野望 さん プロフィール

  •  
野望さん: 日本力向上委員会
ハンドル名野望 さん
ブログタイトル日本力向上委員会
ブログURLhttp://ameblo.jp/japanlovepower/
サイト紹介文世界一の日本を目指すための独自の意見です
自由文世界一の日本を目指すための独自の意見です

極論で論じる場面もあるため不愉快な思いをする方もいるかと思いますが日本を良くするための一つの意見であると思って優しく見てください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1134回 / 365日(平均21.7回/週) - 参加 2014/03/05 12:50

野望 さんのブログ記事

  • 共謀罪が通ったらって言う人
  • 共謀罪が通ったらこうなる訴える人たちがいるのだが、本当にそうなのだろうかこういう語る連中その理論が理論通りになったことはない例えば、安保法が通ったら戦争する国になるだが、法律が成立してから日本は未だ戦争をしていないこの理論と同じなのであるあくまでも都合の悪い人の理論に過ぎないのである普通に生活していればなんのかんけいもない法律である善良な日本国民にとって共謀罪が適用されることは皆無なのであるとい [続きを読む]
  • 残念無念 WBC制覇ならず
  • 侍ジャパンがアメリカに敗れた1点勝負の勝負を分けたのはミスだったあのミスがなければそう悔やむワンプレーそれが2回もあったのだ失点に繋がったのは全てミスが絡む結局それが全てだったのだしかし、アメリカ投手陣を打ち崩せなかった侍ジャパン点を取らなければ勝てないそして、勝ったものが強いそれだけなのだ我々は勝ったアメリカを讃えなければならないのだそして、侍ジャパンも称賛に価する試合をした結果は負けたが胸を [続きを読む]
  • 韓国大統領の末路
  • 韓国大統領の末路は哀しいもの権力を手中に収めたときの愚かな習性なのかもしれない自身や周辺者が逮捕される逮捕されるだけならまだしも殺されるということもあるこの歴史はどうやら繰り返されるようだ歴史は繰り返される清廉潔白であると思われた韓国史上初の女性大統領の誕生歓喜に沸いていた国民であったが周辺者との関係が報じられ、弾劾を訴え纏まる弾劾手続きが進められ罷免されるそして、逮捕へ進んでいくだろうさて、次 [続きを読む]
  • 打倒アメリカへ
  • 侍ジャパンがまもなく始まる準決勝に挑む準決勝の相手はアメリカ完全アウェイの舞台に挑むことになるだが、これまで数々の苦難を乗り越え勝ち上がってきた侍ジャパンである是非アメリカを打ち砕いて欲しいものだそのためにも先発は菅野だとか言っている場合ではない相手に意表を突くためにも、他の先発があっても良いと思う以前番組で取り扱っていたのだが、菅野は抜きんでた変化球がないただ、全ての変化球がそれなりのものを持 [続きを読む]
  • 熱戦の準決勝 制したのはプエルトリコ
  • 1点を争う戦い準決勝のプエルトリコ対オランダはそう表現できる戦いであった熱戦の結末はタイブレーク1点も取れなかったオランダに対して、きっちりと1点を取れたプエルトリコがサヨナラ勝ちとなったのだ日本が決勝に勝ち上がった場合、対するのはプエルトリコに決まった前回大会準決勝で敗れた相手リベンジを果たす舞台には最高の舞台は整ったただ、その前にアメリカ戦に勝利しなければならないそのためにも絶対に負けられな [続きを読む]
  • 盗品を自分の物と主張する違和感
  • 何故その主張ができるのだろうか国際ルールで定められている盗品と分かれば盗まれた場所に返すという当然の道理それが守られない国家韓国である奴等はどういう根拠か盗まれたと言い張る主張が司法で認められた然も盗んだところを見たというのだろうかそんな状況はなく、当時倭寇が多発していた地帯だから盗まれたと推測できるという非常に曖昧なもの立証責任が果たされていないのである資料もないそんな状況で盗まれた物を自身の [続きを読む]
  • 日本が進むべき道は中韓の嫌がる道を貫けば良い
  • 日本が進むべき道それに進もうとすればするほど非難の声が強まるのが中国、韓国だ日本の国益を追求するのに必要なのは日本のことを考えることであるしかし、国益の追求には他国の損は生じてしまう日本にとって中国、韓国は隣国であるある程度の友好関係は必要だろうしかし、この2国は日本にとってはメリット以上にデメリットがあるのだ日本が中国、韓国に求めるものそれ以上に奴等が求めるものは過大だしかも解決したものばかり [続きを読む]
  • 我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき
  • 靖国神社に関するものを少し述べてみたいこのタイトルに挙げた唄は明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた御製である招魂社とは靖国神社の前の名称で明治天皇の思し召しによって建立され、今日靖国神社として至っているのですタイトルの御製からも分かるように国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社であるのです「靖国」という社号も明治天皇 [続きを読む]
  • 奴等が日韓合意を反故にしたとき、こちらも対抗措置を講じるべき
  • 韓国が反日へ加速する大統領の罷免によって、混乱の渦中にある韓国その韓国で大統領選挙が行われるそうなると当選のために必要なのは国民の支持となる国民の支持を得るための最高の手段が反日なのである反日教育を受けている愚かな国民はその捏造教育を信じ切っている混乱の渦中の国を纏めるには反日しかないのである反日で纏めるための手段として、最高の手段が日韓合意の反故なのである国際的な信用なんてどうでも良いそれが奴 [続きを読む]
  • 少数派の意思表示の仕方は疑問点が多い
  • 少数派が自身の声を成し遂げるためにやる方法は疑問点に感じるところが大きいその典型的な例が沖縄の基地移設工事などへの反対派の言動である暴言、恫喝、暴力、破壊それが何故か罷り通ってしまっているのだ自身の主義や思想を成し遂げるそのためにやるだけのことをやる犯罪行為で捕まっても致し方ないそんな様子が窺えてしまうのだ身勝手な主張だとは思わないのか多数派を占める者は活動を行うことはない何故なら、その政策が実 [続きを読む]
  • 練習試合で露呈した四球の怖さ
  • 昨シーズンのワールドシリーズ覇者カブスと侍ジャパンが練習試合で対戦した結果として4−6で敗れた侍ジャパン藤浪が先発したのだが目立ったのは四球とコントロールの悪さこれが練習試合で良かったと思える程の内容であったやっぱり重要な試合で大事なのはコントロール重要な局面でコントロールの悪い投手の起用は危険であると改めて認めさせた準決勝を控えて練習試合があるが、そこで重要な投手起用を考え直すチャンスでもある [続きを読む]
  • 資料から見る嘘
  • 嘘つきババアの平均年齢は89歳くらいか・・・そして、資料に残る当時の平均年齢25歳1944年に記録が残っているそこには未成年者はいなかったそして、その場合年齢を重ねると20歳であったとしても現在93歳である年齢がおかしいのでは・・・そもそも未成年者がいたとする奴等の妄言それを記録する資料は存在しないそして、1950年に発生している朝鮮戦争ババア共の年齢層から考えるとこの時の売春婦ではないかとの疑 [続きを読む]
  • アメリカの資料から紐解く慰安婦という存在
  • http://www.exordio.com/1939-1945/codex/Documentos/report-49-USA-orig.htmlアメリカの資料であるアメリカ軍が残した日本人捕虜尋問レポートそこにはアメリカ軍が日本軍の捕虜を尋問した際の聴取内容が残っている当然そこには奴等が喚き散らす慰安婦の記載があるならば、当然性奴隷の記載があるのかもしれないさて、どう書かれているのか要約してみよう・売春婦がいた・売春婦の募集は日本軍が直接行っていない・売春婦の募集は [続きを読む]
  • 森友問題で問題は出てくるのだろうか
  • メディアが騒ぎそれに政治家が乗っかる埃があるようだが、なかなかその埃が立たないそして、当初出ていた問題と今出ている問題は全然違うものそんな状況である問題が出てくるのだろうか政治家との関わりはほとんど出てこないそして、問題が変遷するこのまま何も出てこなければ、何のために国会まで出て追及したのかということになるもっと別の重要な議論をするべきだったのではないだろうかそういう事態になりつつあるのだ23日 [続きを読む]
  • 保釈しろと訴えるメディア 司法の決定に介入するな
  • 司法に圧力をかけるメディア日本にはそれが存在するようだ活動家を保釈しろと訴えるメディアがある圧力をかける市民の声だと喚き散らす司法にそういった圧力をかけるそして、判決を変えようとするどこぞの国家にそっくりであるここは日本である韓国ではないのだそういった風潮に左右される司法ではないのだそもそもやっていることは不法行為ばかり犯罪紛いではなく列記とした犯罪行為なのであるそんな犯罪を擁護するメディア保釈 [続きを読む]
  • 合意を無視する奴等の暴挙を国際社会で広めるべき
  • 日本はもっと広報やロビー活動に費用を投じた方が良い今韓国がやっていることそれは国際社会において、信用失墜に値する行動なのである国と国との合意その合意は何よりも重んじられなければならないそれは国の信用問題に関わるからであるそれを平気で無視する韓国の暴挙合意よりも国民感情優先順位が間違っているのだそんな国家であることそれは周知の事実なのであるが、日本はこの暴挙をもっと世界に広めることに力を入れるべき [続きを読む]
  • 日本は情報発信能力を高めなければならない
  • 日本に今必要なのは情報発信能力であるその能力を高めるべきなのは、日本のためである日本の弱みはその弱さなのだこれまで、日本のその弱さから日本に悪いものが広まっていた特に歴史面でその影響が根強い奴等はそれを利用して、国民を纏めてきたそして、日本を貶め、辱めてきたのである日本はその部分の弱さに対して、何故力を投じないのか負けてばかりではならないはずだ勝たなければならないそして、取り戻さなければならない [続きを読む]
  • 相変わらず他人に厳しい蓮舫
  • 相変わらず他人にだけは厳しいその姿勢を未だ崩さない蓮舫民進党の代表である自身の問題はどこかへ消え去ったかの如く、舌鋒鋭く他人の弱みに鋭く突っ込んだ3月16日の記者会見でその発言は出たのだが、説得力は感じられない何せこの御仁何人なのか未だ不明だからだ本人は日本国籍を選択したと発言しているが、それを証明する資料は提示していない二重国籍問題に関しても、いつまで二重国籍だったのかも分からない戸籍を明示し [続きを読む]