yFroot425 さん プロフィール

  •  
yFroot425さん: さまよえるアラフォー
ハンドル名yFroot425 さん
ブログタイトルさまよえるアラフォー
ブログURLhttp://yfroot.hatenablog.com/
サイト紹介文老後までラストスパート20年!目下登山に夢中なアラフォー女。走りながら、考えてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/03/05 22:26

yFroot425 さんのブログ記事

  • なみすけ連れ de 西荻チャサンポ(茶散歩)へ
  • なんでヤカン… ?と以前は思った6月最初の土日にJR西荻窪駅を中心に、100店舗近いお店が散歩のお休みと無料でお茶をサービスし、企画展や特別メニューなどを用意する控えめなお祭り。ヤカンが目印となっている。そして、住人もそれなりに楽しめる。チャサンポー 西荻茶散歩 - TOP -今年は取材を兼ね、なみすけとご担当者の方と軽く巡ってきました。切り似顔絵師・チャンキー松本さんが!ここぞとばかりに、チャンキー松本氏 [続きを読む]
  • 中山道木曽路が気になってまずは奈良井宿
  • 中央本線塩尻経由で行ってみた東京都内に住む自分であれば、東海道新幹線で名古屋に出て攻めるという手もあったが、中山道にこだわりたかったので、東海道はいかんなと。そこで新宿発のあずさ1号に乗って塩尻経由で攻めてみた。厳密にこだわるのであれば、山梨から行くのではなく、お江戸→板橋→大宮→群馬→軽井沢と上越新幹線で行くのが正しいかも。まずは塩尻駅から。塩尻はワイナリーも多い。方向からして穂高岳かな。そもそ [続きを読む]
  • 長野のワイナリー飲み比べ6本
  • 都内でも入手しやすくなった長野ワインですが、やっぱり地元に行けば目新しい銘柄がある。山葡萄 信州まし野ワイン2,700こちら、初めてかと思ったら以前飲んでました。yfroot.hatenablog.com山葡萄はそもそも収穫できる量が少ないとかで、どうしても値段に跳ねてくる。海外のワインと比較すると、ぶどうジューズの濃さがあり少し独特な気がしている。五一わいん名前だけは記憶に残っていたが、塩尻のワイナリーなのですね。www. [続きを読む]
  • マアグナム女性写真からアメリカのニューカラーへ
  • やっぱり神保町には何かある以前、マグナムの女性写真家イヴ・アーノルド(Eve Arnold)とインゲ・モラス(Inge Morath)が好きで(少し)熱く綴ったことがある。yfroot.hatenablog.comで、少し前になるのですが、神保町方面に用事があって時間調整も兼ねて書店をのぞいてみると何かある。こちらは(淡路町駅方面からアプローチして)源喜堂書店で、なんと1996年に開催されたマグナム女性写真家の写真展のカタログを見つけてしまった。 [続きを読む]
  • 「文京花の五大まつり」ツツジの見頃は過ぎていた
  • 今週のお題「ゴールデンウィーク2017」「文京つつじまつり」は根津神社で私事ですが、学生時代に日本医科大学の研究室でバイトをしていたので、こちらの神社を根津駅からのショートカットでいつも通ってました。が、これほど奥行きがある神社だったとは…という思いです。いつも全く人がおりませんでした。残念なことに、すっかりあたり一面はグリーンな感じで、見頃は過ぎていたようです。街路のツツジは花盛りだったので、 [続きを読む]
  • 「高円寺びっくり大道芸」で街が劇場
  • 海外からのパフォーマーも多い冬の風物詩「高円寺演芸まつり」の記憶もまだ残っているのに、早くも次の風物詩へ。ちなみに、夏は百万人が訪れる?という「高円寺阿波おどり」とか。見どころ全てを回ることはできませんでしたが、それなりに楽しめたかなと。40組みを超えるパフォーマーが街頭で大道芸を繰り広げます。早速ですが、まずは海外からの目玉なプログラムより。アクロバットコメディのLes Dudes(レデュデュス)。いきな [続きを読む]
  • 森岡書店「銀座/ギ ンザ/GIN ZA Marefumi Komura」
  • 荻窪在住の作家さんですよ!とお声がけを森岡書店へは茅場町時代から興味がある展示があると足を運んでいる。先日別件で伺ったとき「今度、荻窪(私が住んでいるとこ)在住の作家さんですよ!」と紹介されたので、足を伸ばしてみた。本日も盛況で。ここは鈴木ビルという東京都選定歴史的建造物に指定されているビルで、かつては対外宣伝グラフ誌を発行していた「日本工房」が入居していたとか。対外宣伝グラフ誌の書籍も出している [続きを読む]
  • 東京を写す。東京を彫る。「昭和の編集者・山高登の世界」企画展
  • 夏葉社さんがまた素敵な本を出版古いライカで撮影した写真とその版画のシンクロナイズが想像を刺激してくれる。新刊『東京の編集者』の刊行にあわせて、新宿のハイジア1Fで「東京を写す。東京を彫る。編集者山高登の世界」という展示を開催します。木版画も写真も書票もたくさん見られます。本も先行発売中。昨日から5月21日まで。入場無料です。ぜひ。https://t.co/HHE5pZIiO0— 夏葉社 (@natsuhasha) 2017年4月15日新宿 [続きを読む]
  • 富山県ローカル氷見線のプチ旅行
  • 雨晴海岸で立山連峰を眺めたかった他の皆さまは、まだまだ祭りが続くので、たなの身体が開く夕方まで観光してきました。これくらいの画角が心地よい。レンタカーにするか悩んだけど、急ぐ用事もないし氷見と美味しいお魚(とお酒)と温泉と撮影が目的だったので、ローカル線の旅へ。事前に地元出身の友紀ちゃんに環水公園を勧められていたが、逆おのぼりだから、トレンディースポット in 富山なところよりベタな観光地に行きたいの [続きを読む]
  • 長野県産ワイン3本飲み比べ「山辺ワイナリー」
  • 珍しい長野のワインを飲んでみたよこちらで購入したワインです。yfroot.hatenablog.comこちらのワイナリーです。www.yamabewinery.co.jp一度行ってみたいのだが、サイトを見ただけだと場所がわかりません…。松本市近郊らしいが。むむむ。メルロ樽熟成20132,700あまり樽の感じはありませんでしたが、安定の美味しさです。私は樽々でがっちり重いのが好み。山葡萄20131,720量が少なくて… 解説にはこのようにありま [続きを読む]
  • 料理家・サルボ恭子女史の調理する手を追いかけて
  • 一連の講義の後はお食事会友人たなの好意もあり、自由に撮影させてもらった。正直、どう撮ってよいのかわからなく(絵は描けないので)構図を作るとかではなく目に映った「いいな」と思う様子をただただ写してみた。石川県にある月とピエロというお店のパン。知る人ぞ知るで… 私のテーブルでは(私以外の方々は)テンション上げてました。勉強不足でごめんよ、たな。だけど、私は東京のことも(杉並区以外は)よく知らない [続きを読む]
  • 料理家サルボ恭子 in 富山・砺波に参加!
  • フランス家庭料理のお教室へ学生時代のスキー部同期たな(仮称)が主催するお料理教室へ行ってみた。彼女は富山県出身、大学卒業後金沢で勤務してパリ行って今は富山に住んでいる。www.pictaram.com目的は… 写真撮影とお料理習って食べて、富山旅行。学生時代、たなとか友紀とかとか富山出身者が話している地元話が理由もなく楽しそうに(私には)思えたので、いつかは富山に行ってみたかった。金沢には2回行って、たなには [続きを読む]
  • 狙っていた練馬区立美術館の田沼武能肖像写真展
  • 田沼武能肖像写真展 時代(とき)を刻んだ貌(かお)木村伊兵衛に師事していた写真家「田沼武能(たぬま・たけよし、1929生)」氏のポートレート写真展で、見ごたえありました。今年は自分も人物も撮りたいな…とか思っているので、何気に真剣に見てしまいました。早くから気にしてましたが、ようやく最終日の今日行くことができましたです。www.neribun.or.jp練馬区の美術館は結構渋い展覧会が多く、それでいて混在してないの [続きを読む]
  • 八ヶ岳なみに寒かった神宮球場でのヤクルト戦
  • 姉弟でゆく神宮球場のヤクルト戦弟とは年子なので、ほどほど仲良く付き合ってます。って、向こうが私のことを「糸が切れた凧」と気遣ってくれているだけなのかもしれませんが。ということで、内容はないのですがせっかく撮影した画像の紹介です。弟の仕事の都合で、年間3-4試合ほどホームでのヤクルト戦チケットを融通してくれます。以前はミーハーな姪が喜んで来ていたのですが中学生になって面倒くさがるようになり、小3の甥は全 [続きを読む]
  • 関西からバスで来るほどの梅まつりではないけど...
  • ボディはNikon S2でレンズはNIKKOR 5cm平成29年2月8日(水)〜3月8日(水)に湯島天満宮で開催されている第60回文京梅まつり、昨秋の菊まつりに続き(自分にとって)カメラ練習にちょうど良いので出かけました。今回の組合わせはこちらです。Nikon S2 with NIKKOR S・C 5cm f1.4 + film for color prints ISO100屋台がまつりらしいのですが、梅見どころではありません。フィルムはISO100の業務用250、晴れていれば「素直に写って」い [続きを読む]
  • 3度目の正直でダイアモンド富士
  • そろそろ来るかなとは思っていた今回も写真家鹿野さんのサポートで山梨県の身延山隣にある七面山に登ってきました。天気予報は晴れだったので、確率的にそろそろ来るな!という気分にもなってました。もうじき来るよ、来るよ。初めて見ました! かなり救われた気分です。富士山頂からの光が、山門を通る。山門を通った光が、敬慎院を照らす。今回、NHK日曜美術館に出演している俳優さんが3人連れで来てました。その彼らが、偶然敬 [続きを読む]
  • 西荻にある大正昭和の和風住宅で落語
  • 立川こはる&春風亭一蔵のご両人で先月、高円寺の演芸まつりで、ひときわ私の心に刺さったフライヤーがありました。しかも出演は、演芸まつりでファンになったご両人なので、行かない理由はない。そして会場は、あの大きい欅(けやき)が目印の一欅庵。立川こはる女史の噺口調も春風亭一蔵氏の迫力も、これから個人的には期待しています。今回の演目?はこちらでした。道灌 こはる竹の水仙 一蔵仲入り猫の皿 一蔵大工調べ こは [続きを読む]
  • また来た赤倉観光ホテル(食べた編)
  • ゲレ食「カルボナーラうどん」今回はあまり見かけませんでしたが、日本のゲレンデも外国人が増えたとか。特に中国人とかオーストラリア人とか、東京駅でもボードケース引きずっている方々見かけます。その影響もあってか、かつてはカレーライスとラーメンばっかりだったゲレンデレストランも西洋化している感じが。カルボナーラうどん 950美味しかった。自分でも作ってみる。稲庭うどんとか美味しいかも。公表価格9,000の夕食 [続きを読む]
  • 赤倉温泉スキー場と赤倉観光リゾートスキー場
  • なぜ2つのスキー場があるのか?「また来た赤倉観光ホテル(食べた編)」を綴ろうと思ったところ、昨晩アップ用に用意した画像が半分も残っていたので、今日も懲りずにゲレンデ紹介です。マップ図の緑色が初心者コース、赤色が中級者、黒色が上級者コース。ゲレンデマップにある通り、このゲレンデはジャンプ台を境にくっきり2つに分かれています。経緯は謎ですが、ビジネスという大人の事情があるかと思ってます。各々のスキー場 [続きを読む]
  • また来た赤倉観光ホテル(ゲレンデ編)
  • 赤い屋根と野尻湖と大福リフト高校時代のスキー教室や卒業旅行で赤倉温泉へ計3回、スキー部だった大学時代に国公立大会(都内の国立&都立大学が集まる大会)が隣の池の平スキー場だったので練習も含めて4回以上… もはや妙高高原でのスキーは数える記憶もないほど来てますが、また来てしまった。前回は2014年ということで、今回わりと撮りたい風景は決まっていた。が、先輩も一緒で一眼レフを構える余裕も技もないのでコン [続きを読む]
  • 「信州・松本の物産と観光展」ワイン買い
  • 新宿駅西口広場は危険余談ですが、かつてTwitterの良さを私は理解できなかったのですが、試しに興味あるお店をフォローし、こういうツイートで情報を入手しそそくさと出かけて楽しかったとき、ようやくTwitterの面白さに開眼したのです。本日より3月3日(金)まで新宿駅西口広場にて「信州・松本の物産と観光展」が開催中です!出展準備が整いました。 #matsumoto #azuminofm pic.twitter.com/C7ODRxnRqM— 山辺ワイナリー通 [続きを読む]
  • 杉並区の小学校の木々は立派(かも)
  • 著名人の邸宅跡には貴重木学校に桜の木々は欠かせませんし、防風林の実用面からも学校に巨木があるのは似つかわしいかと思います。が、杉並区の小学校の木々はレベルが高い。そんな中でもこちら杉並区立久我山小学校には、杉並区貴重木が2本"も"あります。中島知久平(1884-1949)ってご存知ですか?日本の海軍軍人、実業家、政治家。中島飛行機(のちの富士重工業)の創始者として知られ、政治家に転じてからは大臣や政友会総裁を務 [続きを読む]
  • 杉並区の小学校の木々は立派(かも)
  • 著名人の邸宅跡には貴重木学校に桜の木々は欠かせませんし、防風林の実用面からも学校に巨木があるのは似つかわしいかと思います。が、杉並区の小学校の木々はレベルが高い。そんな中でもこちら杉並区立久我山小学校には、杉並区貴重木が2本"も"あります。中島知久平(1884-1949)ってご存知ですか?日本の海軍軍人、実業家、政治家。中島飛行機(のちの富士重工業)の創始者として知られ、政治家に転じてからは大臣や政友会総裁を務 [続きを読む]