harubotch さん プロフィール

  •  
harubotchさん: 四季フォトノート
ハンドル名harubotch さん
ブログタイトル四季フォトノート
ブログURLhttp://shikiphotonote.blog.fc2.com/
サイト紹介文大阪、京都、奈良を中心に四季折々の写真を紹介するブログ風フォトギャラリーです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/02/28 20:03

harubotch さんのブログ記事

  • 御在所岳冬景色
  •  御在所岳の撮影ツアーに参加しました。丁度、寒波到来の時だったので、山上はどこを向いても白銀の世界。お日様は殆ど顔を出さず、時おり吹雪で視界が真っ白に。防寒着とアイゼンが必須の撮影でした。 御在所岳は標高1,212m。ロープウェイは山頂近くの山上公園駅まで片道2,160m、およそ12分。 ロープウェイを降りると、既に白銀の世界。色のない世界でクマザサの緑が目立つ。 この日は天気が悪く、お日様は殆ど顔を出さなかっ [続きを読む]
  • 蜻蛉池公園の水仙
  •  2月中旬、岸和田市にある蜻蛉池(とんぼいけ)公園へ行ってみました。この時期に訪れると、水仙の群生を見ることができます。 “水仙郷” と呼ばれる一角に、山の斜面を利用して、段々状に水仙が植えられている。 広い群生なので、いろんな角度から撮ることができる。 下から見上げるように。 マクロレンズで近寄ってみる。 水仙の近くで、カサコソと枯れ葉をつつく音。シロハラでしょうか? 水仙は時期を外すと、花が少な [続きを読む]
  • 白崎海岸の水仙
  •  和歌山県由良町の白崎海岸。昨年は雪の被害で水仙が殆ど咲いていませんでした。リベンジという訳で、今年も白崎海岸へ。 この辺りは白い石灰岩の巨岩が並んだ自然の風景美。 常に風が強く、荒い波が岩にぶつかり砕け散る。 岬の高台に登ると、水仙の群生が見られる。 今年は水仙に巡り会うことができた。 海が見える水仙の群生地。昨年と殆ど同じ構図だった(^^; 岬の斜面に咲いていて、あまり広い面積はありませんが、なん [続きを読む]
  • 大阪城の梅
  •  梅が咲き始めているというので、2月上旬に大阪城公園の梅林へ。全体としてはまだ早すぎでしたが、早咲きの梅が結構咲いていて、見頃になった梅もありました。 梅一輪。楚々とした姿がいい。 花ほころびて、春を感じる。 紅梅を背に、切りそろえた白梅が清々しい。 優しい薄紅色が青空に映える。 敢えて逆光でハイキーにしてみた。なんとなく日本画調。 ここ数日はまた寒波ですが、春はもうすぐ。毎年、大阪城の梅で春を感 [続きを読む]
  • 嵯峨野の竹林
  •  少し冷え込みのきつい朝、京都嵐山へ行ってみました。嵯峨野の竹林は昼なお薄暗いですが、情緒があっていいですね。 冬でも観光客でいっぱいになる竹林の道。朝9時頃はまだ人通りが少ない。 薄暗いが情緒があっていい。 この日は冷え込みがきつく、突然、雪が降ってきた。 雪かと思うと日差しが出たりして、不安定なお天気。 竹林に一条の光が差し込む。かぐや姫でも出てきそうだ。 本当はもっと雪が降ると思ったのですが [続きを読む]
  • 赤目渓谷の氷瀑
  •  1月中旬の寒波の時、赤目四十八滝へ。期待していた遊歩道沿いの滝は殆ど凍っていなくて、所どころにつららが認められる程度。遊歩道を少し外れた大日滝へ行ってみると、こちらはなんとか氷瀑が見られました。 滝の周囲は雪と凍った水しぶきで真っ白に。 水量が多かったので、氷結しにくいようだ。 それでも所どころにつららができている。 遊歩道から外れて、大日滝を目指す。おお、なんとか氷瀑が。 昼近くだったので、既 [続きを読む]
  • 和歌山城 “ちょっぴり” 雪
  •  西日本北部が大雪に見舞われたこの日、南国和歌山でもほんのちょっぴり雪化粧。北部の雪がもう少しこちらに降ってくれれば、絵になったのですが。 和歌山城天守閣の屋根はほんのり白く。庭園では既に紅梅が咲いていた。 白い屋根が赤い花を引き立てる。 石垣に残った雪が、ゴツゴツした起伏を目立たせる。 もう殆ど消えかけている梢の雪は、かろうじて枝ぶりを強調する。 朽ちかけたサザンカの花の上にも。 大雪の地方には [続きを読む]
  • “ひらパー” イルミネーション
  •  “ひらかたパーク” のイルミネーション。夕方5時に点灯。夕方からかなり冷え込み、手をこすりながらの撮影でした。 森の小道。イルミネーションのトンネルに人影がひとつ。 上弦の月。樹木に飾られたイルミネーションは桜の花びら。 水晶の広場。多重で遊んでみた。 彩りの並木道。時々刻々と並木の色が変化する。 黄金の草原。黄金色に彩られた道を進むと・・・ 多重やズーミングで遊んでみました。動物などのかわいいイ [続きを読む]
  • 夕闇迫る “ひらパー”
  •  写真仲間と “ひらかたパーク” へイルミネーションを撮りに出かけました。“ひらパー” は岡田准一さんが園長になってから、急に人気が出てきましたね。この日は夕方から入園。夕焼けこそ見られませんでしたが、イルミネーション前の夕闇迫るひとときです。 ナイト入園は午後4時から。メインストリートのパームウォークに夕闇が迫る。 巨大な観覧車が一際目立つ。上弦の月が出ていた。 ふと気づくと、あちこちの樹木にイルミ [続きを読む]
  • 雨の成人式
  •  成人の日に京都へ行く機会がありました。生憎の雨模様でしたが、平安神宮では多くの艶やかな着物姿が見られました。 成人の日の京都は雨模様。八坂の塔の空もどんより曇る。 表参道から入ると、平安神宮では多くの成人が集まっていた。 正面の応天門には振袖姿の女性が所狭しと雨宿り。 砂利道をせわしなく草履で歩く。 せっかくの成人式なのにね。 成人式を迎えられた方、おめでとうございます。たくさんの素晴らしい出会 [続きを読む]
  • 大阪城公園の冬木立
  •  年末、久しぶりに大阪城公園へ行ってみました。このところ例年より暖かく、冬というほど寒くは感じなかったのですが、それでも公園の木々は落葉して冬木立の装いを見せてくれました。 東外堀の眺め。メタセコイアだろうか、紅葉した並木が青空に映えて綺麗だった。 冬木立のシルエット。 こちらは内堀の土手。公園のもみじは殆ど落葉してしまったが、ハゼの木はまだまだ元気に紅葉。 堀にはカモなどの野鳥がのんびり泳いでい [続きを読む]
  • 初日の入り
  • 皆様、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。 近場の海岸から、本日、元旦の日の入りです。日の出は山に隠れて撮れないので、初日の出ならぬ「初日の入り」を撮りました。良く晴れて雲ひとつない空。今年も良い年でありますように。気に入って頂けましたら、応援 宜しくお願いします [続きを読む]
  • 初冬の水辺風景
  •  神戸森林公園の長谷池。池の水面は季節を反映して様々に表情が変化し、飽きません。初冬の水辺の風景です。 森に囲まれた池に弱い光が差し込む。 水面に光が反射する。 池は青空を映し、水草の葉が白く光る。 逆さの木立、赤い水草が初冬を感じさせる。 対岸の枯れ木も水面に映ると彩りとなる。  クリスマスも過ぎ、いよいよ年末ですね。今回が今年最後の記事更新となります。今年も一年間お付き合い頂き、ありがとうござ [続きを読む]
  • 初冬の森林公園
  •  12月中旬、神戸森林公園へ行ってみました。紅葉の時期は賑わうこの森林も今は殆ど人が訪れず、手入れをする作業員の姿が目に付く程度。そんな初冬の風景を撮ってみました。 森林公園入り口にメタセコイアの木が聳えている。今は殆ど葉っぱが落ちて寒そうだ。 木々の白い枝が何かを訴える。 冬のにぶい光で、枝が不気味に浮かび上がる。 一面の落ち葉が静寂を強調する。 そんな中でマルバノキ(ベニマンサク)の紅葉を見つけ [続きを読む]
  • 長岡天満宮 錦景苑
  •  光明寺からの帰り道、長岡天満宮に寄りました。境内には錦景苑(きんけいえん)と呼ばれる紅葉の綺麗な庭園があります。それほど広くない庭園ですが、小さな池があり静かな佇まいでした。 錦景苑。石段を登って中に入る。 苑内では赤や黄色の色彩が楽しめる。 誰かが置いたのだろう、苔にモミジとイチョウの葉が不自然に並んでいた。 あちこちでドウダンツツジの紅葉も目に付いた。 蔦の紅葉も。 長岡天満宮の錦景苑は、光 [続きを読む]
  • 光明寺の紅葉
  •  あと少し紅葉が続きます。11月末、京都府長岡京市にある光明寺へ行く機会がありました。西山浄土宗総本山。紅葉のお寺としても有名で、秋には広い境内が朱色に染まり、また参道の石畳は散り紅葉で敷き詰められます。 総門を入ってすぐの石畳。こちらの散り紅葉はそれほど多くなかった。雨が降ってくれると情緒がでるのだが。 境内の紅葉はピークを少し過ぎた頃。 本堂のお参りもそこそこに、裏手にある紅葉の参道へ。石畳の散 [続きを読む]
  • 紅葉の仙洞御所
  •  11月下旬の仙洞御所(せんとうごしょ)。京都御苑の南東に位置するこの庭園は、宮内庁管轄のため参観するには申込み・許可が必要です。桂離宮や修学院離宮と共に、広大な池泉回遊式庭園になっています。秋の庭園は紅葉がものすごく綺麗でした。 仙洞御所は広大な地泉回遊式庭園となっている。紅葉が池に映り込み、その美しさは形容しがたい。 池には八ツ橋と呼ばれる石橋があり、複雑なジグザグ構造をしている。藤棚がしつらえ [続きを読む]
  • 絶景のみたらい渓谷
  •  奈良県天川村にあるみたらい渓谷。11月中旬に訪れると、巨岩がごろごろする渓谷に紅葉が映えて絶景です。渓谷には遊歩道も整備されており、吊り橋からは滝の流れや渓谷美が眺められます。 巨岩ひしめく渓谷に朝の光が差し込む。 遊歩道の入り口に、みたらいの滝と呼ばれる小さな滝がある。黄葉とマッチングして風情がある。 遊歩道入り口の階段を登りつめると、縦横に吊り橋がかかり、巨岩や滝を見下ろせる。水が少ないのが残 [続きを読む]
  • 鍵掛峠からの大山
  •  時期が遡ります。11月上旬に鳥取県の大山撮影ツアーに参加しました。大山は伯耆富士とも呼ばれ、標高1,729mで中国地方の最高峰。定番の鍵掛峠(かぎかけとうげ)からの撮影です。 大山の雄姿。この日は青空だったが、雲が殆どなかった。 山裾は杉と紅葉が交錯する。 山肌の露出部分と森林の境目がはっきりしている。 太陽が照りつけ、山肌の凹凸が強調される。 西に目をやると、紅葉が逆光に輝いて綺麗だった。 丁度紅葉の [続きを読む]
  • 和歌山城の秋
  •  まだ紅葉には早いかと思いつつ、11月10日頃に和歌山城へ足を向けました。やはりまだまだ見頃ではありませんでしたが、ようやく色づき始めた葉っぱが、今年も綺麗な紅葉を予感させてくれました。 天守閣の桜の紅葉は殆ど散っていた。 西の丸庭園のもみじは、まだ色づき始め。陽の当たる部分だけほんのり赤くなっていた。 池の上に鳶魚閣(えんぎょかく)と呼ばれる茶室があって静かな佇まい。 “モミジバフウ”が鮮やかに紅葉 [続きを読む]
  • 大台ヶ原の秋
  •  時期が前後しますが、10月下旬に大台ヶ原(東大台)へ行ってきました。標高1695mの日出ヶ岳から大蛇?まで立ち枯れの木や笹原が続きます。行った日は快晴で、丁度紅葉が綺麗な時期でした。 展望テラス付近から日出ヶ岳(ひでがたけ)の頂上を望む。青空が綺麗だった。 日出ヶ岳からの眺め。紅葉真っ盛り。 正木峠付近では一面の立ち枯れの木。 牛石ヶ原に着くと、神武天皇像が迎えてくれる。 圧巻はやはり大蛇?(だいじゃ [続きを読む]
  • 紅葉の高野山
  •  11月上旬、写真仲間と高野山へ行ってきました。高野山は他の関西地区に先駆けて紅葉の最盛期。例年より僅かに色づきが遅い部分もありますが、やはり圧倒されます。 金剛峯寺の前の紅葉は、真っ赤に色づいていた。 金剛峯寺の塀の屋根に苔が生え、紅葉とのコントラストが印象的だ。 裏門の入り口、杉木立に混じって、色づき始めたもみじ。 蛇腹道も紅葉が青空を覆っていた。 手水舎の水が紅葉に染まる。 数年前に比べて外国 [続きを読む]
  • 霊山寺のバラ
  •  奈良市富雄の里に、霊山寺(りょうせんじ)という真言宗大本山の寺院があります。境内は広く、林に囲まれた堂塔伽藍が静かな佇まい。かなり規模の大きい古刹ですが、そんな境内の一角にバラ園があります。お寺にバラ園はちょっとアンバランスな気がしますが、いろんな種類のバラが植えてあって結構本格的です。 境内のバラ園は本格的。洋風の花壇にしてあり、小さな池やモニュメントもあったりして結構広い。 白い格子に真紅の [続きを読む]
  • 雨上がりの奈良公園
  •  10月中旬、雨上がりの奈良公園。少し早起きして行ってみました。 雨が小止みになった猿沢の池。キョウチクトウ?の赤い花がまだ残っていた。 浮見堂は背景の山々に靄がかかって幽玄な雰囲気。 飛火野の広場では、子鹿が草を食んでいた。 この日は鹿の角切り行事が行われた。角切り会場に張られた白幕のそばで。 この日に角を切られた当事者ではないと思うが、頭の角痕が妙に気になった。 雨の早朝は人が少なかったのですが [続きを読む]
  • 今秋もコスモスフェスタ
  •  今秋も万博公園のコスモスフェスタへ行きました。10月中旬、色とりどりのコスモスが満開でした。 行った日は青空が広がり、コスモスの色合いが綺麗だった。 前ぼかしを入れて撮る。 望遠で迫ってみる。 キバナコスモスに混じって白やピンクの花。 黄色の畑に背の高い一輪のピンクが咲いていた。 コスモスを見るとああ秋だなと思うものの、この日は汗ばむほどの陽気。幼稚園児や小学生の遠足の時期とも重なって、平日にもか [続きを読む]