kaoreca さん プロフィール

  •  
kaorecaさん: 毎日、気になる
ハンドル名kaoreca さん
ブログタイトル毎日、気になる
ブログURLhttp://mainichikininaru.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文毎日、気になったことを調べた覚書のようなものです。何かのお役に立てれば幸いです(*^^*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2014/03/10 16:00

kaoreca さんのブログ記事

  • サンクコスト とは?
  • サンクコスト(Sunk Cost)は、埋没費用とも呼ばれ、すでに支出され、どのような意思決定をしても回収できない費用のことをいいます。Sunkとは沈むという意味であり、沈んでしまって取り返すことのできない状態であることを示しています。それまでに費やした資金や労力、時間を惜しんで事業を継続すると、損失が拡大するおそれがあることから、意思決定に際して、サンクコストは無視するのが合理的とされています。例えば、お金を払 [続きを読む]
  • ダークウェブ とは?
  • 一般的なブラウザーでアクセスできるウェブサイトは、通称「サーフェスウェブ」とも呼ばれており、その下には「ディープ(深層)ウェブ」という世界が広がっています。この多くはデータベースが占めているのですが、その最下層にあるのが通称「ダーク(闇の)ウェブ」といわれています。ダークウェブ(Dark Web)はディープウェブの「通常の検索にひっかからない」ということに加えて「専ら犯罪や素性を知られたら困る活動に利用され [続きを読む]
  • サルティンボッカ とは?
  • サルティンボッカ(saltimbocca)は、イタリア料理のひとつで、薄切りにした子牛肉をたたいてのばし、セージと生ハムをのせ、小麦粉をまぶしてバターで焼いたものをいいます。イタリアローマを代表する料理でありますが、スイス南部、イタリア、スペイン、ギリシャでポピュラーな料理です。イタリア語で「口に飛び込む」の意味で、短時間で簡単にできることから名付けられたとされています。 [続きを読む]
  • SPAC とは?
  • SPACは、Special Purpose Acquisition Companyの略で、日本語では買収目的専門会社と呼ばれます。SPACは、まず事業計画が全く白紙の状態で資金を集めて上場し、買収先(通常1社)を見つけて買収を完了するとSPACとしての役割を終え、名実共に相手の会社に変わってしまいます。SPACの利点としては、①投資家にとってはIPOの払込金のほとんどが信託勘定に預託され、買収が失敗したら大半は返還されること②プライベート・エクイティ [続きを読む]
  • ブロックチェーン とは?
  • ブロックチェーン(Blockchain)は、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークとも呼ばれ、「ブロック」と呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、鎖(チェーン)のように連結していくことによりデータを保管するデータベースのことです。ブロックチェーンは分散して管理されるのが特徴で、ビットコインを利用しているあらゆるユーザーのコンピューターに保存されます。銀行のような特定の管理機関がないため、権限が一箇所 [続きを読む]
  • グローサラント とは?
  • グローサラントとはスーパーマーケットを意味するグローサリー(grocery)とレストラン(restaurant)を合わせた造語で、レストランのような高品質のプリペアドミールを販売しながらも、スーパーマーケットの店内でも食事を提供する業態のことです。グローサラントのイートインは、スーパー内の一角にテーブルとイスを並べたお座なりのスペースではなく、レストランと同等のくつろぎの場となっています。アメリカのスーパーマーケ [続きを読む]
  • 空の日 とは?
  • 空の日は、日本で制定された記念日で、9月20日です。1910年(明治43年)に徳川好敏、日野熊蔵両陸軍大尉が代々木練兵場において日本初の動力飛行に成功して30周年、ならびに紀元2600年を記念して1940年(昭和15年)9月28日に制定された「航空日」にその起源を持ち、平成4年(1992年)、民間航空再開40周年を記念すると同時に民間航空の意義と役割について広く国民の理解を得ていくこととし、国民にとってより親しみやすいソフトな [続きを読む]
  • RSウイルス感染症 とは?
  • RSウイルス感染症は、「RSウイルス」というウイルスによって引き起こされる乳幼児の代表的な呼吸器疾患のことです。年齢を問わず感染しますが、大人がRSウイルスに感染しても、軽い鼻かぜ程度でおさまることがほとんどで、乳幼児(特に生後6ヶ月以内の乳幼児)の場合は重症化しやすい傾向があります。ほとんどの場合、1〜2週間で徐々に回復しますが、重症例では、呼吸困難などのために入院が必要となる場合もあります。日本では、 [続きを読む]
  • 記録的短時間大雨情報 とは?
  • 記録的短時間大雨情報は、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測したり、解析したときに、発表する情報のことです。数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測したり、解析したりしたときに、各地の気象台が発表します。その基準は、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に、概ね府県予報区ごとに決めています。この情報が発表されたときは、その地域で、土砂災害や浸水害、中小河川の洪水害の [続きを読む]
  • ぐうたら とは?
  • ぐうたらは、気力に欠けていて、すぐ怠けようとすること、不精でいいかげんなさま、また、そういう人をいいます。「ぐうたらな生活を送る」「ぐうたら亭主」などと使います。「ぐう」は「愚」の長音化したもので、「たら」は「弛(たる)む」などの語基「たる」が濁音化して意味が強められたものです。江戸時代に生まれた言葉で、本来は、おろかでたるんでいることを表しています。 [続きを読む]
  • ブレゼ とは?
  • ブレゼ(braiser)は、フレンチの用語で蒸し煮のことをいいます。野菜、肉、魚いずれにも用いられる技法で、素材がかぶる程度の液体(出し汁や水、酒類)を加えて蓋をし、原則的にオーブンで時間をかけて加熱する方法です。 [続きを読む]
  • 線維筋痛症 とは?
  • 線維筋痛症は、全身に激しい痛みが起こる病気です。全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛むことがあり、痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあります。線維筋痛症は男性よりも女性に多く、中高年の方に多い病気であるため、自律神経失調症や更年期障害、不定愁訴などど他の病気と診断されることも少なくありません。現在人口の1.66%、約200万人の患者がいるのではないかと疫学的に発表され [続きを読む]
  • 採択 とは?
  • 採択(さいたく)は、いくつかあるものの中から選んで取り上げることをいいます。「動議を採択する」などと使います。似たような言葉に「選択」がありますが、これは、二つ以上のものの中から条件に合ったもの、また、よりよいものを選び出すことをいいます。 [続きを読む]
  • 1バレルは何リットル?
  • バレル(barrel)は、ヤード・ポンド法における体積を表す単位で、語源は「樽」であり、樽の容積に由来するものです。国際的に、原油や各種の石油製品の計量、売買はバレルで取引されます。石油用のバレルは158.987 294 928リットルです。 [続きを読む]
  • 委嘱 とは?
  • 委嘱(いしょく)は、一定期間、特定の仕事を他の人に任せることをいい、行政では、審議会・調査会などの委員に、民間人やその行政機関に属さない公務員を任じることをいいます。「講師を委嘱する」 「監査役を委嘱する」などと使います。似たような言葉に「委託(いたく)」がありますが、これは自分の代わりを人や機関に頼みゆだねることをいいます。 [続きを読む]
  • 6カ国協議 とは?
  • 6カ国協議とは、北朝鮮の核問題に関して対話による解決を目指すための関係各国の外交当局の局長級の担当者間での会議の名称のことです。参加する「6カ国」は、アメリカ合衆国(米国)、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、大韓民国(韓国)、中華人民共和国(中国)、ロシア連邦、日本国の6か国で、2003年8月に1回目が行われました。核問題めぐる6カ国協議、6か国協議、六者会合、六者協議とも呼ばれます。 [続きを読む]
  • 太陽フレア とは?
  • 太陽フレアは、太陽の表面で起きている爆発現象のことで、その形がフレア(火炎)のように見えるところから名付けられています。太陽の表面上空に見られる光輝部分であるコロナの温度は、太陽表面の約6000度よりもはるかに高く100万度に達します。太陽表面のうち比較的温度が低い黒点付近で、コロナが数千万度にも急に熱せられ、その部分が明るく輝く爆発現象が太陽フレアです。このとき発生したX線などは8分ほどで地球に到達し、こ [続きを読む]
  • ウラジオストックってどんなところ?
  • ウラジオストックは、ロシア極東部最大の港湾都市で、シベリア横断鉄道、北洋航路の終点です。日本海西部にあるピョートル大帝湾の湾奥中央部に突出したムラビヨフアムールスキー半島の南端に位置します。ロシア語名はウラジヴァストークで、「ヴォストーク」は「東」を意味し、「ヴラジ-」は「領有・支配する、物件を自由に使う、制御する」を意味する動詞ヴラヂェーチから来ています。亜寒帯冬季少雨気候で、冬は北風が強く、日 [続きを読む]
  • ばてる とは?
  • 「ばてる」は、すっかり疲れてしまう、くたびれて動けなくなる、へたばるという意味です。「疲れ果てる」の「果てる」から出て、もとスポーツ選手などの間で用いられていた言葉といわれています。「暑さつづきでばてる」などと使います。 [続きを読む]
  • サブカルチャー とは?
  • サブカルチャー(subculture)は、主流の文化に対する、少数派に支持されている娯楽・趣味文化のことをいいます。「サブカル」と略されることが多いです。対義語は(伝統的で)多くの人が支持する文化という意味の「ポピュラーカルチャー」「マスカルチャー」「ハイカルチャー」などです。 [続きを読む]
  • 残暑 とは?
  • 残暑(ざんしょ)は、暦のうえで秋になっても残る暑さをいい、立秋(8月8日頃)から秋分(9月23日頃)までの間とされています。残暑は稲作にとって望ましい天候であるとされています。「残暑が厳しい」などと使います。 [続きを読む]
  • ロヒンギャ とは?
  • ロヒンギャ(Rohingya people)は、ミャンマーのラカイン州(旧アラカン州)に住む人々のことをいい、民族集団、宗教団体、政治結社のいずれであるのか判明していません。ロヒンギャという語は、はじめ「ラハム(Raham)」と呼ばれていたものが、後に「ローハン(Rhohang)」となり、そして最後に「ロヒンギャ(Rohingya)」へと変化したとする説があります。イスラム教が主流といわれており、ラカイン州では仏教徒であるアラカン人との間 [続きを読む]