はなかご さん プロフィール

  •  
はなかごさん: 竹の籠そして山野草
ハンドル名はなかご さん
ブログタイトル竹の籠そして山野草
ブログURLhttp://hanakago.hatenadiary.com/
サイト紹介文北海道は旭川市郊外の比布町で根曲り竹を使った籠を編み、山野草を籠に入れて楽しんでいます。
自由文最北の竹工房で寒い冬はロケットストーブで暖を取っています。春には近くの突哨山のカタクリなど、山野草が咲くのが楽しみ!
庭に300種類の山野草を植えて、増やすのに忙しい。
春からは旭川市内で竹工芸教室が始まる。工房の教室と共に竹工芸の仲間を増やしたい。そして、地元の根曲り竹を広めたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/03/10 20:26

はなかご さんのブログ記事

  • 凍結深度 80cm
  • この冬燻煙窯がはっきり傾いているのに気が付きました。多分、基礎らしいものをしていないので、地下の凍結で左側が持ち上がっているのだと思いますが、他にも理由があるのかもしれません。北海道での凍結深度は60〜120cm、当地では80cmとなっています。建物を建てる場合は基礎をこれ以上深くしなければなりませんが、浅いと家が傾くこともあります。角度を5度修正してみるとブロックの台に亀裂が入っています。春にな [続きを読む]
  • いい感じ
  • 八重のツバキと思っていたが、そうではなかったみたいだ。もっと開くとはっきりするのだが、この程度の開き具合が良い。器は燻煙した笹を荒く組んだ籠。いろんな花が似合いそうだ。本日の最低気温と最高気温 -13℃ 2℃ にほんブログ村ランキングに参加しています [続きを読む]
  • 椿
  • やっと開き始めたツバキ、”秋の山”という銘がついていて八重咲の品種です。一重のものが好きなのですが、ホームセンターで売っているかもしれません。今度さがしてみましょう。早速枝を折って掛け花籠に入れてみました。この籠も燻した笹で編まれています。置いても使えるようにしました。本日の最低気温と最高気温 -6℃ 0℃ 日中雪が舞っていたが、今日は火の必要が無かった。にほんブログ村ランキングに参加していま [続きを読む]
  • 世界一
  • 何が世界一でしょうか?この山の何が?いや、この山、大雪山の眺めが世界一良いところなのでした。この町は比布町。そしてこのアングルでは建物が写っていません。そうするとこの場所が世界一眺めのいいところかも(笑)旭岳の姿見の駅辺りの積雪は275センチ、比布は60センチ程本日の最低気温と最高気温 -9℃ -1℃ 昨日は吹雪で今日はほぼ快晴、明日からは雪が続きそう。少しづつ春に向かっている道北地方 [続きを読む]
  • 氷のアート
  • 2月初旬、旭川買物公園で開催された氷彫刻世界大会を撮ったものです。夜にライトアップされた作品はもっと美しいです。作品の大きさはいずれも2,3メートルの高さでした。50点ほどの中でこの作品が良い評価を受けていました。どの作品も氷以外の素材は使用していません、素晴らしい!本当に甲乙つけがたいものばかりでした。来年はライトアップされた写真を撮りたい。本日の最低気温と最高気温 0℃ 7℃ 4月並の気温となり、か [続きを読む]
  • 竹工芸教室の新しい教材
  • 来月から3年目に入る竹工芸の教室ですが、カリキュラムの18番目は手付きの花籠になります。立ち上げの際六つ目を5と7角に振り分けて底を四角形にするものです。続けて19番目の作品は蓋物の籠で、蓋の立ち上げの際やはり5と7角形に振り分けて底が丸くなる編み方です。材料のヒゴが笹だと編む際に少々無理をしても折れづらいので、初心者にも向いている素材となります。本日の最低気温と最高気温 -6℃ 4℃ 3月に入 [続きを読む]
  • もう少しで
  • wimax2が月初めから使えず、あと4日待つと元に戻ります。ネットでは画像の表示はもとよりテキストだけでもままなりません。月初めにyoutubeを連続再生させたのが悪かったのでした。今日は教室の帰り、ぴっぷえきのフリースポットを使っています。 [続きを読む]
  • クリスマスローズが咲いた
  • 秋に畑からポットに移したクリスマスローズが開いてきた。2つのポット共同じ色の花のようだ。確か株分けしたものかもしれない。畑のものは5月頃になるだろうか?ツバキはまだ開花までは時間がかかりそうだが、蕾は9個と今まで一番付いた。そういえば木の高さも60センチ程と年々大きくなっている。岡山から持ってきたヤブツバキが3本あるが蕾が出来る気配すらしない。今年は畑に下ろして力を付けようか。そのクリスマスローズ [続きを読む]
  • 節間のながーい竹
  • はるばる九州から運ばれてきました。真竹では最も節間が長いもので、45センチ程あります。この長さは太い竹から1本とれるかどうかです。秋に注文して今まで数を確保していただきました。大事に大事に使いたいと思います。送料はやはり竹の代金とトントンになり、益々貴重となります。昨日は久しぶりに本格的な吹雪となり、道路は見通しがかなり悪い状態が続きました。道路の巾を示す下向きの矢印の標識が頼りになります。積雪も [続きを読む]
  • 寒すぎて痛い!
  • 朝7時頃、この時間が一番寒い。カメラも素手では持てないほど、玄関の戸を開ける音もいつもと違う。地表を覆う川霧の中から大きく見える太陽が昇ってきた。早い冬の訪れで落ちなかった枯葉がまだ残っている。本日の最低気温と最高気温 -26℃ -12℃ 管内ではー32℃になるところも出て、この冬一番の寒さになる。中国山地は大雪、この辺りは時に大変な雪になることがある。 [続きを読む]
  • 晴れが続くが寒い
  • 本州は大雪になっているが、当地は晴れ上がって放射冷却となり、しばれる日が続いている。積雪は60センチ程度、この冬初めて屋根の雪を降ろすが、量は少ない。こんな時に10年ぶりか?風邪をひいてしまい、咳でのどが痛い。もう5日ほどになるが治るのが遅いようだ。熱はないのでインフルエンザではなさそう。のど飴の食べ過ぎで糖分の採り過ぎが気になる。本日の最低気温と最高気温 -22℃ -10℃ [続きを読む]
  • 年が明けて厳冬の季節
  • 年齢に比例して時間が進むのが早くなっているのが実感するこの頃です。今朝は冷え込み、旭川郊外ではこの冬一番の寒さになっていました。本当に鼻毛が凍ります。今年も雑用に仕事の邪魔をされそうだが、千島笹の作品をいろいろ制作したい。5月になると花畑の作業が忙しくなるので、それまでの期間が集中できる時間となる。本日の最低気温と最高気温 -21℃ -10℃ 積雪は平年並みにほんブログ村ランキングに参加してい [続きを読む]
  • 皮籐挽き
  • 竹工芸に皮籐を使うことが多いが、市販の皮籐は便利だが、良い作品には原材料の丸籐から作るのがいい。この籐は東南アジアが原産の蔓性の植物で、年々輸入価格が上がってとても高価な材料となっている。先ずエナメル質の部分をペーパーでけずっているところペーパーの種類を替えながら、滑らかになるまで磨いていく竹を割るようにして細くしていく厚みも何度か道具に通して巾と厚さを交互に少しずつ細くしているところ出来上がった [続きを読む]
  • 竹炭入りの豆
  • 頂いた豆菓子の詰め合わせの中にあった竹炭の豆。豆はピーナッツで竹炭を粉にしたものを衣に混ぜて揚げたものでしょうか。炭を食べるのはどうかと、思われる方もいるでしょうが、食品添加物の色素として認可されているので問題はなさそうです。ただ消化はされていないようで、黒い便となって排出されます。味もありません。他にパンやパスタなどにも使っている商品があります。本日の最低気温と最高気温 -10℃ -2℃ 日中は [続きを読む]
  • 年末になって
  • 夕刻の比布駅、人影もなくひっそりと、今年植えられたばかりの小さな木の電飾が、小さな駅と小さな町をかすかに照らしている。寂しさがいっそう強調されてる感じがするが、何か妙に落ち着く。昨夜からの強風と、雪が一日中続く。朝の南向きの窓は吹き付けられた雪で覆われて、部屋を薄暗くしている。除雪しても2時間ほどで元の木阿弥に、まだ積雪は4,50センチだが、この倍の積雪になると比例して吹き溜まりも深くなる。本 [続きを読む]
  • 片岡珠子展
  • 昨日までの荒れた天気も今日は落ち着いた。それで、片岡珠子の絵を見るために旭川の道立美術館を訪れた。この美術館は常盤公園にあり、地方の美術館にしてはいい展示会をしていると思う。旭川で珠子さんの展示会を見ることが出来るとは思ってもみなかった。展示は作品とそのスケッチが関連するようになっていて、見ごたえがあった。あまり制作の過程を見せるのは本意ではないだろうと思うのだが・・・。朝焼けの大雪山、山から吐き [続きを読む]
  • google翻訳
  • 最近google翻訳の精度が上がったとの記事を見て試してみた。英語に翻訳したところですが、笹竹ーbamboo bamboo 笹と竹は同じに訳されました。比布町ーHoupe-cho 固有名詞の翻訳は難しいのでしょうね、日本人でも正確に読める人は少ないと思います。ぴっぷちょうと呼びます。アイヌ語からきたものなのですが。あとは何とか理解できるかも?これを逆に日本語にしてみると、このようになりました。次に比布町をひらがなでぴっぷ町 [続きを読む]
  • 煤竹で茶杓を曲げる
  • 沢山の煤竹もまだ積んだまま、茶杓に使える部分をまとめて箱に入れていたのを取り出して曲げてみた。もう残りは少なくなっていると思う。竹は熱して急冷させることで形が固定される。雪は水よりも効果的に冷却できる。竹の熱で溶けてきたら、新しい雪に取り換える。この後長さ、巾、厚みを整えて荒曲げが完成する。でも選別すると使えるのは8割ほどになりそうだ。春からまたネットで販売する予定。本日の最低気温と最高気温 - [続きを読む]
  • セミナー
  •  昨日夕方から町が主催の経営セミナーorマーケティングセミナーがあり聞きに行きました。5回の講座で50万円のセミナーが無料で受けられる。もう行くしかありませんものね、来月から月一回5時間の講座が始まり、昨日はその概要をつかむものでした。 JR北海道の鉄路が半分になる、旭川からデパートが撤退した、20年後の人口は半分に、などなど明るい話題の少ないのは全国共通のことではあります。参加者は役場職員が多かっ [続きを読む]
  • 本格的な冬に入る
  • 真冬日が続いて先月末に降ってから、雪が消えることはありませんでしたので、去年よりひと月早い根雪がほぼ確定的となりました。暖房のない部屋に置いていた非常用のペットボトルの水もしっかり凍っています。薪ストーブの薪が2月いっぱいで無くなりそうです。厚着をして節約しなければと考えているところ。寒くても太陽が出ると薪も少なくて済むのだが・・・・。外での仕事は除雪だけなので、冬眠状態であります。岡山で作ったた [続きを読む]
  • マッチとローソク
  • 竹を曲げるには熱が必要で、普段いつもお世話になっているのが、マッチとローソクなのです。最近マッチのメーカーが一つ減ったのでもう残り一社だけではないだろうか?最近はどの家庭でも見かけなくなったのではないだろうか、以前は広告の媒体としてスナック(もう死語かな)などタバコがらみでよく見られたが、マッチの需要が少なくなったのであろう。最近のはマッチを擦った時に鼻がツンとする臭いが無くなったが(亜硫酸を使わ [続きを読む]
  • 早い本格的な冬に
  • 今日は久しぶりに大雪山が見れました。真冬と変わらない姿となり、月初めの雪が溶けずにさらに深くなっているので、根雪は間違いないでしょう。ひと月も早いのは異常ともいえるのではないでしょうか。やはり言われているように温暖化で、日本海の海水温が高く、上空の寒気が内陸まで雪雲を運んでいるのですね。管内の幌加内ではそろそろ1メートルの積雪になりそうです。この先が思いやられます。本日の最低気温と最高気温 −10 [続きを読む]
  • 木酢液を室内で
  • ロケットストーブの煙突の継ぎ目から木酢液が落ちてくる。朝の火を入れる頃と、夕方からが目立って多い。外気との気温の差が大きいほど、煙突が冷却された際に出来る水分が、煙突の低くなった部分に溜まり、落ちてくるものと思う。日にペットボトルに4分の一ほど、週に2本ほどの木酢液が作れそうだ。中には竹も燃やすので、木竹ミック酢液かも。昨日今日で30センチほどの積雪となり、やはり20日ほど早い状態が続いている。明日は [続きを読む]
  • 畑に植えた千島笹
  • 春に山から掘ってきた笹が畑に根付いたようだ。広がり過ぎないように根を管理しなければならないが、平地でどのような育ち方をするのだろうか?肥料を与えると太い笹になるのだろうか?暫く観察したい。台風の影響などで野菜が高かったが、そろそろ下がり始めたようだ。何時もの市場では先週300円していた白菜が今日は半値になっているなど一部の野菜を除いては値が戻っていた。バナナが3袋で100円と驚くような値段。何か [続きを読む]