torajiro さん プロフィール

  •  
torajiroさん: torajiro隠れ部屋
ハンドル名torajiro さん
ブログタイトルtorajiro隠れ部屋
ブログURLhttp://ameblo.jp/sanbancyo/
サイト紹介文ジョーク80%、シリアス20%。ボケ防止、頭の柔軟体操目的に書いています。
自由文経営陣の乱脈・不正で倒産寸前の会社で、若い社員たちの反乱が起きて、前経営陣追放となる。
私は定年退職直前でしたが、クーデターに協力した縁で新経営陣に加わり、定年後も勤務しています。
そんな経緯から社員たちに頭が上がらず、イジラレっぱなしという、奇妙な日々を送っています。
私はエラくも何ともない若い子たちのお手伝い役。
奇妙な会社での奇妙に日々を、思いつくままブログに綴っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 30日(平均7.2回/週) - 参加 2014/03/05 10:32

torajiro さんのブログ記事

  • ラトビアより美女来たる…
  • 冗談で誘ったのに本当にいらっしゃるとは…みんなで賭けをしてたんですが大損です 国際会議の楽しみ方とは…ある大学研究室が主催した国際会議にお誘いを受ける。秘書に言えばテーマが仕事に無関係だと却下されるに決まってるとあって、ひとりこっそりのお出かけとなりました。どうしても出たかった理由?ラトビアより美女来たる。(^^) 美女大国 ラトビア…東欧バルト三国で知られるラトビア。世界屈指の、美女で名高い国であ [続きを読む]
  • ノマドワーカー嬢 ギブアップ
  • ノマドワーカー廃業したいって?お好きなように うちじゃ雇わないよ ノマドワーカー嬢の幻想敗れる…ノマドは遊牧民の意味。働く場所を限定せず、ノートPCやスマホをカバンに入れ、遊牧民のように街中のWi-Fiを備えたカフェ等のスペースを渡り歩いて仕事をこなす人たちのことをノマドワーカーと呼ぶ。つまり、モバイル時代のフリーランス労働者の意味です。 数年前、うちの会社でオツボネさま(現副社長)率いる改革派反乱軍のクー [続きを読む]
  • 父の日 生涯初の贈り物
  • 贈り物は有難いのだがその行儀の悪さ なんとかならんか… 父の日、生涯初の贈り物…ホームスティのオーストラリア娘よりオーストリア・チロルハットを頂戴いたしました。しかも、父でもない私に?これまた奇々怪々、ヒジョーにややこしい。 我が家は賑やか好きの若奥さまの影響で、客人が集まる度にのべつパーティをやってるという騒々しい一家であります。その代わり、誕生日だのなんとか記念日だのの催しは一切なし。これは、私 [続きを読む]
  • 和菓子の真髄
  • 和菓子の真髄は季節感にあり今の季節なら紫陽花 菓子職人は茶人であるべし…和菓子には諸系統がありますが外国人のお客さんに「これが和菓子です」と紹介するとすれば、いわゆる「生菓子(おもがし)」でありましょう。お茶会などに呼ばれた時に出てくる、工芸品を思わせるような菓子です。 和菓子屋さん、菓子処が街からどんどん消えていく。コンビニや量産菓子チェーンにお客を奪われたせいですが、この手の高級和菓子はクチコ [続きを読む]
  • Good bye 我が郷土の名花 野際陽子
  • 女子アナはオカチメンコの職業かと思ったのにこれはまた突然変異の美形アナ出現! 1960年 白黒テレビ我が家に来たる…ラジオで親しみ憧れを抱いていたアナウンサーやタレントたち。いよいよテレビで初対面となりました。出てくるのはどいつもこいつもラジオのイメージとはかけ離れた「残念」な顔ばかり。 親父が栄養失調みたいに痩せこけた黒柳徹子を見て驚く。「可哀想に、飯食うとるのか?コメを送ってやれ!」と騒ぎ出す。 特 [続きを読む]
  • 今日は暑中見舞いの日
  • お化けとは失礼な夏のあいさつ暑中見舞い 暑中見舞い、書いたことある?このブログのために急遽こしらえました。暑中見舞いなんて何年振りでしょうか。自分からお見舞い葉書を出したのは30代まで。以降は書いたためしがないし、いただいても返事しないから2度と来なくなる。確か10数年前、息子が結婚した年に特例的に若奥さまの父君に葉書でご挨拶したっけ。それ以来、書いた記憶がない。 Eメールでなら別件で送信する際に冒頭の [続きを読む]
  • 問題は今日の雨 傘がない
  • 毎度馬鹿馬鹿しい話傘さんお迎えの図 「アメフリ」新解釈…今はもう歌う人もいなかろうが北原白秋の童謡「アメフリ」。私は幼い頃に「あめあめふれふれ カサさんが…」と間違えて覚えておりました。あとで学校で習い誤りに気付いたものの、私にとって迎えが必要なのはあくまでも傘であり、持って来るのは誰だって良かった。だから、訂正する必要を感じず、ずっとそのままで正しいものと信じていたのです。 母が仕事で忙しく、傘を [続きを読む]
  • 傘の骨と布との官僚主義的関係
  • 雨々降れ降れ 傘さんが〜?布が強きゃ骨がイカれ、骨が強きゃ布がイカれ… 傘の布と骨との矛盾した関係確率的には風で骨が折れて使用不能というケースが多かろう。脆弱なビニール傘は別として、布の方は意外に丈夫である。願わくば、壊れるなら骨と布同時に壊れていただきたいと思うのは私だけではあるまい。 長く持たせたければ骨の丈夫な傘を買うことになるが、骨と布を固定してある糸が外れたり緩んだりしやすい。あれは直す [続きを読む]
  • キャラメルアップル世界でブーム中
  • りんご飴じゃないかって?いいえ、塗ってあるのはキャラメル 我が家にもCaramel apple文化到来…このところ、オーストラリア経由アメリカ文化に晒される我が家。シドニー娘たちが作ってくれたCaramel appleが意外に美味しかった。調理法は特に決まっていなくて、リンゴは生でも煮ても焼いてもよし。切る切らないもご自由。 キャラメルやリンゴの質が千差万別とあれば、同じ味のものは2度とできない完全オリジナルスイーツという [続きを読む]
  • パロディ記事にはご用心
  • SUNTORY ウイスキー「くまそ」新登場?酒屋に走ったって無駄なこと 首都遷都ぶち壊しの張本人…この写真を見て中年以降の方ならすぐにジョークと気付きニンマリなさることでしょう。1988年首都東京遷都論華やかなりし頃、時のサントリー社長佐治敬三が仙台遷都に意を唱え「東北は熊襲の産地。文化的程度も極めて低い。」などと思い込み大放言をやらかす。これが元で遷都議論がシラけ、一気に冷めてしまったという大罪人であります [続きを読む]
  • 梅雨入り早々雨男 <動画追加再UP版>
  • 非常な不運か、雨の神の非情なる悪戯か今日は降らなかった筈なのに何でまた… 昨今の雨男の定義は…ハイキング、パーティーなど身内の催しの際に、ある人が来ると決まって雨が降る。そんな不幸な巡り合わせの人を「雨男」「雨女」といいます。単なる偶然に過ぎないわけですが、近頃の「雨男」「雨女」は異常気象の影響でしょうか。様相がかなり変わってきたように思います。 「どうしたんだい? 雨降らなかったのにずぶ濡れで帰 [続きを読む]
  • カエルといえばコルゲンコーワ
  • キャラはよく目につく方が勝ちいかなる美女も寄せ付けぬ存在感が決め手 かえるのキャラクターで一番に思い出すのは?コルゲンコーワのカエルさん。1963年にこの店頭人形が生まれたそうですが、デザインが優れ町のいかなる景観にもマッチする傑作だと思います。写真は初代モデルで、現在は若干目が引っ込んだモデルに変わっているようですが、私はやっぱり初代カエルが好きです。 ▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGET [続きを読む]
  • 「フリンジ」この不吉なる言葉
  • まさしくうちのTomboyの仕業ワッ! わしの愛用ネクタイがこんなことに… フリンジ(fringe)は「外縁」…布などの外縁に、糸や紐を垂らした飾りで、日本語ではふさ(総・房)を意味します。布端(はぎれ)の糸の部分を、布の裁ち目などがほつれないようにくくったり、束ねて結び先端を散す装飾、糸処理のテクニックの一つとされています。 マフラーは大抵この技法を使っていますが、ネクタイにやられちゃどう見たって間抜けオヤジ。間も [続きを読む]
  • 「虫」といえばカフカの「変身」
  • みんな「虫」を誤解してはしないか?カフカの「虫」の嘆き フランツ・カフカの名作「変身」…セールスマンの青年グレーゴル・ザムザがある朝目覚めると、巨大な虫に変身していたという奇想天外な物語。ご存知の方も多いと思います。フランツ・カフカは、私が最も好きな作家で30代の頃にカフカ全集を買い込んで、寸暇を惜しみ読み耽ったものであります。 リンク:ウィキペディア 変身(カフカ) リンク:青空文庫 変身 フランツ・カ [続きを読む]
  • 蓴菜 ?菜 じゅんさい WATER SHIELD
  • 動物ですか? 植物ですか?ひょっとしてムシムシの巣では… ヌルヌルじゃなくてプルプル味も香りもなくてひたすら透明無色じゅんさいの季節です。キミたちにはこの独特の食感が分からぬか…。自宅で精進料理を作ることが少ない都会人に外国人だらけのうちの会社。じゅんさいを知らない人、見て怖がる人が多いから困ります。海藻類に比べ値が張るし、置いていないスーパーが多く馴染みが薄いのがその原因でしょう。  [続きを読む]
  • 6月 どんよりGloomy なめくじら
  • 「讃」にしてはお粗末だって?気分が晴れぬ6月到来… 6月と聞いただけで気分が暗くなる…どんよりどよどよ、じめじめべったりイメージがいけません。間も無く長い梅雨がやってくると思っただけで、肌がネトついて我が行動の妨げとなります。早速腰を痛めて大きな膏薬ぺったんこ中。歩くのは平気なのですか、座る、立ち上がるの動作が大変なのです。 June bride 結婚式も招待お見限り…私が「花嫁コ [続きを読む]
  • 今年の梅雨 流行のレインウェア?
  • なあにこれ? 透けて丸見えじゃんあんたのGパンこそ穴あき丸見えだ! 梅雨近し…我が家のお嬢さんたちとジーンズショップをのぞいた時の光景です。手にしているのはビニール製透明Gパン。ファッション性を兼ね備えた雨具のようですね。普通のビニール雨具のようにダブダブしていなくて見栄えが良いということでしょうが、細身だから着たり脱いだりに手間がかかりそうです。 金曜夜 雨の日デートにうってつけ [続きを読む]
  • コンニャク仮面 現る!
  • コンニャクといえばおばけ大会暗闇に冷コンニャク、温コンニャク… ヘルシーの権化コンニャク仮面…これは是非お試しいただきたい。お肌冷んやりしっとり効かぬ筈がない。コンニャクスポンジという化粧道具があるくらいだ。いつも被っていれば汚い顔とて見えはせぬ。(^^; フランスで脚光 SHIRATAKI DE KONJACコンニャク100gあたりの糖質はわずか0.1〜0.3g。通常パスタでは乾燥状態で89.5g、 茹で [続きを読む]
  • 花火なんてジャリの喜ぶもの
  • 花火なんて月並み過ぎる 猿真似はもう止めだ五輪開会式はこのジジイを打ち上げよう 鎖を切れば爺さんぶっ飛ぶHuman Slingshot 人間パチンコ。東京五輪最大功労者にふさわしき華やかなる舞台ではありませんか。行き先は東京湾? 北京?5連発ならあと誰を飛ばしましょうか。それはあなたの自由な想像にお任せ。 花火なんて飽きたと思わないか…オリンピック開会式の馬鹿の一つ覚え、猿真似花火。国の恥だと思わない [続きを読む]
  • Good bye カールおじさん
  • 愛すべきキャラクターカールおじさんに惜別 明治カール 東日本販売終了1968年の発売以来ロングセラーを続けた明治「カール」が8月で中部地方以東での販売を終了するという。以降は滋賀、京都、奈良、和歌山県以西の西日本地域でチーズあじとうすあじ、2種類のみの販売となるそうです。 はっきり申して私好みの菓子ではないが、それにしてはよく食べました。安くてヘルシーということで子供達の定番おやつにして [続きを読む]
  • 尋常ならざるカードライブ
  • 我がカー・ドライブはいつも尋常ならぬ賑やかさその犯人は家族&オフィスの女性群 渋滞の時のひまつぶし、なにしてる?暇なんてありえない。上の写真は私が車免許を返上する前のものですが、誰が運転しようがこんな感じになってしまいます。 目隠しおしゃもじ係付きのドライブにお付き合い。私は高齢でもあり、この大騒ぎに懲りて免許を返上した次第です。(^^; 仕事で移動中の車内…今は、たまたま資料 [続きを読む]
  • タップダンスに一言
  • ほう、皆さんぴったし合ってますね私にはこの合わせるという意味がわからん めいめいマイペースでいいんじゃないの?大勢でやるから合わせたくなる。ビジュアル要素を持たせようとするから、お金貰って人に見せようとするから合わせざるを得なくなる。我々は、幼稚園運動会以来人さまに合わせるのが良しと飼い慣らされてきた。 音楽は人類を超えた無限の表現力を持つ。ダンスもまた然り。しかしタップダンスはいけ [続きを読む]
  • キスは個性的であるべきだ
  • 頼みもせんのに我が国に協力していただいてほんの感謝の気持ち… ご褒美にうちの従軍慰安婦にしてほしいって?アホ抜かせ。我が誇り高き朝鮮人民軍にそんなもんはない。エロ日本軍、韓国軍とは格が違う。女軍はあるが、レベルは高いしこんなBITCHは願い下げだ。 もっと丁寧に作りたかったのですが、フェイクはフェイクらしくい加減に作った方が面白いだろうというわけで…。怒って私んちにミサイル落とさん [続きを読む]
  • サイクリング ツイートの変
  • 休日の我が家付近の異変何だ このギャルたちは? 近くをサイクリングしませんか……とツイートしたら集まってきたという面々だそうな。どうやらオーストラリア嬢の仕業。艶かしいいでたちのお姉さんたちは、付近に住む留学生仲間のようです。外国人たちはよくやっているようですが、セキュリティー感覚は日本人よりしっかりしているようだから、まあ大丈夫なのでしょう…。 それでもガードは固くするに越したこと [続きを読む]
  • 新じゃが塩茹でに勝る馳走なし…
  • 遠方より新じゃが担いで友来たるじゃがいもは塩茹でに限る 郷愁の新じゃがの季節田舎に住んでいたとき、庭にじゃがいも畑がありました。収穫して大きな芋は備蓄用と次回の種芋用に分けて、夏でも冷んやりした土壁の土蔵にしまう。小粒の芋は大きな釜で塩茹でにしていただく。これがまた美味しいのです。 収穫したてのじゃがいもはまず泥を落とし、桶に入れて棒でかき混ぜるだけで皮が剥けます。ただし、スーパーで [続きを読む]