エクレア さん プロフィール

  •  
エクレアさん: 最強の電気技術者への道
ハンドル名エクレア さん
ブログタイトル最強の電気技術者への道
ブログURLhttp://ameblo.jp/bleu-eclair/
サイト紹介文電気系資格の受験日記や体験記などを書いています。
自由文某地方自治体に勤務する電気職公務員です。現在合格を目指している技術士第二次試験(電気電子部門)と電験一種の受験日記や、今までに合格した資格試験の体験記を中心に書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2014/03/05 16:11

エクレア さんのブログ記事

  • 過去の工事担任者試験挑戦
  • 昨日工事担任者試験のことを書きましたが、この試験は過去に2回不合格になった以外に2回棄権しています。1回は電験一種二次試験と重なったため、もう1回は長期出張と重なったためです。さらに昨年の秋期試験は電験一種二次試験と重なっていることを知っていたため元々申し込んでいません。なので、今回は平成27年春期以来の2年ぶりの受験となります。そんなわけで間違いなく過去に勉強したことは忘れています。実はテキストをどこ [続きを読む]
  • 工事担任者試験の勉強を始めます。
  • 工事担任者試験(AI・DD総合種)まであと1か月となりました。まだまだ日があると思っていましたが、そろそろ勉強を始めていこうと思います。今回はこのテキストで勉強します。工事担任者科目別テキスト わかるAI・DD総合種「技術・理論」第3版今回の受験は技術科目1科目のみです。といっても毎回この科目がネックとなっていて、この科目のために今まで2回落ちています。最終的には問題演習での勉強になりますが、この本の解説を読 [続きを読む]
  • 明日は技術士第二次試験申し込み締切日
  • 技術士第二次試験の申し込み締め切りが明日と迫っています。この試験は申し込み時に業務経歴票と業務詳細の記入があるので、受験の意志がある方はすでに内容を十分推敲した上で提出されているのではと思います。実務経験の証明も必要なので、結構時間かかりますし、おそらく時間には余裕を持って対応していることと思います。もしまだ申し込みをされていない方がいるとすれば、申込書に記入したもののの試験を受けることを恐れて [続きを読む]
  • ニトリの足まくらでむくみ解消
  • 昨日に引き続きまして、足のむくみ対策についてです。寝るときの対策として買ったものです。これはニトリの足まくらです。寝ているときに少しだけ足を上げることによってむくみを解消させます。上げすぎはよくないらしく、10cmくらいがベストとのこと。また、長時間置いても疲れないよう、柔らかい素材がいいようです。これだけですぐに効果が出るわけではないとは思いますが、続けていきたいと思います。 [続きを読む]
  • エコノミークラス症候群対策
  • 最近読んだ本の紹介です。図解エコノミークラス症候群の原因と予防ストレッチ(原幸夫)いわゆるエコノミークラス症候群についての本です。今までありそうでなかった本で、最近出たのを知って買いました。特に足のむくみ対策として読みました。私はこれまでの人生の中で大きな病気を患ったことはなかったのですが、ここ数年足のむくみには悩まされています。今は特に生活に支障はないのですが、最悪命に関わることもあるようなの [続きを読む]
  • 技術士電気電子部門の合格祝賀会
  • 先週の金曜になりますが、技術士第二次試験の電気電子部門の合格祝賀会に行ってきました。偶然にも東京出張と重なったため参加できました。今回の祝賀会でもいろんな方とお話しさせていただきました。特に印象に残った方をご紹介させていただきます。1人は弱冠20代で技術士になった方。非常に強い向上心を持っておられ、私にとっても大きな刺激となりました。技術士を20代で取ったということはもちろんすごいのですが、それ以上に [続きを読む]
  • 足のむくみ軽減グッズ
  • 先日使ったグッズの紹介です。SmartTravelプレミアム足らくちんフットレスト私の足の病気について少し書きましたが、これのためのグッズです。東京への出張に備えて買いました。長時間新幹線に乗りますので。足のむくみを軽減させるためのものです。感想としては、かなり効果があります。新幹線などで長時間座ることがあっても、だいぶ足の疲労度が違います。そんなに高くないものですが、この値段でここまで劇的に変わるとは思っ [続きを読む]
  • 三国志の世界から学ぶ
  • 最近読んだ本の紹介です。実践版三国志(鈴木博毅)今年の読書のテーマの1つは古典を読むことですが、この延長ということで読みました。私が三国志の世界に入門したのは光栄のゲームでした。中学生のときです。高校生のときには横山光輝さんの漫画を読破して、完全に三国志の世界にハマりました。私と同じような形で三国志の世界に入った方は多いのではないかと思います。自分のよく知っている世界から学べるものがないかと思い今 [続きを読む]
  • 病気に向き合う
  • 最近読んだ本の紹介です。頑張らなければ、病気は治る(樺沢紫苑)ここ数年、足の病気を患っています。生活に支障のあるレベルではないですが、当然ながら気になることであり、何かの助けになればと思って読みました。テーマとしては『自分の病気を受け入れる(受容)』と『医師と患者との間の信頼を気付く』というところです。この2つを満たしてようやく病気の治療が始まるといってもいいのではないでしょうか。これだけで病気が [続きを読む]
  • 技術士第二次試験解答例(4)【H25電気電子部門-電気設備】
  • 私の技術士第二次試験解答例シリーズ、今回で最終回です。初めて受験した平成25年度のときの解答例です。自分としてはかなり書けたと思っていたのですが、評価Bの不合格でした。【年度】平成25年度【部門】電気電子部門-電気設備【問題番号】Ⅲ-2★問題東日本大震災後、非常時にビジネスを復旧及び継続するための事業継続計画(BCP)が重視されている。大震災に対応したBCPを達成するために適切な電気設備を提案することを想定し [続きを読む]
  • 女性技術士
  • 某掲示板に女性の技術士についてのリンクがありました。以下のURLになります。http://www.engineer.or.jp/c_cmt/danjyo/topics/002/attached/attach_2323_1.pdf電気電子部門の女性技術士が少ないのは何となくわかりますが、平成27年度末の5,346人中、わずか9人しか女性技術士はいません。占有率にすると、わずか0.17%です。大学でも電気工学の女性は少ないので予想できる内容かもしれませんが、自分が思っていた以上に少なかった [続きを読む]
  • 技術士第二次試験合格祝賀会に参加しました。
  • 先日の話になりますが、私の地区の技術士第二次試験合格祝賀会に参加してきました。私の周りには技術士がいないので、このような技術士の方が多くいる場というのは貴重です。ある程度予想していましたが、参加者は大企業の方がほとんどでした。この中に私がいること自体不思議な気分でした。これも予想通りなんですが、某電気工事会社の方が多くいて、意見交換させていただきました。この某電気工事会社は全国の電気工事会社でも [続きを読む]
  • 技術士第二次試験解答例(3)【H26電気電子部門-電気設備】
  • 先日に引き続きまして、私の技術士第二次試験の解答例を掲載します。今日は平成26年度の課題解決問題です。評価Cを受けた解答例です。【年度】平成26年度【部門】電気電子部門-電気設備【問題番号】Ⅲ-1★問題我が国においては、エネルギー需要に占める電力の割合の増大や、東日本大震災以降の深刻な電力不足に対し、エネルギー使用の合理化によるエネルギー消費量の大幅な削減が強く求められている。これらを踏まえ、将来のビル [続きを読む]
  • ホウレンソウを再勉強する
  • 最近読んだ本の紹介です。頭を使ったホウ・レン・ソウ(今井繁之)今から20年くらい前に出版された本ですが、現在でも十分通用する手法が書かれているように感じました。上司への報告はポイントを整理する、代案を用意する、想定質問を考えて臨む、必要最小限のことを伝えるなど、基本的なことになるのかもしれませんが、実際には抜け落ちていることが多々あるので、この本を読んで重要さを再認識しました。また文字で情報を伝え [続きを読む]
  • 技術士第二次試験解答例(2)【H27電気電子部門-電気設備】
  • 昨日に引き続き、技術士第二次試験の私の解答例です。今日は平成27年度の問題になります。この年は択一問題で不合格になったため、論文は採点されていません。参考になりにくいかもしれませんが書きます。【年度】平成27年度【部門】電気電子部門-電気設備【問題番号】Ⅲ-1★問題近年、風力・太陽光など自然エネルギーの導入が広く行われている。風力・太陽光などの分散型電源は、既存の商用系統へ連携して利用されることが多い。 [続きを読む]
  • 技術士第二次試験解答例【H28電気電子部門-電気設備】
  • 技術士第二次試験受験者の方ほとんどに共通すると思うのですが、合格するためにはどんな論文を書けばよいのかという解答例というのを知りたいのではと思います。メジャーな部門であれば、このような解答例というのは結構出版されているように思います。マイナー部門ではあまり出版されていないかもしれませんが、新技術開発センターから全部門の解答例が出版されています。また、SUKIYAKI塾では合格者の論文再現を集めた正答例集 [続きを読む]
  • SUKIYAKI塾出願支援講座無事完了しました。
  • 今年度から始めたSUKIYAKI塾出願支援講座の出願支援、無事に完了しました。今回は2名の方の出願支援をさせていただきました。個人の方の情報があるので多くは書きませんが、まず思ったのは小論文の内容にしてもこれまでの経歴にしてもレベルが高いということです。技術士を目指している方というのは能力も志も高い方が多いということを改めて思い知ったのでした。今回の支援で感じたことですが、技術士試験では骨子法がやはり有効 [続きを読む]
  • 技術士第二次試験口頭試験で気を付けるべきこと
  • 昨日に続きまして、技術士第二次試験(電気電子部門)口頭試験の体験記です。試験に直接関係ないことも含めて、思いついたことをいろいろ書いてみます。■東京への移動について首都圏在住の方にはあまり関係ないかもしれませんが、地方在住の方にとっては東京への移動は余裕を持って行動するべきでしょう。当たり前ですが、口頭試験の時刻に間に合わないということがあってはなりません。今までの努力を無駄にしないためにも、時 [続きを読む]
  • 技術士第二次試験口頭試験の記録
  • 昨日アップしました技術士第二次試験(電気電子部門)口頭試験合格体験記の続きです。口頭試験の記録をまとめました。ちなみに、平成28年度の電気電子部門-電気設備においては、口頭試験を77名受験して77名合格です。『何とかして合格させてあげよう』という雰囲気を強く感じました。おそらく他の部門と比べるとやりやすい雰囲気なのではと思います。他の部門ではもっと厳しいところがあるかとは思いますが、私の記録が今後の受験 [続きを読む]
  • 技術士第二次試験(電気電子部門)合格体験記【口頭試験編】
  • 昨日書きました技術士第二次試験(電気電子部門)筆記試験の合格体験記に引き続き、口頭試験の合格体験記です。■合格年度平成28年度■受験回数1回(口頭試験の受験回数)■成績【口頭試験】H28年度 (経歴)○ (倫理)○ (技術士制度)○■使用した参考書(1) 独学・過去問で効率的に突破する!「技術士試験」勉強法(鳥居直也、同文館出版)(2) 技術士第二次試験口頭試験対策セミナーテキスト2016(SUKIYAKI塾)(3) SUKIYAK [続きを読む]
  • 技術士第二次試験(電気電子部門)合格体験記【筆記試験編】
  • 技術士第二次試験合格から1か月少し。ようやく技術士第二次試験(電気電子部門)の合格体験記をまとめました。このブログを立ち上げてから新たな合格体験記が増えるのは初めてです(^^)まだまだ書きたいことがあるように思いますが、ひとまずアップします。今後の受験者の方の参考になれば幸いです。■合格年度平成28年度■受験回数4回■成績【筆記試験】H25年度 (必須)30/30 (選択1)B (選択2)B ※合計評価BH26年度 ( [続きを読む]
  • 技術士試験の合格祝賀会
  • 日本技術士会では技術士試験の合格祝賀会を実施しています。地区ごと、部門ごとなど、さまざまな区分で合格祝賀会が実施されています。一次試験のときも合格祝賀会があり、私も参加しました。このときの講演の内容を聞いて二次試験へのモチベーションが上がりましたし、またそのあとの交流会で多くの方と交流できたのは貴重な経験になりました。そういうことを知っているので、今回の二次試験の合格祝賀会は迷わず参加で申し込み [続きを読む]
  • 電気工事業界の高齢者問題
  • どこの分野でもいえることですが、高齢化社会における技術者不足問題というのがあります。電気工事業界も正に当てはまり、2020年で第一種電気工事士が4万人不足するとのことです。今日の電気新聞掲載の記事です。経産省は労働環境の改善などを対策に挙げているようですが、そもそも若い方が減っているので、簡単に解決する問題ではないと思います。私がこの課題に対して解決策を上げるとしたら、以前にもブログで少し書きました『 [続きを読む]
  • JINS MEME
  • 昨日読んだ週刊ダイヤモンドで初めて知ったのですが、JINSにJINS MEMEなる眼鏡があるようです。JINS MEME ES1年以上前から販売されたものですが、昨日初めて知ることとなりました。JINS MEMEとは眼の動きを検知する3点式眼電位センサーと体の動きをとらえる6軸センサーを搭載した眼鏡。JINS MEMEで検知されたデータをスマートフォンのアプリと組み合わせることにより、体内の様々な状態を確認できるというものです。週刊ダイヤモ [続きを読む]
  • 集中力を持続させる
  • 最近読んだ本の感想です。週刊ダイヤモンド2017年1月14日号この号のテーマは『集中力』。図書館でタイトルに惹かれて思わず借りてしまいました。この本で一番衝撃だったのは『人間の集中力の持続時間は8秒』というところです。これは今の社会がIT技術の進化により多量のデータに対処していることや、SNSの利用などが主な原因のようです。集中力を持続するための4つのポイントは以下のようになります。(1) やらないことを決める(2) [続きを読む]