TC さん プロフィール

  •  
TCさん: Is it any wonder?
ハンドル名TC さん
ブログタイトルIs it any wonder?
ブログURLhttp://ameblo.jp/hbtc/
サイト紹介文california contemporary life style
自由文I'm not your one hit wonder
and just chillin, Malibu sea breeze, Blue Moon,
Palm trees, Los Angeles where I dwell.

Some believe in love and some believe in friends
but guy like me believe in making ends
cause even when your girl wants to trick around
you know the moneys got you safe and sound
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/03/10 13:32

TC さんのブログ記事

  • P0301
  • ジープの整備 先日チェックエンジンランプが点灯。オンボードモニターでスキャンをかけるとP0301のエラーコードが浮き出た。 P0301 はナンバー1シリンダーミスファイヤミスファイアとはプラグの減りかコイル不調による失火現象。 このエラーコードはプラグ一本交換する事によって直ることもある。 今年の自動車税を払う際には排ガス規制のスモッグチェックと呼ばれるテストを受けなければならな [続きを読む]
  • yamaha RZ350
  • ボートの修理屋を経営しているチャックが持っているヤマハRZ350というバイク。発売されたのは1983年だから、もうかれこれ35年近い前の話。 最近は古いバイクも価値が上がりつつあり、2ストロークエンジンなら特にその傾向は強い。 このRZは2ストロークの350ccのエンジン搭載、ロケットの様な加速をするので有名だった。それは日本で「ナナハンキラー」とも言われていた記憶がある。 あまりにも加速が凄 [続きを読む]
  • vine st
  • 1950年代のハリウッド 右手前のビルは今でも残っている。学生時代に住んでいたアパートメントはこの交差点を右に曲がって数分のところだった。 丸い独特なスタイルのビルはキャピタルレコードの本社で、この道の突き当たりはハリウッドヒルズの裾野。突き当たりを右に曲がって、一つ目の信号を左に曲がり、坂を登ったところで育った。 自分が生まれる前も今もあまり変わっていないハリウッドの一角。 [続きを読む]
  • beer break
  • 最近はあちこちへと動き回る事が多い。移動の間に適当な時間を見つけて休憩を取る。早い時間帯に飲むビールは美味しい。人が働いている時間帯に飲むビールはもっと美味しい。 [続きを読む]
  • T2
  • 自分は荷物を運ぶクルマに魅力を感じるらしい。荷物を運ぶことなど無いのにトラックも持っている、そのトラックの荷台に荷物を積んだことなど無い。積むというか載せたことがあるのはBMXだけ。 と言うことでフォルクスワーゲン・タイプ2のパネルバン。ボディのサイドには窓が一枚もないスタイル。ちなみにビートルはタイプ1と呼ばれる。 久々に見たとても綺麗なタイプ2。こんなのがあれば楽しいだろうと思うけ [続きを読む]
  • contemporary style
  • 1960年代に入ってからのスタイル。何風とも言えないのだけど、一般的にはコンテポラリースタイルと呼ばれているが、個人的にはあまり特徴があるとは言えない。 外壁は漆喰系の無難なスタッコ仕上げ。 インテリアは今風,、フロアはハードウッドフロアでエリアによってトーンを変えてある。 キッチンもシンプルなアイランドスタイルで、ステンレス製のアプライアンス。 ダイニングやリビング [続きを読む]
  • airport
  • 地元の小さい空港のバゲッジクレイム。大きな国際空港とは違い、綺麗で空いている。セキュリティーもそれほど厳しくなく、張り詰めた空気という感じられない。 ここからの離陸は太平洋に向かって飛び立つ。ある程度の高度に達すると、パイロットがスラストを一気に抜く。スラストを抜くと言うことはジェット噴射を一時的に止めること。言うまでもなく飛行機は失速気味になり、一瞬空中に止まったような感じになり慣れて [続きを読む]
  • overcast
  • 薄曇りの朝。そんな日はビーチを見てもパッとしない。気温も低めで気分も乗らない。 でもあと数時間も経てば真っ青な空が顔を覗かす筈。 beach life [続きを読む]
  • san clemente
  • Orange County最南のビーチタウンSan Clemente ちょっとを足を伸ばしたブレックファスト。ここまで来ると昔のカリフォルニアの雰囲気がたくさん残っている。 自動車の免許を取る前はこの汽車に乗って、サンディエゴとロスアンジェルスを行き来してたことがあった。 good old california [続きを読む]
  • down town skyline
  • 時間もなんとなくだるそうにゆっくり過ぎていく午後。フリーウェイはいつも通りの渋滞。 スモッグでかすれて見れるダウンタウン、今までにこの風景を何度見てきただろう。この風景がロスアンジェルスに居ることを強く意識させてくれる。 [続きを読む]
  • skid row
  • 住む家が無くても真っ青な空の下を住処にしている人達がたくさんいる。 ここから西に10マイル行けばビバリーヒルズ。ビバリーヒルズで育った子供達はこのスキッドロウを見る事もなく大人になっていく。いや、見る事どころか存在すら知らないまま育っていくというのが正しい言い方かもしれない。 Skid Row, Los Angeles [続きを読む]
  • work truck
  • ドジャース・スタジアムがある丘の麓の裏道を走る。その途中に停められていたトラック。塗装の下地のプライマーを吹きっぱなしのまま。雨が降らないロスアンジェルスだからこその乗り方。 ロスアンジェルスにはこんな古びたトラックが似合う。 [続きを読む]
  • brown stone
  • 煉瓦造りの建物の事をブラウンストーンと呼ぶ。 ロスアンジェルスでは煉瓦造りの建物はそれ程多くはない。ダウンタウン外れに昔建てられた倉庫等。でも古い歴史を持つ東海岸では街中でもたくさん目にする建物。 最近は古い建物を取り壊して、洒落たデザインに建て替えるのが主流になっているのだけどここはそうではないらしい。 フロアプランは66?のワンベッドルーム。ワンベッドルームというのは、リビング [続きを読む]
  • vinyl
  • もうレコードをかけなくなったというか、DJの真似事をしなくなってから相当時間が経つ。CDが出回るようになって一気に姿を消してしまったレコード。そのCDがMP3なるものに取って代わった。ポケットに収まってしまう大きさの箱に数千曲の音楽入れて持ち歩ける時代。それでも最近は地味にレコード屋がロスアンジェルスのあちこちで見かけるようになってきた。 この店ではちょっとしたDJブースが設けられていたので [続きを読む]
  • crewshaw shooting
  • Crenshaw地区での殺人事件 このエリアは貧民街というほどは荒れてないが、黒人居住地域。以前より殺人事件は減ったと言われるけど、この日はそうではなかったらしい。 黒人系のストリートギャングは赤と青に色分けされている。赤が Bloods青が Crips お互いの仲間達の挨拶もBloodsなら"What's up Bloods"Cripsなら"What's up Cuz"となる。 相手を間違えて挨拶すると殺人事件にも及ぶことがある。& [続きを読む]
  • chibi
  • 天気予報ではこの週末に雨が降ると言っていた。 朝起きると空はどんよりとしたグレー。 そんな日はchibiも一緒にテレビを観る。 [続きを読む]
  • Lambo
  • 週末のヨットハーバーでよく見かけるランボルギーニ この辺りでは特に物珍しいクルマでもないもないのだけど、ムセラゴのスパイダーというのがちょっとだけ気になる。 以前はフェラーリの方が圧倒的に多かったのが、AUDIのエンジンを搭載するようになってからのランボルギーニは乗り易いせいかビーチ沿いを走るとランボルギーニを見ない日はないくらいに多くなった。 イタリアンだから出来る造形 [続きを読む]
  • access to the sign
  • 観光者はどうしてもハリウッドサインに近づきたいらしい。 付近の住民達のことを考えず違法駐車したり、またゴミを捨てたりで問題になっている。 サインにアクセスする小道はいくつかあり、その一本は自分の育った家のそばにある。その小道は私有地なので一般人のアクセスは認められていないけど、地元住民は自由に行き来させてもらえる。 ハリウッド市は小道に出入りする事を全面的に禁止にする方向で検討し [続きを読む]
  • Toyota FJs
  • 知り合いのオヤジさんはランドクルーザーが大好き。3台持っていてその中の2台は希少なピックアップ。ブルーのランクルは5700ccのV8エンジンに換装済み。もう一台は完全オリジナルにレストア済み。 アメリカには古い日本車好きがたくさん居て、みんな大切に乗っている。 [続きを読む]
  • spanish style
  • Spanish Style House ここまで立派になるとSpanish Estatesと呼ぶのがふさわしい。 スパニッシュスタイルというにはちょっと乱暴すぎる気もするけど、外装はスパニッシュスタイル。でも内装は混ぜこぜのスタイル。 スパニッシュスタイルはここまで内装に木材を多様しない場合が多いので、このインテリアはオーナーの好みと思われる。 エントランスとラウンジングルームはスパニッシュスタイ [続きを読む]
  • shark attack
  • オレンジカウンティー最南のビーチタウン、サンクレメンテ。サンクレメンテには有名なサーフスポットがある。そのサンオノフレで泳いでいた女性がサメに襲われ足を噛まれた。 そばに居たサーファーがボードに引きずりあげて、命を取り留めた。女性はすぐにヘリコプターでサンディエゴの病院へ送られた。 西海岸、夏になるとどこからともなくサメがやってくる。うっかりしていると食べられてしまう。 [続きを読む]
  • filled up
  • ここ最近はガソリンの値段が安定している。91オクタンのプレミアムはガロンで$3.299 最近は仕事での遠乗りが少なくなったので、ガソリン消費量も少なくなった。 最近の給油機は小さい画面が付いていて給油を始めるとニュースを流す。殆どのガスステーションはセルフサービスのみとなっているが、ビバリーヒルズなどの高級な場所には、まだまだ自分でガソリンを入れない人達が多いので、金持ちのエリアにはフ [続きを読む]
  • LA Riots
  • 毎年この時期になると思い出す。1992年4月29日に起きた、ロスアンジェルス暴動。 午前中の報道を聞いて、興味本位で現場に向かった。フリーウェイを北上、ロスアンジェルスに近くにつれ火災の煙が見えてきた。 写真はロスアンジェルス・タイムズで働く友人からもらったもの。彼は事件記者でたまたま現場近くに居たらしく、相当数の写真を撮ったと言っていた。 事の発端は飲酒運転の黒人逮捕に及び、白人警官 [続きを読む]
  • construction
  • ダウンタウンのあちこちで建設工事が行われているけど、いつからこんなに工事が多くなったのか全く記憶にない。 下から見ても上から観てもそこら中、工事だらけ。なるべく古いビルは取り壊さない様にしてもらいたい。 [続きを読む]
  • riviera
  • Low Riderはラティーノの文化の象徴の一つ。LAのダウンタウンから東に橋を渡るとそこはEast Los Angelesそこには多くのLow Riderが存在する。 住んでいる人種もほぼ100%ラテン系。ここの町ではスパニッシュが公用語で英語が通じないことも少なくない。 Low Rider古いものなら40年代の車両を改造、もっともポピュラーなのが60年代のもの。その中でも代表的なのが1964年式のシボレーインパラである。 クリアコ [続きを読む]