きよとも さん プロフィール

  •  
きよともさん: 星空とともに季節を感じたい…
ハンドル名きよとも さん
ブログタイトル星空とともに季節を感じたい…
ブログURLhttp://ameblo.jp/7stars-kt/
サイト紹介文季節を感じられる星景写真(星空のある風景写真)を撮りたいと、地元関西を中心に奔走中‼︎
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/02/24 23:38

きよとも さんのブログ記事

  • 八島ヶ原湿原にて
  • そして最後に訪れたのが、八島ヶ原湿原。この時には月も沈み、あまり画作りには期待もできずにサラッと流して撮影してしまいます。irix15f2.4 → f4.0 25sec ISO8000木道に積もった雪が、唯一存在感を示してくれます。irix15f2.4 → f4.0 25sec ISO8000縦位置で「冬のダイヤモンド」を入れて。irix15f2.4 → f4.0 30sec ISO6400もう一枚、来た道を振り返ると淡い秋の銀河の中に、カシオペア座や、アンドロメダ銀河の姿も。地味だけ [続きを読む]
  • 踊場湿原にて
  • 続きを一気に書いてしまおうかと・・・。 少し移動して踊場湿原の周遊道へ。ここでも雪の少なさから、あまり広角で広い視野角の画(湿原の全体像)はつまらないかなと思い、雪の残る道を中心に画作りしたため、結果どれも同じような画ばかりに。^^;;irix15f2.4 → f2.8 25sec ISO3200白樺の一本木と絡めて。Distagon28/2.0 → f4.0 10sec ISO3200背後に沈みゆく月たちを。月明かりや、向こうに見える宿の灯りがとても暖かくほ [続きを読む]
  • 勇者の目覚める丘
  • およそひと月ぶりの更新です・・・。 ^^;; 前回の記事中に「別項で」と書いていた、年末年始の撮影行の分を今更ではありますが書き残しておこうと思います。この時はirix15f2.4レンズのほうも異常なく順調でした。霧ケ峰の湿原は、3年前の霧ケ峰で行われたASPJ総会の帰りに昼間のロケハンしていたのですが、ようやく3年越しに訪れることができました。イメージとしては雪原に点在する樹々を前景に、八ヶ岳の山稜なども配して [続きを読む]
  • irix15mmf/2.4 導入 その後…
  • 早くも1月が終わりですね。超寒い日があったかと思うと、今日みたいに暖かかったりと、体調管理にも気を使います。 前回のブログで少し触れましたが、昨年11月に導入したirix15f/2.4がなんともややこしいことになっていました。導入直後に近所での試し撮りをして、良好な結果となったことをここに書いたのですが、その後の本番撮影の紀南へ行った時のこと、数カット撮影したのち急に、カメラとレンズの電通が途切れて、全く動 [続きを読む]
  • 倉敷にて
  • 久々の更新になります。 本日、現在開催している 《天の光・地の灯》 の倉敷展 (ライフパーク倉敷科学センター)にて在廊しております。お近くでご興味のおありの方はぜひお越しくださいね、とても寒いですが…。また、同時に東京三鷹においても同時開催しております。こちらもよろしくお願い致します。 こちらは現在三鷹にて展示しています。 詳しくは以下よりアクセスしてください。http://www.lummox.net/ex [続きを読む]
  • irix15mmf/2.4 導入??
  • 今年4月にEOS6DからK-1に乗り換えて以来、ずっと懸案だった超広角レンズ。現状、純正の15-30?広角ズームのほぼ一択だったのですが、以前からスイスのメーカーより発売が発表されていた『 irix15?f/2.4 』のPENTAX版がついに発売開始したので、早速導入しました。6D使用時には、Distagon15/2.8を愛用していたのですが、それに代わる候補としての購入です。K-1&irix156D&Distagon15(右端)このirix15には、Blackstone(6 [続きを読む]
  • 秋深し湿原にて
  • 10月25日、平日ではあったもののGPVでの快晴予報と、下弦の月という願ってもない条件が揃うということで、ごく短時間(実質撮影は2時間弱かな…)でしたが、撮影に出かけました。向かった先は砥峰高原。何といってもススキを撮らなくてはという思いと、短時間の撮影のためロケーションをしっかり把握できている場所ということで、迷わず行先決定‼到着してみると…おぉ♪(ノ)’∀`(ヾ)こんな素敵な星空に出会えたのなんて、いつ以 [続きを読む]
  • 麓では…  〜 続・そして峠でも… 〜
  • 以前の、峠にて雲に祟られた日の撮影行の続きになります。結局、山を下りて長野方面へ急遽移動しようかとも脳裏をよぎったのですが…。最近は歳のせい(?)か、そこまでの体力がなくなったというか意欲に欠けるというか。^^;;で、そのままその付近をウロウロすることにしました。というのも、星景撮影にはまる前はこの湖北へは良く水辺の風景撮影に来ていたのです。その懐かしい景色を見に行ってみました。このボート、数年ぶりに [続きを読む]
  • 昨日届きました☆
  • 昨日、「第1回やぶ星空フォトグランプリ」の入賞通知が届きました。^^偶々、ペルセウス座流星群撮影行の帰りに立ち寄ったコンビニで、このフォトコンのチラシを見つけて応募していたものです。地域限定、しかも撮影期間が4月からの5か月間のみとかなり短い設定だったこともあり、応募数はかなり少なかったようですが。但馬の宙の良さは、ホント広く皆さんに知っていただきたいので、こういった企画はどんどん大きくなって行ってほ [続きを読む]
  • 『夜空と星の物語 日本の伝説編』
  • 11月10日 (まったく関係ないけど我が誕生日^^)にパイインターナショナルさんより日本星景写真協会が写真提供している『夜空と星の物語 日本の伝説編』が全国書店にて発売になります??私も数点掲載していただいております。まだ現物は見れてないのですが、星にまつわる日本各地の伝説などが、美しい星景写真とともに楽しめる一冊になっているようで、とても楽しみです。今回は同シリーズの第3弾になります。中身についても確 [続きを読む]
  • そして峠でも…
  • 引き続き、今月に入っての撮影行です。久しぶりに週末のGPV快晴予報に踊らされ、その中でも朝まで雲量一桁が続きそうな岐阜、滋賀、福井県境辺りを攻めることに。初めての場所なので明るいうちに着けるよう、少し早めに出発して現地入りしたのですが…。またもや雲・雲・雲…。ご覧のとおり、北側から雲がひっきりなしに流れていきます。しかも強烈な風も。これでは一番の目的だったススキの撮影が難しいです。 まだ明るさの [続きを読む]
  • 迫りくる雲間に
  • 中々天候に恵まれなかった9月。無理を承知で、再度月明かりのある前景を求めてハチ・ハチ北高原へ。しかし予報通り、星空は厚い雲の向こう側・・・。到着時に、ほんの一瞬雲の切れ間を見つけて撮影したのを最後に、朝までロケハンに終始しました。^^;; 『迫りくる雲間に・・・』 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過日の宙
  • 前回、2回に分けてUPする予定だったのに、そのまま放置することひと月以上・・・。^^;;撮影からはすでに2ヵ月以上、何の目新しさも、特段凄い画が撮れているわけでもないので、サラッと流していきたいと思います‼ 前回の日付け跨ぐ前までは月ありでしたが、今回は月没後のペルセウス座流星群撮影分です。月が沈むとここ(ハチ北高原上部)は本当に暗く、素晴らしい空が望めますね。麓の灯りは、同じく流星観察の方のようで [続きを読む]
  • 月下星景とASPJ写真展のお知らせ
  • はや前回撮影から一か月が経過してしまいましたが、ずっと放置したままでしたので2回に分けてUPしたいと思います。ペルセウス座流星群の極大日ということで、ハチ・ハチ北高原を目指しました。ハチ高原(養父市)側から入りましたが、さすがにこの日は盆休みと重なることもあり、たくさんの流星観察の方がおられました。で、それを避けるよう、鉢伏山に登ることにします。ちょうど夜半過ぎまでは月もあったので、それを利用して撮 [続きを読む]
  • 9月号コラム
  • 私の所属する、日本星景写真協会(ASPJ)のホームページにて9月号のコラムを担当いたしました。当ブログの延長線上のような、ホント拙い内容ではありますが、星景写真撮影にご興味のある方はぜひ覗いてみて下さいね。^^こちらです。http://aspj.jp/post-2045/ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 灯台下暗し
  • いつもながら、久しぶりの更新です。^^;;ちょこちょこ撮影には出ておりましたが、いろいろと先にやらなくてはならないことが目白押しでして…。一つ大きなヤマを越えたので、ようやく現像及び記事をUPできました。まだ盆休み前、地元の情報を得て急遽撮影に行ってきました。我が街にもこんなロケーションがあったなんて、ホントビックリでした。自宅から車で20分少々、更に駐車場より歩くこと10分。そこには湿原が広がっていま [続きを読む]
  • 吉備国へ vol.2
  • 続きになります。牛窓での撮影を終え、途中遅めの夕食を摂ったりしながらもう一つの目的地の「美星町」へ向かいます。ここはみなさんご存知かと思いますが、町ぐるみで星の見える環境を残そうと取り組まれているところです。以前より一度は訪れてみたかったのですが、中々その機会に恵まれず、今回初の来訪となりました、が・・・ガーンッ麓よりすでにガスが立ち込め、途中薄くなることはあったものの、天文台入り口付近まで行って [続きを読む]
  • 吉備国へ
  • 先週末は久しぶりのプチ遠征で吉備国(岡山)へ。過去に蒜山高原や八塔寺などへは撮影に行っていましたが、今回は別の撮影地を選択。まずは瀬戸内市牛窓へ。ここでは牛窓オリーブ園(公園)からの瀬戸内海に浮かぶ島々とさそり座がターゲットです。ところがここは夜間締め切られるのですね、調査不足でした。で、少し高度を下げて公園の外からの撮影です。角度が取れなくなった分、瀬戸内海に浮かぶ島々の様子がわかりにくくなって [続きを読む]
  • 古都
  • 先週半ば、平日ながらどうしても撮影に行きたいと機材を仕事場に持ち込み、数日GPVをチェックしながらその時を待ちました。今回の狙いは古都奈良での撮影。ネットでいくつか調べてみたものの、現在改修作業中のところが結構あるのですね。その中で目を付けたのは、興福寺と浮見堂‼古都奈良の雰囲気を演出できそうな前景で、更に電車移動で撮影に行けそうな場所です。当日は夕刻より日付またぐくらいまでは快晴予報。これ幸いと奈 [続きを読む]
  • 楽園?
  • 前回ロケハンの最後に載せた、砂防ダムの一枚。 ちょうどその日から一週間後に再訪しました。するとビックリなことに‼すべての水がなくなって、幅50センチほどのせせらぎを残すのみとなってました…。てことで、ゴム長履いてぬかるみに足を踏み入れます。 この日は梅雨の中休み、雲は流れつつも何とか星も顔を見せてくれました。この枯木たちも先週はすべて水の中だったんですけどねぇ。 なぜか、ホタルたちがこちらに向かってよ [続きを読む]
  • ロケハン…
  • 実際にはホタルを見に行ったのですが・・・。時間が遅かった故もあるのか、毎年の定点ポイント中一番下流域の田園地帯には少し飛んでいたのですが、今回は撮影せずさらに上流域を目指します。がしかし、どこも一匹もまだ飛んではいませんでした。でやむなく、少し星撮りも考慮に入れての下見を。 ここ最近はホント、火星の輝きがとても美しいですね。土星、さそり座とともに。眼下の土手には白い花が咲いてましたが、月明かりもな [続きを読む]
  • 漁火と春の星たち
  • 前回までの続き・・・最後の目的地、浜のほうへ降りていきます。 ISO4000 f2.8 20sec背後からの月明かりが階段の手すりを覆い隠すように群生したハマダイコンを照らし出します。自分の影が入らないように、一生懸命身をかがめて撮影。実は向こうに見える島(岩礁?)が立岩。山陰海岸ジオパークの有名な観光スポットなのですが、先に撮影に行かれた先輩方から、背後の街灯の灯りが醜く、夜の撮影には適していないことを教えられ [続きを読む]
  • 古墳とハマダイコンの丘
  • 最終目的地に到着です。月も昇り始め、春の様相が見て取れるようになってきます。ハマダイコンはもう終盤のようでしたが、あるだけで少し華やいで見えますね。 ISO8000 f2.8 30sec昇ってきた夏の大三角とともに ISO8000 f4.0 15sec光射すあの丘の向こうへ… ISO4000 f2.8 20sec古墳と春霞の北の空この丘の上の公園から、次回は浜のほうへ降りていきます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 牧場でテスト?
  • 前回の集落を抜けて峠を越えると、見晴らしのいい牧場が現れました。まだ月が昇る前でかなりの暗夜なこともあり、少し高感度撮影のTESTをしてみました。どれも色温度のみ3800へ下げたのみで、他トーンカーブをはじめ、ノイズリダクションもかけず、そのままRAW現像してリサイズしたものです。 ISO10000 f2.8 30sec +1/3EV ISO16000 f3.2 30sec ISO20000 f3.5 30sec ISO25600 f4.0 30sec手前の牧草地の描写は、やは [続きを読む]