裏人 さん プロフィール

  •  
裏人さん: すろ〜な山のひと時
ハンドル名裏人 さん
ブログタイトルすろ〜な山のひと時
ブログURLhttp://urayama.sakura.ne.jp/mt653/
サイト紹介文裏六甲や丹生山系・・時々遠くの山へ。四季の山情景をゆるりと楽しむ備忘録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/03/10 11:25

裏人 さんのブログ記事

  • 淡く色滲む山紫陽花
  • 6月29日:山紫陽花遅ればせの梅雨本番、今日も小雨が降ったり止んだりの鬱陶しい天気ですが、裏六甲の山紫陽花が色づきはじめた頃かも。。雨もまた良しと濡れそぼった山に入る。薄暗い林縁も、この時季は山紫陽花通りになっている。雨で滲んだように淡く色づきはじめており、青色系〜紅色系、萼片の形とそれぞれ個体差があるのを楽しみながら梅雨ならではの花遊日。  花後のコアジサイの奥にバトンタッチするように咲くヤマアジ [続きを読む]
  • 癒しの渓に咲くイチヤクソウ
  • 6月24日 イチヤクソウ(ツツジ科イチヤクソウ属)緩やかな流れに沿って谷筋を詰めていく傍にイチヤクソウの群落を見つけたのは数年前・・いつも丸っこい蕾の頃で開花時期を外れていましたが、今年は2週続けて同じ谷筋に入ったのでやっと見ることができました。20日くらいがよかったかなと思う開花状態でしたが、絶えずに咲いていてくれるだけで嬉しいものです。写真撮影には暗すぎるのが難点ですが。。。 この滝を登り詰め・・・ [続きを読む]
  • ノハナショウブ彩る湿原
  • 6月26日 ノハナショウブ (アヤメ科アヤメ属)蒸し暑さに挫けて近くの湿原から足が遠のいていたが、ノハナショウブが咲いているだろうと久しぶりに訪れました。昨日の雨で草木も道もしっとり。和な色のノハナショウブが、すっと優雅な花姿で咲く6月の湿原。小さなハッチョウトンボに小さなモウセンゴケ、咲き終わりのヤマトキソウ・・吹く風にささやかな涼を感じながらの湿原散策です。 水滴を溜めて・・ヌマトラノオとモウセン [続きを読む]
  • 梅雨の候、涼しげに咲く花たち
  • 6月17日:オオバアサガラなかなか雨が降らない梅雨の候、涼を感じに暑い舗装路をテクテク歩いて山ん中へ・・道沿いの木陰で単独の男性がひと休み中。ここまでが暑いですねぇ。山ん中に入った途端にひんやりとした空気感・・・何とも心地よい。 バイカウツギとガマズミこの谷沿いの筋に咲く花は白い花が多い。木漏れ日が射すと、目が釘付けに!オオバアサガラの真っ白の花もふさふさと見事に咲いていました。私の記憶が薄れがち忘 [続きを読む]
  • 梅笠草咲くころ・・
  • 6月13日:ウメガサソウ (イチヤクソウ科(ツツジ科)ウメガサソウ属)疎林の林床にうつむき加減に咲く小さな花・・・草本のようにもみえますが常緑の10cmほどの矮小低木です。落ち葉まみれになりながら小さな花を覗き見してきました(^^) 木洩れ陽の演出で落ち葉の林床が花舞台に変わる一瞬・・我が家に戻りすがら、ササユリ咲いてるかな?と雑木林に入ってみると・・惚れぼれするようなササユリ美人が数本咲いていました。久し [続きを読む]
  • 古木の林にムヨウラン
  • 6月12日:ムヨウラン(無葉蘭)ラン科ムヨウラン属渋い腐生植物ムヨウランが古木に囲まれた林内にひっそりと咲く季節になりました。藪蚊に襲われながらも、6月になると足を運ばずにはいられない渋い魅力のある花。あまり雨が降らないので、立ち枯れで黒くなり萎れた株も多いなかで開花した花を見つけては大喜び\(^o^)/暗さと藪蚊と風に悪戦苦闘しつつも、この小さな花の魅力に惹かれ楽しむひと時です。 茎に白カビが生えてま [続きを読む]
  • 溜池を彩るササユリ
  • 6月11日 ササユリ買い物ついでにササユリが見事に咲く溜池に寄ってみる。土手は羊歯や笹などが膝上くらいまで生い茂っていて蛇注意!長靴履いてきて正解!。この場所のササユリは陽あたりがいい所為か、山の中に比べると色も濃く2〜3輪咲く株もあり華やかです。携帯椅子に腰掛け、ササユリを愛でながら池を眺めながらの昼食が、ささやかな極楽タイム。  まだ蕾もちらほら。小さな蜂もひと休み。山麓の溜池に長閑な時間が流れま [続きを読む]
  • カキノハグサ彩る山道
  • 6月6日 カキノハグサ(柿の葉草)ヒメハギ科ヒメハギ属雑木が囲み明るさが乏しい山道も、この時季になると黄橙色のカキノハグサが咲き彩りを放っています。濃い緑と落ち葉覆う林内で、鮮やかな花色、柿の葉に似た大きな葉がひと際映えて、いつものひっそり感漂う山が華やぐカキノハグサ週間です。ヒメハギ科らしい不思議な形をした複雑な構造の花。蕾から開花にかけて黄緑〜黄色〜橙色と花色が変わっていくのも面白くもあり魅力的 [続きを読む]
  • 水無月の湿原にて・・
  • 6月4日:トキソウとハッチョウトンボはや6月・・ハッチョウトンボが飛び交いスゲの中にポツポツとトキソウが咲く湿原は周囲から隔離されたような静かで秘めやかな空間。イシモチソウはすでに咲き終わっていたが、トキソウはまだ優雅な姿で咲いている。しゃがんで撮っていると、ハッチョウトンボが傍にす〜っと止まる・・・私も撮ってと(^^)緩々と心地よい時間と風が吹き流れる湿原遊び・・とても好い遊び場所です。   戻りす [続きを読む]
  • 小紫陽花が咲くころ・・
  • 6月2日:小紫陽花 (ユキノシタ科アジサイ属)(別名シバアジサイ)この時季の逢山峽周辺は沢筋を渡る爽やかな風、コアジサイやコガクウツギの香り、鳥の囀り、ウツギやタンナサワフタギ、ヤマボウシ、エゴなどの白い花が深緑に清々しく映え、季節の移ろいをじわりと感じさせてくれる。 つい、この間まで咲いていたような。。季節の歩みについていけない今日この頃です。ミヤマカタバミが花から実へと・・6月らしい瑞々しい色 [続きを読む]
  • 緑濃く風薫る山麓にて・・
  • 5月8日:皐月晴れに映える藤の花今日は暑くなりそうなので早朝出勤です。気持ちよい山の空気、爽やかな風にのって草木や花の匂いが漂う。一年ぶりに見に行った花はまだ小さな蕾。さて次は何処へ・・他より早く咲く金蘭、銀蘭の処に行ってみるとキラキラと咲いていた。 影もキンラン(*^^*) 葉に包まれた蕾が愛くるしい。 こんなに気持ちよさげに開いていると嬉しくなるモジャモジャ蕊のヒメハギとフデリンドウ  可愛いな〜クチ [続きを読む]
  • 薫風そよぎ地海老根咲く
  • 5月3日 海老根蘭いつもの近場歩きに車を走らせるが随分と車が多いなぁ。そうか世間はゴールデンウイークなんだ。空き地に駐車して山に入るが今日も私だけの貸切のようだ。冬場に確認していた海老根を見にいくと咲いてました(^^)地元の山の地海老根・・・大きな木の根元で潜んでたけど花が咲くと隠れられないね。 水沿いでは大好きなアギスミレ(ヒメアギスミレ?) 野草美人のホウチャクソウ シロバナウンゼンツツジツリバナ [続きを読む]
  • 翁草咲く山裾にて・・
  • 4月30日 翁草今年は少し遅めの開花だろうと思いながらも愛しい小さな花が咲く山裾へ・・翁草は、もう咲き終わっているだろうと素通りしかけたら人影が見えた。何度か六甲界隈でご一緒したKさんです「まだ花はもってるよ〜」やっぱりひと目見ないとね見頃は過ぎていましたが老いても渋味ある花姿はgood。 ここから三人で連れもて花散策。一年ぶりなので変わらず咲いている花がとても新鮮に感じるキシダマムシグサの後ろ姿と渋 [続きを読む]
  • 春うらら青い空と大地の青
  • 4月28日:フデリンドウ(リンドウ科リンドウ属)陽気に誘われ空色のフデリンドウの開花の様子を見に、いつもの山へ・・此処に足を運ぶ毎に木々の新緑が淡〜濃色とグラデーションのように変わっている。まだ早いかなと思いつつも落ち葉床を探しながら歩いていると青色が点々と目に入る。暑いくらいの好天気に開いたばかりかな(^^)スカッと爽やかな心地にさせてくれる愛らしい花です。   芽生え稚児百合には今日の天気は暑すぎか [続きを読む]
  • 裏紅ほんのり一輪草
  • 4月27日:一輪草(裏紅一華)キンポウゲ科イチリンソウ属例年より訪れるのが遅くなり、もう終盤かなと思いつつ林内に入っていくと、、、白い花がポツポツと新緑の中で浮きたつように咲いていた。下草茂る間から裏紅滲む花を傾げるように咲く花姿が美しい。 ?な虫も一緒に・・花びらを食べるのかな? [続きを読む]
  • 裏山を歩けば〜
  • コバノミツバツツジと新緑4月22日:今日は珍しく山頂を踏む裏山散歩です。斜面を縫う九十九折の道をゆっくりと登っていく。例年なら肥後菫などが道沿いに咲いているのだが今春は遅れ気味だ。久しぶりに入る山は低木や笹が伐採されており林内がすっきり・・以前のワサワサ感が懐かしい目映い!  空木に絡まって咲くトリガタハンショウヅル・・優しげな色にほのぼのとします(*^^*)一輪だけ開花していた。此処のは花がエイザンっぽ [続きを読む]
  • 個性豊かなシハイスミレ
  • 紫背菫4月20日:本日もご近所歩き・・鳴川すみれ散歩です。沢沿いの林縁にシハイスミレ仲間がそこかしこに咲いていて、とても好い趣の春の鳴川渋いハグロシハイスミレは終盤で葉が少し緑っぽくなってきている。斑入りのハグロシハイも数株あるが花は咲き終わっていた。シハイスミレ仲間の花色は個体差があるので飽きないなぁ(^-^)    斑入りが綺麗です。 春蘭が急斜面や沢縁で咲いていた。前回、蕾だった花がどっち向いて咲く [続きを読む]
  • ヒナスミレ2種咲く春の谷
  • 斑入り雛すみれ4月16日:裏六甲界隈も少し遅れがちに春本番です。あの場所のあの花がそろそろ・・と、開花が気になる季節到来。昨年、葉っぱを確認していた斑入り雛すみれの花も咲いているかもと新緑瑞々しい谷に入る。咲いていました!此処の花色は違う場所の花に比べて白色がかっていて別嬪さんだ。緑葉に美しい紋様、清楚な花色といい、まるで里山のプリンセス(*^^*)株数の割には花を付けている個体が少ないので気難しやさんか [続きを読む]
  • すみれ咲き、山微笑う
  • フイリヒナスミレ4月13日:新緑萌える山肌を山桜やタムシバが彩るころ、可愛らしい菫が林内を春色に彩っています。陽気に誘われ裏山すみれ散歩にテクテク・・シハイスミレも花盛り  フイリヒナスミレ・・花色も葉もとても美しい菫です。薄日射す杉林で潜むように咲く花に逢いにいそいそと足を運ぶのです(*^^*) 帰り道、午後の陽射しを浴びて猩々袴が凛と輝いていた [続きを読む]
  • 可憐に俯き・・ミノコバイモ
  • ミノコバイモ(美濃小貝母)ユリ科バイモ属4月2日:二年ぶりに岡山県某地へミノコバイモに逢いに行ってきました。落ち葉が堆積した礫地には草丈10cm足らずの愛らしい花が含羞むように俯き姿で咲いている。ソバカスのような紫褐色の斑紋がとても魅力的な花。春の陽射しが降り注ぐ正午過ぎ、落ち葉床に小さな花が灯るように輝いてきた。   白い葯と紫褐色の斑紋を誇らしげに・・白一点、白花が一本スッと咲いていた  [続きを読む]
  • 春を感じに鳴川へ・・
  • 水辺の落椿2017年4月4日:買い物ついでにちょこっと鳴川散歩に・・此処は裏六甲より春の気配が濃いように感じる。 シハイスミレがやっと咲き出したようだ。ハグロはまだ落ち葉の中から葉だけ覗かしている。竹細工みたいに変貌している山繭 山鶯神楽が謡うように咲き、春蘭がとても好い処で蕾を付けていた。崖っ縁なので、さて花はどっち向きに咲くかな〜? 素朴な美しさのスゲ(名前は?)小さな春・・メギの蕾が何とも愛らしい [続きを読む]
  • 清しい彩り・・白花猩々袴
  • 白花猩々袴(胡蝶猩々袴)4月1日:あれから1週間経ったので開花が進んでいるかなと、ぶらり花散歩に・・ヤマウグイスカグラやクロモジがやっと開花してきたようだ。山道の岩場斜面にポツポツと白い彩りが・・・今年は遅い開花でした。毎年、同じ場所に見にきている開花が待ち遠しい花の一つ。もう少し後に田んぼの畦道などに薄紫〜桃色のショウジョウバカマが咲きはじめます。  とても清しい花色・・・山の空気も清々 [続きを読む]
  • 雪解けを待ちわびてミスミソウ
  • ミスミソウ (キンポウゲ科ミスミソウ属)3月29日:3年振りにミスミソウ咲く山にいってきました。今日は上着がいらないくらいのポカポカ陽気、愛らしい花たちも気持ちよさげに開花しているだろうなぁ・・・楽しみ♪雪解けで泥々になるかもと長靴でしたが、山道沿いは雪も無く春山の様相。芽吹き前の木々もお陽さんを浴びながら春霞の空に梢枝を拡げている。緩々と登っていく道沿いにミスミソウの花がぽつぽつと咲き、なかなか足が [続きを読む]
  • 清らかにシロバナショウジョウバカマ
  • シロバナショウジョウバカマ(別名コチョウショウジョウバカマ)ユリ科ショウジョウバカマ属3月26日:3月下旬になっても薄ら寒い日が続く今日この頃谷沿いに咲く花の開花はどんなかな〜と、ちょこっと裏山散歩に・・斜面には、まだ白い花色が見えない。花が咲いていないと急に寒々しく感じてくる(=_=)花茎を伸ばし美しい青紫の葯を覗かせている株が数本あった。開花が進むと葯色が薄くなってしまうので濃い青紫色を見れるのは萼片 [続きを読む]
  • ケスハマソウ再び
  • ケスハマソウ(キンポウゲ科ミスミソウ属)3月24日:前回に訪れたときは少し早かったのか、開花株がちらほらだったので再訪してきました。愛らしい花が、春のお陽さんを気持ちよさげに浴びる様子に私の顔も綻ぶ(*^^*)萼片に淡い色の縁どりがある花、蘂の色と個体差があるので覗き込んではパシャリ!そして変わり映えのない写真の羅列に・・・(^^ゞ ショウジョウバカマの葉の間から  [続きを読む]