茶壺 さん プロフィール

  •  
茶壺さん: 自転車ときどき世界1周
ハンドル名茶壺 さん
ブログタイトル自転車ときどき世界1周
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tyatsubou/
サイト紹介文自転車で走れば、世界中のビールが最高に美味しく飲めると思うの
自由文自転車で世界中の色んな場所を走ったり、走ってなかったり。言葉が通じなくても現地の人と仲良くなれるもんだ、ということを最近理解した。みんなありがと〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供382回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2014/03/07 23:04

茶壺 さんのブログ記事

  • 大渓谷の下の方
  •  ペルー16日目 パジャスカの町〜リマから北北西に388km地点 道路脇 連日未舗装だったりアホみたいな上り坂が続く中で、今日は嬉しい下り基調の道である。溜まりに溜まった3000mの高度貯金を一挙に放出すべく、朝からやる気がみなぎるぜ。  でも暑くなるのは嫌だな なお窓から見える景色  町出て50mもしないうちから猛烈な下り坂である。あまりに急角度すぎてブレーキ全開なのはまだしも、未舗装路とはどういうこ [続きを読む]
  • 奈落への九十九折り
  •  ペルー15日目 モジェバンバの町〜リマから北北西に約440km パジャスカの町 ベッドから身体を起こすのが億劫で、時間のかかる時ほど体が疲れているのだと実感する。今日は6時半に目を覚ましておきながら、40分もの間ベッドの中でウダウダし続けたのであり、これは相当なダメ人間じゃないですか。 すごく疲れているということにしておこう さてモジェバンバから先の道を地図で確認してみると、大地震でもあったのか道 [続きを読む]
  • ほら、ステージクリアすると次は難しくなるアレだ
  •  ペルー14日目 カチカダンの町〜リマから北北西に約450km モジェバンバの町 ペルーに入って2週間である。にもかかわらずリマまでの距離が初日の800kmから全然減ってない事実。この数字は直線距離で示しているため、実際に走る距離のそれと違いが出ることは分かるのだが、それにしたって移動しなさすぎではなかろうか? 今日なんて10kmしか距離縮んでない 申し訳程度の温泉要素を  まぁアンデスの山岳地帯で道がグ [続きを読む]
  • インディヘナの豆スープ
  •  ペルー13日目 ウアマチュコの町〜リマから北北西に約460km カチカダンの町 昨日散々ペルーのコーヒー事情について悪口書いた私であるが、しかしながらペルーのコーヒーは私好みで非常に美味であった。食事のレベル高いことばかりが注目されがちなペルーだが、コーヒーの味も素晴らしいと思うのです。 あと宿のレベルも高い ウアマチュコの町を出るのにしっかり1本上り坂を走らせるのがアンデス山脈。気候は暖かいし、 [続きを読む]
  • コーヒー豆探して
  •  ペルー12日目 ウアマチュコの町 ここウアマチュコの町より暫くある程度の規模を誇るような町がない。別にそれは全然構わないのだが、大きな問題となるのが昨日「コーヒー豆が切れた」ことだ。 それなりにコーヒー豆の生産量を誇るペルーという国だが、コロンビアなどと違って小さな町ではカフェの1つもありはしない。そもそもペルーでは専門の店に行かないとインスタントのコーヒーしか提供されないのであり、ペルーの人た [続きを読む]
  • 1000日目
  •  ペルー11日目 学校〜リマから北北西に約490km ウアマチュコの町 泊めてもらった小学校で迎える朝。この周辺は人家もまばらだし、食べ物売っているような店も存在しない場所なのだが、7時を過ぎるとワラワラと出てくる子供達。どこにこれほど隠れていたのやら? 早めに撤収しといて良かった そんな環境であるためか、教室の奥には大量の食材が保管されていたし、先生たちは朝食を学校で食べていた。子供が遊ぶ遊具はサ [続きを読む]
  • 遠くから見てるだけの方が幸せなことも
  •  ペルー10日目 バニョス デル インカの町〜リマから北北西に512km地点 学校 温泉サイコーなのでもう1泊するのも満更ではないが、天気が雲1つない快晴だったので出発することにした。こんな良い天気で自転車乗らないと「俺は何やってるんだろう・・・」という気持ちになることが想像できる。 オーナーも親切だしすごく良い宿でした やっぱり山は青色が似合う さて大都市カハマルカは当然のように周囲を山に囲まれてい [続きを読む]
  • ペルー温泉 その1
  •  ペルー9日目 バニョス デル インカの町 温泉日。ちなみにペルーはかなり温泉が豊富に存在する国であり、バニョス デル インカに限らず様々な土地で温泉を楽しむことができるとのこと。今回の表題はそうしたペルー各地で温泉に入れるよう期待を込めて「その1」と歌っている。 なおこのプールは温泉水 この町の中央広場に温泉施設が併設されているのだが、そんな場所へ行かなくてもここTetem Backpackers Cajamarcaの宿では [続きを読む]
  • 標高ちょっと高いだけじゃん?って意識なのか
  •  ペルー8日目 道路脇〜リマから北北西に570km地点 バニョス デル インカの町 自転車旅行者は似たようなもんだろうけど、自分のテントは最高に快適な空間だと思っている。じゃあどうして毎日テント泊しないのか?と問われれば、それはテントじゃ色々と問題あるからだと言葉を返す。 それは最高の空間じゃないのでは? さすがに3500mを越えるとTシャツ1枚での生活は難しい。オマケに今日は天気もイマイチで、雲間から [続きを読む]
  • ペルーの坂道が楽なんて嘘
  •  ペルー7日目 チョタの町〜リマから北北西に613km地点 道路脇 壁一面ガラス張りのオシャレな部屋にはカーテンが付いておらず、気持ち良い太陽の光で目を覚ますことができるという素敵な宿。1泊15ソレス(約510円)の宿は一味違う。 割と本気で良かったと思ってる ベッド2つも要らなかったけど ここチョタの町から先へと進むのにどうやら2つの道があるようで、まぁ調べた限り共に未舗装の道だし少し走ったところ [続きを読む]
  • 国が変わればアンデスも変わる
  •  ペルー6日目 クテルボの町〜リマから北北西に約640km チョタの町 入国当初はコロンビア・エクアドルと比べて町の汚さや、低所得層の住居がボロすぎることに一抹の不安を抱いてたペルーだが、少なくとも山間部に住む彼らは親切で、陽気さを合わせ持つ人たちだと思う。第一印象が日数を経過して変化していくのは何とも面白くある。 あと物価が安い! 1階まで荷物を運び降ろすだけでもう疲れた出発前。宿に泊まる際には場 [続きを読む]
  • 困った時ほどその国の良さが出る
  •  ペルー5日目 カピジャの町〜リマから北北西に約660km クテルボの町 目を覚ましても全身がダルくて起きられない・・・という経験はおありだろうか?これの9割超は睡眠不足かやる気が原因だと思っているのだが、どちらも万全であるにもかかわらず動けないとはこれ如何に? 疲れすぎたのか両足が動かなかった 結局目を覚ましてから活動し始めたのは1時間後。斜度が緩やかであろうとも、未舗装の上り坂というのは厳しいも [続きを読む]
  • 大変な思いをしつつも楽したい
  •  ペルー4日目 ハエンの町〜リマから北北西に約680km カピジャの町 地図を見てもらえば分かることだが、地味にペルー北部はルートに迷うほど様々な道がある。とりあえず海岸線の砂漠道はどう考えても楽しくないだろうということで行かないとして、ハエンから先をどのように走ろうかワクワクしながらの準備。 惜しむらくは、山岳地帯ではどの道を走ろうとも、未舗装路から逃れることができないという事実。綺麗な道路は走れ [続きを読む]
  • メニューを!選べます!
  •  ペルー3日目 ハエンの町 スンバで予期せぬ休養日を設けているため、ここハエンの町で休まず走っても良かったのだが1日休息を入れている。表向きの理由は未舗装路を走ってダメージ受けた自転車の整備をするためであるが、実際には疲れ果てて動きたくないからだ。ダルいのだ。 起きたら両足バッキバキだったし でも悩ましいのが気持ちとしては「走りたい」ということ。そういう時に休んでしまうと感覚としては「勿体無い」と [続きを読む]
  • 今年も暑い夏が来た
  •  ペルー2日目 サン イグナシオの町〜リマから北北西に約730km ハエンの町 とりあえずペルーに入ったことで僅かだが物価が下がり、坂道は緩やかになると良いことだらけな気がしないでもない。最もマイナス点を挙げるならば、貧困格差が開いたのかボロい家が増えたことや、3輪タクシーの運転が荒くて危険度高い等、良いことばかりではないけども。 あと標高下がって暑くなった 2017年の8月は平均気温が20度を下回る [続きを読む]
  • エクアドル総括
  •  2017年8月7日〜8月29日 走行日数23日間 累計走行距離1181km(65540km〜66721km)◎道路 かなりしっかり作られている。エクアドル山岳地帯を縦に貫くE35号線は車線も多いし側道も広い。町中では少々走りづらいこともあるが、体力を度外視すれば全体的に自転車で走りやすい国だと言える。 とはいえ路面状態はまちまちで、南部に行くほど道路上にひび割れやギャップが増えてくる。下り坂だからとス [続きを読む]
  • 山を越えて豆を過ぎて
  •  エクアドル23日目&ペルー1日目 スンバの町〜リマから北北西に約800km サン イグナシオの町 晴れたので、改めましてエクアドルラストラン開始である。何だかエクアドルは終わりに向かうにつれて、どんどん厳しい道へと変貌している気がするのだが、もう国境までは30kmもない程度。たとえ厳しい道だとしても、このまま勢いで走りきれる程度。 という気持ちで宿を出たのです 今日も未舗装路がまぶしいなぁ やはりとい [続きを読む]
  • エクアドル山中を走ることになった理由
  •  エクアドル22日目 スンバの町 昨日の日記が完全に「エクアドル無事終了、大変だけど楽しかった国でした!」・・・というノリで書いていたので、未だエクアドルに滞在している現状はバツが悪い。 なんでこんなことになってしまったのかって、そりゃ雨降ってるからだ。 昨夜遅くに屋根を叩く雨音がして、「明日も未舗装路なのに大丈夫かな?」とか思っていたのであり、つまりこの時点では一過性のものだと思っていましたとも [続きを読む]
  • 坂道なんか、大嫌い!
  •  エクアドル21日目 パランダの町〜クエンカから南に約220km スンバの町 こんだけ山岳地帯走っておいて何だが、私は坂道が嫌いである。エクアドルという国が山しかないから「仕方なく」坂道を走っているのであり、できることなら楽してナンボだと思っている自転車乗りだ私は。 安いし居心地良い宿でした パランダから出発してもしばらくは綺麗に整備された道が続く。路面の状態から察するに、舗装されてからそれほど時期 [続きを読む]
  • 疲れる山ではパンケーキ
  •  エクアドル19・20日目 ビルカバンバの町〜クエンカから南に約200km パランダの町 エクアドルを縦断するにおいて最難関となる道は、このビルカバンバより南から始まると言って良い。これまで越えてきた数々の山よりさらに厳しい道とのことで、ワクワクするのと同時に勘弁してほしくもある。 とりあえず半端な状態で返り討ちに遭うのは勘弁なので、ビルカバンバで丸1日休養日を挟んで万全の状態で臨みたい。本気で望む [続きを読む]
  • グアテマラ:ティカル遺跡
  •  場所:北部フローレスの町から北東に約70kmほど。フローレス以降にも小さな村が点在しておりホステル兼キャンプ場のあるエル レマテの町が遺跡から30km南に位置している。なお遺跡の入場ゲートは20kmほど手前に置かれており、これより先は全てティカル遺跡の敷地内という扱いになる。入場料:驚異の150ケツァール(約2300円)。なお2017年時点での支払い方法だが、事前にBANRURAL銀行へティカル遺跡の入場料を [続きを読む]
  • 絶対防衛1500m
  •  エクアドル18日目 サンティアゴの町〜クエンカから南に約150km ビルカバンバの町 クエンカ出てまだ2日なのに、早くも疲れてきた気がする。それもこれも山と谷しかないエクアドルという国が悪いのであり、毎日こんな景色の中を走らせるなんてどう考えても最高です。本当にありがとうございます。 だから道中に宿のある村を作って 朝の楽しみであるコーヒー飲みつつ見上げる山は一味違う。具体的には苦味の入った味なの [続きを読む]
  • いつでも今日がいちばん坂道
  •  エクアドル17日目 オニャの町〜クエンカから南南西に約100km サンティアゴの町 人口少ない割に立派な設備が整ってた消防署での起床。今日も青空が広がるヒルクライム日和であり、天気はともかくひたすらアップダウンが続くのはどうにかならないものかと思ったり。エクアドルでそんなこと期待するだけ無駄である。 日本で使っていた資機材も多い はいもう早速こんな道 山に沿う道しかない 走るだけでも大変な道ではあ [続きを読む]
  • 猪突猛登坂
  •  エクアドル16日目 クエンカの町〜クエンカから南に約70km オニャの町 目を覚ましてベランダから空を見たら青空であった。なのでクエンカの町を出発しようと思う。これが雨模様の天気だったら間違いなく延泊していたところだが、ここらへん自転車旅行者は気分で出発如何を決められるのが嬉しいね。 なおクエンカから先は沖野君とは別行動である。まぁしばらく走行ルートが同じなためちょいちょいすれ違う可能性が高く、別 [続きを読む]
  • これはどうもアラスカぶり
  •  エクアドル14・15日目 クエンカの町 さてクエンカ。エクアドル国内おいて3番目の規模を誇り、且つ町自体も歴史地区が世界遺産に認定されている。もっと言えば比較的治安の良い町とのことで老後に住みたい町のランキングでトップになったこともあるとかないとか。 そんな魅力いっぱいのクエンカで、私はといえばひたすら宿にてダラけている。午前中はもとより午後になっても玄関の敷居を跨ぐ気配すらない徹底っぷり。何し [続きを読む]