鎌倉雄介 さん プロフィール

  •  
鎌倉雄介さん: 鎌倉雄介の株道場
ハンドル名鎌倉雄介 さん
ブログタイトル鎌倉雄介の株道場
ブログURLhttp://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/
サイト紹介文知られずして忘れられたる相場師・鎌倉雄介が自らの株式投資を相場師生命を賭して公開。
自由文主著=『鎌倉理論で株が見えた』(講談社)、『4勝1敗の株』(徳間書店)、『僕たちはこれで株のプロになった』(徳間書店)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供278回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2014/02/25 16:20

鎌倉雄介 さんのブログ記事

  • GWを控えて
  • GWを控え薄商いが続くが、北朝鮮リスクがとかなり遠のいたことで、市場は比較的底堅い展開になっている。28日の相場は日経平均・TOPIXとも0.3%前後の小幅安だった。ただ値下がり銘柄数は1236(値上がり銘柄数は697)と多かった。JQは0.0(0.04)%高、マザーズは0.3%安だった。当道場銘柄はまちまちだった。ロジネット(推)は1010円まであって1002△85、日東ベスト(推)は1068△26と大きく上げ不二製油(推)、LITALICO(推) [続きを読む]
  • LITALICO、エスプール、ロジネットが急騰
  • ここ主力大型株優位の相場が続いていた反動もあって、27日は小型株が大きく上げ、大型株は下げた。日経平均・TOPIXはともに小幅に下げたが、小型株指数は0.5%高。JQは0.4%、マザーズは1.2%の上昇だった。当道場銘柄は大きく上げるものが目立った。圧巻はLITALICO(推)。後場に入って徐々に上げ幅を拡大、引けにかけては一段高で1647円まであって1608△111(東証1部値上がり率15位)。出来高も後場急増、1日の出来高は前日の4.2 [続きを読む]
  • SBS、エスプール、ロジネットの材料
  • NYダウが2ヵ月ぶりの高値を付け(25日)、円相場(対ドル)も2週間ぶりに111円台前半の水準まで下落と、好条件もそろい、26日の相場は大きく値上がりした。業種別では全業種が値上がりした。小売業、医薬品、食料品など内需株の上昇率が小さかった。新しい3推奨銘柄について。SBS(推)は812円まであって805△10。この材料が、市場でどの程度知られ、株価にどの程度織り込み済みなのか、はっきりしないのだが。同社は、アマゾンの配 [続きを読む]
  • SBS HD、エスプール、ロジネットジャパン
  • 北朝鮮リスクもひとまず収束した。読者諸氏は、ここから何に投資しようかと、それなりに投資意欲も十分で、銘柄を渇望されている方も多かろうと考え、このタイミングで、推奨銘柄を発表しようと思う。 ただ、この3銘柄、最初の1銘柄を除いては値動きも荒っぽいので、材料等は書かず、密やかに、そして3銘柄同時発表で、高寄りリスクを幾分たりと軽減しようと思う。2384 SBS ホールデンィグス(東証1部)株価=795△1 [続きを読む]
  • 日経平均大幅高もJQ、マザーズは安値引け
  • フランス大統領選で、反EU2候補が決選投票に進出(つまり新大統領は反EU)という株式市場にとっての悪夢のシナリオ(といっても、もともとそうなる可能性は非常に小さかっただろうが)にはならず、マクロン(独立系中道候補、EUとの統合強化を掲げる)、ルペン(国民戦線、極右)両氏の決選投票ということになった。決選投票では、マクロン有利とみられており、ひとまず、フランス・リスクは心配しないで良さそうになった。一方、北 [続きを読む]
  • 北朝鮮、フランスはどうなる
  • 4.25日に迫った北朝鮮の軍創建85周年だが、各国の株式市場の値動きを見る限り、あまり気にしていないようだ。もし北朝鮮がここで核実験を行い、アメリカが空爆なり何らかの軍事行動に出たとすると、北朝鮮はまずは韓国に対し攻撃することが一番に予想される。しかしながら韓国株(KOSPI)は0.7%高(4.21日)だった。北朝鮮の核実験等(ミサイル発射を含む)に関しては、大きく分けて以下の3つのケースがありうる。①核実験等は実 [続きを読む]
  • ごく一部の銘柄に人気集中、その他銘柄は閑古鳥
  • 依然、商いは低調だが、株価的には、比較的底堅い展開となっている。主力株が低迷する中、一部の個人投資家は、新規公開(IPO)銘柄(旅工房など)や動きのいい材料株(遠州トラック、ファイズなどのアマゾン関連、巨額補助金収入のオービスなど)に資金を振り向け、これら銘柄は驚異的な上げを演じている。逆に、その他銘柄の大半は、人気の圏外に置かれ、出来高も極端に細っている。北朝鮮情勢が不透明で、動きが取れないという面 [続きを読む]
  • 遠州トラック、エスプール、ベルーナが高値更新
  • トランプ候補勝利の時は、これで大幅株安かと思えば、逆に大きく上げた。今回も、北朝鮮リスクで軟調かと思えば、当初(4.11日〜14日)こそ大きく下げたが、ここに来ては、少なくとも小型株は絶好調だ。なかなか読みにくく困った相場展開だが、ともかく、小型株主体の当道場銘柄が堅調なのは喜ばしい。19日の相場は、主力株が軟調な一方、小型株は堅調で、日経平均、TOPIXはともにほぼ横ばいだった。JQ.マザーズはそれぞれ0.5%、0 [続きを読む]
  • 警戒モードで
  • 18日の相場は予想・期待通り、小型株優位の展開となった。日経平均・TOPIXはともに0.4%程度の値上がりにとどまった(ただし小型株指数は0.7%の値上がり)が、JQ、マザーズはともに1.1%台の大幅高となった。当道場銘柄は、この流れに乗って、前日に続いて、大半の銘柄が値上がりした。LITALICO(推)は1576△45の高値引け。ニイタカ(推)、日東ベスト(推)、アピックヤマダ(推)、フジッコ、エスプール、チエルなども上げた。ベルー [続きを読む]
  • 慎重に形勢観望
  • 17日の相場は、日経平均こそ20円(0.1%)の小幅高にとどまったが、値上がり銘柄数1395、値下がり銘柄数511が示すように、小型株中心に多くの銘柄が値上がりした。JQは0.7%、マザーズは2.1%と、大きく値上がりした。下げ過ぎの反動という側面が強いわけだが、北朝鮮情勢が、やや話し合い解決の方向が強まりつつあると、市場が判断したのかもしれない。とは言え、前稿で書いたように、悪いシナリオも常に念頭に置いて臨むべきなの [続きを読む]
  • 北朝鮮リスクは去らず
  • 15日に北朝鮮が核実験ないしミサイル発射を行う可能性、そうなった場合、アメリカが反撃、最悪の場合、日本に北朝鮮からミサイルが飛来、といったことが、懸念されていたわけである。実際に起きたことは、誰も予想していなかったことだった。15日は何事もなく通過したが、その後、16日、午前6時台(報道がまちまちのうえ、現地時間か日本時間かもはっきりさせない報道が氾濫しているので、こういう書き方にしている。なお時差は30 [続きを読む]
  • ブログ更新遅れのお詫び
  • ブログ更新せず失礼しています。半月前くらいから花粉症の前期症状的なものが出ていたのですが、その後、咳・痰がひどくなり・・・・、と言ってもまあ大したことはなく、どうでもいいことなのですが、夜中に特に咳き込むのが止まらなくなり、ために寝不足症状が続き、13日深夜ないし14日のブログ更新をせず、寝てしまうということになった次第。幸い、その後急速に回復、前夜はほぼ夜中も咳き込むことなく安眠、咳喘息とかまで行か [続きを読む]
  • 売り込まれる小型株をどう見るか
  • 日経平均やTOPIXの数字を見ているだけだと分からないが、4.04日以降の下げが厳しい局面を迎えている。11日、12日とも、大引けで、日経平均は50円程度ピンと上げて終え、ために下げ幅は、11日50円安、12日195円安だが、実態ははるかに悪い。ちなみに12日の騰落銘柄数から算出する鎌倉式実感指数(値上がり銘柄数221−値下がり銘柄数1722はマイナス1501、これを6で除して算出)は250円安である。12日は小型株の下げが特にきつく、JQ [続きを読む]
  • 円高の行方を注視
  • 相場環境が急速に悪化している。北朝鮮情勢の緊迫化で、アメリカなど海外各国はさほどではないのに、日本株が突出して売られるという、いつもながらの嫌な展開になっているわけである。もちろん、アメリカによる北朝鮮攻撃で、日本に北朝鮮からミサイルが撃ち込まれるという懸念で売っている投資家もいようが、それはそれとして、問題は緊張の高まりで安全資産としての円買い→円高となっていることである。円の対ドル相場は、11日 [続きを読む]
  • 北朝鮮情勢を気にしつつ
  • 10日の相場は、前稿を書いた後、さらに円安が進んだため、どちらかと言うと、主力大型株優位の展開になった。鉄鋼、銀行・保険、輸送用機器などの上げが目立った。水産・農林業、食料品などの内需セクターは下落。小型株は、薄商い(当該銘柄ではなく市場全体のこと)の中、激しく乱高下するといういつもの相場だった。遠州トラックは前場中ごろには1618△293(年初来高値更新)まであったが、後場終盤、急速にダレ終値は後場の安 [続きを読む]
  • 中小型株の戻りに期待
  • >例によって日本株だけが異様なくらい大幅な下げを演じたわけだが、07日は、このまま行けば反動でかなりの戻りが期待できよう。と書いたわけだが、07日の相場は、2転3転のめまぐるしい値動きの末、1部、JQ、マザーズそろって上げて終えた(2部の下落はシャープのためで、これを除けばかなりのプラス)。前場中ごろにアメリカによるシリアへのミサイル攻撃が明らかになり、大きく下押したが、持ち直したわけである。数十年前は「近 [続きを読む]
  • JQ、2部は本年最大の下げ
  • 相場の現状を「狂っている」と書いたら、06日は狂ったような下げになった。日経平均は264円、1.4%安。この下げは大発会の480円高、2.5%高に比べ、半分強にすぎず、この面からすると、そう大したことはなかったように見える。しかし騰落銘柄数を見てみると、そうした考えは改めるべきだと気付こう。4.06日 =値上がり銘柄数 73、値下がり銘柄数1919大発会=値上がり銘柄数1851、値下がり銘柄数 121私は、値上がり銘柄数100未満 [続きを読む]
  • みんな狂ってる
  • >私の経験上、大相場初動ですね。 何と言っても時価総額が低すぎる。約10億が手に入る会社の時価総額ではありませんね。これは7827 オービス の掲示板にある書き込みである。同社の株価は4.03日= 739△1、出来高3300株だった。4.04日= 889△1504.05日=1039△1504.06日=1258△219(高値は1339△300)、出来高は1333900株だった。時価総額は、4.03日終値で約13億円、この会社に約10億円、補助金が入るというのだが、果たし [続きを読む]
  • 沈着冷静に
  • とんでもない相場になっている。とんでもないというのは、指数や平均株価が信用できない相場という意味も込めて言っている。1週間かもう少し前くらいに、私は2部指数に疑問を呈し、今後は2部指数は無視ないしごく軽い扱いにするという趣旨のことを書いた。最近になって、2部指数が実態と遊離しているとしか言いようのない値動きをする理由が分かった。犯人はシャープだった。つまりシャープが2部陥落、指数組み入れで、指数の特徴 [続きを読む]
  • LITALICO、ベルーナが年初来高値更新
  • 3.31日まで、中小型株というか当道場銘柄はおおむね堅調な相場が続いて来た。その反動もあってか、4.03日は、中小型株には、わけもなく大きく売り込まれる銘柄が続出した。夢の街766▼55、かどや製油5550▼170、チエル1989▼139、そしてニイタカ(推)1837▼118などである。いずれも最近大きく上げたという共通点がある。その反動が出たという側面があろう。それとニイタカと夢の街には決算発表という共通点がある。夢の街は3.30日 [続きを読む]
  • ニイタカの今期経常利益を推理する
  • ニイタカ(推)が3.31日引け後、今期決算の上方修正を発表した。この数字については、前稿で簡単に書いたが、ここでは、詳細に分析、会社発表の数字の問題点を明らかにし、実際には、どういう数字になりそうかについての、私の見方を示そう。これは、これまで何度か当ブログでもやって来た手法であるが、今回は、特殊要因が絡むので、それを加味したため、やや複雑になっている。下表で数字は経常利益。単位=100万円    [続きを読む]
  • ニイタカは再上方修正に進む可能性大とみる
  • ニイタカ(推)は引け後、2017年5月期の6−2月期決算を発表した。併せて今期業績予想の上方修正も発表した。ところが、掲示板へは決算発表後、コメントゼロ、PTSでは1956△1を付けた後、同値に200株の売り物が出た状態(買い物は1765円に100株)という惨状である。ここまで、反応薄・不人気の理由は、決算及び上方修正を知らないことを除くと、以下のようなことだろう。予想経常利益は9.50億円→10.70億円に増額された。ただ四季報 [続きを読む]
  • ニイタカ、アピックヤマダが高値更新
  • 30日の相場は、前日の配当権利落ちが堅調だった反動か、幅広く売られ、日経平均は0.8%、164円安だった。前日の日経平均の上げが15円、配当の権利落ち分が130円、計145円なので、ほぼ、この分が剥落しただけとも言える。最近の相場を見ていて、特に強く感じるのは、動きの悪い銘柄と動きの良い銘柄とがあるということである。石光商事のだらしない値動きを見ていて、つくづくそう思ったわけである。動きの悪い銘柄の例=石光商事、 [続きを読む]
  • LITALICO、ニイタカ、アピックヤマダが高値更新
  • 29日の相場は、NYダウこそ大幅高となったが、為替が円高気味に高止まりしていることからか、業種別にみると、高安まちまちだった。日経平均こそ小幅高だったが、値下がり銘柄の方が値上がり銘柄数の1.6倍に達し、TOPIXはマイナスだった。空運が大幅安になったほか金融関連業がそろって下げたことが、TOPIX安につながった。マザーズは2.7%の大幅高、2部も高かったが、JQは小幅安だった。ただ、配当落ち分が日経平均で130円強あった [続きを読む]
  • ニイタカ、フジッコ、LITALICOに注目
  • >アピックヤマダ(推)589△29、LITALICO(推)1719△17、ニイタカ(推)1808△18、日東ベスト(推)1132△16などである。ベルーナ、石光商事も上げた。不二製油(推)、フジッコ、ヨコレイ(推)のほか、ダイフク、ミネベアミツミなどの輸出関連は下げた。と前稿で書いたが、28日は、この逆で、アピックヤマダ以下の銘柄は、推奨記事を掲載したニイタカ以外は、ベルーナが上げた以外は、石光が変わらず、ほかは下げた。一方、不二製油以下 [続きを読む]