茶壺 さん プロフィール

  •  
茶壺さん: 自転車ときどき世界1周
ハンドル名茶壺 さん
ブログタイトル自転車ときどき世界1周
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tyatsubou/
サイト紹介文自転車で走れば、世界中のビールが最高に美味しく飲めると思うの
自由文自転車で世界中の色んな場所を走ったり、走ってなかったり。言葉が通じなくても現地の人と仲良くなれるもんだ、ということを最近理解した。みんなありがと〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供372回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/03/07 23:04

茶壺 さんのブログ記事

  • ピンクであることが湖
  •  メキシコ80日目 ティシミンの町〜カンクンから西北西に146km地点 道路脇敷地 意外と大きな町だったティシミンだが、人口自体は2万そこそこ程度らしい。その割にホテルの数が多かったのは、私が本日向かうピンクラグーンの他にもこの周辺に観光目的となる名所が複数存在するからかもしれない。 今日は時間余裕持ちたいので早起きした 中庭が広くて良い感じだった宿 ティシミンからまっすぐ北へと伸びる道をひた走る。 [続きを読む]
  • ユカタン道路事情
  •  メキシコ79日目 テマスの町〜カンクンから西に約140km ティシミンの町 ユカタン半島でも北部地域だと暑さはそれほど厳しくないようである。まあ暑くて仕方なかったフチタンだとかそこらへんの町から、500kmとか北上していると考えれば気候も大きく変わって当然なのだが。 夜中は少々肌寒いと思うまでになった 悲しいのはユカタンは「半島」であるために、どう走ろうとも南方へと戻らなくてはならない点。再びあのお [続きを読む]
  • どこへ向かうのか想像してみては如何かと?
  •  メキシコ78日目 メリダの町〜カンクンから西に約220km テマスの町 このホステル非常に居心地良い上、オーナーのラファが私に対してすごく良くしてくれるので本当に楽しかった。メキシコ人もしょっちゅうハグする人達なのだが、ラファとは10回くらいハグしたのであり「もしかしてゲイなんじゃないのか?」と疑いを覚えるほど。 無茶苦茶良い人なだけ 同宿していた崇くんとも 頂いたホステルのTシャツを着て、9時半に [続きを読む]
  • メリダでSUSHIが食い放題
  •  メキシコ76・77日目 メリダの町 メキシコの走行も後半戦である。別にここから次の国まで一気に休まず走りきるつもりは毛頭ないが、ラストスパートの前に気持ちを切り替えるべく大休憩をしておくことは重要なことだ。だからここメリダの町では充実した休息を送る予定である。 ドミトリー私1人で気楽である フリーの朝食の後で、オーナーであるラファが友人でもあるアルゼンチン人のワールドサイクリストが作ったというDV [続きを読む]
  • アメリカ:グランドキャニオン
  •  場所:最も近い主要な都市は南にあるフラッグスタッフで約150kmほどの距離。でも自転車乗りならば南のウィリアムズの町か東に位置するキャメロンという集落のどちらかからアクセスするのが通常だと思われる。どちらもキャニオンまで1日の距離だが、キャメロンからのアクセスだと1000mほど登らされるため、場合によっては辿り着けないほどハード。入場料:自転車で7日間15ドル。なお車両やオートバイでそれぞれ料金は [続きを読む]
  • お昼の公園は出会いがいっぱい
  •  メキシコ75日目 ムナの町〜カンクンから西に約290km メリダの町 最近の悩み。夜寝る際に暑いからと窓を開けたいのだが、すると蚊が入ってきて退治するのに手間取ること。至って平穏でささやかな問題だが、私個人としてはこれ以上ないくらい可及的速やかに対処しなくてはならない重要懸案事項となっている。 かといってテント泊も暑いし カンペチェからメリダの町までは200km弱の距離。自転車にしてみれば2日の行程 [続きを読む]
  • まるまるウシュマル
  •  メキシコ74日目 マスカヌの町〜カンクンから西に約310km ムナの町 警察署の敷地内にテント張らせてもらっていたのだが、この署は出入り口があって無きが如し。特にソカロのすぐ脇ということもあり大勢の人が通り過ぎていく立地であった事実。流石に警察車両に囲まれてはいるけれど、全く気持ちが落ち着かない。 どころか2回ほど近づくでも離れるでもなく、コチラを伺うばかりの嫌な感じの人を見かける。既に時刻は23 [続きを読む]
  • ホテルなければお願いすればいいんよ
  •  メキシコ73日目 カンペチェの町〜カンクンから西に約340km マスカヌの町 ドミトリーの宿泊人数が5人と多かったのが幸いしたのか。昨日と異なり全く蚊に悩まされることなく迎えた朝は清々しい。それではカンペチェの町を出発するとしましょうか。 水筒満タンに詰め込んで出発 海沿いに自転車道が整備されてる まぁ3〜4kmでこんな道は無くなってしまい、いつも通り側道へと所定のポジションを確保する。とはいえメキ [続きを読む]
  • 妖精の笛がなくても入れます
  •  メキシコ72日目 カンペチェの町 観光すると嘯く休息日。疲れているのもそうなのだが、とにかく日中が暑すぎて外へ出る気力が湧いてこない。自転車乗ってる時には丸1日外にいることも多いのだが、歩き回るのでは1時間だって外に出ていたくない両極端。 ということで午前中は買い物以外宿にて過ごす 犬だってダラけきってるし ところでカンペチェの町。これまでのメキシコと同様に歴史的町並みが評されての世界遺産地区な [続きを読む]
  • カリブ海って連呼してるけど本当はメキシコ湾
  •  メキシコ71日目 ソチェンの町〜カンクンから西南西に約410km カンペチェの町 海から約100mという立地での野宿はなかなか気持ちが良いもんだ。父方の祖母の家がそうした海沿いの家であったのだが、起き抜けに海を見渡してそんなことを思い出したり。 まぁテントですけど カリブ海ですけど 色々と親切にしてくれたオッちゃん 営業時間外なのか朝食を注文することは叶わなかったため、そのまま自炊しての朝ごはん。一 [続きを読む]
  • 地図にない町へ行こう
  •  メキシコ70日目 シウダード デル・カルメンの町〜カンクンから西南西に約480km ソチェンの町 猛烈に蚊が多い車庫であったが、一旦テント内に入れば関係ない。でもこの夜はお腹の調子が悪くて2度ほどトイレに行っており、そこで出入りする都度、蚊がテント内に入ってないか確認する羽目となった。 裏庭に貼らせて貰えば良かったな 出発前に「一緒に写真撮ろうぜ」と言われたので それではカルメン島脱出編だ。東西に長 [続きを読む]
  • 地図で妄想していた場所へ
  •  メキシコ69日目 フロンテラの町〜カンクンから南西に約590km シウダード デル・カルメンの町 無茶苦茶快適な宿であり予定外の2泊したのだが、むしろもっとゆっくりしたいくらいだ。とはいえ特に何もない異国の田舎町に居続けても退屈であることも確か。既に昨日の午後とか暇すぎてビール大瓶2本空けてしまったりと、雪だるま式に飲料が増えそうな気配もあるし出発しようかね。 町出てメイン道に復帰するまでかな [続きを読む]
  • 私の好きな自転車旅行紀
  •  メキシコ68日目 フロンテラの町 休息日。本当に何もせず非生産的なダラダラすることのみにかまけた1日である。遅く起きて、とりあえず食事を口にした後もネットしたりウトウト眠ったりしていたりと。クーラー効いてる部屋で丸1日過ごすとかいつ以来だろうと思ったり。 余談だが、私は実家の時から冷房がない生活を旨としてきたこともあり、そういう意味では暑さの耐性は一般人より強いと思う。でもそれは別にクーラー要ら [続きを読む]
  • 夜は皆でフロンティア
  •  メキシコ67日目 ビヤエルモサの町〜カンクンから西南西に約680km フロンテラの町 超繁華街に面している割には静かだったと思う宿。早朝の4時頃に酔っ払った宿泊客がインターホン連打して起こされたりしたけども、これはメキシコでは茶飯事の出来事なので気にしてたらやってらんない。 本当に蚊が多かったという印象の部屋 ようやく朝から良い天気となった1日。それが喜ばしいことなのかは個人の判断によるだろうが、 [続きを読む]
  • その記憶は幻だったんだきっと
  •  メキシコ66日目 ガソスタ脇〜メキシコシティから東に約680km ビヤエルモサの町 まさに熱帯地域という感じのスコールが断続的に降り続いてた深夜。おかげさまで屋根の下にてテントを張らせてもらえた私は関係ないぜ!とばかりに眠っていた。 ただし朝になって床面びしょ濡れであることを知る テントってその特性上、土や草だと床面に水がしみ込んでくることは少ないのだが、これがコンクリートの場合だとお構いなしにテ [続きを読む]
  • 風に押されりゃ雨にも降られる
  •  メキシコ65日目 コアツァコアルコスの町〜メキシコシティから東に582km地点 ガソスタ脇 海沿いだからなのか、夜風が吹きすさぶため全く暑さがなかった夜。でもおかげさまで朝から身体中がベトベトなのですがどうしたものか。 扇風機いらなかったし いつものようにキッチンお借りして朝食を済ますのだが、いつも通りじゃない出発前なのが、TVクルーが来ており取材を受けたりとかしていた点。 彼らの可愛らしいところで [続きを読む]
  • さぁ発音してみよう「コアツァコアルコス」
  •  メキシコ64日目 アカユカンの町〜メキシコシティから東に約520km コアツァコアルコスの町 蚊が多かったり暑くて寝苦しかった割に熟睡していた模様。でも朝になっても体がシャキッとしないのは疲れが溜まっているからなのか、案外眠れていなかったのか分かりかねる。 それでもテントより随分居心地良いのだけど 珍しく太陽が雲に隠れている天気。食堂がないため庭に設置されたテーブルにて朝食を済まし、職員の方々にお [続きを読む]
  • ボディを探して右往左往
  •  メキシコ63日目 ドナジの町〜メキシコシティから東に約480km アカユカンの町 野宿してる場合は寒くて深夜に1度目を覚まし、インナーシュラフを被って寝るのが最近のパターンである。すなわち夜遅くになれば「やや寒い」程に気温は下がるのであるが、どうしたことか私が眠る時間帯ではパンツ1丁でも汗まみれである。バランス悪い。 草地だったので実に寝やすい場所だった 目を覚ました時点では昨夜干しておいた洗濯物 [続きを読む]
  • メキシコ民家で仕事を手伝ってみる
  •  メキシコ62日目 フチタンの町〜メキシコシティから東南東に約500km ドナジの町 換気悪くてクソ熱い部屋だったけど熟睡していた。何故それが分かるかって、部屋の窓開けた瞬間に涼しげな外気が流れ込んだきたのだからそりゃ分かる。でも1階だったし窓開けっ放しで寝るのは躊躇われたんだよね小心者。 田舎だし平気だったろうけど 久しぶりとなる部屋内にてアボカド丼を朝食とし、少しでも暑さが凌ぎやすい午前中の早い [続きを読む]
  • ビールに匹敵するもの
  •  メキシコ61日目 サンタ・マリア ハラパ・デル マルケスの町〜メキシコシティから東南東に約550km フチタンの町 私の2016年は年間を通して寒い土地にいることが多く、常に夏の暖かさを願っていたように思う。メキシコに入ってからも、南下したのと同時に高山地帯へと突入したため深刻な暑さとはならなかった。要するに海抜0m近くまで下ってきたここ数日は久しぶりの本格的な暑さだということだ。 暑すぎ気が狂いそう [続きを読む]
  • 入るも抜けるもオアハカの山々
  •  メキシコ60日目 食堂脇〜メキシコシティから南東に約510km サンタ・マリア ハラパ・デル マルケスの町 いよいよテントで寝るのが厳しい気候となってきた。特に深夜にならず気温が下がりきっていない状態でのテント内は蒸し風呂状態で嫌になってくる。 とはいえ外で寝ようとすると体中を蚊やその他のワケわからん虫に刺されまくること必至であり、自己防衛的な意味でもテントというのは重要なのだと言える・・・・だが暑 [続きを読む]
  • とりあえずビールを飲もうという風潮
  •  メキシコ59日目 オアハカの町〜メキシコシティから南東に437km地点 食堂の脇 そんなわけで5泊させてもらった「たなばた」の宿から出発である。毎日豪華な料理が食べれて実に居心地のいい場所でした。 オーナーさん夫婦と ちなみにこのたなばたの宿はまだ開店して日が浅いゲストハウスであり、私がちょうど100人目の来訪者であった。とりあえず1000人が目標だとオーナーさんは語っていたが、早晩達成しそうな気 [続きを読む]
  • そうとも私はお酒が怖い
  •  メキシコ57・58日目 オアハカの町 昨日テキーラ瓶半分ほど開けたのが原因か、お腹下して体調悪い朝である。体力回復させて美味いもの食べるのがオアハカでの主な目的なのに何やってんだか。 まぁそれでも朝食がっつく私なのであり、あんまり遠出するのも何なので午前中は私のリアボックスの整理整頓から同色で見えなくなっているシールの切り取り→着色作業を実施しようと作業開始する。 このシールが こんな感じになり [続きを読む]
  • 飯食ってたことしか記憶にねぇ
  •  メキシコ55・56日目 オアハカの町 さてオアハカの町。例によってこの町も世界遺産に登録されているのだが、完全に食傷気味というか別にどうでもいい気持ちになりかけてる私にとって、この町ですることはただただ休息である。 別に体を休めることなど何処でもできるのだが、日本人宿というのは精神的な気楽さが違う。オマケにこの宿は食事が非常に豪勢であり、外へ出ることもなく引きこもって小説読むのに没頭することを誰 [続きを読む]
  • 山を抜ければオアハカオアハカ
  •  メキシコ54日目 ガソリンスタンド〜メキシコシティから南東に約370km地点 オアハカの町 メキシコでのガソスタ野宿をすると騒音に苛まれることは分かっていたのだが。コンビニの屋上に陣を取っても結果は同じであり、大型車のエンジン音が私の眠りを良い感じに邪魔してくれる素敵な環境。 安眠できると思ったんだけど ガソスタって結構忙しいのだと学んだというか 昨日で標高2000m強まで上り詰めたこともあり、今日 [続きを読む]