社労士 油原信makoto yuhara さん プロフィール

  •  
社労士 油原信makoto yuharaさん: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信
ハンドル名社労士 油原信makoto yuhara さん
ブログタイトル社労士 油原信makoto yuharaの情報発信
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/makotoyuhara/
サイト紹介文平成26年1月社労士登録。練馬区在住・練馬支部所属。平成29年3月開業。日々社労士情報を発信します。
自由文平成25年度社労士試験に合格し、平成26年1月に社労士登録。東京都社会保険労務士会練馬支部所属。練馬区在住。平成29年3月開業。社会保険労務士に関わる事柄を発信して参ります。1日1件のブログを書くことを目標としています。読んだ人が役にたったと思える内容を心がけます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供247回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2014/03/02 22:19

社労士 油原信makoto yuhara さんのブログ記事

  • 臨時労働保険指導員
  • 6月22日に臨時労働保険指導員として、労働基準監督署で平成29年度の労働保険年度更新の受付業務をしてきました。年に一度の業務であり、金額の計算を間違えられないというプレッシャーがありましたが、なんとか一日の業務を終了致しました。年度更新受付期間は6月1日(木)〜7月10日(月)までですが、来場されるお客様は、事業場の経営者の方、職員の方、提出代行を委託された社会保険労務士の方です。にほんブログ村↑ [続きを読む]
  • 電通本社を違法残業で略式起訴へ
  • 読売新聞の6月23日の記事によると、電通による違法残業事件で、東京地検は、独自捜査で新たに東京本社の幹部数人の労働基準法違反を認定した上で、同法の両罰規定に基づき、法人としての同社を近く略式起訴することが関係者への取材でわかった。地検が任意で事情聴取した山本敏博社長(59)が、法人としての責任を認めていることも判明した。東京労働局が書類送検した男性幹部1人を含む本社の幹部数人は不起訴(起訴猶予)と [続きを読む]
  • 継続雇用者の雇用形態/内閣府
  • 政府は6月16日、2017年版「高齢社会白書」を閣議決定した。高齢者の就業について、継続雇用制度を持っている企業に対し、その雇用形態についてたずねたところ、68.7%の企業が「自社の正社員以外(嘱託・契約社員・パート等)」、45.8%が「自社の正社員」と回答した調査結果などを紹介している。(調査はJILPTが実施したもの)。調査結果を拝見するに、まだ従業員としてワークをし、有期契約労働者は、制限を受けることになり [続きを読む]
  • 内閣支持率36% 不支持44%/毎日新聞調査
  • 毎日新聞17、18両日実施した全国世論調査によると、安倍内閣の支持率は36%で、5月の前回調査から10ポイント下落(6月18日の毎日新聞記事より)。不支持率は44%で同9ポイント上昇した。不支持率が支持率を上回ったのは2015年10月以来。学校法人「加計(かけ)学園」の問題や、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法への批判が影響したとみられる。 あまり、政治の話題 [続きを読む]
  • 商工会議所練馬支部 異業種交流会に参加
  • 今日は、東京商工会議所練馬支部の有志で作る異業種交流会「ネリマ水曜会」に参加してきました。今日の勉強会のテーマは、「ブル中野!ネリマ水曜会に乱入」 〜人生はリングから教えれた〜 でした。講師は、女子プロレス全盛期時代の悪役レスラーとして、人気を博したブル中野さんでした。幼少時代の話から、中学で女子プロレスに入り、相当な苦労をした話など、興味深いお話を聞くことができました。特に印象に残ったのは、自分が [続きを読む]
  • 福星堂事件〜トラックドライバーの過大請求〜
  • 神戸地姫路支判 平28・9・29のトラックドライバーのタイムカードの打刻を根拠とした、過大請求に対して、請求のすべてが使用者の指揮命令下にあったとは言えず、結果として約半額相当が残業代として支払いを命じられたケースです。原告は、トラックドライバーで、朝早い時は4時台のタイムカードの打刻があり、それ以外でも5時台、6時台もあったとされる。始業時間は8時30分であり、必ずしも4時台に出勤しなければならない事 [続きを読む]
  • 中小企業の働き方改革の推進業議会を新設【政府方針】
  • 6月9日の読売新聞の報道によると、政府は全国の雇用の約7割を占める中小企業の働き方改革を進めるため、全国都道府県に経営者の代表や金融機関、社会保険労務士などが参加する協議会を新設する方針を固めたとしている。協議会には、商工会議所や中小企業診断士などにも参加を求める予定。今後この協議会がどのような展開を見せるか、注視していきたい。にほんブログ村↑ランキングに参加しています。励みになりますので、応援お [続きを読む]
  • イクメンもつらいよ
  • こんなタイトルで話をすすめるとお怒りや忠告をもらってしまうかも知れません。6月10日にネット配信された毎日新聞の記事に妙に納得してしまいました。タイトルは「<イクメン>上司にも妻にも責められる男たちの苦悩」内容は、タイトルの通り、小さいお子様を持つ働き盛りの30代、40代のお父さんが育児をしようと早く帰宅したり、家事を手伝ったり、朝の保育園への送りを手伝ったりしても、なかなか会社でも理解してもらえ [続きを読む]
  • 建設業「週休2日」へ 政府基本計画策定
  • 6月8日の読売新聞の報道によると、政府は9日の閣議で、建設業での「週休2日」定着に向けた基本計画を決定するとしている。決定を受け、国土交通省は都道府県などに対し、発注する公共工事は週休2日を前提に工期に余裕を持たせるよう要請する。民間発注の工事にも広げ、長時間労働が常態化する建設業に「働き方改革」を促したい考えだ。基本計画は、建設業について「他産業では一般的な週休2日の確保が十分でなく、総労働時間 [続きを読む]
  • 休み方改革官民総合推進会議(仮称)
  • 6月7日付日経新聞の報道によると、政府は、休暇が一時期に集中するのを見直し、企業にも有給休暇の取得を促すなどの「休み方改革」に乗り出すとしている。6月中に官民からなる「休み方改革官民総合推進会議」(仮称)を新設。官民をあげて休暇の充実した過ごし方なども提案する。各省は同会議での議論を踏まえ、関連施策を2018年度予算案の概算要求に反映させる方針だ。 政府は長時間労働の是正など「働き方改革」の考え方 [続きを読む]
  • 「時差Biz」参加企業を募集/東京都
  • 東京都は、7月11日〜25日の期間、快適な通勤を体験してもらう取組「快適通勤ムーブメント『時差Biz』」を実施するとして、現在参加企業を募集している。時差Bizとはクールビズを文字って、時差出勤で楽になろうということなのでしょう。この取組は、働き方改革の一環として、フレックスタイム制などを活用し、通勤ラッシュ回避のために通勤時間をずらす「時差出勤」を促そうというものです。確かに、日本に初めて赴任した外国 [続きを読む]
  • 練馬区の専門相談員
  • 今日は、練馬区の外郭団体である練馬ビジネスサポートセンター(通称:ネリサポ)で、専門相談員として出勤してきました。ネリサポは、練馬区内中小企業の経営支援と起業・創業支援の総合窓口です。ネリサポの専門相談コーナーは、社労士、税理士、弁護士、中小企業診断士が曜日ごとに「起業・創業」「法律」「労務」「販路拡大・集客」「経営」「税務」等の相談をワンストップで行うための練馬区の行政窓口です。私は、社労士とし [続きを読む]
  • トラックドライバーの荷待ち時間等の記録を義務付け/国交省
  • 国土交通省は5月31日、トラックドライバーの業務の実態を把握し、長時間労働等の改善を図るため、荷主の都合により待機した場合、待機場所、到着・出発や荷積み・荷卸しの時間等を乗務記録の記載対象として追加する「貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令」を公布した。施行日は2017年7月1日。なかなか縮まらないトラックドライバーの長時間労働是正に向けた効果を期待したいところである。国交省の該当の [続きを読む]
  • 障害年金無料相談会に参加〜精神の障害に係る等級判定ガイドライン〜
  • 今日は、社労士の有志で活動する一般社団法人年金トータルサポート・コスモの会員で行う「障害年金無料相談会」に参加してきました。当会は月2回、練馬区内で主に精神障害者の方のための無料障害年金相談を行っています。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、都道府県ごとに障害年金の認定にばらつきがあることが指摘されていて、平成28年9月1日より、「精神の障害に係る等級判定ガイドライン」が適用されるようになりま [続きを読む]
  • 研修医自殺を労災認定【新潟市民病院で長時間労働】
  • 6月1日の時事通信のニュース報道によると、新潟市民病院(新潟市)に研修医として勤務していた木元文さん=当時(37女性)=が昨年1月に自殺したのは、長時間の時間外労働が原因だとして、新潟労働基準監督署が5月31日に労災認定していたことが分かった。代理人の弁護士によると、木元さんは2015年4月から同病院に勤務。半年後の秋ごろから「もう病院に行きたくない」などと訴えるようになり、2016年1月に自殺した [続きを読む]
  • 東京都社労士会 総会に参加
  • 今日は、東京都社労士会第39回通常総会および東京都社労士政治連盟第37回定期大会が行われ、練馬支部の代議員として、参加してきました。平成28年度の事業報告が現前田東京会会長より、執り行われました。総会の会場は、ホテルニューオータニのバンケットルームを貸し切り、総勢201名の有効数に対して、実際の出席者は171名でした。また、本会および政治連盟の新役員が決定し、大野実新東京会会長のもと、副会長、理事 [続きを読む]
  • 賃金研究会に参加〜介護事業所向け評価・賃金制度〜
  • 今日は、糸賀さんが主催する月一回の賃金研究会に参加しました。発表者は、社会保険労務士の田中葉子女史でした。テーマは、「ピンチかチャンスか?介護事業所向けの評価・賃金制度〜助成金を使った導入例〜」でした。参加者20名のところに4グループに分かれて、実際に評価制度を介護事業所から依頼があった場合を想定したワークも取り入れるなどして、考えさせられる勉強会となりました。また、介護事業所の評価制度導入にあた [続きを読む]
  • 「待機児童ゼロ」3年先送り 今年度末の達成は絶望的
  • 今日のフジテレビのニュースによると、安倍首相は3月31日、待機児童の解消について、2018年度から新しいプランに取り組み、遅くとも2020年度末までの解消を目指す方針を表明した。2017年度中の待機児童ゼロの目標は未達成となる。 安倍首相は「今度こそ、待機児童問題に終止符を打つ。2018年度から『子育て安心プラン』に取り組む。2年間で予算は確保し、遅くとも3年間で全国の待機児童を解消していく」と述べた。 新たなプ [続きを読む]
  • 待機児童 昨春比微増(読売新聞調べ)
  • 本日の読売新聞朝刊の記事によると、認可保育施設への入所を希望しながら、入れない待機児童の数は、昨年春と比べて増加していることがわかった。根拠は、読売新聞が独自に行った調査委結果を基にしており、150自治体に対して131自治体から回答があり、待機児童の数は1万6,926人となった。(前年比204人(1%)増となった)各地で保育施設の整備が進んでいるものの依然、解消に至らない実態が浮き彫りになった。と [続きを読む]
  • 第1回生産性向上国民運動推進協議会
  • 平成29年5月24日、安倍総理は、総理大臣官邸で第1回生産性向上国民運動推進協議会を開催しました。会議では生産性向上に関する4社(飲食業、小売業)の取組事例が報告された。安倍首相は冒頭の挨拶で、「働き方改革とともに生産性向上のための改革と人づくりのための改革に一体的に着手していく」などと述べた。長時間労働の是正や年休消化率のアップなどを実践していくには、企業のアウトプットを同じもしくはそれ以上にす [続きを読む]
  • 社労士未来思考研究会のセミナーに参加
  • 本日は、第6回社労士未来思考研究会の勉強会に参加してきました。講演者は、青山学院大学経営学部教授の山本寛先生でした。テーマは、「働き方改革と中だるみ社員の罠〜働く人のキャリアの停滞の観点から〜」。山本先生は、ご専門が人的資源管理論ですので、現在の働く側の問題として、しくみとしてキャリアが停滞し、モチベーションが上がらない状況があることをご指摘されていました。その上で、仕事の停滞をどう解消して、労働 [続きを読む]
  • 第4回フリーエージェントスクールに参加
  • 今日は、練馬区の創業塾で講師をされた水谷昭彦先生のご紹介で、フリーエージェントスクールに参加してきました。当スクールは、独立された方や独立予定の方が実践的なスキルを学習する場として、少人数でセミナー+懇親会形式で行います。フリーエージェントスクール2017も、今回で4回目を数えます。本日の講師は、水谷先生で、テーマは「話し方で未来をひろげる」です。売れっ子研修講師ならではのテーマで、本日も気づきの [続きを読む]
  • 平成29年度運行管理者等基礎講習講師
  • 今日は、府中にて、平成29年度運行管理者等基礎講習(前期)の講師をしてきました。と言っても、私の受け持ちは、全3日間の講習の内の労働基準法と「自動車運転者の改善基準告示」の1時間50分です。主催は、独立行政法人自動車事故対策機構(=NASVA)で、会場は200名近い受講生でした。運行管理者試験も近年は難化してきているとのことで、合格率も30%前後です。皆さん、真剣な眼差しで、講義を受けていらっしゃいま [続きを読む]