Juliet さん プロフィール

  •  
Julietさん: 秘書検定 面接対策ブログ 思いやりの心をかたちに
ハンドル名Juliet さん
ブログタイトル秘書検定 面接対策ブログ 思いやりの心をかたちに
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/lavenderjuliet
サイト紹介文秘書検定 面接試験の体験談や心に留まった日々の出来事を、元CAの接遇マナー講師がお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/03/06 17:21

Juliet さんのブログ記事

  • お箸*15 元禄箸
  • 皆様に割り箸の種類をご紹介しようと思い立ってからというもの、外でお食事をする時には、お料理よりも目当ての割り箸を探し求めながら、お店を決める秘書にゃんこです。とはいえショーウィンドウを見ても、お料理のサンプルにお箸が添えてあるとは限らず、それはメニューを見ても同様で、実際に提供されて初めて分かるケースがほとんどです。そんな中、「元禄箸」 を使っているお店がありましたので、ご覧いただきましょう。   [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*軽井沢 2
  •  雨の朝を迎えた 秘書にゃんこ。          霧に包まれた風景が神秘的な高原の朝に、     信州産の材料でこしらえた、心尽くしの 「軽井沢ブレックファースト」      こんなにゆったりと朝食を味わえるのは、旅先ならではの贅沢。           日本画家 千住博氏の作品を収蔵する 「軽井沢千住美術館」      建物の周囲に植栽、既存の地形に合わせた傾斜ある館内フロアー。     軽井沢ら [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*軽井沢 1
  •  都内の桜が満開を迎えた頃、日陰にまだ雪が残る軽井沢に行って参りました。というわけで、「避暑にゃんこ」 ではなく、やっぱり 「秘書にゃんこ」・・・な〜んて          秘書にゃんこ、新幹線は昨年の名古屋以来です           発車と同時に何か食べたくなるのはいつものこと。     今回の旅の始まりは、東京駅限定の 「どら焼き」          昔は長い時間かけて行ったものですが、東京から [続きを読む]
  • お箸*14 天削げ箸
  •  「割り箸」 には種類があり、それぞれに名前がついていますが、今日はその中でも高級と言われる 「天削げ箸(てんそげばし)」をご紹介します。お箸の上部(天)を斜めに削いでいることから、「天削げ」 という名前があり、削ぎ落として木の断面を見せることで、木目を強調する役目があるようです。したがって、材質も杉や檜(ひのき)のように木目の美しいものが用いられ、さらに、なめらかな木肌や香りの良さからも、高級な印 [続きを読む]
  • お箸*13 割り箸
  •  毎日の暮らしに すっかりとけ込んでいる 「割り箸」。てっきり 「割って使うから割り箸」 だと思っていたのですが、実は、「木や竹を割って作るから割り箸」 というのが名前の由来のようです。いずれにしても、割らなくては使えませんが、「最初から割れていれば手間がかからないのに」 という方が少ないのは、「便利」 より 「未使用新品」 を好む、日本人の衛生観念でしょうか。 ひとくちに 「割り箸」 と言っても、形によっ [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*ANA 機体工場
  •  秘書にゃんこと一緒に、ANA 機体工場を見学して参りました 東京モノレールの国際線と国内線の真ん中にある「新整備場駅」から徒歩15分。一般の乗客が乗降する駅ではないため、道行く人は航空会社の職員かマニアさん(笑)見学希望者が多く、半年先まで予約が取れないという中、幸運にも当選しました。(規定により、画像はすべて ANA の承認を頂いた上で掲載しております)広大な敷地&類い稀なる方向音痴につき、看板を見つけた [続きを読む]
  • お箸*12 一膳
  •  近所のスーパーでお弁当やお惣菜を買うと、レジの方から 「お箸は何膳お付けしましょうか?」 と聞かれます。このお店では、アルバイトの高校生でも 「何膳」 と言いますので、マニュアル化されているのか、または口伝えで指導されているのでしょう。一方、近くのコンビニでは、「お箸をお付けしましょうか?」 と聞かれます。数の選択肢はありませんが、一人分という前提では的確な尋ね方です。中には、「お箸をお付けしますか [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*明治村 帝国ホテル
  •  秘書にゃんこの夏の旅も最終日。帰京する前に、愛知県 犬山市にある「明治村」に立ち寄りました。江戸時代の優れた伝統を継承しつつ、欧米の文化を取り入れた明治という時代。それは建築の世界にも言えることで、歴史的、文化的に価値ある建物が生まれた明治。それぞれの場所で存在し続けることが出来れば何よりでしょうが、時代の流れと共に保存が困難となり、姿を消して行った建物も数多くあります。そんな中、この明治村に移 [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*岐阜 長良川
  •  岐阜県を訪ねるのは白川郷以来のこと。前回は金沢から車で向かいましたが、このたびは名古屋から電車で           出発前に名古屋モーニング      トーストに餡子は初めてでしたが、お味は洋風どら焼き??          30年ぶりに見る名古屋駅の近代化に、ただただビックリ           交通の便が良く、あっという間に岐阜駅に到着。     まずは駅前広場で、ご当地ゆかりの信長像にご挨拶 [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*名古屋
  •  秘書にゃんこと新幹線に乗って旅に出ました。          東海道新幹線は初めての秘書にゃんこ                席に着くなりお茶とお菓子を広げ、発車と同時に食べ始める、、これぞ女子旅           名古屋に到着し、荷物を解いて外に出る頃には、日がとっぷりと暮れていました。     故郷の札幌にあるテレビ塔と似ている、、と思いましたら、     どちらも同じ建築構造家・内藤多仲 [続きを読む]
  • お箸*11 箸感謝祭
  •  8月4日は、八と四で 「箸の日」。先日、赤坂 日枝神社(ひえじんじゃ)で行なわれた 「箸感謝祭」に参列いたしました。          長い階段が大変な方のために、エスカレーターもあります。          まずは手水舎で手と口を清めます。          蝉時雨の中、神門をくぐり・・・。          社殿へと向かいます。     もともと色黒のところへ逆光のため、後ろ姿に見えてしまう秘 [続きを読む]
  • お箸*10 一汁三菜
  •  「一汁三菜(いちじゅう さんさい)」 日本料理の献立における、それぞれの品数を表します。それでは、昨秋 発売された記念切手をご覧いただきましょう。『和の食文化シリーズ 第1集 一汁三菜』こちらが、上半分を拡大した画像です。 ご飯と漬物は数えず、お味噌汁やお吸い物(汁物)が一品、おかず(菜)が三品。発売されたのが秋ということから、卓袱台(ちゃぶだい)には ホクホクした栗ごはん。とうふの味噌汁に鮭の塩 [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*南町奉行所
  •  秘書にゃんこ、「有楽町(東京都 千代田区)」に行って参りました。     「有楽町」と聞いて、フランク永井さんの「有楽町で逢いましょう」を思い出す方もおいででしょう。この曲は戦後、闇市の面影を残すこの界隈の「高級化キャンペーン」の一環として、昭和32年(1957年)、駅前にオープンした「有楽町そごう」の CM ソングとして歌われたそうですよ (「有楽町そごう」は平成12年に閉店し、現在は「ビックカメラ」) さ [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*夏目漱石を訪ねて。。
  •  「石を枕にして眠り、小川の流れで口を漱ぐ(すすぐ)」 と言うべきところを、「流れを枕にして眠り、石で口を漱ぐ」 と言い間違え、それを人から指摘されたら。。さしずめ私なら、照れたり、相手と顔を見合わせて笑ったりすることでしょうが、「いや、耳を洗うために流れを枕にし、歯を磨くために石で口を漱ぐのだ」と言い張る人がいれば、負け惜しみの強い頑固者という印象を持つことでしょう。 「漱石枕流」(そうせきちんり [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*日本武道館
  •  日本武道館(にっぽんぶどうかん)は、東京オリンピックの柔道競技の会場として、東京都千代田区の皇居に隣接する北の丸公園に、昭和39年(1964年) 完成。その名の通り、柔道や剣道、弓道などの日本武道の競技や稽古が行なわれる一方、大規模なコンサートホールとしての役割も備えているのはご存知の通り。昭和41年(1966年)に ザ・ビートルズが来日公演を行なってから、今年で半世紀。収容人数1万人の会場を埋める集客力は、 [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*小江戸 川越 蔵の町
  •  首都圏に長く住んでいながら、これまで行く機会がほとんど無かった埼玉。その昔、友人を訪ねた折に池袋から乗った電車は、車体が黄色で屋根が茶色。あとでニックネームを聞くまでもなく、「あ、、カステラ。。」あれから40年ほど経ち、東京都心や神奈川への直通電車も走りすっかり便利に。そんな中、いま注目の川越に出かけました。          こんなに発展してしまうと、あのカステラが懐かしい。。         [続きを読む]
  • お箸*9 置き方
  •  家で食事をするときも外食するときも、お箸は横向きにして手前に置く。子供の頃から見慣れている形ですが、実はこれ、日本だけの特殊な置き方なんです。ご存知の通り中国や韓国を始めとするアジア諸国では、お箸を縦にして右側に置きます。日本で横向きに置く理由はいくつかあると思いますが、まずはお箸の取り方。たとえば中国や韓国ではお箸を片手で取りますが、日本では両方の手を順に使うため、右側に置いていては、左の手や [続きを読む]
  • メロンといちご
  •           熊本のメロンと、博多のあまおう      この子たちの故郷で、今まさに大変な状況にある方々に思いを馳せています。          お見舞いをした側が、次には見舞われる・・・それが、私たちが暮らす日本です。     出来るものなら、訪れる寒さも暗さも、夜の闇が連れてくる風雨も引き受けたいのに。。     お取り込みの方もおいででしょうに、ご覧くださいましてありがとうございます。 [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*桜坂
  •  満開の桜の美しさは言うまでもありませんが、散り際もまた何とも言えない風情があり、この曲の雰囲気からしますと、むしろ花びらが風に舞う様が似合うような気がします。 福山雅治さんが2000年に発表した曲 「桜坂」 の舞台のひとつとなったこの坂道は、東急多摩川線 沼部駅から程近い、大田区 田園調布本町の旧中原街道にあります。          「さくら坂」 と書かれた交差点の の下にある木の標識     旧中原 [続きを読む]
  • 秘書にゃんこ*銀座 花椿通り
  •  東京都 中央区 銀座7丁目と8丁目をつなぐ道路を 「花椿通り」 といいます。1603年から始まる徳川幕府による大規模なまちづくりには諸国の大名が駆り出され、区画を請け負って造成した国の名を、町名に冠したといわれています。この辺り一帯には、松江藩の上屋敷が建ち、松江藩が出雲を領有していたことから、銀座8丁目界隈を 「出雲町」、道路は 「出雲通り」 と名付けられました。 時は流れて昭和9年(1934年)。ゆかりの出 [続きを読む]
  • お箸*8 日本のお箸 (2)お箸は万能
  •  「中国のお箸とレンゲ」 「韓国のお箸とスプーン」 そして 「日本のお箸」お気づきでしょうか?「日本のお箸と〇〇」 ではなく 「日本のお箸」そうです。 日本はお箸だけでお食事が出来る国なのです。お豆さんをつまみ、魚の皮をはがし、身をほぐし、滑りやすい麺をはさみ、焼き海苔でごはんを包み、納豆や生卵をかき混ぜ、おでんの大根を切り、椀物の具を押えて汁を飲み、豆腐をすくい口に運ぶ。たった2本の棒なのに、こ [続きを読む]
  • お箸*8 日本のお箸 (1)材料と塗り
  •   「箸」 という字は竹かんむり。神様に供える食物を手づかみするのが憚られ、竹をトングのように折り曲げて、祭祀などに用いていた 「折箸」 が、日本におけるお箸のルーツと言われています。弥生時代末期の遺跡から発見されたことから、邪馬台国 卑弥呼の時代と思われますが、神様へのお供えではなく、人々が食事の際にお箸を使うようになるのは、まだまだ先の話。  このように 「竹」 から始まったお箸ですが、現在多く普 [続きを読む]
  • お箸*7 韓国のお箸とスプーン 
  •  ご多分に漏れず、「冬のソナタ」 をきっかけに 「韓流ブーム」 に見事にはまりまして、新大久保に出かけては、微笑むヨン様のポスターの下で韓国料理に舌鼓を打ち、都内で開催された冬ソナ関連のイベントには、勤務後であろうと駆け付け、ほぼ皆勤賞同じく韓流ドラマに夢中だった母と、手に手を取ってソウルへと旅に出たものでした  あれから10年。。。ヨン様に関するニュースがめっきり減った今でも、私のアンテナの感度は良 [続きを読む]
  • お箸*6 中国のお箸とレンゲ
  •  札幌で育った私にとって、ラーメン屋さんは物心ついた頃から身近なものでしたが、円卓を囲むような中国料理のお店に入るようになったのは、社会人になってから。羽田空港 旧ターミナル 3階の奥にあった「彩鳳(さいほう)」というお店でした。今でも、国内線 第1旅客ターミナル地下1階のフードコートで食べられるようですし、名物の「ジャンボ焼売」は、第2旅客ターミナル2階の出発ロビーでも購入できますが、当時は大きな [続きを読む]
  • あの日から5年。。。
  •                                                                                                  ご覧くださいまして、ありがとうございます。こちらの記事は本日一日限りの公開といたします。 [続きを読む]