shikaku taro さん プロフィール

  •  
shikaku taroさん: 社労士つとむの過去問<根拠条文>
ハンドル名shikaku taro さん
ブログタイトル社労士つとむの過去問<根拠条文>
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/live140215-140220/
サイト紹介文社労士試験 過去問 一問一答 根拠条文
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2014/03/08 17:38

shikaku taro さんのブログ記事

  • 高所作業における墜落防止措置|平成27年択一 安衛法8A
  • | 問題 事業者は、高さが2メートル以上の作業床の端、開口部等で墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのある箇所には、囲い、手すり、覆い等を設けなければならず、それが著しく困難なとき又は作業の必要上臨時に囲い等を取りはずすときは、防網を張り、労働者に安全帯を使用させる等墜落による労働者の危険を防止するための措置を講じなければならない。 続きを読む [続きを読む]
  • 労働協約の一般的拘束力の適用範囲|平成27年択一 労基法7E
  • | 問題 労働基準法第92条第1項は、就業規則は、法令又は当該事業場について適用される労働協約に反してはならないと規定しているが、当該事業場の労働者の一部しか労働組合に加入していない結果、労働協約の適用がその事業場の一部の労働者に限られているときには、就業規則の内容が労働協約の内容に反する場合においても、当該労働協約が適用されない労働者については就業規則の規定がそのまま適用されることになる。続きを [続きを読む]
  • 残業命令に対する残業義務|平成27年択一 労基法6ウ
  • | 問題 労働基準法第32条の労働時間を延長して労働させることにつき、使用者が、当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合等と書面による協定(いわゆる36協定)を締結し、これを所轄労働基準監督署長に届け出た場合において、使用者が当該事業場に適用される就業規則に当該36協定の範囲内で一定の業務上の事由があれば労働契約に定める労働時間を延長して労働者を労働させることができる旨を定めていたとしても、3 [続きを読む]