harubotch さん プロフィール

  •  
harubotchさん: 四季フォトノート
ハンドル名harubotch さん
ブログタイトル四季フォトノート
ブログURLhttp://shikiphotonote.blog.fc2.com/
サイト紹介文大阪、京都、奈良を中心に四季折々の写真を紹介するブログ風フォトギャラリーです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/02/28 20:03

harubotch さんのブログ記事

  • 浜寺公園 バラ庭園
  •  2年ぶりに浜寺公園を訪れ、バラを撮ってきました。5月中旬はちょうど見頃。あたりは花の香りでいっぱい。匂いに誘われてクマバチが飛んでいました。 バラ庭園の入口では、大きなフェニックスと噴水が迎えてくれる。 バラ庭園内は、イングリッシュ・ローズガーデン風。 日陰では可憐な小さなバラ。 園内には名も知らない(覚えない?)珍しいバラがいっぱいでした。バラは撮り方がワンパターンになってしまいますね。気に入っ [続きを読む]
  • 春日大社 藤
  •  5月中旬に入ってすぐ、奈良の春日大社へ行ってきました。今年は気温の影響で藤の花が長持ちしたようですが、さすがに砂ずりの藤は終わりに近かったです。春日大社神苑(万葉植物園)の方は、遅咲きの藤がピークを迎えていました。 砂ずりの藤は終わりに近かったので、前ぼけにしてみた(^^; 終わりに近い藤も、朱塗りの建物を背景にすると映える。 春日大社神苑(万葉植物園)の方は、遅咲きの藤がピーク。 白藤にカキツバタ [続きを読む]
  • みやまの里 藤棚ロード
  •  和歌山県日高川町の山深いところに、みやまの里森林公園があります。園内に長さ日本一(1,646m)を誇る藤棚ロードがあるというので、連休の終わり頃に出かけてみました。山の斜面や尾根に設けられた藤棚は、なるほど見応えがありました。 高低差96mの急な階段を登って展望台へ向かう。途中、こんな藤がいくつも見られる。 展望台付近では、藤と周囲の山々が融け合う。 展望台からは下り坂。藤棚ロードが延々と続く。 白い藤 [続きを読む]
  • 浅香山浄水場 つつじ
  •  大阪府堺市にある浅香山浄水場。ゴールデンウィーク中、つつじ祭りが行われました。大和川に沿った緑道と浄水場内の敷地に凡そ2,500株のつつじが植えられていて、満開の花が目を楽しませてくれました。 大和川沿いの緑道につつじが満開。朝はまだ散策する人も少なく景色を独り占め。 今年は5月初旬が丁度見ごろだった。萎れた花が殆ど見当たらない。 貯水タンクの頂上に登る無料見学ツアーに参加。138段の階段を登り、タンク [続きを読む]
  • 室生寺 シャクナゲ
  •  二年前の4月下旬、シャクナゲが殆ど咲いていませんでした。気候の影響?手入れの影響? ・・・という訳で、二年ぶりの室生寺でリベンジです。今年は結構咲いていました。 仁王門の脇にピンクのシャクナゲが咲いていた。 五重の塔手前の階段。今年は結構咲いていた。 そして、五重の塔。二年前は花が全くなく、これが撮れなかった。 本坊周辺の境内も華やかだった。 「やっと今年は回復しました」 とのお坊さんの声。去年よ [続きを読む]
  • 高見の郷 しだれ桜
  •  奈良県吉野郡の高見の郷。標高650mの丘の上に、1,000本の枝垂れ桜、ユキヤナギ、レンギョウなど白、ピンク、黄色の花が咲き乱れる花園(千年の丘)があります。4月下旬に訪れると、緑の山々と青空の下、迫り来る枝垂れ桜に圧倒されます。 急な坂道をマイクロバスに乗って登ると、そこは「天空の花園」。山の斜面は、まだ若い枝垂れ桜が多い。 丘の上はこんな見事な枝垂れ桜がいっぱい。 木々や山々の緑と、枝垂れ桜の薄紅色と [続きを読む]
  • 市民の里の山桜
  •  関西空港にほど近い泉南市。山あいの静かな市民の里公園には山桜が群生していて、隠れた桜の名所。雨の日に行くと、山の尾根に靄がかかり、ぼうっと見える風景が吉野を彷彿とさせます。  市民の里から見える風景。正面の山の左肩にゲートタワービルが霞んで見える。 山あいに山桜が咲き、雨に霞む風景は吉野を彷彿とさせる。 カラシナの黄色い花の時期とも重なって、彩りが綺麗だ。 ソメイヨシノとはまた違い、山桜は素朴で [続きを読む]
  • びわ湖バレイの桜
  •  4月中旬に写真仲間とびわ湖バレイの桜を撮りに行きました。あいにくの曇り空でしたが、湖を背景に桜が撮れるという、素晴らしいシチュエーション。ロープウェイ山麓駅前の坂道では、下の方は満開に近いのに、上の方はまだ4〜5分咲きという状況でした。 ロープウェイ山麓駅周辺で、びわ湖を背景に桜が撮れる。 この日午前中は、曇りがちの天気。対岸が霞んでいるが、右上にかすかに近江富士が見える。 桜の向こうに島影が見え [続きを読む]
  • 醍醐寺の桜
  •  醍醐寺の桜は毎年咲くのが早く、京都の中でも一、二の早さ。久しぶりに写真仲間と訪れましたが、今年は寒かったせいか、4月上旬にやっと満開でした。 仁王門前の枝垂れ桜は見事に咲き誇る。 五重の塔は定番位置を避けて斜めから撮ってみた。 霊宝館エリアにも見事な枝垂れ桜が何本もある。 菩薩像が桜に囲まれていた。 醍醐寺の桜の中でも、やはり枝垂れ桜が見応えがありました(^^; 秀吉が催した「醍醐の花見」以来、この [続きを読む]
  • 大阪城の桜'17
  •  開花が遅れていた桜が、このところの暖かさであちらもこちらも一気に見頃。大阪城公園の桜は、3日前には殆ど蕾だったのに、ぼぼ満開になっていました。 残念ながらスッキリしない天気で、どんより曇り空。 大手門の桜は満開。 堀にかかる桜は三分咲き? 枝垂れ桜は、まだ一輪。 毎年この時期は気温の変化が大きいですね。4月初旬に咲いていなかった桜。一気に咲いたので、どこへ行こうか迷ってしまいます(^^;気に入って頂け [続きを読む]
  • 長居植物園の春
  •  梅が散り、桜がまだ咲いていない時期。長居植物園に行ってみると、早咲きの桜、モクレンやチューリップの花。そして小鳥も飛んできて春爛漫です。 長居植物園といえば、早咲き種のオオカンザクラ。 モクレンも満開!・・・って、逆光で撮ると分かりませんね(^^; こちらはマンサクの花。黄色が鮮やか。 もうひとつ長居植物園といえば、ハート型のオブジェ。チューリップが満開だった。 そして天気が良かったので、メジロ君が [続きを読む]
  • 京都東山花灯路
  •  時期が遡りますが、3月上旬〜中旬にかけて京都東山の花灯路が開催されました。写真仲間と八坂の塔を中心に撮影。京都は宵闇になっても人通りが多いですね。 東山に宵闇が近づくと、各通路には行灯が点灯され、道行く人々をほんのり照らし出す。 八坂の塔も宵闇に浮かび上がる。長秒撮影で人を消してみた。 空が暗くなると、街並みは時代を超えて更に情緒が増す。 京都の街並みは行灯に照らされて、ますます優美に見えました [続きを読む]
  • 万博公園の梅
  •  春うらら。3月上旬の万博公園の梅です。今年は寒い時期が長引いたせいか、梅の花も長く見ることができました。 梅林には枝垂れ梅も咲いて華やか。赤い服の女性が彩りを添えてくれた。 梅林のすぐ横に竹林がある。梅と竹を絡めて撮ってみた。 二股の間には萎れた梅の花。何となく気になった。 今春の梅はこれで最後です。これからまた桜シリーズですね\(^o^)/気に入って頂けましたら、応援 宜しくお願いします [続きを読む]
  • 城南宮の梅
  •  梅が続きます。今回は京都市伏見区にある城南宮の梅。3月上旬に訪れると丁度見ごろでした。何と言ってもここは枝垂れ梅が見事ですね。春の陽気と梅の匂いに誘われて、野鳥が多く来ていましたよ。 見ごろの紅白の梅が華やかだ。 匂いに誘われて野鳥が多かった。お花見をするツグミくん (^^; 城南宮は枝垂れ梅が綺麗。一本の枝垂れにピントを合わせてみた。 梅と鯉。ここにも紅白が。 城南宮の梅は豪華絢爛。目を楽しませて [続きを読む]
  • 梅小路公園の梅
  •  京都市の梅小路公園。京都駅から歩いて15分ほどの便利なところにあり、近くには水族館や鉄道博物館もあります。園内の一部に梅林があり、丁度、梅まつりが開催されていました。 梅林を散策すると、緋毛氈の椅子が目立つ。 園内には菜の花も咲いていて、梅とのコントラストが綺麗。 紅梅や白梅が少し見頃を過ぎていた。 緋毛氈を背景に。 少しまだ肌寒かったですが、梅は既にピークを迎えていました。JRの線路脇なので、在来 [続きを読む]
  • 荒山公園の梅
  •  春の日差しに誘われて、梅を見に堺の荒山公園(こうぜんこうえん)へ。少し寒かったですが、梅は見頃で良い香りが漂っていました。なぜか今回はメジロなどの野鳥を殆ど見かけませんでした。 古木は少ないが、広い園内でゆったりと散策できる。 白梅、紅梅が咲き、春爛漫。 まだ蕾も多かった。 暗い背景に白や赤が浮かび上がる。 思えばブログを始めて丸4年。一番最初にアップしたのがこの荒山公園の梅でした。5年目に突入で [続きを読む]
  • 残り雪の大原
  •  2月中旬、写真仲間と京都の大原へ。まだ雪が残っていて、冬の殺風景な景色に陰影を付けてくれました。 雪残る大原の里。 時々雨がぱらついて、残雪にぶつぶつと穴を空ける。 三千院門前の階段にもまだ雪が残っていた。 境内では弱い日差しが雪に模様を付けていた。 冬の大原の静かな風景。帰りは喫茶店に入って、暖かいコーヒーを飲みました。気に入って頂けましたら、応援 宜しくお願いします [続きを読む]
  • 御在所岳冬景色
  •  御在所岳の撮影ツアーに参加しました。丁度、寒波到来の時だったので、山上はどこを向いても白銀の世界。お日様は殆ど顔を出さず、時おり吹雪で視界が真っ白に。防寒着とアイゼンが必須の撮影でした。 御在所岳は標高1,212m。ロープウェイは山頂近くの山上公園駅まで片道2,160m、およそ12分。 ロープウェイを降りると、既に白銀の世界。色のない世界でクマザサの緑が目立つ。 この日は天気が悪く、お日様は殆ど顔を出さなかっ [続きを読む]
  • 蜻蛉池公園の水仙
  •  2月中旬、岸和田市にある蜻蛉池(とんぼいけ)公園へ行ってみました。この時期に訪れると、水仙の群生を見ることができます。 “水仙郷” と呼ばれる一角に、山の斜面を利用して、段々状に水仙が植えられている。 広い群生なので、いろんな角度から撮ることができる。 下から見上げるように。 マクロレンズで近寄ってみる。 水仙の近くで、カサコソと枯れ葉をつつく音。シロハラでしょうか? 水仙は時期を外すと、花が少な [続きを読む]
  • 白崎海岸の水仙
  •  和歌山県由良町の白崎海岸。昨年は雪の被害で水仙が殆ど咲いていませんでした。リベンジという訳で、今年も白崎海岸へ。 この辺りは白い石灰岩の巨岩が並んだ自然の風景美。 常に風が強く、荒い波が岩にぶつかり砕け散る。 岬の高台に登ると、水仙の群生が見られる。 今年は水仙に巡り会うことができた。 海が見える水仙の群生地。昨年と殆ど同じ構図だった(^^; 岬の斜面に咲いていて、あまり広い面積はありませんが、なん [続きを読む]
  • 大阪城の梅
  •  梅が咲き始めているというので、2月上旬に大阪城公園の梅林へ。全体としてはまだ早すぎでしたが、早咲きの梅が結構咲いていて、見頃になった梅もありました。 梅一輪。楚々とした姿がいい。 花ほころびて、春を感じる。 紅梅を背に、切りそろえた白梅が清々しい。 優しい薄紅色が青空に映える。 敢えて逆光でハイキーにしてみた。なんとなく日本画調。 ここ数日はまた寒波ですが、春はもうすぐ。毎年、大阪城の梅で春を感 [続きを読む]
  • 嵯峨野の竹林
  •  少し冷え込みのきつい朝、京都嵐山へ行ってみました。嵯峨野の竹林は昼なお薄暗いですが、情緒があっていいですね。 冬でも観光客でいっぱいになる竹林の道。朝9時頃はまだ人通りが少ない。 薄暗いが情緒があっていい。 この日は冷え込みがきつく、突然、雪が降ってきた。 雪かと思うと日差しが出たりして、不安定なお天気。 竹林に一条の光が差し込む。かぐや姫でも出てきそうだ。 本当はもっと雪が降ると思ったのですが [続きを読む]
  • 赤目渓谷の氷瀑
  •  1月中旬の寒波の時、赤目四十八滝へ。期待していた遊歩道沿いの滝は殆ど凍っていなくて、所どころにつららが認められる程度。遊歩道を少し外れた大日滝へ行ってみると、こちらはなんとか氷瀑が見られました。 滝の周囲は雪と凍った水しぶきで真っ白に。 水量が多かったので、氷結しにくいようだ。 それでも所どころにつららができている。 遊歩道から外れて、大日滝を目指す。おお、なんとか氷瀑が。 昼近くだったので、既 [続きを読む]
  • 和歌山城 “ちょっぴり” 雪
  •  西日本北部が大雪に見舞われたこの日、南国和歌山でもほんのちょっぴり雪化粧。北部の雪がもう少しこちらに降ってくれれば、絵になったのですが。 和歌山城天守閣の屋根はほんのり白く。庭園では既に紅梅が咲いていた。 白い屋根が赤い花を引き立てる。 石垣に残った雪が、ゴツゴツした起伏を目立たせる。 もう殆ど消えかけている梢の雪は、かろうじて枝ぶりを強調する。 朽ちかけたサザンカの花の上にも。 大雪の地方には [続きを読む]
  • “ひらパー” イルミネーション
  •  “ひらかたパーク” のイルミネーション。夕方5時に点灯。夕方からかなり冷え込み、手をこすりながらの撮影でした。 森の小道。イルミネーションのトンネルに人影がひとつ。 上弦の月。樹木に飾られたイルミネーションは桜の花びら。 水晶の広場。多重で遊んでみた。 彩りの並木道。時々刻々と並木の色が変化する。 黄金の草原。黄金色に彩られた道を進むと・・・ 多重やズーミングで遊んでみました。動物などのかわいいイ [続きを読む]