↓↓ 中学 [続きを読む]
  • 効率化(5)
  •  勉強の合間の休憩時間に 軽い筋トレと有酸素運動を 取り入れるのも効率的です。 肥満による集中力低下の防止、 直前期に備えた体力向上、 休憩後の勉強のはかどりに つながるからです。 これから寒くなりますので、 体を温めたり、 風邪を予防したりといった 効果も期待できます。↓↓ 読んでいただけましたら1 、応援よろしくお願いいたします。↓↓ 中学校受験 ブログランキングへにほんブログ村にほんブ [続きを読む]
  • 効率化(4)
  •  一つ一つの作業について、それぞれ、 どれだけ時間がかかったかを記録し、 明日以降の計画に生かすことも 効率化につながります。 自分自身の特徴や現段階の能力を 知ることで、 足りない事や工夫すべきことが 見えてくると思います。 こうした時間短縮を繰り返し、 直前期により濃密な時間を 過ごせるよう、 頑張ってください。↓↓ 読んでいただけましたら1 、応援よろしくお願いいたします。↓↓ 中学校 [続きを読む]
  • 効率化(3)
  •  過去問に出る分野の基本問題の 幹に当たる部分を理解できているかも 効率化につながります。 算数でいえば「分数」、「割合」、 「速さ」、「図形の公式の意味」、 文章題の文の構造の理解です。 国語の文章問題のある部分の精読にも 文章題の文の構造の理解は生きますし、 社会や理科の文章題の理解にも 生きます。↓↓ 読んでいただけましたら1 、応援よろしくお願いいたします。↓↓ 中学校受験 ブログラ [続きを読む]
  • 効率化(2)
  •  国語や社会の入試問題によく出る 言葉、概念、用語なども、 市販の参考書などにまとめられて いますので、 立ち読みするなり買うなりして お子さんに伝えられます。 計算の仕方の工夫だったり、 ミスしやすいところだったり、 常識だったりといったものが 案外抜けていることもあるので、 そういったものも埋めるのも、 効率化につながります。 過去問に出る分野の、 過去の月例テストで 正答率50%以上だった問 [続きを読む]
  • 効率化
  •  プリントやテストを使いやすく ファイルにとじたり、 過去問の解答用紙を拡大したりは 父兄の方でもできます。 そして、ノートを使えるように まとめたり、 暗記カードを作ったりは、 市販の教材を買うことで 時間の節約になります。 小6のこの時期以降は、 父兄の手間とお金を投入し、 より効率的に勉強できるよう 工夫する時期だと思います。↓↓ 読んでいただけましたら1 、応援よろしくお願いいたしま [続きを読む]
  • 計画(19)
  •  得意教科を伸ばすという計画も 作戦としてアリだと思いますが、 難関校レベルの問題まで行くと、 並みの塾講師でも解けない問題も 出てきたりするので、 偏差値60超えはやめたほうが いいと思います。 中堅校といわれる学校でも 難問は出ますので、 いくら得意な教科であっても そういう問題は捨てるという 予定でお願いします。 家庭教師を雇わないご家庭では、 父兄の方が週1回は 現状の把握と今後の方針の調 [続きを読む]
  • 計画(18)
  •  昨日の話の続きですが、 もし、算数以外の教科の 基礎が終わっていて、 算数だけ終わっていない場合、 算数の基礎だけ集中的に やるのはお勧めできません。 算数の基礎を中心に、 他教科の過去問演習、基礎の確認、 必要であれば応用問題を 計画にうまく組み込みましょう。 これは、他教科の基礎が 終わっていない場合も 同様です。↓↓ 読んでいただけましたら1 、応援よろしくお願いいたします。↓↓ 中 [続きを読む]
  • 計画(17)
  •  基礎固めが終わっていない小6の やることは、 志望校の過去問に出る分野の 基礎固めなわけですが、 その全範囲について100点を とる必要まではありません。 100点とれる部分は 多いに越したことはありませんが、 それ以外は90点とれれば いいと思います。 あまりに完璧を目指し過ぎると、 過去問にふれる時期が遅くなり、 不利になりかねません。 90点の部分は過去問にふれた後で 100点に近づけまし [続きを読む]
  • 計画(16)
  •  引き寄せの法則を信じる方には、 「〇〇中学合格しました。 ありがとうございました」という 紙を部屋に貼って頑張る方も いらっしゃると思います。 が、言うまでもなく、 日々の計画、実行、見直しを 地道に続ける行動がないと 合格には結びつきません。 極力、具体的な計画を立て、 日々の成長が実感できるような 確認テストも必要かと思います。↓↓ 読んでいただけましたら1 、応援よろしくお願いいたし [続きを読む]
  • 計画(15)
  •  偏差値60以下の中学の求める 応用問題のレベルは、 いくつかのパターンの組合せの 域を出ないと思っています。 1つのパターンだけをとれば、 それは基本問題の範疇に 入ると思います。 なので、パッと見は解けなくても 恐れることなく、 冷静に解く練習を積んでいけば 克服できると思います。↓↓ 読んでいただけましたら1 、応援よろしくお願いいたします。↓↓ 中学校受験 ブログランキングへにほんブ [続きを読む]