茶壺 さん プロフィール

  •  
茶壺さん: 自転車ときどき世界1周
ハンドル名茶壺 さん
ブログタイトル自転車ときどき世界1周
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tyatsubou/
サイト紹介文自転車で走れば、世界中のビールが最高に美味しく飲めると思うの
自由文自転車で世界中の色んな場所を走ったり、走ってなかったり。言葉が通じなくても現地の人と仲良くなれるもんだ、ということを最近理解した。みんなありがと〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供380回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2014/03/07 23:04

茶壺 さんのブログ記事

  • タイヤの死を乗り越えて進むんだ
  •  パナマ2・3日目 ダビッドの町〜パナマシティから西に約270km シリモンの町 休養日。ここで休んだ後は北中米の一応のゴールとなるパナマシティまでを一気に走り切るつもりでいるため普段以上にダラダラしなくてはならない重要な1日だといえる。 その意気込みや良し。目を覚ました時には9時を過ぎているのであり、そうした事態にも慌てず騒がずパンケーキとか作り始めるオシャンティ。調子に乗って作りすぎたのはご愛嬌 [続きを読む]
  • コスタリカ総括
  •  2017年5月29日〜6月10日 走行日数13日間 累計走行距離674km(61985km〜62659km)◎道路 いったいどうしたことなのか、コスタリカの道路は一部の主要道路や高速道を除いて側道がほぼ存在しない。しかも道路幅も狭いため、車両の追い抜き危険が一気に跳ね上がる結果となった。それほど交通量はないとはいえ、トラック同士がすれ違う場合などには生きた心地がしないほどスレスレを通過されるのでシャレ [続きを読む]
  • 案ずるだけで特攻する人
  •  コスタリカ13日目&パナマ1日目 リオ クラロの町〜パナマシティから西に約320km ダビッドの町 中米という地域に含まれる国々は全部で7ヶ国。北から陸地伝いに南下して行くと、最後に訪れることになるのがパナマ共和国、通称パナマである。 長いようなそうでもないような中米の国を走った私だが、とりあえず本日をもってコスタリカからパナマへと入国して中米の国は最後を迎えることになる。 あと何回で北中米から南米 [続きを読む]
  • 簡単には出させないコスタリカ
  •  コスタリカ12日目 パルマルノルテの町〜サンホセから南東に約180km リオ クラロの町 雨季における雨の激しさは南米よりも中米の方が厳しいと聞いたことがある。つまりこのコスタリカを含めてパナマを走りきってしまえば当座の雨地獄からは脱出できることになるワケで、残り1000kmもないのだし!と自らを鼓舞して走っているのだが、その一方で別の言葉が出てきたりもする。 まだ500km以上も雨季の中米を走るのか・ [続きを読む]
  • 勝負は最後の3kmで決まる
  •  コスタリカ11日目 ケポスの町〜サンホセから南南東に約130km パルマルノルテの町 割とキツかった日が多い割に1日の走行距離が100kmを超えた日がないコスタリカ。別に長い距離走ることに意味はないけれど、茶壺さんが毎日適当にタラタラ走っていると思われるのは癪だ。人様が「自転車でよくまぁ走るねぇ」と示しやすいターニングポイントに「100km」という数字は分かりやすい。 なので今日は100km超えを目標に [続きを読む]
  • コスタリカ動物紀行
  •  コスタリカ10日目 ハコの町〜サンホセから南に約60km ケポスの町 コスタリカという国は豊かな自然と多数の動植物があることが特徴の国である。アホみたいな斜度の坂とか温泉ばかりに目が向いていた気もするが、コスタリカという国に来たからにはそうした珍しい動植物を1度くらいは味わっておこうと思うのです。 夜中はかなり涼しいコスタリカ 安宿にプールもあるぜコスタリカ そんなワケで我々が向かうは海沿いにある [続きを読む]
  • 日本食レストランなんて鏡花水月
  •  コスタリカ9日目 ケブラダガナドの町〜サンホセから南西に約70km ハコの町 自転車のプロメカニックだったらしいコンドルのお家で泊めてもらった朝。全くの偶然なのだが出発準備しようとしたら、私の自転車後輪がパンクしていたのであり、そのままパンク修理をすることになったのでして。 そのままタイヤ調べてみたらスポークが1本折れていることを発見し、スポークの交換へと作業は移る。そうすると今度はタイヤのフレが [続きを読む]
  • 寂しくないよ、すぐ側にワニだっている
  •  コスタリカ8日目 サン ラモンの町〜サンホセから西南西に約60km ケブラダガナドの町 冒頭に歌っている主要都市の町から○○kmという表記は、とりあえず私が訪れる予定のある町を指して書いているのだが、サンホセの町は特別観光する場所もないし治安も悪くて無理して行くような場所でないよ・・・と諭されてしまい、向かわないことにした。 かといって今更1週間分の日記を書き直すのは面倒なので、コスタリカにおける所在 [続きを読む]
  • 山のてっぺんでお泊まり
  •  コスタリカ7日目 ラ ティグラの町〜サンホセから西に約50km サン ラモンの町 6時に目を覚ましたら外は大雨であった。どうにもならない事態であり、せめて私がやる気ないことを示して雨雲が「こんなに働かなくても大丈夫だな!」と誤解するのを期待して二度寝する。 1時間後に確認すると見事に雨は降り止んでおり、私の演技力で事態が好転した素晴らしい事例として記録しておきたい。 よかった出発できるぜ 案外早く道 [続きを読む]
  • 1:4の調子良さと試合結果
  •  コスタリカ6日目 フォルトゥナの町〜サンホセから北西に約70km ラ ティグラの町 中米諸国の雨季は5〜10月である。つまりこの時期のコスタリカで雨降ることが多いのは必然であり、自転車旅行に適した季節であるとは言えない。 それでもこうして雨季のコスタリカを自転車旅行するのだから、そりゃあ雨に降られて右往左往することもあるってもんだ。大切なのは雨が降っても慌てず騒がず柔軟な対応をすることなのであり、平 [続きを読む]
  • コスタリカ温泉
  •  コスタリカ5日目 テホナの町〜サンホセから北西に約90km フォルトゥナの町 予期せぬ形で1日ホテルにてゆっくりさせてもらい、身体もばっちりリフレッシュ・・・と簡単にはいかないのが30代であると思う。でも旅行するにあたって「回復力」って要素は体力なんかよりよっぽど大切な能力なのであり、何とも悩ましい。 原因の大半は深夜までネットしてたことに有 私が淹れたのより美味かったコーヒーと朝食と 朝食頂いた [続きを読む]
  • パインビールが1番美味かった
  •  コスタリカ4日目 ティラランの町〜サンホセから西北西に約120km テホナの町 一応ペアランをしている関係上、全て私の自由勝手で予定を決めることはできない。誰かと走るということは楽しいことであると同じくして身勝手が許されないということでもある。 これを無理やり要約すると、突発的な事態への対応力が低いということだと思う。自転車の利点というのに「簡単に止まれる」「すぐ行き先を変えれる」というフットワー [続きを読む]
  • サルモネラ菌には勝てなかったよ
  •  コスタリカ2日目 ラ クルスの町〜サンホセから西北西に約170km リベリアの町 深夜になって体調不良で目をさます。実は昨日の朝食で卵かけ御飯を食べていた私。海外の生卵は衛生面が悪いから食べちゃダメだと聞いたことこともありそのまま食すことはしなかったのだが。 朝食で卵はフリーだとか言われてついうっかり食べてしまったら案の定、夜から猛烈な下痢と頭痛に襲われる始末。どこから切り取っても阿呆である。 朝も [続きを読む]
  • 夕食いただきティラララン
  •  コスタリカ3日目 リベリアの町〜サンホセから西北西に約110km ティラランの町 やたら親切なオバちゃんが印象的だった宿は6時半に目を覚ます。心配していた体調不良も自転車旅行する分には問題ないレベルまで回復してると判断し、いつも通り1合半のアボカド丼とラーメンの朝食を済ます。 もう1人自転車旅行者が泊まっていたドミ部屋 やたら蚊が多かった中庭である 当てにならない天気予報では午後から降水確率90% [続きを読む]
  • ニカラグア総括
  •  2017年5月23日〜5月29日 走行日数7日間 累計走行距離378km(61607km〜61985km)◎道路 これがビックリするほどレベル高い。中米でも最貧国のニカラグアだしと過度な期待はしてなかったのだが、こと路面状況においては中米No.1だと思う。恐らくは日本を含めた様々な国が橋や道路整備に対して支援してるのだろうが、それにしてもこの充実っぷりには舌をまく。 側道も広くて快適だし厳しいアップダウ [続きを読む]
  • 本当の意味で危険な道路
  •  ニカラグア7日目&コスタリカ1日目 リバスの町〜サンホセから北西に約210km ラ クルスの町 エルサルバドル・ホンジュラス・ニカラグアの3ヶ国を中米でも特に治安危険な地域として示されている。私のような自転車旅行者にとって、こうした国々を走ることは一抹の不安があったことは間違いのない事実であり、そうした緊張感とも今日でオサラバできるわけだが。 やたら部屋広い宿でした  さてこの地図に示す道 リバスの [続きを読む]
  • 別の意味で危険な道路
  •  ニカラグア6日目 エル クルセロの町〜レオンから南東に約160km リバスの町 掛け布団を使ったのはグアテマラの高地以来となった夜。目を覚ました時の感想も「寒い・・・」だったことに、ここが中米であることを忘れそうになるっつーか、いい加減このクソ暑い地域から脱出したいというべきか。 高いだけあって綺麗で良い宿だったのだけど 1階のレストラン営業終了と同時にWi-Fi切られたのが難点か 出発準備を済ました頃 [続きを読む]
  • なおスプレーは没収となった
  •  ニカラグア5日目 レオンの町〜レオンから南東に約80km エル クルセロの町 そんな3泊も滞在するつもりじゃなかったレオンの町も出発である。この宿、ホステルのくせにキッチンが使えないため、私の朝食は昨夜購入したホットドッグ2本とバナナ4本。これで満足かといえば、まぁそれなりにお腹は膨れますが。 部屋はオシャンティなのに色々もったいない宿だった とりあえずレオンの町を抜ける 本日、ペアランを始めてから [続きを読む]
  • カレー作る担当
  •  ニカラグア3・4日目 レオンの町 休息日。日中厳しい暑さとなる中米の国において、安宿での過ごし方というのは侮れない問題だと思う。何しろ安宿だけに冷房設備がない。というかニカラグア全国的に冷房なんぞほぼ存在しないというのが基本であり、迫り来る暑さをいかに凌ぐかが休息における重要なポイントとなる。休むことにかけては真剣です私。 午前中くらいは部屋にてネット作業と引きこもりたかったのだが、部屋までWi-F [続きを読む]
  • 自転車旅行は自由なのかについて
  •  自転車で旅行するメリットというか、楽しさとして語られる理由に「自由である」ということが挙げられることは多い。 そもそも「自由な旅行」とは何なのか?という点があるのだが、これが「自身の好きなように移動できる」だとか「食事や睡眠といった場所を好きに選べる」ということならば自転車旅行、特に海外を走るそれは「自由な旅行」と一言で片付けることはできない。 私に言わせれば「条件が揃えば自由な旅行」なのであり [続きを読む]
  • リアカー旅行者との出会い
  •  ニカラグア2日目 ソモティージョの町〜かつてのニカラグア首都 レオンの町 中米の国々は構成する大陸が細長い形をしている関係で、どの国を走ってもルートの選択肢が少ないのが実情である。別にどの道走ろうとも初体験の道であり特別不満はないのだが、情報的に「危険」とされる道であってもエスケープルートを選べないのが辛いところ。そうした筆頭国であるニカラグアだが、それはもうちょっと先の話だしと出発準備を始める [続きを読む]
  • ホンジュラス総括
  •  2017年5月21日〜5月23日 走行日数3日間 累計走行距離135km(61472km〜61607km)◎道路 ほぼ国道1号線を走ってばかりだったが、チョルテカの町を境に一気に路面状況が悪くなった印象。厳しいアップダウンはなかったし、側道もきっちり確保されていて良いイメージを持っていたホンジュラスだが、後半戦の穴ボッコボコの道路を走らされてガッカリした。持ち上げて落とすとは分かっていらっしゃる。 チ [続きを読む]
  • この地域、最近大量の隕石でも降ったの?
  •  ホンジュラス3日目&ニカラグア1日目 チョルテカの町〜レオンから北に約70km ソモティージョの町 沖野君と相談して今日は走行距離短めの楽をする日としている。いろいろ理油はあるのだが、2〜3ヶ月ぶりとなる空調の効いた涼しい部屋を最大限満喫したかったというのは、理由の大きな割合を占めている。 この時点で9時半とか ようやく覚悟決めて出発しようと思ったら後輪タイヤがパンクしていたでござる。国土面積の小 [続きを読む]
  • 最初で最後のホンジュラス分100%
  •  ホンジュラス2日目 エルアマティージョの町〜ニカラグア国境から北西に約40km チョルテカの町 窓を閉めていたのに部屋の中は虫だらけだったでござる。別に虫がたくさん湧こうが大して問題にはならないが、「蚊」という存在自体が害悪でしかない1匹のために深夜まで安眠を妨げられたのは、今となっても許せねえ。 そんな宿でした 昨夜の雨も何処へやら。気持ちいい青空も「どうせすぐに天気変わってしまうのだろう」とか [続きを読む]