東杜来 さん プロフィール

  •  
東杜来さん: BLOG/BLOG
ハンドル名東杜来 さん
ブログタイトルBLOG/BLOG
ブログURLhttp://htl.hateblo.jp/
サイト紹介文東杜来のブログです。短い小説を書いたり、進捗を報告したり、どうでもいいことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/02/28 12:10

東杜来 さんのブログ記事

  • 今日の一枚
  • しかし、これで2Bを描くのは何度目になるんだろうか…。三度目?ついでに、だいぶ前に描いたマリナ=ナゲット(勝手に八頭身化したもの)も上げておくわー。なぜか、僕はニーアオートマタの2Bを見てると、ゆけゆけトラブルメーカーズのマリナを思い出すんだよねぇ。見た目がなんとなく似ている気がするんだよ。 [続きを読む]
  • デボルポポル
  •  更に画力上がって、背景とかのクオリティまで上がってきた気がするのだが、どうだろうか…。というか、だんだん描いていて気づいたんだが、自分はどうも人物画より風景画の方が得意なのかもしれない……。 一応、ピクシヴの方も貼っておくか。デボルポポル by ハルトライ on pixiv [続きを読む]
  • ニーアオートマタが面白かったという話
  •  最近になって、日本製のオープンワールドゲームがバンバン出まくっているわけだが、おそらく今、オープンワールドで話題となっているのは「ニーアオートマタ」と「ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド」の二作だろう。 FF15もそれなりには話題になったが……後発の二作に話題をかき消されてしまった感はデカイ。というか、どう考えてもこの二作の出来と評判が良すぎて、完全にそれに負けた感がある。 なにせ、metacriticでさえ、 [続きを読む]
  • 2月に読んだ本
  • 2月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1618ナイス数:34うーん。小説を読むようになったのは良いんだけど、相変わらず、数が足りないっすなぁ……。後宮小説 (新潮文庫)の感想うーん。読了日:02月23日 著者:酒見 賢一虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)の感想再読。うーん、幼稚。読了日:02月05日 著者:伊藤 計劃蜜蜂と遠雷の感想クラシック音楽版チョコレートコスモス。基本的には面白いのだが、中身がチョコレートコスモ [続きを読む]
  • 1月に読んだ本
  • 1月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1109ナイス数:10すっかり、一月に6冊読むのが定番になってしまっている……。しかも、小説を一冊も読んでない……。薬害でっちあげ あまりに非科学的な子宮頚がんワクチン阻止運動―新潮45eBookletの感想だいたい、自分が集めていた情報とそう変わらない内容で、うーん、僕みたいな人は読む必要ないかなぁ。もっと詳しいデータとかを並べてほしかった気もするが…?そうする [続きを読む]
  • リベンジ
  • 以前、挙げた――htl.hateblo.jpこの絵のリベンジのつもりで取り掛かった一作。反省点を踏まえて描き上げたが、なかなかうまく行った。絵のモデルは「魔弾の王と戦姫」の「エレオノーラ=ヴィルターリア」。僕は佐藤竜雄監督のアニメが好きなのである。 [続きを読む]
  • 今日の一枚
  • なんか、本当に絵描きの領域として「上のレベル」に届いてきた気がする……そんな一枚。それくらい、珍しく欠点もなく上手く描き上がった。一応、モーレツ宇宙海賊の「加藤茉莉香」なのだけど……まあ、似てはいない。考えてみれば、もう画歴は「1年7ヶ月」を超えている。これくらいの絵が描けても良い頃かもしれないなぁ…。 [続きを読む]
  • 最近、顔が描けるようになってきた気がする。
  • 最近になって、ようやく、人の顔がちゃんと描けるようになってきた気がするのだが……どうだろうか。実は、絵を描き始めた当初から、顔を描くのだけが結構苦手だった。(たぶん、こんな人は珍しいと思うが……)それがようやく、「ちゃんとしたもの」になってきたなぁと。まだまだ、自分の画力は成長している。 [続きを読む]
  • 描き上がった……。
  • ずっと悪戦苦闘してたやつが、ようやく描き上がった……。一応、「夢喰いメリー」をリアルに描こうと思ったんだが、うーん……今回は反省点が多い。もっと色んな人の絵を参考にしないとなー。制作過程はこんな感じ。今回はいわゆる「グレー塗り、グリザイユ画法」という手法を流用してみた。正直、やってみるとグレー塗り……実は、ただ七面倒くさいだけの手法な気がする。光の加減とかが分かってる人は、普通に塗ったほうが早 [続きを読む]
  • ちょっとした愚痴
  •  もうだいぶ、ほとぼりも冷めたと思うので、そろそろ書いてもいいかなぁ…。 僕は、前に、とある人の古文現代語訳にケチを付けたことがあった。これである。htl.hateblo.jpそのブログ記事に反応して、とある人が反論というわけでもないが、記事を書いた。その記事とは、上記の記事を受けて「じゃあ、古文現代語訳の本を見ながら、自分なりに言葉を更に翻訳して書いてみよう」という記事だった。 その人の行為を見ながら、「 [続きを読む]
  • 2016年に読んだ本
  • 2016年の読書メーター読んだ本の数:106冊読んだページ数:24260ページナイス数:180ナイスあれ、今年も意外と100冊以上は読んでたんだ……という衝撃。もうちょっと少ないものかと思っていたんだけれども……漫画とか、イラスト集が異様に多くなっちゃったけどねー。星の王子さま (新潮文庫)読了日:12月31日 著者:サン=テグジュペリリュシル: 闇のかなたにの感想うーん。…なにこれ?読了日:12月30日 著者:デルフィーヌドゥ・ [続きを読む]
  • 12月に読んだ本
  • 2016年12月の読書メーター読んだ本の数:6冊読んだページ数:1878ページナイス数:7ナイスなんとか、12月は6冊読了。……ノルマは8冊だけれども……。2016年は本当に酷かったねぇ……。星の王子さま (新潮文庫)読了日:12月31日 著者:サン=テグジュペリリュシル: 闇のかなたにの感想うーん。…なにこれ?読了日:12月30日 著者:デルフィーヌドゥ・ヴィガン地底旅行 (創元SF文庫)の感想有名な小説だが、改めて読んでみると「未知 [続きを読む]
  • 現在、一日で描ける絵
  • こんな感じ。…また少し画力上がったかな。制作過程はこんな感じ。下書きをこんな感じで描く。--------------------------------------下書きの段階では、自分は「腰と脇と肩」に掛ける情熱が半端じゃない。こういうリアル風なイラスト系は「腰と脇と肩」がクオリティの差を大きく分けている気がするから。別レイヤーに大雑把に色と光の加減を決める。--------------------------------------この手の塗り方だと、大抵の [続きを読む]
  • 11月に読んだ本
  • 2016年11月の読書メーター読んだ本の数:5冊読んだページ数:2224ページナイス数:6ナイス新装版 ウッディケーン・下 (KCデラックス)読了日:11月29日 著者:横内なおき虚実妖怪百物語 急 (怪BOOKS)読了日:11月22日 著者:京極夏彦虚実妖怪百物語 破 (怪BOOKS)読了日:11月22日 著者:京極夏彦虚実妖怪百物語 序 (怪BOOKS)読了日:11月19日 著者:京極夏彦予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 (ハ [続きを読む]
  • 最近描いたもの
  • 左下のヘンテコマークは、なんというか…まあ、「これ、自分のですよ」ってアピールかな。いや、もうツイッターにヘンテコマーク付けないまま、投稿しちゃったりしたものもあるんだけど、まあ、それはそれ。 [続きを読む]
  • 質感出してぇ!
  • 質感出してぇ!特に、たまに上手い人がやってる、油絵的な塗りで筆跡が見えるようなやつ。あれがやりたい。僕は厚塗り出来る人より、あれで上手いこと塗れる人の方が遥かに尊敬していたりする。正直、厚塗りは「上手くなくても出来る塗り方」なので…。で、そんな願望を抱えつつ、塗りだけを一日中、研究した結果が上のこれ。 これか、この感じか。 [続きを読む]
  • 10月に読んだ本
  • 2016年10月の読書メーター読んだ本の数:6冊読んだページ数:1152ページナイス数:13ナイス こっちのブログの更新を完全に忘れていました。なので、10月は無更新。本の方も、あんま読めなかったような……。不屈の棋士についてはいろいろ解説したいことが多いんだけれども、とても読書メーターの文字数では。。。不屈の棋士 (講談社現代新書)読了日:10月30日 著者:大川慎太郎あそびあそばせ 2 (ヤングアニマルコミックス)読了 [続きを読む]
  • 9月に読んだ本
  • 2016年9月の読書メーター読んだ本の数:7冊読んだページ数:890ページナイス数:17ナイス漫画は入れないようにしたんだけれど…小説の量は増えず…。いや、クッツェー読んだりとかしてるから相変わらず、読めばスイスイ小説読めんだけどさ…。イラストスタートアップガイド アクリル絵具 (Comickersテクニックブック)の感想熊倉祐一だけ、完全我流なので塗り方がすごいことに…。読了日:9月9日 著者:u−1 kumakura works 19 [続きを読む]
  • 頑張れば、一年とちょっとくらいでこれくらい絵は上手くなれます。
  • そういえば、一年経ったというのに、自分の画力がどれだけ成長したのかというまとめ記事を一度も書いてなかったなぁと気づいた。じゃあ、総括していこう。絵の勉強始める前 相当に低い画力の持ち主だった。ちなみに上記の絵は模写である。模写とは思えないくらいに、酷い画力だが、まあ、とにかくこれが僕のレベルだった。で、ここから、なにを思ったのか、なにをきっかけにしたのかは忘れたが*1)突然に「絵の勉強を始めよう! [続きを読む]
  • 断面の意識でここまでいくか。
  •  なんか、アホみたいに上手くなってしまった…。断面を意識しながら描くといいという話は聞いていて実践していたんだが、今日になってようやく「そうか!断面を意識すると出てくる効果ってこういうことなのか!」と急激に理解が進んで、このようなことに…。 なんだか、線がアニメーターっぽくなってきたなと思うのは僕だけではないはず…。 ちなみに、断面の意識への理解が急激に進んだ原因は、「筋肉を描きながら、断面も描 [続きを読む]
  • 8月に読んだ本
  • 2016年8月の読書メーター読んだ本の数:7冊読んだページ数:1872ページナイス数:16ナイスまた、漫画ばかりになってしまった。今後は、よほど「これは!」と思った漫画以外は、登録しないことにしようかな…。レックス・ムンディ (集英社文庫)の感想面白かったのだけど、なんか終わり方が惜しい気もしてしまう。もうちょっと、こう色々と不気味に出来なかったものなのかと。このオチにするなら、おそらく、秋山瑞人の方がもっと上 [続きを読む]
  • 一枚。
  • 最近、なぜか、手書きのGIFアニメを作るのにハマっていて、イラストなんてろくすっぽ描いてなかったけれども、そんな僕がサラッとつくったイラストがこちら。キャラクターの周りをぐるぐるとカメラが動いているアニメをつくりたくて、それをひたすら練習していたら、人体の立体への理解度が上がったらしく、以前にも増して、自由に絵が描けるようになった。煽り俯瞰、寝そべる人でもなんでもござれ。どれでもサラッと描ける描け [続きを読む]