あんず さん プロフィール

  •  
あんずさん: 鬼娘の介護日記
ハンドル名あんず さん
ブログタイトル鬼娘の介護日記
ブログURLhttp://anzu220.info
サイト紹介文92歳の母。今年2月末に大腿骨を骨折し要介護4に。退院後、老健から横須賀の特養へ。変わらず鬼娘状態
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供257回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/03/07 15:48

あんず さんのブログ記事

  • 犬も理解する認知症
  • アナタ、いったい何をしに来たのよ。アタシの迎えでしょ。支度しなきゃなのに、犬なんか、構って!施設で、母と一緒に居る犬達が、ようやっと、アタクシを認めてくれるようになったのに。おっかさんは、そうやって、ギャンギャン、言えるけれど。ワンコ達は、何も言えへんねんよ。ただただ、撫でて欲しいって寄ってくるやん。この子達は、アタシに興味はないのよ。ほら、そうやって、すぐに拗ねる・・・。母が認知症を発症したとき [続きを読む]
  • 認知症の中期と初期で、仲良く出来るかな?
  • 今日は、母の施設にご新規さんが入所されているはずと、ちょっと楽しみで面会に行ってきました。というのは、プードルちゃんと一緒に入所をされると聞いていたので、どんな子かなと。ユニットの入り口で、スリッパに履き替えていると、文福、大喜、ジロー、ナナちゃんと勢ぞろいして、歓迎してくれました。すると、入り口に一番近い部屋からバックを肩掛けにされた方が出て来られて、挨拶されました。ご家族の方が見えられていると [続きを読む]
  • 無間地獄のあのときに
  • 最近、頂いたコメントからのお話でございます。一つは介護が一段落したお茶っ子様のコメントから。認知症初期のお父様を介護されている友人に対し、どのように対処したらいいかとのこと。お父様は初期の認知症と診断され、最近はその友人に「生活費を返せ」「お金を持っていくな」と始まったそうです。 そうです、例のアレです。 鍵を持っていないから入れないと言っても、窓から入ってくるんだと言ってるそうで、携帯電話がひっき [続きを読む]
  • 文字の意味がわかる?わかんないだろうなぁ
  • 母が昨年、大腿骨を骨折し、退院後、横浜の老健(介護老人保健施設)へそのまま入所したときのこと。「転院するから」と言って、兄の運転する車に乗せて連れて行きました。最初は、退院したという安堵感と、もともと、ドライブが好きな母。それこそ、とても喜んでおりました。車窓の外に見える広告塔の文字を拾い、口に出していました。さて、カーブを曲がって丘を上ると、施設の大きな看板が見えてきました。母は、その一文字一文字 [続きを読む]
  • 違いがわからなくても・・・
  • 「喫茶 やましな」母の居る施設では、週に一回、一階のホールで本格的なコーヒーを出して下さいます。そこには、お菓子とパンとヤクルトの出店があり、施設に預けている現金を使い、自由に買うことが出来ます。「買う」ということで、脳の活性化を試みているのでしょうか。昨日、母の面会に行くと、ちょうど一階に行く状態でした。そこで、母と一緒に行き、窓際の席でコーヒーとアンパンを頂きました。母は移動するとき、そこら辺 [続きを読む]
  • 一人では何も出来ないと言えなくて
  • 昼間は、特養(特別養護老人ホーム)の食堂にいる母。母は、車椅子での生活で、ナースコールを押すことが出来ません。夜間は、ベットの足元にセンサーが置いてあり、立ち上がるとスタッフさんが来て下さるようになっています。面会に行くと、食堂に居る母を車椅子に乗せ、居室に連れて行き、そこで話をします。その日、車椅子の母の隣にと、ベットに腰をかけると、大きな音が響き、スタッフさんが部屋にやってきました。すみません、 [続きを読む]
  • 忘れてしまうという自覚がある母
  • アタシ、自分の名前が、○○山さん(苗字)であることを忘れそうよ。マジで?!母がベットサイドテーブルに飾っている父の写真を手に取りながら、申しました。父の写真と一緒に、母の両親の写真も置いて飾ってあります。その写真の祖父の顔と、エステをして貰ったアフターの母の顔がよく似ているのです。ついつい、その話を母にしてしまいました。勿論、母は、直前の記憶はありませんから、顔のお手入れをして貰ったことなど、忘れ [続きを読む]
  • 子供の好物を忘れる・・・
  • 或る日の母の昼食は、オムライスでした。まあ、美味しいそう!いつもの母の一声。さあ、これで、帰れるぞ、とアタクシはその瞬間、ほっとするのでございます。オムライスは、チキンライスを卵で包んだもの。ママ、ちょっとオムライスを割ってみてや。実は、子供の頃のアタクシは、赤いご飯と称し、チキンライスが大好きでした。例えば、お誕生会とか、ハレの日に作って貰うのが、赤いご飯でした。施設のオムライスも、卵の下はチキ [続きを読む]
  • 母がエステを?!
  • はぁ!?、母がエステを受けたぁー?!施設の公式ブログに本格的なエステを受けてご満悦な母の様子が載っていました。そういえば、今日はヘアスタイルが違うけれど、なんで?と思う日がありました。ブログの内容は、時には過去の記事もあり、今になって、ああ、あの時だったのだと思い当たるのです。短期の記憶は、殆どありませんから、あれ?と思ったときに聞いても、知らないと答えるだけでしょう。そういう意味で、施設で何をし [続きを読む]
  • 施設もいろいろ・・・・
  • この頃、横須賀の施設に居る母のところへ行くのに、車よりも電車を使っています。横浜で京浜急行に乗り換えて、横須賀中央へ。横浜駅でそのままJRで、横須賀へ行く方法もあります。京浜急行を使う方が、断然、時間が早い。快特に乗ると、横浜から20分で横須賀中央に着きます。それに、もう一つ。ちょっとした楽しみもございます。車両の一部にボックスシートがあることなんです。全車両がボックスシートという列車も走っていますが [続きを読む]
  • 「恩返しの発想」に、鬼娘は吼える
  • 介護に関する本があると、ガイダンスを読むなどしています。朝日デジタルで、紹介されていた本があります。著者は、医師であり作家でもある久坂部羊先生です。この本はフィクションです。まだ、読んではいません。しかし、朝日デジタルに先生が寄稿しておられる文章を読んで、違和感を持ちました。上手に介護している家族に共通しているのは、認知症の有無に関わらず、高齢者に対する尊重と、感謝の気持ちが強いことだ。尊重の念が [続きを読む]
  • 会話が出来なくなった母
  • ひょっとして、母は、目の前に座っている人が話している内容を理解していないのではないかと感じました。今日は、一階のホールで模擬喫茶店へ参加する母に、エントランスで会い、そのまま、一緒にお茶をすることにしました。母と並んで、コーヒーを飲んでいると、違うユニットで暮らしている婆様が、スタッフに案内されて座りました。こんにちは、から始まる会話。聞くと、もう、100歳に近いとおっしゃる。突っ込んで聞くと、なん [続きを読む]
  • ダイエット願望に年齢は関係ない?!
  • 母は、昨年の夏、誤嚥性肺炎で入院し、体重が40Kを切り、退院後、老健(介護老人保健施設)に戻ってきたときは、低栄養という状態でした。※低栄養とは、低栄養とは食欲の低下や食事が採りづらいなどという理由から徐々に食事量が減り、身体を動かすために必要なエネルギーや筋肉や皮膚、内臓などをつくるたんぱく質が不足した状態のことを言う。はい、いつ、死んでも、つまり老衰状態ですが、おかしくないと言われていました。それ [続きを読む]
  • 娘と一緒に住みたいという・・・
  • 家に帰りたいとしつこく言われて、つい、ポロッと口を滑らしてしまいました。あんね、今、家を売っている最中やねん。寄り添う嘘として、売却の話を言わなければよかったと瞬間、後悔しました。あちゃー。アタシの帰る家はないの?と言うかもしれない・・・。ところが、てんで、気にしない様子。じゃあ、アナタ、どうするの?ママの居るこっちへ移るつもりや。あら、ここへ一緒に住めるのね。母の中で、この居室に一緒に住むという [続きを読む]
  • 赤いカーネーションには興味ない・・・
  • 母の日には早いのですが、新宿へ出る用事があり、ついでに四谷三丁目の造花の卸売問屋に寄り、アーティフィシャルフラワー(造花)のカーネーションを買い、持って行きました。認知症を発症する前は、植木いじりの好きな母でございました。庭の花も上手に綺麗に咲かせる人だったのに。入所当初は、母の興味のあるものと、植木鉢を部屋に飾ってみたりしました。しかし、思い出したように、植木鉢に水遣りをやろうとして立ち上がるこ [続きを読む]
  • 養老院へ行く?!
  • アタシ、養老院へ行こうか・・・。昨日のアタクシは、母から何度も同じことを聞かれて、だんだんと語気が荒くなってきていました。母のいつもの質問で、皆は元気なの?うん、元気やで。しかし、昨日はこれで終わらなかったのです。殆ど、近況を聞かない次兄のことの言い出しました。K君(次兄の名前)は元気なの?K君?!、もう5年前に死んでるよ。えっ、そうなの?、アタシ、知らないわ。K君のことは、そのときにママに言ったよ。 [続きを読む]
  • 鬼娘、ひょっとして?認知症か
  • 今回は、認知症の母のことではなく、予備軍に属するアタクシのお話でございます。2日前のこと。クラスメイトのYちゃんからお仕事仲間の方を、数名紹介されました。この数名という数が、曲者。顔を見て、ご挨拶して、その時は覚えたつもり。ところが、数分経過してしまうとわからなくなってしまいました。まずは、Yちゃんに再度、名前を聞きました。はいはい、これで、覚えたで!セミナー終了後、皆さんとお食事会。名前が出て来な [続きを読む]
  • 娘は優しくないから
  • アナタが帰る前に、トイレへ行っておきたいわ。母のその言葉に、アタクシは思い出しました。認知症を発症してから、アタクシがちょっと、そこまで買い物に行くのに、いつも、言ってましたっけ。アナタが出かける前に、トイレへ行っておくわ。「不安」が先立つからでしょうか。出先でトイレへ行きたくなったらどうしよう、身動きが覚束ない、一人になるから、等々。歩行不可能の母ですが、まだ、立位は出来ます。じゃあ、テーブルを [続きを読む]
  • 姨捨山に置いてきた?
  • 同級生のYちゃんがアタクシをお友達に紹介してくれる際、「鬼娘の介護日記」を書いていると口添えをしてくれます。すると、大概、同年代の方々が多いので介護についての理解度は早うございます。今日も、そのパターン。ズバリ、施設に入所となると気分的には楽になったでしょうと言われました。ほんまに、その通り。こうやって、外出も出来るようになりました。時間までに帰宅しないといけないということもありませんしね。しかし [続きを読む]
  • 帰宅願望よりも食欲
  • 施設に居る母の面会は、なるべく「食べる」時間をきっかけにして、終わるようにしております。例えば、昼食後からおやつまでの間、午前中の昼食までの間とか。午後4時過ぎに母のところへ行くと、少々マズイ。いわゆる夕暮れ症候群を発する時間帯。アタシ、帰る支度をするから、アナタ、待っていてね。ところが、「食べる」ことで、すっかり帰るつもりを忘れてくれます。母の居室から、昼食時に食堂に戻ると、まあ、美味しそうな匂 [続きを読む]
  • 家に帰る、ってどこの家?
  • 4月から、家の売却を再スタートさせました。我が家は、母とアタクシの共同名義なので、母の委任状を貰うなど、その都度、売却の話をしております。「売る」ことに際しては、反対もしません。これが認知症初期だったら、お財布を盗った、どころではない大騒動になっていたはず。去年に一度、買い手がついたんや。でもねえ、安過ぎる感じがしたから、断ったんよ。あら、また、すぐに売れるんじゃない?なんだか、八百屋の店先のよう [続きを読む]
  • 犬のほうが賢いとわかっている母
  • 施設に居る母は、日中、食堂で過ごしています。何故なら、ナースコールを押すことが出来ないからです。出来れば、車椅子での移動でも居室で過ごすことは可能なのですが。居室で過ごすのは、寝るときと、アタクシが行ったときだけです。居室に母を連れて行き、足をマッサージしていると、必ずやってくるのは、犬の文福。母の車椅子を周回し、居ることを確かめると、部屋を出て行きます。先日、いつものように母の足をマッサージして [続きを読む]
  • いつまで、生きるの?と言いたくなる瞬間
  • 平成29年4月より介護保険法における介護報酬の改定がありましたので、重要事項説明書を下記の通り変更いたします。母の施設から、「重要事項説明書変更同意書」が送られてきました。平たくいえば、利用料の値上げ。変更されるのは、「サービス利用料等」保険給付サービスに関わる費用(介護保険自己負担分)改定前:算定した単位数の5.9%に相当する単位数を加算改定後:介護職員処遇改善加算Ⅰ算定した単位数の8.3%%に相当する単位数 [続きを読む]
  • 確実に進行している認知症
  • その日、面会に行くとちょうど折り紙教室に一階のホールに降りるところでした。こういう場合は、お忙しいスタッフさんの手を煩わせないように、母と一緒に参加するようにしています。折り紙教室というので、折り紙を折るのかと思っていました。そうではなく、すでに折られたパーツを自分で画用紙に貼りつけるというもの。どこへ行くの?折り紙教室に参加しようよ。あたしも一緒に行くからさ。アタシ、行きたくないわ。ありゃりゃ、 [続きを読む]
  • 刹那に美味しいと思う母
  • その日、母の施設に到着したのは、ちょうどおやつの頃。これからね、おやつだそうだからね。春物を持ってきたので、母がおやつの間に、冬物と交換しておけばと思い、ママがおやつの間に衣替えをしておくからね。アタクシは、母の居室で入れ替えをしました。まあ、こんな美味しい和菓子を食べたのは、初めてよ。美味しいわぁー。母の大きな声が、ユニットの一番端にある、部屋にまで、聞こえてきました。ほんとに美味しくて言ってい [続きを読む]