souwa さん プロフィール

  •  
souwaさん: 「松風庵」日記〜心はいつもお茶日和〜
ハンドル名souwa さん
ブログタイトル「松風庵」日記〜心はいつもお茶日和〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/gsouwao
サイト紹介文小さな茶室「松風庵」の亭主です。 茶筅を振りながら、はらりと散るのが夢です。
自由文お茶や日々の生活を通して第二の人生の楽しみ方を探しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2014/02/26 19:11

souwa さんのブログ記事

  • 恥じらわない花
  •              花入れの中で、リュウキンカの花が開きました。お稽古が進んで、しばらくして見ると・・・             この様になっていました。実はもっと花弁が後ろに行っていたのですよ。「恥じらいはないの」と皆でびっくりしながら、大笑いしてしまいました。午後になると少しずつ元の姿に戻りましたが。やはり花はつぼみが開きかけたときが一番見頃ですね。今日は久しぶりに、弦付の薄器を使って [続きを読む]
  • 開花宣言〜四月の稽古日〜
  • 開花宣言がありましたね。冷たい雨に濡れた桜の花びらは、ちょっと寒そうでしたが。四月は29日に小御門神社の祭礼で、恒例の添え釜をします。今年は茶箱をと考えていますので、蒔絵の茶箱を初使いです。神社にいらしゃる方は普段はお茶と縁のない方も多く、毎年この日にお茶を頂くことを楽しみにしている方も増えました。去年の様子をちらっと。             [続きを読む]
  • 花の命はけっこう長い
  •               先日のお茶会から、もう一週間以上が経ちました。あの日床の花入れで、お客様をお迎えした椿のつぼみが、綺麗に咲いて、盛りを過ぎようとしています。今はちょっとよそ行きの曽呂利の花入れではなく、私の好きな一輪挿に納まっています。お茶会では椿の花と決めていましたが、白、赤、ピンクと三種類の椿を用意していました。他のお席との相談で、私は白を選びました。白も二種類用意しました。何があ [続きを読む]
  • ウナギにお肉・・体系維持は難しいかも
  •       きそけいの花が今年も咲き始めました。            ベランダをひと回りすれば、新芽の顔を出した鉢もちらほら。これなんだったかしらねと。クレマチスの弦が風にふらふら踊っていたので、棒を立ててあげました。二三日前に冷凍のウナギが届きました。送り主に何事かとメールをすると、「食べたくなってお取り寄せしたんだけど、ついでにそちらにも。お茶 [続きを読む]
  • 一つ終わりまた一つですが
  • 社中の皆さんにお茶会のお礼の言葉の代わりに、「まつかぜだより」なるプリントをお配りしました。連絡掲示板に1枚張り出すだけでもよかったのですが、意外とちゃんと読んでくださらない人もいらっしゃるので。以前は毎月、茶道新聞を書いて配っていましたが、今はブログを書くことで、発信欲求は満足されているようです。これからは「号外」を時々出してみよ [続きを読む]
  • 出歩き解禁〜エルメスの手しごと〜
  • お茶会も何とか無事に終わり、身を慎んでいた私も、いよいよ出歩き解禁です。昨日は午前中はお茶道具の勉強会に行き、その足で表参道に。友人とのんびりとしました。折しも表参道ヒルズでは、こんな催しが。              「エルメスの手しごと」                          会場内はたくさんの人で、なかなか手元までじっくり見ることはできませんでしたが、スカーフを何枚もの型紙を使っ [続きを読む]
  • 少しほっそりしたイノシシ
  •               先日のお茶会で使ったお釜は「亥の釜」鐶付がイノシシになっています。              少し前に出会って、亥年の私は、「まあかわいい!!私のためにあるようなお釜」と即手に入れて、日の目を見る時を待っていました。やっとチャンスが巡ってきたと、一月から、お稽古にも毎日使って、可愛がり、お茶会の私の秘かな楽しみとしてデビューしました。この鐶付、よく見ると左右で体型が違うの [続きを読む]
  • 雷雲と龍
  •      今回のお茶会で、ちょっとこだわってそろえた道具があります。茶入れの仕覆です。それは私が好きでぜひ主茶碗に使いたかった了入のお茶碗の銘が「雷雲」だったからなのですが。主催する会の15回記念というお目出度い席です。それに便乗して私の節目の年の感謝の席。やはりどこかにお目出度い『龍」がほしいと。そして出会ったのが龍の文様のある裂地です。それを仕覆に仕立てていただきました。             [続きを読む]
  • 感謝の茶会が終わりました
  • 昨日のお茶会は、天候にも恵まれ、無事に終えることができました。一日茶室を見守ってくれた椿のつぼみは、どんな道具よりも、皆さんの目を楽しませてくれたようです。一席ごとに、露を打ちながら、「最後まで、がんばってね。」と祈りました。花入れを曽呂利に決めたときから、花は椿と決めていました。又それが一番似合う花 [続きを読む]
  • ひやひやした前日準備
  •            一週間のお稽古が終わると、お干菓子にしていただいたお菓子が少し残ります。これがお休みの時の私のティータイムのごちそうになります。だからお菓子はついつい私の好きなものになりますよ。今日は明日のお茶会の道具の搬入をして、茶室の掃除と準備をしました。車に道具を積み込んで、十分に時間を取っての出発だったのですが、なんと途中から車がすすみません。事故の渋滞に巻き込まれてしまいました。現 [続きを読む]
  • 花を眺めて一息入れて
  • お家のご普請で仕方なく切ることになった椿の枝をたくさんいただきました。「幹もずいぶん太かったのに」と、とても残念そうでした。我が家のベランダでは今、暮れに咲いてもう終わったかと思った白い侘助が、思い出したように一輪咲いています。             そして小さなクリスマスローズは、健気にも少しずつ順番に花を咲かせています。  [続きを読む]
  • 身を慎んでいます
  •              コーヒーが切れたので、ネットで注文しました。届くまで二三日かかかったので、その間は、黒豆茶と紅茶でつなぎました。緑茶は、お茶会前なので、皆さんの点てた濃茶のお味見で十分なので、あえて飲みません。やっと届いたコーヒー豆を挽いて、早速味わいました。ふわっとした泡が膨らんで、香り立つコーヒーに、危うく禁断症状というところで、落ち着きました。二月も終わるころから、お茶会が近づいた [続きを読む]
  • 茶室の下見に
  •         午前中から今にも泣きだしそうな空模様。上野公園の噴水も、今日はさすがに寒そうでした。             国立博物館の庭園で、ゆっくりと春を探す時間はありませんでしたが、咲き乱れる侘助椿や、枝垂れ梅にちょっと心を休ませて、今日の目的の茶室の下見へと。茶会を一週間後に控えての下見は、心配でもありましたが、皆さん [続きを読む]
  • 春になると届きます
  •            春になると、去年の秋に洗いに出しておいた夏物の着物が届きます。「夏に間に合えばよいからゆっくりでいいですよ」と預けておいた着物も、さすがに届いてしまいます。今日届いた三枚は今年の夏も稽古で頑張ってくれそうです。とにかく月に半分以上着物で生活ですから、毎年数枚は膝が抜けて、力果てます。生き残った着物は洗いに出してもう一年使います。足りなくなると何か稽古用に下ろせるものはないか [続きを読む]
  • お茶会に必要な道具のチェックリストを
  •             お茶会まで一週間余りに近づいたので、少しずつ道具をまとめ始めました。前回の御茶席を持った時の道具チェックリストを手直しして、忘れるものの無いようにしなければと。前回は風炉で、薄茶席でしたので、炉で濃茶席の今回とは、持ち物の内容も少し違ってきます。このようにして一覧表にすると、かなりの数になります。一つ忘れても困るものばかりです。忘れてもどうにかなるものと、どうにもならないも [続きを読む]
  • 落選と当選
  •           国立近代美術館で、3月14日から始まる展覧会です。会期中のイベントとして、楽吉左衛門さんと阪東玉三郎さんの、スペシャル対談が実施されるということで、往復はがきで申し込んでおいたのですが、見事に落選でした。抽選と聞いた時は半ばあきらめていましたが、相変わらず籤運は悪いようです。展覧会だけを楽しんできましょう。それとは別に、半年前からキャンセル待ちをしていた茶花の講座に、空きが出来た [続きを読む]
  • カメラマンに不足なし
  •           今日はゆったりとしたスケジュールでしたので、許状を取られた方に、初めてのお点前を稽古しました。ちょっと長いお点前ですが、まずは初体験と頑張っていただきました。終わって薄茶は、お雛様のお茶碗で、平点前を。連日お茶会準備モードでしたので、私自身も気分転換できたかもしれませんね。金沢旅行をして来られたばかりということで、旅の話を聞きながら、ずいぶん昔に訪れたときのことを思い出しました [続きを読む]
  • 雛友達がお泊りです
  •               毎年雛祭りが近づくと、遊びにくるお雛様。いつもはお稽古の間だけ一緒に並んでおしゃべりをして帰るのですが、「来週連れて帰りますから、お泊りさせてください」と。「それじぁ夜通し雪洞をつけておいて、夜咄でもしてもらいましょうね。」とかわいらしい立雛のお雛様を並べてかざりました。お泊りの宿代にと、雛あられもご持参です。お雛様に供えて、雛祭りの日にお稽古で頂きまましょう。こんなの [続きを読む]
  • 席札兼下足札完成
  • 最近の文房具は、便利に進歩しているのですね。お茶会の席札を何か工夫できないかと文具店に行ったときは、いろいろと楽しいものがあって、しばらく遊んでしまいました。若いころから、文具や、事務用品が好きで、あれやこれやと目新しいものを見つけては、ため込んでいましたっけ。            1席13人で、11席を、できるだけスムーズに進行出来るようにと、考えた末の席札兼下足札が、11席分出来上がりました。何度 [続きを読む]
  • 投扇興に興じてきました
  •                 初めて投扇興を体験してきました。枕という台に、載っている的は蝶と言いますこの蝶を扇を投げて落とす遊びです。雅な遊びなので、さぞかし古くからと思いますが、始まったのは江戸時代ということです。遊び方にはルールがあり、鑑定をする行事役や、記録取役、扇を拾う役など、決められた役が、それぞれの仕事をします。お定まりの式があっって、口上も滞りなく進めばいざ対戦と、この遊がさらに [続きを読む]
  • お茶会も近づき〜三月の稽古予定〜
  • 暖かかったり、寒さが戻ったりと、定まらない気候が続いています。社中の方に、インフルエンザに罹った方が3名いらっしゃいました。今までは一人もそんなことはなかったのですが、今年は特に流行しているのでしょうね。社中の方の平均年齢も年々上がりますから、絶対に無理をしないでくださいね。(でも罹られた方はお若い方々でしたが) 私もこの年で初めて、インフルエンザの予防接種をして備えました。3月のお茶会も近づきまし [続きを読む]
  • お肌も茶杓も乾燥に注意
  •            春一番が吹きました。今日は炉の温かさだけで、日中はエアコンも使わずに過ごせました。毎日炉のそばで、釜から上がる湯気を浴びている私は、家の中ではあまり乾燥を気にしたことはありませんが、外に出ると、唇の皮が一枚剥けたりすると、乾燥怖しと思いますね。お肌もそうですが、竹も乾燥に弱いそうで、筒などは、乾燥で割れることもあると聞き、これは大変と 保管状態が急に気になりだしました。エアコ [続きを読む]
  • 無声映画「椿姫」上映会
  •   友人がプロデュースしたイベントを紹介します。一世紀も前の無声映画を活弁ライブで観賞です。私は以前剣劇( チャンバラ)を、活弁付きで鑑賞したことがありますが、今時の最先端の、音響とと光と色彩のあふれるような映画にはない、モノクロで、ノスタルジックで、アナログに世界も、又とても楽しいものです。四月一日( 土)10:30 〜目黒区民センターホールで、入場無料だそうです。お近くの方や、興味のある方はぜひ体験してみ [続きを読む]
  • 整体・マイナンバーカード・エゴン・シーレ
  •             今日は朝一番に整体へ。膝の痛みは消えたものの、四日続きの稽古で、膝はかなり酷使されたはず。それでも何とか痛みも出ないので、ほっとしています。またいつ痛くなるかと、まだ恐る恐るの生活ですが。お茶会の席を無事に終えるまでは、できるだけ週に一度のメンテナンスをすることにします。膝の調子が良いので、自信を付けようと、片道徒歩20分の市役所まで往復してみました。「マイナンバーカード」 [続きを読む]
  • 陽だまりは春 「宿の梅」
  • 茶杓の銘で「宿の梅」と使った方が「どういう意味ですか」とこれは紀貫之(きのつらゆき)の娘紀内侍(きのないし)の歌「勅(ちょく)なればいともかしこしうぐひすの宿はと問はばいかが答へむ」に由来しますね 「鶯宿梅」とも梅ではありませんが        クリスマスローズが陽だまりで花を開きました花を見るとどんなに風が冷たくとも春だなあと床にも頂いた白い花を下向きの花ですから掛け花入れが似合っています忙しかった一 [続きを読む]