くろにわ さん プロフィール

  •  
くろにわさん: 裏何年経ってもひきこもり
ハンドル名くろにわ さん
ブログタイトル裏何年経ってもひきこもり
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kuroniwa-ura/
サイト紹介文元ひきこもりでゲーム好きの雑記です。よろしくお願いします。
自由文PTSDと統合失調感情障害で通院中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/03/06 22:31

くろにわ さんのブログ記事

  • 頼まれ事
  • 今日はひきこもりの子供を持つ親の方々との懇談会に参加してきました。懇談会と言っても、一方的に自分が用意した原稿を読むだけって感じだったのですが。今日、話を聞いてくれた方々の中から、1人でも自分の言葉の何かにひっかかってくれる人がいてくれたらいいなと。そんな中でも死にたい気持ちは強くて、何かぼーっとしてしまうことが多かったです。座っているだけだったので疲れはないはずなのですが、何かだるいです。そして [続きを読む]
  • 通院とミーティングと
  • 今日は通院とミーティングに行ってきました。今日で、アモキサンの処方量がMAXの300?になってしまいました。主治医曰く「できることは全部やる」とのこと。アモキサンが合わなければ、また別の薬を試すことになると思います。できれば薬いっぱい試しまくって肝臓ぶっ壊れて死んでしまいたいです。そんなうまい話はないでしょうが。眠剤のほうは、ベルソムラをもう一度飲むことになりました。効いている実感のない薬だから、期待は [続きを読む]
  • 経済的不安と希死念慮
  • 経済的な不安に陥ると死にたくなる。死にたくなるというか、死ぬ将来しか見えなくなる。死ななきゃいけないんだ、死ぬしかないんだ、みたいな感じ。先日、父が仕事について辞めるかのような話をしたとき、自分は不安でたまらなくなった。まだ諸々のローンだって残っているのに、それに仕事だって簡単に見つかる状況じゃないのに、と。お前が働けよと言われたら、返す言葉もない。一応、話し合った結果、父は辞めずに続けていくつも [続きを読む]
  • 無題
  • 死にたい。もういろんなことを考えたくない。なんて毎日思っていることだ。どうして産まれてきてしまったのか。選べないことの理不尽さ。他人が羨ましい。死にたい。 [続きを読む]
  • 除雪中
  • 昨年、屋根の塗装をした。で、今年、雪下ろしのために屋根に上ったら、そのまま滑って雪の中に落下した。塗装の素晴らしさと、雪下ろし中の事故の恐怖を同時に感じた瞬間だった。この話はこれで終わらず。玄関のカギをかけたまま、二階の部屋の窓から屋根に上ったのでさぁ大変。近所の方に梯子を借りて、なんとか2階の窓に戻ろうとしたものの、梯子が上手くかけられない。どうにか梯子をかけたものの、雪のないところの屋根は滑り [続きを読む]
  • 死ぬこと
  • こんなブログを見てくれている人もいるのだと思い、更新してみる。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ツイッターをしているとブログを書く習慣が減っていってしまって。書きたいことはあちらに書いているので。本当ならこっちに書くべきだと思う。死にたいとか、死にたいとか、死にたいとか、ね。実は最近、死ぬためにと薬を貯めていて、三環系のアモキサンという薬を。ググった限りだと、大量に飲むと [続きを読む]
  • 無題
  • 今日も同じく横になる時間のほうが長かった。というか寒くて布団から出られない。明日からは天気がよくなるらしいけどどうなることやら。今日も希死念慮。何もしてないからなのか、何かをしていてもそう思うのかわからないが。どうすればいいのか。 [続きを読む]
  • 無題
  • 今年初めて本格的に雪かきをした。だからどうしたといわれたらそれまでだけど。最近は起きている時間より横になっている時間のほうが多い。生きている意味あるのかこれ。三環系の薬を貯め始める。以上。 [続きを読む]
  • 無題
  • 明日は通院日なのだけど、何から話せばいいか悩んでいる。死にたいということを伝えたところで何になるのか。死にたい原因について話をして終わりという感じか。楽に死ぬ方法はないか。苦しまずに死ぬ方法はないか。死にたい。泣きたい。 [続きを読む]
  • 日々のできごと
  • 猫の問題については、相手の方の猫との相性が合わなくて、結局自分の家で飼い続けることになった。これでよかったのかはわからない。自分は猫を看取ることができるんだろうか。PS4を買った。同時にペルソナ5を買い、その後クリアした。そしてさっそく置物と化してしまった。やはり据え置き機は不要だったんだろうか。まったく関係ないけど、〜だろうかっていう終わり方が続いた。死にたい気持ちが強くなっている。生きたいという意 [続きを読む]
  • 無題
  • 本当に自分はもとに戻れるんだろうか。今のところ本当にピンとこない。1日中横になって過ごして。不安が大きくなっている。孤独は嫌だ。だけどまた孤独になりそうだ。飼っている猫を手放す話があって、あと数日でそれがどちらかに決まる。最初から家に連れてこなければよかったのに。父がつれてきたんだけど。独りは嫌だ。そしてもとに戻れないのなら死んでしまいたい。楽しかったことが楽しめない。こんなに苦しいなんて。終わり [続きを読む]
  • 電池
  • 体調が最悪にまで落ちてから2か月近くたった。体調は相変わらずで。主治医にもカウンセラーにも、「まずは休むことををしよう」と提案された。何もしないことへの罪悪感を感じる。けれど、実際に今は何もできそうもないから言われた通りにしようと思う。今は電池が切れている状態だとも言われた。ちゃんとエネルギーを蓄えて、と。いい方向へ向かえばいいけど。これくらいの文章量を書くだけで疲れるっていうことは、やっぱりそう [続きを読む]
  • 無題
  • 最近は死ぬことばかり考えている。生きることはつらい。将来のことを考えて不安になってつらくなって死にたくなる。挙げればキリがない、面倒な出来事をこなさなければならないとなると、それだけで無理だと思って死にたくなる。たとえば、自分は今、実家に住んでいるのだけど、その実家も屋根や壁の塗装とかしなければならないし、そういう維持費や維持するために誰かに頼まなければならないというのが面倒で。他にも細かい部分で [続きを読む]
  • 自殺願望と将来
  • 死にたい。と、いきなり書くと何事かと思われるかもしれない。冗談っぽいニュアンスというわけでもない。将来のことを考えたときにいつもつきまとう種々の不安。自分は今、働けていない。働けるのかと言われればわからない。働く気はあるのかと言われればある。ただし条件によって、という甘えはあるが。その条件もかなり緩いものだから、就職というのは絶望的だろう。そして以前書いた、パートナーとか家族のこと。自分は今、父と [続きを読む]
  • 進学するということ
  • 進学するというのは、ただ次のステージへ進めばいいというものではない。ということを多くの人は言うだろうし、最近、自分もとてもそう考えている。自分のことを少し書くと、僕は小学校の3年あたりから不登校になり始めて、4年には完全に引きこもり状態になった。中学には一度も行かず、いろいろとあって16歳で通信制高校に入学した。自分にとって通信制高校への進学というのは「高校の卒業資格を得る」ということが目的だった。高 [続きを読む]
  • 邪魔者を解剖
  • 自らの力で人生を切り開いて生きていくという人たちが羨ましい。自分にはできないことだったから。今日は大学生の方々と話す機会があったのだけど、それがとても感じられた。もう一つは、久しぶりに会ったミーティングのメンバーの方がとても活き活きしていて、その話を聞いていてとても羨ましくなってしまった。他にも、今日、一緒に行動したメンバーの方々の過去を少し聞いて、誰かの邪魔が入らずに自分の道を歩くことができると [続きを読む]
  • 精神障害者が相方やパートナーを支えられるのか
  • 以前、「相手を不幸にさせてしまう」という理由で相方・パートナーと呼べる人と離れた。相方・パートナーと言っても、ネット上で出会い、直接会ったことはない。それでも、ネット上で話をしたり、自分にしては珍しくメールでよくやりとりをしていた。自分は精神障害者だ。今は働くことができない。ここは甘えに聞こえたり、実際にそうなのかもしれない。まともな職に就くことができず、健康面も普通じゃない。負担にしかならないの [続きを読む]
  • 年末年始のイベント
  • 少し落ち着いたので日記を書く。年末、年始とイベントが二回あった。年末のほうは、お母さんたちを対象にした懇親会のようなもので、場所は山形で行われた。年始は、高校生と大学生を対象にした勉強会みたいなもの。こちらは県内で。どちらのイベントも自分にとっては結構大きなもので、体調というかリズムが少し乱れた。イベントの日を迎えるまでは、ゲームとか好きなことをやっていても気がかりで。やっぱり引き受けなければよか [続きを読む]
  • 自分の存在価値とか、存在意義とか、もう十数年同じようなことを考え続けているし、こんな風に書き続けている。その間、日記とかブログを消しているから、ログっていうのはほとんど残っていないけど、手元にあるものを見ると本当に変わっていなくて情けなくなる。まぁ価値があろうとなかろうと生き続けているんだけど、それでも確かなものが欲しいというか。価値は相対的で、他人から与えられるものだっていうのはそう思う。ただ、 [続きを読む]
  • 信頼
  • 今日は、人と話をする機会があった。相手は日ごろお世話になっている方。で、そこから思ったことを書く。本当に内容が支離滅裂だと思う。生身の世界で、「信頼できる人はいますか?」って問われたときに、「自分には信頼できる人はいません」と答えることができる。こんなことができるのは、自分のキャラとしてもうそういう感じになってしまっているからだと思う。なんかもう自分は人間信じられません的なキャラ。信頼できる人とし [続きを読む]
  • 無題
  • 少し先の未来を考えることがある。結局、死ぬしかないみたいな結論に至る。こういったことは毎回同じことの繰り返しなんだけど。目に映る多くの人たちとは住む世界が違う。そういった人たちとかかわるべきではない。わかりやすい距離感で対峙するとかそんな感じ。全ての面で人が嫌いであればいいんだけど、そこまではなかなかできなくて難しい。近頃は浮き沈みはあんまりなかったんだけど、今日は沈んできたという感じがしているな [続きを読む]
  • 無題
  • 誰も自分のことをわかってくれない、把握してくれない。っていう甘えた気持ちが強くて、閉じこもってしまう。自分は、他人を信じることが中々できないのに、他人に期待している部分がある。だから、今は失望している。誰も自分のことをわかってくれないんだ、みたいな。とはいえ、理解者というのは本当に希少なものだと思う。そんな簡単に見つかるわけがない。そういった中で、主治医やカウンセラーっていうのは、自分にとっての理 [続きを読む]
  • 思い出
  • ネットというものが間になければ人と関わることができない。ネットですらなかなか上手くいかないんだけど。ネット上で知り合った人達との出来事が、自分にとっての思い出。なので、自分の思い出はネットの中に含まれている。こんな風に考えるから、次々に知り合った人たちがいなくなっていくことがとてもつらいのだと思う。人が離れていくというのは、何かしら自分がしてしまったことと関係しているのだろう。思い当たること、確か [続きを読む]