ちやりこ父 さん プロフィール

  •  
ちやりこ父さん: 学校なんていらない・不登校小学生ちゃりこの自転車
ハンドル名ちやりこ父 さん
ブログタイトル学校なんていらない・不登校小学生ちゃりこの自転車
ブログURLhttp://ameblo.jp/nennenosshan/
サイト紹介文小学校を不登校のまま卒業した女の子、ちゃりこが父親と日本各地を自転車で旅行をして成長していった記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/03/05 14:00

ちやりこ父 さんのブログ記事

  • ちゃりこの初バイト…
  • 今日は、ちゃりこの、はじめてのアルバイトの日だった。いろいろと、説明会や面接に顔を出してきたちゃりこ。「定期的なバイトを始めるのは、自転車旅行が終わってからだな」と、すっかりまた、自転車旅行を見据えて生活を組み立てようとしているみたいで、そこまでは、単発のバイトを入れていくつもりらしい。すでに、予定はかなり入っているらしいのだけれど、実際に働くのは、今日がはじめてだった。小学生の、中学受験模試の [続きを読む]
  • 夏服お買い物…
  • いいお天気の土曜日だった。私、寝坊、9時半起き。ちゃりこなんて、10時半まで寝ていた(笑)私は、仕事に行かなくてよくなったけれど、ちゃりこは、語学の試験や、プレゼンテーションの準備なんかで忙しくて、おまけに明日の日曜日はバイトだから、今日じゅうに勉強を終わらせておきたいので、出かけられないということだった。火野正平の、にっぽん縦断こころ旅を観ていたら、二人で行った青森県、北海道の蔵出しスペシャルだ [続きを読む]
  • ちゃりこの想い…
  • ちゃりこは大学の講義に出かける前に、お昼分のおにぎりの他に、玉子サンドイッチまで作っていた。夕方、サークル活動のあと、みんなで夕ごはんを食べてくる日だけれど、その時間が遅いので、早めの夕ごはん分まで作っていったようだ。しっかりしてきたなあ。幼い頃から、どこに出かけるときにも、必ず私がお弁当を作っていたからかなあ。イージーにコンビニとかで買い物はしないみたいだ。私は、自堕落な生活? 二日目?いいお [続きを読む]
  • 少しだけ自堕落に…
  • やった!今日から仕事にいかなくてすむ。しかも、ひょうたんからコマみたいな有給休暇みたいな期間だ。朝から私は、皮膚科へいって、忙しくて放置しておいた、襟足から首にかけての湿疹を診てもらった。痒くてたまらなかったんだけど。そのあと、晴れ間の見えてきた空の下、公園の原っぱで、ゴローンと横になった。風が気持ちよかった。昼過ぎに、家に戻って、ギターを弾きまくった。チューリップやら、井上陽水やら長渕剛やら上 [続きを読む]
  • 祝・退職(笑)
  • 今日は、東京地方は朝から雨だった。9時を過ぎたあたりで本社に電話して、昨日で勤務を最後にするからね、と伝えた。昨日の、私が、利用者さんを転倒寸前で防いだ話や、その再発防止のための申し送りをろくに聞こうとしないクズ介護職員のこと、さらには最近管理者代理が本部に対して隠蔽している利用者さんの問題点などを話して、「もう、あんな奴らとは一分一秒も仕事したくないし、このままだと殴ってしまうかもしれないよ」 [続きを読む]
  • 転倒、防げたけれど…
  • 長くても、今月いっぱいの勤務。本部側の違約や、施設運営のひどさを認めているため、いつでもやめていいことになっている。それでも、なんだかんだ人手の足りない時間帯もあったりするので、勤務してやっているのだが…まあ、少しでも利用者さんたちの顔を見ていたいというのもあるんだけど…そんななかでも、また、最後までひどいやつらだなあと思わせられることが、今日もあった。杖歩行の女性利用者さん。歩行がかなり覚束な [続きを読む]
  • 夕方の父娘買い物…
  • ちゃりこ、普段は、月曜日は二限目から講義の日なんだけれど、朝イチで大学のパソコンを使って資料を作りたいらしくて、早く家を出ていった。お弁当も自分で詰めていくようになったし、朝のトーストも自分で準備している。唯一、朝のおかずだけは、まだ私が準備していたのだけれど、ちゃりこが一限から講義のときは、私よりも早く家を出るので、「わざわざおかずのために起きなくていいよ、もう少し寝ていられるんだから」と言っ [続きを読む]
  • ひとり日曜日
  • 今日の日曜日は、ちゃりこはサークルの活動で、朝から出かけていった。あいにくのお天気だったけれど、一日かけてあちこちを歩いてまわるレクリエーションらしくて、お昼ごはんも、夕ごはんも外で食べてくることになった。彼女も用事があったし、競技の試合もない私は、ひとりで過ごす日曜日となった。やるべきことややりたいことは、たくさんあるんだけれど、せっかく時間があっても、なかなか気持ちが動かない。ギターを二時間 [続きを読む]
  • やめていく私がご意見番(笑)
  • 今日は、土曜日勤務。やめていく私に、やけに、管理者代理の若い子が、意見を求める。ほとんど素人の子だから、今頃になって、たくさんの施設での私の経験から、いろんなことを引き出したいんだと思う。なにしろ、この施設の介護職員たちは、この施設のことしか知らずに、ムダに年数を重ねてきただけの奴らで、実際のところは、介護の基本はおろか、高齢者への語りかけや声かけ、口の聞き方など、全くの素人に近いにもかかわらず [続きを読む]
  • ちゃりこ、午前様寸前…
  • 私は、朝、職場にいくと、管理者代理が、体調不良でお休み。おいおい、だいじょうぶかよ。もう、私はやめるんだから、いる間は利用者さんたちに誠心誠意尽くすけれど、あとのことは知らないからな…定刻であがって帰ってきて、同じく仕事後の彼女と、夕ごはんとギターを楽しんだ。ちゃりこは、サークル活動のあとの週に一度の夕食会。といっても、活動自体が終わるのが遅いから、それからお店に行ったりするので…なんと、今日は [続きを読む]
  • ちゃりこ父の勲章…
  • まもなく職場をやめる。長くて今月末まで、短ければ本部の違約ということもあって即日でもやめることが許されることになっている。今日は、レクリエーションの補助をしながら、ちゃりこ父ワールドを展開して、利用者さんたちをリラックスさせて笑いをとった。朝も夕方も、送迎車に添乗した。ご夫婦で利用されている方がいるのだけれど、今、奥さんが目の手術、検査、療養で休んでいる。旦那さんは百歳まであと二年、お元気だけれ [続きを読む]
  • 同時刻、ちゃりこ&ちゃりこ父、就活?
  • 水曜日。私は仕事がお休み。彼女が遊びに来てくれて、お昼ごはんも持ってきてくれた。私はそのあと、就活をした。2時から次の職場候補のところへ面接へ。自転車で二十分くらいのところだけれど、本部で面接しただけで、現場の施設見学はさせてもらえなかった。そのことからも、ちょっとなあ…奇しくも同じ時刻、2時、ちゃりこは大学の講義を終えて、アルバイトの面接へ行っていたのだ。私が面接を終えて帰宅してまもなく、ちゃ [続きを読む]
  • 最後になって失望したこと…
  • 今日は、私は、朝から本部へ直行。理事長とか専務とかいった仰々しい肩書きの人間と会って話をしてきた。やめることを決めているから、どうでもいいんだけれど、やめていくにあたって現場の施設の改善すべき点などを教えてやろうと思った。向こうの二人は、自分たち本部が、現場の施設のひどい職員たちをコントロールできていないことを認めていて、その状態のものを私に投げようとしたことに対して謝罪する姿勢をとっていた。ち [続きを読む]
  • ちゃりこ軌道に乗って、ちゃりこ父外れて…
  • 月曜日。私は、すでにやめることが決まっている職場へ。行くまでは気分が乗らないけれど、利用者さんたちに会えば、自然と笑顔になれる。自分でも、プロだな、と思う。でもね、次の仕事のことも考えないとなあ…今のところに入るときには、職場まで自転車で十分だし、小規模施設だし、入浴介助もないし、と願ったり叶ったりだったんだけれど…やめる間際の今でさえ、仕事を終えて帰ってきてから、一時間近くもギターを弾けるなど [続きを読む]
  • がんばれど、黄昏…
  • 今日の日曜日は、朝イチで、私の競技の試合。久しぶりに、ちゃりこも応援に来てくれた。しかし、若い者チーム相手に…44ー83で、ボロ負け。序盤こそ食らいついたけれど、第二ピリオドがボロボロで、早々に勝敗が確定してしまった。ちゃりこ父、23得点、3ポイント4本も、序盤と終盤に意地を見せただけかな。「今日の相手チームは、圧力がきつかったね」とは、ちゃりこ評。お昼には帰って、今年の、初冷やし中華。心身ともにボロボ [続きを読む]
  • 外出行事、プライドにかけて…
  • 土曜日。ちゃりこは、久しぶりに家でゆっくりと休めたようだ。ギターを弾いたり、自分のお弁当用のおかずを作ったりして過ごしたみたいだ。私は、やめるまでの秒読みに入った職場で、利用者さんたちと笑顔の時間を過ごしている。今日は、三人の利用者さんと、私、男の介護職員、女の看護師の三人、計六人での外出行事。食堂でお昼ごはんを食べて、ショッピングモールでの買い物ツアーだった。私の担当は、男性の車椅子の利用者さ [続きを読む]
  • バイト探しとサークルで、ちゃりこ大忙し
  • ちゃりこ、バイト探しをがんばっているけれど、ついていないらしい。受験生向けのパンフレット配布のお仕事や、就職試験の試験監督なんかに応募しているみたいで、面接をや説明会に行くために、スーツなんかを着こんで大学にいって、講義の前や帰りによってきているらしいけれど、抽選で落ちたり、定員オーバーですとメールが来ているようだ。「ついてないな、倍率一倍を超えたものは全て落ちるみたいだ」なんて言って残念がって [続きを読む]
  • 軸を崩さず見切りをつけること…
  • やめることを決めたちゃりこ父は、さらに笑顔とジョークで、利用者さんたちをちゃりこ父ワールドへと誘っている。施設に通ってくる利用者さんたちから、一回でも多くの笑顔を引き出すこと、それこそが、私がどこの施設で働いても心がけてきたことだ。軸は絶対に崩さない…昨日、私が彼女と遊んでいるあいだにアホどもで開かれたカンファレンスにおいて、本部の専務から「ちゃりこ父さんから、当施設での管理者就任を辞退する旨の [続きを読む]
  • 水曜日のお休み…
  • 今日は、職場で月に一度のカンファレンスの日だったが、やめることにしたので、参加しなかった。だいたい、カンファレンスのある週は、常勤職員は六日勤務になる。おかしいだろ。管理者には、なってやらないことにしたので、退職するわけだけれど、本部からは、次の仕事探しも大変だろうから、いつでも休んでいいし、決まりしだいやめていいことになった。さんざん振り回しておきながらいい気なものだ。カンファレンスをさぼった [続きを読む]
  • また、「ちょっと今から仕事やめてくる」(笑)
  • 少し前に、こんな題名の本を読んだっけなあ…仕事をやめることを確定させた。午前中に職場から本部に電話をかけて、退職する旨を伝えた。管理者になることをひきうけたんじゃないのか、みたいに文句言われるのを覚悟していたのだが、女専務は、意外にも、“あんなひどい施設を任せようとして、イヤな思いをさせて申し訳なかった”というようなニュアンスだった。若い管理者代理が残ることになるのかどうかは微妙だけれど、この施 [続きを読む]
  • 食べてくれる人、食べさせてくれる人がいること…
  • 月曜日。私は憂鬱な仕事へ。ちゃりこは、月曜日は毎週、二限にひとこまだけ、講義があるだけで、サークル活動もなく、早く帰って来れる日だ。今日の午後は、帰ってきて、お弁当用のおかずを作ったようだ。ほうれん草と玉子の炒め物と、なんと、チキンカツ。あのちゃりこが、揚げ物を作るなんて…再三、「ちゃりこのお料理、食べさせてくれよ」とせがんでいた私。仕事を終えて帰ってきた私に、チキンカツを食べさせてくれた。これ [続きを読む]
  • 音楽日曜日…
  • 今日の日曜日は、夏空、晴天。私の試合もなく、ちゃりこも用事がなかった。でも、ちゃりこは、大学の語学の宿題があったので、長時間のお出かけはできないということで、午後から少しだけ出かけることにした。午前中にちゃりこが宿題を終わらせているあいだに、私は一人で、池袋西口芸術劇場前で開催されているフォーク&カントリーフェスティバルに行ってきた。時間的に2つのグループの演奏しか楽しめなかったけれど、浜崎絵里歌 [続きを読む]
  • ちゃりこ、お昼も夕食も友達と…
  • 土曜日、私は仕事。若い管理者に、残ってやり残したことをやり遂げて欲しいということと、私が退職して別の職場を探すつもりだということを、伝えた。私のほうは、少し、モヤモヤが晴れた気がした。本部に伝えるのは、まだ先にしようと二人で話し、やめるにしても、それまで私にとって実になる仕事をふってくれるらしい。本部の理事長だとか女専務だとか、こいつらに話を通じさせるのが面倒だけれど…若い管理者は、福祉業界では [続きを読む]
  • ちゃりこも職探し…(笑)
  • 今日もちゃりこは、サークル活動後の夕ごはんで、帰りは夜遅くになった。ネットでのバイト探しも一生懸命やっている。パソコンまみれにされて、勤労意欲を失いかけて、新しい職場を探している私とは、動機が違っても、探していることは同じか…(笑)私は、今日は、ぼっち夕食にならずに、彼女とギターを弾いて、安売りのお刺身と唐揚げとビールの夕ごはんにした。しかし、ちゃりこが家にいる時間が減ると、あっという間にお料理な [続きを読む]
  • ちゃりこ、今日も夕食会…
  • ちゃりこ、大学の講義のあと、高校時代の友達数人と集まって、夕食会。ということで、ちゃりこ父は、パソコンまみれの一日を終えて帰ってきて、ぼっち夕食だった。ギターを弾いたり、本を読んだりしているけれど、一人で過ごすと、いろんなことを怠けてしまうなあ…まず、まともにお料理をしなくなるので、洗い物もする必要がなくなる。こうして、さみしい独居老人になっていくのだろうか…おっと、ちゃりこが帰ってきた。まだま [続きを読む]