社労士 油原信makoto yuhara さん プロフィール

  •  
社労士 油原信makoto yuharaさん: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信
ハンドル名社労士 油原信makoto yuhara さん
ブログタイトル社労士 油原信makoto yuharaの情報発信
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/makotoyuhara/
サイト紹介文平成26年1月社労士登録。練馬区在住・練馬支部所属。平成29年3月開業。日々社労士情報を発信します。
自由文平成25年度社労士試験に合格し、平成26年1月に社労士登録。東京都社会保険労務士会練馬支部所属。練馬区在住。平成29年3月開業。社会保険労務士に関わる事柄を発信して参ります。1日1件のブログを書くことを目標としています。読んだ人が役にたったと思える内容を心がけます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2014/03/02 22:19

社労士 油原信makoto yuhara さんのブログ記事

  • 平成29年度運行管理者等基礎講習講師
  • 今日は、府中にて、平成29年度運行管理者等基礎講習(前期)の講師をしてきました。と言っても、私の受け持ちは、全3日間の講習の内の労働基準法と「自動車運転者の改善基準告示」の1時間50分です。主催は、独立行政法人自動車事故対策機構(=NASVA)で、会場は200名近い受講生でした。運行管理者試験も近年は難化してきているとのことで、合格率も30%前後です。皆さん、真剣な眼差しで、講義を受けていらっしゃいま [続きを読む]
  • 労基署業務の初期調査を社労士に民間委託か
  • 5月22日、読売新聞夕刊一面にタイトルの記事が掲載されており、目を引きました。以前から政府の規制改革推進会議が、労基署業務の民間委託を安倍首相に提言していることは、ニュースで取り上げられていました。今回はその答申案が明らかになったとの記事です。同答申案のポイント1.労基署監督業務の一部を2018年度から社労士らに委託し、残業規制などへの監督を強化する2.行政手続きの電子化などを進めて、事業者の作業 [続きを読む]
  • 第1回「ニッポン一億総活躍プラン」フォローアップ会合
  • 安倍首相は5月17日、官邸において、第1回「ニッポン一億総活躍プラン」フォローアップ会合を開催した。安倍首相は議論を踏まえ、「一億総活躍の延長として働き方改革を推進しており、3月末に働き方改革実行計画を決定した。(具体的な内容は以下のURL参照)また、一億総活躍の最大のチャレンジとして、スピード感をもって実行していくと述べた。政府が策定した「ニッポン一億総活躍プランフォローアップ資料」は以下を参照下 [続きを読む]
  • 障害者相談支援事業所「なないろ」の学習会に参加
  • 今日は、さいたま市にある障害者支援事業所「なないろ」の地域オープン学習会に参加してきました。テーマは、「障害のあるお子さんの生活について知って欲しいこと」です。2部構成で第1部テーマ:「障がいのある方と保護者のライフプランとお金のはなし」講師:ライフサポート株式会社のコンサルティング部部長の富岡竜一氏第2部テーマ:「障害年金についての基礎知識と実務」講師:カンパニュラ経営労務研究所 代表 特定社会 [続きを読む]
  • 第2回労働政策審議会・同一労働同一賃金部会
  • 厚労省は、5月15日、5月12日に開催された第2回労働政策審議会労働条件分科会・職業安定分科会・雇用均等分科会同一労働同一賃金部会の議事録を公表した。議事録および資料によると、現行制度では、均等待遇の規定は、有期雇用労働者については規制がない。また、派 遣労働者については、均等待遇だけでなく、均衡待遇についても規制がない。この状況に対して、以下の提案がされた。→均等待遇規定(①職務内容と、②職務内 [続きを読む]
  • 非正規割合37.3%、2期連続の低下
  • 総務省が5月9日公表した「労働力調査・詳細集計(速報)」によると、2017年1〜3月期平均の役員を除く雇用者は5,402万人。このうち・正規の職員・従業員は3,385万人で前年同期比+47万人↑・非正規は2,017万人で対前+4万人↑増加。雇用者に占める非正規の職員・従業員の割合は37.3%で2期連続の低下となった。政府が推し進めるキャリアアップ助成金の活用や来年4月に迫った有期雇用者の無期転換制度への前倒しとして正規社 [続きを読む]
  • 練馬区の無料経営相談会に社労士として参加
  • 本日は、練馬ビジネスサポートセンター(通称ネリサポ)主催の無料経営相談会が、練馬区駅前のココネリ研修室で行われました。税理士・社会保険労務士・中小企業診断士がワンストップで経営者の相談に乗るもので、平日になかなかネリサポの専門相談に来所できない経営者のために、初めての事業として日曜開催をしてものです。毎週火曜日にネリサポの専門相談をもう一人の社労士とやらせていただいている関係で、当日は社会保険労務 [続きを読む]
  • 創業!ねりま同窓会 勉強会に参加
  • 今日は、練馬区主催の起業支援事業である「創業!ねりま塾」の受講生で作る自主勉強会に参加してきました。私は平成26年春に4回のセミナーを受講していて、現在は各期ごとの世話人のひとりとして、受講生のネットワーク組織の運営をしています。といっても、活動は月1回の有志での勉強会の開催と、毎年春と秋に行われる起業塾の受講生の同窓会への勧誘です。今回の発表者は、平成28年春にねりま塾を受講され、現在は株式会社 [続きを読む]
  • 陸送研究会に参加
  • 今日は、貨物自動車の事業主を顧問に持っている社労士や運送会社に勤務する社労士の有志の勉強会に参加しました。話題としては、労働基準監督業務の民間への外部委託の話がでました。これは、今年の3月9日に開かれた政府の第12回規制改革推進会議において、労働基準監督署の業務の一部を社会保険労務士などの民間に委託する提言がまとめられたことに関しての内容です。働き方改革や長時間労働の是正などが社会問題化する中で、 [続きを読む]
  • 健康保険申請書類とマイナンバー
  • 最近、マイナンバーが社会保障関係の申請書類等で、どこまで記載が必要になったか確認する機会がありました。雇用保険、労災保険、厚生年金保険ではすでにマイナンバー記載が、必要となっています。健康保険がわかりづらいですね。健康保険には、協会けんぽと会社独自の組合健保の2種類がありますが、マイナンバーの記載が平成29年1月から必要となったのは、組合健保の方だけであることを確認しました。というのは、今日、協会 [続きを読む]
  • 商工会議所練馬支部 異業種交流会に参加
  • 今日は、東京商工会議所練馬支部の有志で作る異業種交流会「ネリマ水曜会」に参加してきました。今日の勉強会のテーマは、「温故知新!練馬と江戸の江戸時代を知る〜環境問題に歴史学を用いてのアプローチ〜」でした。講師は、元練馬区職員(学芸員)、現法政大学の歴史学の教授でいらっしゃる根崎光男先生でした。江戸時代の古文書から紐解いた練馬や板橋の当時の生活などをご講義いただき、しばし江戸時代にタイムスリップしたよ [続きを読む]
  • 地元練馬で銀行さん主催の勉強会に参加
  • 今日は、商工会議所練馬支部の異業種交流会で知り合った西武信用金庫大泉支店の勉強会であるニューリーダーズクラブ21に参加してきました。18:00からの勉強会のテーマは「交渉の基本」で、実際にロールプレイで交渉のやり方の実体験をしました。自分の交渉の仕方の癖がわかり、有意義な時間を過ごしました。勉強会の後は、西武信用金庫さんの会議室で簡単な懇親会をし、二次会はいつもの地元の焼肉屋さんで行いました。にほ [続きを読む]
  • 障害年金無料相談会に参加〜第3者証明〜
  • 昨日は、社労士の有志で活動する一般社団法人年金トータルサポート・コスモの会員で行う「障害年金無料相談会」に参加してきました。当会は月2回、練馬区内で主に精神障害者の方のための無料障害年金相談を行っています。障害年金は、初診日要件、保険料納付要件、障害認定日要件の3つを最低でもクリアしなくては、請求するところまで至りません。そして、初診日と思われる日がかなり以前で、現在の障害の原因となった医者にかか [続きを読む]
  • 東京都「働き方改革宣言企業」の募集要項
  • 今日は、昨日のブログに引き続き、東京都の奨励金制度である「働き方改革宣言奨励金」の募集要項についてポイントをご紹介します。1.奨励の条件①対象事業者の要件→都内に事業所を構える企業で、2名以上の雇用者がいて、就業規則を作成して労基署に届け出ていることなど②奨励事業の実施→働き方改革宣言事業として、都が定めた「働き方の改善」(フレックスタイム制度、テレワークなど7項目)または「休み方の改善」(年休の [続きを読む]
  • 東京都 働き方改革宣言奨励金の募集受付開始
  • 東京都は、政府が推し進める働き方改革を、東京都独自の方法で推進すべく、平成29年度も「働き方改革宣言企業」を募集し、奨励金制度を設けている。5月10日より同宣言企業の募集受付が開始される。この奨励金制度は、都内に住所を持つ企業に対し、働き方・休み方の改善にかかる経費を助成することにより、企業の働き方改革を推進することを目的にしている。奨励金交付額は以下の通り。1.働き方改革宣言事業:30万円2.制 [続きを読む]
  • 障がい者のための「地域生活支援拠点」とは
  • 地域生活支援拠点とは、障害者の重度化・高齢化や「親亡き後」を見据え、相談、体験の機会、緊急時の対応等の必要な機能を備えた拠点として、厚労省がその整備を推し進めているところである。しかし、現在のところこの地域生活支援拠点等の整備は必ずしも進んでいない状況であり、今後、各市町村等において早急に整備に向けた検討を行っていただく必要があるとしている。厚労省は、平成28年12月12日(月)に「地域生活支援拠 [続きを読む]
  • 国交省/建設業の社会保険未加入対策について
  • 国土交通省は、平成29年度に入り引き続き社会保険未加入対策を推し進めるために、関連する資料やQ&Aを掲載しています。建設業では平成29年度を目処に、企業単位では許可業者の加入率100%、労働者 単位では製造業相当の加入状況を目指して社会保険の加入促進に取り組んでいます。 当該社会保険加入にあたって、社会保険労務士が相談窓口となっています。国交省作成の社労士窓口のパンフレット↓http://www.mlit.go.jp/co [続きを読む]
  • 職場のパワハラに関する実態調査の公表/厚労省
  • 厚生労働省は、4月28日に平成24年度以来となる「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」を実施し、このほど、報告書を取りまとめ公表した。 主な調査結果は、以下の通り。1.従業員向けの相談窓口で、相談の多いテーマは、パワーハラスメント(以下パワハラ)(32.4%) が最も多い。2.過去3年間に1件以上パワハラに該当する相談を受けたと回答した企業は、 36.3%3.過去3年間にパワハラを受けたことがあると回答 [続きを読む]
  • マイナビ 来春就職予定者の意識調査を発表
  • 株式会社マイナビは、4月24日、2018年3月大学卒業予定者の就職意識についての調査結果を発表した。この調査は1979年卒の調査以来続けているもので、大学生の就職意識(大手企業志向、企業選択のポイント、就職希望度など)を調査している。これから各企業とも新年度の採用活動が本格化してきますが、採用部署は超売り手市場の中、優秀な人材を確保するために、どんなことに取り組む必要があるのかを調査結果を参照しな [続きを読む]
  • 電通女性社員過労自殺 3支社幹部ら書類送検、捜査終結
  • 4月25日の産経新聞の記事によると、大手広告会社の電通(東京都港区)が社員に違法な残業をさせていた事件で、厚労省は4月25日、労働基準法違反容疑で、法人としての同社と、中部(名古屋市)、関西(大阪市)、京都(京都市)の各支社の幹部らを書類送検した。厚労省はすでに昨年12月末、新入社員の高橋まつりさん=当時(24)=ら2人に違法な残業させていたとして、法人としての電通と、上司だった幹部社員1人を書類 [続きを読む]