パンケーキ さん プロフィール

  •  
パンケーキさん: それでも、私は、一歩一歩。
ハンドル名パンケーキ さん
ブログタイトルそれでも、私は、一歩一歩。
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/kkkkama
サイト紹介文日々、迷いそれでも一歩一歩進む。 その奇跡をざっくばらんに綴っていきます♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/03/07 09:05

パンケーキ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • なんだろー
  • こんな頑張る苦しみながら、頑張る必要あるのかなーとか思う。口を開けば愚地がドバドバ出るような。心が膿だらけみたいな。本当の私はこんなんじゃないのに!とか。でも、現状そう。そんな面の自分だけじゃないけど、そんな面もある。それが私。超頑張ってる人よりは全然。てか、そういう人は頑張ってるなんて思わない。半端もんでーぃ!それでも、今日もまた一歩。仕事ばりきゃりなカッコイい自分になりたいんだよーぅ! [続きを読む]
  • 私の怒りスイッチ
  • 結構イライラしてる。ただ、これは仏教でいうところの人生の三毒に囚われてることになる。めそめそ、イライラ、くよくよ。これが三毒とのこと。最近はこれを感じたとき、あー人間なんだなーと感じるようにしている。以前は怒る自分を小さい人間だと罵り、かなり責めていたけれど、やっとコントールが少しずつ出来てきている気がする!だが、なかなかそれでも今回はおさまらないので、その怒りの原因を今軽い自己分析してみよう。 [続きを読む]
  • モーガン・マッコール
  • 人材開発とは個人特有のプロセスであり、人それぞれ異なる地点から開始し、異なる速度で進むのである。----------現時点で高いか低いかは問題ない、人と比較しても意味がない、ということ。by小杉俊哉-----学習し続けることが鍵! [続きを読む]
  • 前進力
  • 武井壮の『勝つ人』を読書中!白鵬関の「自分の気持ちは天気と一緒で晴れの日もあれば吹雪の日も雷の日もあった。そういう心で戦ってきたから、自分はこれを誇れます。」って言葉に琴奨菊は感銘を受けそうだ。私もここ最近、こういう揺れ動く心に苦しんでた。でも、自分と同じような心の変化に打ち勝ってやってきた人の姿を想像すると、勇気もらえるなぁ。。。! [続きを読む]
  • 時分の花 まことの花
  • 世阿弥の言葉に時分の花とまことの花というものがあるらしい。不思議なもので、去年からなんだけど、内面の成熟というキーワードが私の頭の中にいつもある。今年は本厄というところもあり、より自分とじっくり向き合いたい。そんな気持ちの中で、引っかかった言葉でした。私も「まことの花」となれるよう、日々精進。 [続きを読む]
  • 山本五十六
  • 新年、明けましておめでとうございます。本年も、自分の心に向き合い、日々を積み重ねていこうと思います!よろしくお願いします。さて、今年一発目はこちら↓この言葉に出会った時、心にすーっと染み込んできました。私もいつか、こんな懐の深い上司になりたいな!「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」「話し合い 耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず」「やっている 姿を感謝で 見守って [続きを読む]
  • ものは考えよう
  • ずっと、だめだめな自分が嫌で、社会人になってから働くこともそうだけど、生きてることすら辛かった時期もある。使えないとか、バカにされたりとか。自分のなかでもその誹謗中傷をさらに大きくしてしまったり。昨日も昔の自分を引き合いに出されて、苦笑される場面に遭遇した。でも、過去は変えられないし、過去は過去だし。今の自分は今の自分で、努力してるからいいやと前よりか自分を責めずに済んだ。それに、過去のダメダメ [続きを読む]
  • 心に刻んどこう!
  • 今読んでいる本は、そうか、君は課長になったのか。東レ経営研究所社長 佐々木常夫氏■仕事の進め方10か条①計画主義と重点主義まず、仕事の目標設定→計画策定をし、かつ重要度を評価すること。自分の在籍期間、今年・今月・今週・今日はどうするか計画すること。すぐに走り出してはいけない。優先順位をつける。②効率主義目的を十分に踏まえどのやり方が有効かできるだけ最短コースを選ぶこと。通常の仕事は拙速を尊ぶ。③ [続きを読む]
  • 取り戻したい
  • 太田光さんの『トリックスターから、空へ』を読んでいたら、ふと、時間を取り戻したいという感情がわき上がってきた。とは言う私だが、いつだって精一杯、戻りたい年齢は?ってきかれたら、迷わず、今、と答える主義。なので、正しくは、過ぎ去った時間を取り戻すかのように、読書したい、という気持ちに駆られたのだ。本当、活字離れが甚だしい自分の人生。小説だとかファンタジーだとか、作り話に時間は費やしたくない。費やす [続きを読む]
  • もう一生心からの笑顔は見せない
  • 今日、大学時代に好きだったあの子が助けてくれたから、嬉しくなって、心ばかりのお礼にお菓子をあげた。そしたら、「あ、あざます。でも、これ、粉々っすけど、大丈夫ですか?」だとさ。実際、それは、粉々なわけじゃなくて、ミニパックの二個入りだったわけだったんだけども。。。なんだか、今までの淡い恋心のようなホワホワ感一気に冷めた〜もう、この人の前では、一生心からの笑顔は見せない、いや、見せれないなと思った。 [続きを読む]
  • それでもなお
  • 1 人は不合理で、わからず屋て(、わがままな存在だ。それでもなお、人を愛しなさい。2 何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。それでもなお、良いことをしなさい。3 成功すれば、嘘の友達と本物の敵を得ることになる。それでもなお、成功をしなさい。4 今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。それでもなお、良いことをしなさい。5 正直で素直なあり方はあなたを [続きを読む]
  • 大人になってからの素直さ
  • 子供の頃から比べて、大人になると、それだけで自分から求めない限りは、教わるシーンて激変。 昨日阿波踊りの練習で、自分の踊りを鏡で見ながら「うむ。私もまずまずに踊れるようになってきたではないか!」と、自己満足に浸っていたところ、すかさず先輩から踊りの指導が入る。。。一気にテンションが下がる。。。でも、これって小さい時には当たり前で、「はいっ!ご指導ありがとうございます!!」みたいな感じで受け取るべき有 [続きを読む]
  • 良質な活字より魅力的な活字
  • 多くの作家さんがいて多くの本が世の中にはある。良質でためになる活字がある。もちろん、私はそういうものも吸収したい。でも、もっと、ただ美しいとか知性に溢れてるとかでなく、魅力に溢れた言葉を発したい。うまくいえなくて、もどかしいけど、私という人となりが、人への愛が伝わる言葉を探して、発していきたいんだ。そのためには、とにもかくにもインプットしよう。自然に言葉が続けざまに出てくる人もいるけど、私は記憶 [続きを読む]
  • 人としてどうなのか?
  • 新年の挨拶、年賀状、自分のところに来たら普通返すよね?先輩のものならなおさら。完全になめられている。ということを考えるのも馬鹿らしい。こういうとこで、自分の体調が悪くなるのは、自分自身が可哀想。こんなことで気に病んでしまう自分。そんな自分も肯定していこう。私ならこうする。でも、他人はしないこともある。ただ、それだけだし、そういう人はそういう人生しか歩めないと哀れに思えば良い。割り切る気持ちを育て [続きを読む]
  • 過去の記事 …