KNG さん プロフィール

  •  
KNGさん: 今を楽しもう!
ハンドル名KNG さん
ブログタイトル今を楽しもう!
ブログURLhttp://itishappilyaboutnow.blogspot.jp/
サイト紹介文バイクを卒業して次なる遊びのステージへ。 流行りの「車中泊」で気ままな旅に出よう!
自由文40代も後半戦に突入。
遊ぶなら今だ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/02/25 19:17

KNG さんのブログ記事

  • ルームランプLED化 (HFC26・セレナ)
  • Amazon = 密林 という表現をネット上でよく見かけるけど「密林」 = 「JUNGLE」ではないか?と思う今日この頃。そのAmazonとは関係ないが「楽天市場」のポイントがだいぶ溜まっていたのでルームランプのLED化をした、という話です。セレナ購入後、車中泊を始めた頃から構想があったルームランプLED化。省電力と高輝度という利点が有ることは分かっていたが“わざわざカネかけるのもなぁ”と踏み切れずにいたところに身銭を [続きを読む]
  • 2017年 初キャンプは大都会・東京で
  • 2017年一発めのキャンプは東京都 【 若洲公園キャンプ場 】 へ。例によって子供を同伴したためより安定した気候を求めての東京遠征でした。2017年 1/5(木)世間一般の正月休みは短かったようで常磐道、首都高ともにス〜イスイと走行。おかげで2時間半ほどでキャンプ場到着。若洲公園の駐車場にクルマを停める(利用料金:一回500円)のちに風呂に入るために一旦出て再入場しているので再度500円の出費。トータル1000円 [続きを読む]
  • 冬の湖畔で薪ストーブキャンプ
  • 今季初の薪ストーブキャンプは上の景色が望める湖畔のキャンプ場へあいにくの曇天でイマイチの景色だが迫りくる冬の気配は十分に感じられた。現着と同時に湖向こうから吹きつける寒風が急に強くなった。さらに、雨も降りだすという過酷な条件のもとテントを設営。幕体がデカいので手間取ったが建ててしまえばこっちのもの。風を受けるか否かでは大違いだ。そして冬キャンプのお楽しみアイテム『薪ストーブ』をセット今年で3シーズ [続きを読む]
  • 芝山自然公園で車中泊キャンプ (2016.10.9~10)
  • 2016年10月9日試験勉強の息抜きに芝山自然公園で今年6回目のキャンプをしてきた。いつものようにひと気がない状況を想定しながら山頂に向けて登っていったところなにやら結構な賑わいを見せていた。【 バイクが5台にクルマ1台 】【 いつもの定位置側にもクルマが1台 】世間は3連休中で秋のキャンプシーズン(?)ともあれば、こんなもんかな。皆さんの邪魔にならないようカーサイドに陣地を構成〜〜〜からの即、宴会開始!刺し身 [続きを読む]
  • 三株高原で車中泊キャンプ
  • 9月15日どうしても焚き火(と酒)が恋しくなり急にキャンプ熱がフツフツと沸いてきた。11月の試験勉強は小休止にしてつかの間の気晴らしへ。場所はいつもの「芝山自然公園」でも良いんだがちぃと飽き気味。近隣の「三株高原キャンプ場」はどうだろう?雰囲気は知ってるけどキャンプするのは初めて。まっ、気ままなソロキャンプで、しかも車中泊だしどうとでもなるか。セレナをシングルベッドモードにイレクターパイプでこさえ [続きを読む]
  • 楽しいカーライフはニオイから・・・?
  • 車中泊をしていると、季節にもよるがガラス内側の結露が気になります。結露水の影響はおそらくガラス窓以外にも及んでいるハズでゆくゆくは車内に“カグワシイ”中年男性のニオイが充満するのではないか?とチト心配になり、脱臭効果のある商品を導入してみた!という話です。【Panasonic ナノイー発生機 F-GMK01】※ナノイーのライバル?にSHARPのプラズマクラスターがあります。 両者ともに一長一短ありますが「イオン発生 [続きを読む]
  • 親子車中泊の旅 2016・東北、三日目
  • 車中泊2日目の夜を過ごしたのはこんな場所のそばでした。松尾鉱山廃墟群は、ボロボロのコンクリート建造物が点在していて、さながら “お化け屋敷” のようです。 ソコへ至る道路脇で車中泊したわけですが、静かな場所で条件的に悪くなかったですね。アスピーテラインから鉱山側に入ってすぐの左側にキャンプが出来そうな広場があり、「そこで外メシでもっ」と思ったのですが、前記事のとおり虫の大群に阻まれてしまいました [続きを読む]
  • 親子車中泊の旅 2016・東北、二日目
  • 酸ヶ湯公共駐車場で迎える爽やかな朝一日目の疲れは相当なものだったようで、夜は子供より早く寝て、朝も6時近くに起床と普段からは考えられないくらい快眠でした。これにはイレクターパイプベッドの効果も大きいと思います。酸ヶ湯付近は真夏でも夜間の気温が20℃を下回り、静かで虫も少ない、綺麗なトイレ完備と最高の条件で車中泊できました。他の利用者はおもに登山客のようで、皆さんマナーを心得てましたね。さて、酸ヶ湯 [続きを読む]
  • 親子車中泊の旅 2016・東北、一日目
  • 8月5日〜7日にかけ、半年前から予定していた「親子・東北車中泊の旅」に行ってきました。これまで一泊の車中泊しかしてこなかった我々にとって初めての“本格的な車中泊”になります。疲れを残さず快適な旅ができるかどうかは自作イレクターパイプベッドの出来次第。少々の不安とハプニングの期待!?を胸に北を目指しました。8/5 午前2時、ネボケマナコの次男(中二)を起こし、リラックスウェアに着替えて出発。のっけから4 [続きを読む]
  • 秘境・奥只見で車中泊の動画①完成
  • 撮影日より2ヶ月以上を経てようやく動画が完成編集作業が始まればトントン拍子なんだけど始めるきっかけがなかなかね〜今回の動画は「奥只見ダム」に至るまでを収録撮影時は頑張ってるつもりだけど良い画が少ないよな〜ランキング参加中 (ポチッとおねがいます)            [続きを読む]
  • 落ち着いて行ってみよう!
  • ようやく心が落ち着き動画編集が出来るようになった。落ち着かなかった原因はメンタル的なものではなく「資格試験受験」のため。まぁ 結果はダメっぽいのでまた来年も落ち着かなくなる予定(´・ω・`)ま、いっか。8月には二泊三日の親子旅に出る予定。どうなることか、楽しみである。動画もよろしく↓↓↓↓ランキング参加中 (ポチッとおねがいます)            [続きを読む]
  • 車中泊ベッドの仕上げ・ビニールレザー張り
  • イレクターパイプで作った車中泊ベッドの最後の仕上げコンパネに『ビニールレザー張り』をおこないました。シート素材になりそうなモノを探してホームセンターをさんざんウロウロしたんですがなかなか意に適う商品が見つからず。こうなるとネットショップが断然有利ですね。楽天さんで『ビニールレザー』という商品を見つけ5m購入。お値段も想定よりお安く済んで◎です。シートの張り付けはダイソーのタッカーでタッカー300円 [続きを読む]
  • イレクターパイプベッドがほぼ完成!
  • “DIYは焦ってやらない” が大事なポイント。ホムセンめぐりをしてじっくりと適合材料と使用法を吟味ひらめいた方法が画期的だと「喜びもひとしお」ですよね。(今回がそうだったわけではありません)さて、イレクターパイプベッド製作の件コツコツと進めた作業はだいぶ進んでいます。昨日コンパネに有りあわせの銀マットを張りクッション効果を高めました。厚さが8mmあるので十分だと思います。あとは楽天から“ビニールレ [続きを読む]
  • UNIFLAME・焚き火テーブルに小細工を
  • キャンプの際にいつも大活躍している『UNIFLAME焚き火テーブル』にちょっと便利な小細工をしてみた。ダイソー・ペーパーホルダーをSET ON!フィッティングはマズマズ良いです。プラパーツが天板上に来てしまうのがイタダケナイところですがマグネットタイプが見つからなかったのでこれで我慢します。ホルダーにキッチンペーパーを付けて完成!キャンプのときにはティッシュペーパーよりキッチンペーパーが厚みがあって断然便利! [続きを読む]
  • 結局のところイレクターベッドを組むことに! その二
  • その一 からの続きイレクターパイプ・ベッドのベース枠が完成。そして、各所高さ調整をしながら“脚”を数本取り付けた。特筆すべきは下画像にある“セカンド〜サードシート間に下ろした脚” 部分でしょう。シート間の隙間、それとヘッドレストの取り付け穴を利用し走行中であってもフレームが前後左右に動かないよう固定する役割を成す。軽く揺すってみた感じではそれなりに押さえが効いている感じだった。ここで試しにベッド床に [続きを読む]
  • 結局のところイレクターベッドを組むことに! その一
  • 先日のこと飲み会後のタクシー代節約策として車中泊で済ませたのですがシート間の段差を埋めただけのベッドでは正直“快適ではない”という結論に達した。容易な展開がうりの“カーゴモードベッド” もベッドへの展開には一手間かかり荷物の積載量にも制限が発生!これでは、長距離の車中泊遠征またその際の“ちょっと寝”には使えない事がわかった。そのあたりを考えるともっとも有効な車中泊ベッドとしての結論は、「イレクター [続きを読む]
  • 私のバイク遍歴
  • 2008年 8月私のバイクライフの始まりのとき初めてのバイクは当時の流行りにノッてビッグスクーターからでした。(免許は普通AT限定)バイクに乗ろうと思ったキッカケは“無趣味な自分の生きがいを見つける”ことからです。結婚して子供が出来てからはとにかく育児ばかりに専念する日々。夜勤のある会社ですが「夜働いて昼は子守り」という生活が当たり前に。幼稚園のイベントなんかには平日でもかかさず参加することから“ [続きを読む]
  • 湖畔でキャンプ。 しかし・・・
  • 車中泊をメインとしたキャンプスタイルを探求中です。テーブルとイスだけのミニマム装備で外めし面倒をすべて排除し機動性を高めることで神出鬼没のキャンプが楽しめるかな、と。湖越しに磐梯山を望める無料キャンプ場に行ってきました。以前にも利用したことがあるキャンプ場。キャンプサイトと公園との境界がハッキリしておらず枠をはみ出たキャンパーに対する付近の一部住民のフラストレーションが溜まっているようです。キャン [続きを読む]
  • 秘境・奥只見をぐるっと巡って車中泊 その三
  • 奥只見ダムでの車中泊を断念し国道352号線を福島県側に向かいます。このルートは奥只見湖の水際をなぞるように走る道路『樹海ライン』を通って行くことになる。【 これから走るルートのナビ画面 】道は狭くクネクネしており、リッパな『酷道』の部類。銀山平から檜枝岐のひらけた辺りまでで50キロ超と低速でしか走れないため走破に2時間を要した。今遠征の主要目的であった“樹海ライン走破”ですが延々2時間の酷道は正直飽 [続きを読む]
  • CB缶 横置き時の安定化
  • いつもキャンプで愛用している『カセットガスボンベ』縦置きして使う場合は問題ないのですが横置きの場合、画像の切込み凹部を上側にしないとバーナーから生ガス(気化してないガス)が出て予想以上に長い炎があがることになります。その原因はボンベの構造にある。分かってはいても時として不慮のトラブルはつきもの(特に酔っ払ってるときとか・・・)とあればボンベの構造を変更することはできないので安定的に固定する方法を考 [続きを読む]
  • 秘境・奥只見をぐるっと巡って車中泊 その二
  • 【 道の駅 ゆのたに 】国道252号線を西進し新潟県入り。そこから352号線に乗りかえれば“秘境へまっしぐら” となるため早めに今夜のアテを調達。最後に上画像の道の駅に立ち寄って休憩と奥只見の情報収集などなど。この道の駅での352号線に関する情報がいい加減で枝折峠が通行止めだの通れますだの一本化されておらず非常に理解に苦しむ。これならツイッターの情報のほうが遥かに迅速で正確だよ。絶対の自信をもってシル [続きを読む]
  • ドアバイザーで雨の車中泊に備え
  • 車中泊の時にはクルマ内部の結露抑止のため窓を少し開けて対応しています。実際防ぎきれるものではありませんが閉めきった車内の息苦しさから逃れるためにも開けておいたほうがよいでしょうね。さらにこれから梅雨の季節になり当然、雨に降られる場面も出てきます。うちのセレナにはドアバイザーが付いていないのでこれの取り付けをDIYで行いました。【 ビフォー 】【 アフター 】作業時間は30分ほど歳とともに観察眼が良くなり [続きを読む]
  • 秘境・奥只見をぐるっと巡って車中泊 その一
  • 【 一日目マップ 】ちょうど良いタイミングで国道352号線の冬期通行止めが解除となり新潟〜福島県間の往来が可能に。そこで、“奥只見ダム見学”“長〜いトンネルのシルバーライン走行”“愛車セレナでの樹海ライン走破”、と多くの目標が一挙に片付けられそうなひとり旅に出ることにしました。(といっても所詮一泊ですが・・・)影の目的は “奥只見ダムでのソロ車中泊”秘境中の秘境で人知れず夜を明かしたら何か得体のしれ [続きを読む]
  • 準備完了! 明日は秘境をめざします。
  • 【セレナの“スーパーカーゴモードベッド”】まだ2列目を最前位置にしていないので手狭ですがやっても30cmほど拡大するだけ。“対角線睡眠法”が肝心要です。【“ラゲッジオーガナイザー”を装着】跳ね上げたサードシートの間に引っ掛けたトレイです。純正品で結構な値段がしてたハズですが出番がなくお蔵入りでした。このままでも寝るには問題なさそうですがさすがに車中飯の際には邪魔になりそうです。まぁ,外すの簡単+折り [続きを読む]