お化け さん プロフィール

  •  
お化けさん: ゾッとする怖い話と不思議な話
ハンドル名お化け さん
ブログタイトルゾッとする怖い話と不思議な話
ブログURLhttp://ma.horror-666.net/
サイト紹介文背筋がゾッとするような怖い話と、世にも奇妙な摩訶不思議な話を紹介しています。
自由文エンターテイメントとしての、娯楽ホラーサイトです。恐怖を感じると、人は自分の生を実感することができ、幸せ感を増やすことができると言われています。ぜひ、楽しむための恐怖心を味わってみてはいかがでしょうか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/03/04 21:55

お化け さんのブログ記事

  • じいちゃんの幽霊
  • じいちゃんの幽霊友人Yから聞いた話。 今から二年ほど前、Yの爺さんが死んだ。 Yは昔から超が付くほどの爺さんっ子だったもんだから、葬式のときなんかは年甲斐もなく鼻水たらしながらわんわん泣いたらしいのだが、 ちょうどその爺さんが死んでから、初七日の日の事。 その日はYの住んでるところでは暴風警報が出されたくらいにやたら風の強い日にも拘らず、学校からの帰りのバス賃も底をついたYは、仕方なく家まで歩くことに。 途中 [続きを読む]
  • 四国八十八箇所を逆に回る「逆打ち」
  • 四国八十八箇所を逆に回る「逆打ち」四国八十八箇所を逆に回る「逆打ち」をやると死者が蘇る。 映画「死国」の影響で逆打ちをそういう禁忌的なものとらえている人も多いのではなかろうか? 観光化が進み、今はもうほとんど見ないようだが、 真っ白い死装束のような巡礼服を着て順打ち(八十八箇所を普通に回ること)をしている姿はまるで死での旅のように不気味で(実際行き倒れも多かったらしい)、 確かにその逆をやれば死者の一人二 [続きを読む]
  • 橋北中学校水難事件
  • 第二次世界大戦中の7月28日、米軍の空襲を受け250名もの人間が命を落とした。 火葬仕切れない遺体はこの海岸に埋められたと伝えられる。 そして昭和30年、この場所で水泳教室を開いていた中学校の1学年女子生徒36人が溺死した。 生存者はわずかに9人。 一度に出た水難事故死としては日本最大である。 生存者の証言によると、もんぺ頭巾の姿のモノが女子生徒を海に 引きずり込んでいたという。 これは一人だけでなく、生き残った生 [続きを読む]
  • 無人島の祠で見たもの
  • 無人島の祠で見たもの実体験。フェイクいっぱい。脚色あり。 とっても長い話だし、文章も下手だから興味ない人は読まないで下さい。 もう10年近く前の話。 私は友達と3人でキャンプに行ったんだ。 砂浜でつながった無人島。 私の地元で、中学の時はよくそこで遊んだ。 夏場は家族連れも普通にキャンプするような島。 私は女、AとBは男、中学の時の同級生。 3人とも19歳だった。 Bが一浪で大学に受かって、晴れて3人とも [続きを読む]
  • 石の怖い話
  • 石の怖い話すみませんお待たせしました。 ここの人たちだったら信じてくれると思います。 霊感とかそんなもん無いと思うが、実体験を書いておきます というか僕と友人の話しなのですが、どちらかというと友人の方が霊感みたいなものがあったんだろうと思います。 ひょっとして怖くないかも知れません。最初に言っておきます。 長くなります上に、文章へたくそなので面倒な人はスルーしてください。 大阪弁が使われており、読みにく [続きを読む]
  • 転校してきた変な子との思い出
  • 転校してきた変な子との思い出T君が転校してきたのは小学五年の五月か六月くらい、一学期の中途半端な時期で、どこといって目立つところのない、おとなしい奴だった。すごく色白だったのが印象に残っている。別にアルビノとかそういうんじゃなかったけど、九州の田舎の、子供はみんな黒々と日焼けしている土地だったので、なんか珍しい感じだった。友達を作るのは苦手なようだった。イジメってほどじゃないが、なんとなく仲間の輪 [続きを読む]
  • 下心は恐怖の始まり
  • 下心は恐怖の始まり以前遠距離恋愛をしていた。 彼女は関西、俺は東京に住んでいた。 九月の三連休、知人に車を借りて彼女に会いに行くことになった。 会社での仕事を終えて、夜の十一時くらいに東京を出発した。 体は疲れていたが、彼女会いたさに強行した感じだった。 途中のサービスエリアで仮眠をとるつもりだったが、久々の長距離運転で興奮し、まったく眠たくなかった。 それでも、どこかで休まなければ、翌日の予定が狂って [続きを読む]
  • コンピューターが予測する余命と死相
  • コンピューターが予測する余命と死相死ぬほど怖くはないけど、じんわりと背筋が固まるような話を。 ただ、俺はこれ最恐に怖い話だと思ってる。 さっきテレビで関係する話が出てて思い出したので。 数年前の事。俺はとある企業でとある研究チームの一員だった。といっても白衣を着て薬品を扱うような研究職じゃない。 俺達がやってたのは「カメラの顔認識システムとその応用」の研究。 1台のメインコンピュータにアプリケーションを [続きを読む]
  • 実話なら怖すぎる話 アメリカで起きたネットの殺人予告
  • 実話なら怖すぎる話 アメリカで起きたネットの殺人予告1990年の10月、私がアメリカの大学で経験した話。 アメリカの学生はとにかく課題レポートを書かされる。もちろんパソコンを使って仕上げるわけで、私の大学には50台程度のコンピューターが整備されているラボがいくつもあった。学生はここで夜通しレポートをタイピングするわけだ。 その日も私は相変わらずレポート作成に忙しかった。夕食を済ませ、寮から荷物を抱えてコンピ [続きを読む]
  • 不気味で怖い話 イエンガミ
  • 不気味で怖い話 イエンガミ先日亡くなった暗子(仮)が実は生きてて、暗子を助けようとしていた陽子(仮)が行方不明になった。 ということがありました。 ここに投稿していいのか悩みましたが、個人的に大変府に落ちなかった&怖かったので書かせていただきます。 心霊系の話ではないし、かなり長くなる、そして最後の結論はでていない(決定的)なので、苦手な方はスルーしてください。 本当に長いので夜中の投稿失礼します。 今年 [続きを読む]
  • マンションのエレベーター
  • マンションのエレベーターつい先週の話なんだけど、友達の家で遊んだ帰りにエレベータの故障に遭遇した。 ドア横のボタン押したら即扉が開いたんだ、エレベータの足場が来てないのに。 一瞬「おぉっ?」ってなったけど、その時は特に怖くはなかった。珍しい事もあるもんだ、でもこれあぶねーな、程度の認識だった。 そんで危ないのはわかってたけど滅多に見れるもんでもないし、と思って少し距離取ってエレベータの空洞眺めてたん [続きを読む]
  • リサイクルショップの怖い話 晴れ着
  • リサイクルショップの怖い話 晴れ着俺が大学生生だった10年くらい前の話なんだけど 自称霊感の強い後輩Aと古いリサイクルショップへ行ったときの話 リサイクルショップと言っても築30年は軽く経ってそうな ボロボロの外観の骨董品屋と言ったイメージだ 店の上の看板には「貴金属・骨董品・電化製品・オーディオ」と 手書きで書かれており、おそらく骨董品屋からなんでも屋になったんだろう もともとAの電子レンジを買うため [続きを読む]
  • 不気味な話 失踪した友達
  • 不気味な話 失踪した友達大学4年生の11月、Aの就職がようやく決まった。 本人は小さな会社だと言っていたが、内定を貰えたことに変わりはないし、晴れて仲間内全員の進路が決まったことで、1月に旅に行く運びとなった。 旅の発案をしたのはAだった。 レンタカーを借りて、東京から日本海側を北上し青森を目指す計画だ。 当時運転免許を持っていた僕とCが交代で運転をする代わりに、 AとBとDがレンタカー代とガソリン代を払 [続きを読む]
  • 軽でドライブ うたて沼
  • 軽でドライブ うたて沼もう10年くらい前、俺がまだ学生だった頃の出来事。 当時友人Aが中古の安い軽を買ったので、よくつるむ仲間内とあちこちドライブへ行っていた、その時におきた不気味な出来事を書こうと思う。 ある3連休、俺たちは特にすることもなく、当然女っけもあるわけもなく、意味も無く俺、A、Bで集まってAのアパートでだらだらとしていた。 そしてこれもいつものパターンだったのだが、誰と無くドライブへ行こうと言 [続きを読む]
  • いなくなってしまった一人
  • いなくなってしまった一人※この話は2013年に体験された話だそうだ。今年の2月に起きた本当の話。そろそろ自分の中でも整理ができてきたので投下する。 今大学4年で就職も決まり学校生活も落ち着いたので、念願の車の免許を取るべく免許合宿に行ったんだ。俺の地元は近畿なんだが、合宿場所は中国地方だった。そこで地元が同じである4人の大学生と仲良くなった。 毎晩話をしているうちに免許合宿が終わったらお祝いもかねて何 [続きを読む]
  • 小学生時代のトラウマ 廃屋
  • 小学生時代のトラウマ 廃屋小4のときの話。 たぶんみんな経験があると思うけれど、小さい頃って「廃屋」があるって聞いただけで冒険心が疼いて仕方ないと思うんだ。 俺自身もあの日は家からそう遠くない場所にまだ探検してない「とんでもない廃屋」があるって聞いて、狂ったように喜んだのを憶えてる。 狂ったようにって書くと大げさだと思われるのは分かってるけど、その日付が問題で、 「夏休み前日」。 ただでさえテンション [続きを読む]
  • 人の顔に反応するアプリで幽霊探し
  • 人の顔に反応するアプリで幽霊探し写真や動画共有チャットアプリ「Snapchat(スナップチャット)」。スナップチャットは、顔を認識するとエフェクトをつける機能がある。ある女性が夜勤の最中に、誰もいないトイレからコール音が聞こえてくることを不思議に思い、スナップチャットを使ってみたそうだ。すると、犬のエフェクトが作動した・・・・人の顔に反応する機能が、誰もいない場所で反応してしまったのだそうだ。そこには、何が [続きを読む]
  • 不動産屋の話 空気の重い物件
  • 不動産屋の話 空気の重い物件自覚している限り、霊能力はゼロに等しいと思っている私が先日体験した話です。 少し状況を整理したいので前置きが長くなってしまいますがお許しください。 私は埼玉県の不動産屋で働いています。 取り扱っているのは売買の仲介であり、広告媒体等に掲載する為に物件を調査し、現地写真を撮影しに行くのも仕事の一環になっています。 とあるデベロッパーが新築分譲した全20棟の大きな現場があるのです [続きを読む]
  • 妖怪?用水路に現れたおじさん
  • 妖怪?用水路に現れたおじさん小学校4年生の夏休みのことで、今でもよく覚えてる。 川と古墳の堀をつないでる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。 3時頃から始めたんだけど、いつになくたくさん釣れるので面白くてやめられなくなった。 だんだんあたりが薄暗くなってきて、日の長い時期なので7時近かったと思う。 そろそろ帰らないと怒られるな、もう一匹だけ釣ったらやめようと思っていたら、ガサガサと藪を [続きを読む]
  • 縁起の悪い自殺橋
  • 縁起の悪い自殺橋高校生時代、陸上部で短距離走をやっていた俺は、夜学校が閉まってからも練習をする熱心なスポーツマンであった。といっても、学校内に残って練習するわけではなく、自宅周辺の道路を走るのである。中でも練習に好都合な場所は、100メートル程の長さのある橋の歩道であった。住宅地では不可能な100メートルダッシュの練習が、思いっきりできたのだ。だがその橋には縁起の悪い問題があった。 自殺である。 河を渡る [続きを読む]
  • この世に呪いはあるのか?
  • この世に呪いはあるのか?ここの住人に聞きたい。呪いって信じる? 俺は心霊現象とかの類は、まったく気にとめる人間じゃない。 だから、呪いなんか端から信じていない。呪いが存在するなら、俺自身この世にはもう居ないはずだから。 自分自身で書くのも嫌になるが、今までもの凄い数の人たちを傷つけてきた。さすがに人を殺すような事はしてこなかったが、何人もの女の人生を台無しにしてきた。ヘルス嬢になった奴。ソープ嬢にな [続きを読む]
  • 心霊写真が撮れた倉庫
  • 心霊写真が撮れた倉庫もう10年以上前の、大学時代のこと。 実家の近所にある小さい運送会社で荷分けやトラック助手のバイトをしていた。 現場を仕切っていたのは、社長の息子で2つ年上の若旦那。 んでバイト仲間に同じく大学生のAくんがいた。Aくんは自他共に認めるアホキャラだったが、明るくて元気で同僚としてはすごくイイ奴だった。 会社は町外れの国道沿いにあったけど、隣町の商店街の近くにも倉庫があった。 倉庫といっても [続きを読む]