shikokuhenro さん プロフィール

  •  
shikokuhenroさん: しこくあるく
ハンドル名shikokuhenro さん
ブログタイトルしこくあるく
ブログURLhttp://ameblo.jp/shikokuhenro/
サイト紹介文四国霊場歩き遍路、寺社巡り、城郭探訪、徒然の感想や近所周りのウォーキングを書き連ねています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/03/11 22:06

shikokuhenro さんのブログ記事

  • 西国第十一拝① 平成29年5月3日(水) 観音正寺
  • かれこれ小一時間、観音寺城の見学に費やし、ようやく境内脇から西国第三十二番観音正寺(かんのんしょうじ)境内へと入った。観音寺城から寺への入口観音寺城遊歩道から入った者は本堂で拝観料500円を支払うよう立て札が立てられてある。観音正寺の境内は山上の狭い土地を利用してか、ほぼ一直線に建物が配されている。 入口から本堂まで真っ直ぐに参道が延びている。本堂正面の真新しい本堂は建てられてからまだ13年しか経 [続きを読む]
  • 荒城に月13 観音寺城②
  • (つづき)−攻城日記−伝阿波路丸は参道から覗くのみにして先へと進んだ。少し行くとお寺とお城の分岐点となった。無論、右へ。参道との分岐参道のなだらかな勾配とは逆に勾配が急になる。しばらく上ると石垣が目にとまった。伝伊庭丸である。伝伊庭丸木々に埋もれて全体が分かりにくい。右手の斜面を見ると大きな岩がある。伝伊庭丸の大石この城は石には事欠かず石垣を積むのは容易かったのかもしれない。上りは続く佐々木城址 [続きを読む]
  • 荒城に月13 観音寺城①
  • 5月3日、西国霊場満願の旅に出た。西国霊場は昨年9月の参拝以来ご無沙汰していた。どうせなら善光寺までお礼参りにと思っていたので、時間の取れるゴールデンウィークを選んだ。しかし、旅に何かしら盛り込むのが好きな貧乏性の自分は、タイトルにある通りで真っ直ぐ札所に向かったわけではない。三十二番札所といえば、お寺のある山の山上ほぼ全域が城跡なのだ。これを見ずしてお詣りのみで立ち去るなど、自分にとっては後悔で尻 [続きを読む]
  • 四国第八十一番白峯寺
  • 今朝の地元紙に今年度の国の重要文化財への答申があったとの記事がありました。 その中に、四国霊場第八十一番白峯寺の本堂、大師堂、頓證寺殿など諸堂9棟も含まれていました。何と、9棟も一度に国の重要文化財になるとは驚きです。江戸時代、高松藩によって今の諸堂が整えられたそうです。白峯寺 本堂頓證寺殿 白峯寺の国指定重要文化財は境外の石造十三重塔が既にありますが、これで一度に四国霊場屈指の重要文化財 [続きを読む]
  • 重く思う
  • 今回の国会で審議されているテロ準備罪の法案ですが、あれは戦前の治安維持法を彷彿とさせる悪法です。国家防衛、国防軍は是と思っております。憲法、特に9条は違憲状態が続いています。時代に即して変えるべきと思っております。しかし、今回審議対象となっている、かの法案には反対です。一般市民とそうでない人の線引きが全く曖昧です。わざわざこのような法案を設けなくとも、未必の故意という罪を適応出来る可能性もあります [続きを読む]
  • 遅筆
  • 西国満願のブログを書いていますが、筆が進みません。まだ最初にお詣りした観音正寺に到着しておりません。は〜、ブログアップは何時になるのでしょうか?稿を起こしている自分にも分かりません。観音様ぞ知る、かな!? [続きを読む]
  • 賞田廃寺跡
  • 安養寺参拝の後、麓の賞田廃寺跡(しょうだはいじあと)に立ち寄った。9年前、Wikipediaに寄稿するため訪問して以来の再訪である。Wikipediaの原稿は概ね自分が記載したのでここにコピペしても良かろうものだが、著作権はあちらにあるので、改めて稿を起こそう。遺跡は国の史跡に指定されている。本来の寺院名は不明のため、地名から賞田廃寺としている。遺跡全景7世紀半ばの白鳳時代、龍ノ口山の南西麓に寺院が造営された。奈 [続きを読む]
  • 報恩大師備前四十八ヶ寺 第十二拝 湯迫山浄土寺 平成29年4月29日(土)
  • 先週に続きこの日も天気が良かったので、午後から比較的近い場所にある報恩大師備前四十八ヶ寺を訪ねることにした。この日は岡山県下では合格祈願で著名な龍ノ口八幡宮(たつのくちはちまんぐう)が鎮座する龍ノ口山の南麓にある二ヶ寺、浄土寺(じょうどじ)と安養寺(あんようじ)を訪ねた。いずれも天台宗の寺院だ。なお、四十八ヶ寺の中に、これら寺号はそれぞれ二ヶ寺ある。まず訪ねたのは浄土寺である。湯迫(ゆば)と言う [続きを読む]
  • 報恩大師備前四十八ヶ寺 第十一拝 石蓮寺跡 平成29年4月23日(日)
  • 千光寺の次に同じ市内にある石蓮寺(しゃくれんじ)跡を訪ねた。ここも報恩大師備前四十八ヶ寺の一つとされる。中央のピークが石蓮寺山標高271mの山上に石造十三重塔のみが残っており、塔の周辺は石蓮寺みんなの森という公園になっている。十三重塔は高さ6.5mで岡山県の重要文化財に指定されており、鎌倉時代中期に造立されたと推定されている。十三重石塔(岡山県指定重要文化財)基壇部(各方角の如来様が刻まれてある)石塔横 [続きを読む]
  • 報恩大師備前四十八ヶ寺 第十拝 千光寺 平成29年4月23日(日)
  • 天気が良かったので家でゴロゴロしているのも惜しいので、昨年末以来参拝していない報恩大師備前四十八ヶ寺の寺院に参拝することにした。午後2時前からではあまり遠方には出向けないのでなるべく近場でフォトジェニックな寺院を選んだ。いや、ここは、チョイスしたと言っておこう。自宅から車で40分ぐらいの所にある、千光寺(せんこうじ)に向かった。千光寺は奈良時代の天平勝宝年間(749年-756年)に報恩大師が開基したと伝わ [続きを読む]
  • 報恩謝徳
  • 3日間の西国満願の旅を終えて、無事に帰宅出来ました。3日で1500kmほど走りました。車のフロントにはビッシリと虫の死骸が張り付いています。無辜の命を犠牲にしながらの旅だったわけですね。いわば、あまたの命に救われての無事の満願と言えます。虫供養しなければなりません。巡礼の最後、高野山では心星さんにお世話になりました。ありがとうございました。南無大師遍照金剛 [続きを読む]
  • 満願御礼
  • やはり、私にとっての西国の締めくくりはこちら以外にありません。満願御礼は金剛峯寺だそうで、まずこちらにお詣りし、後ほど参拝します。でも、壇上伽藍が結縁灌頂なので、駐車場が心配です。薄曇りの高野山はやや涼しいです。では、お詣りします。南無大師遍照金剛 [続きを読む]
  • 西国巡礼
  • 明日、満願の旅に出ます。4時には出発しなくては・・・。観音正寺、華厳寺、そして善光寺まで足を伸ばすつもりです。車ですがハードなコースになりそうです。 気をつけて行ってまいります。 GW中に遠出される方、くれぐれも気をつけて行きましょう! 南無大慈大悲観世音菩薩南無大師遍照金剛 [続きを読む]
  • 古札納めと聖天さんご縁日参拝
  • 平成29年4月16日(日)御札のお返しと聖天様ご縁日の参拝のため、一番さんと八十五番さんに出向いた。6時半に家を出て水島ICから瀬戸大橋を渡り坂出北ICで高速を降りた。ここから一般道を通り四国一番札所霊山寺さんへと向かう。一番さんまでは車で概ね3時間である。9時半に駐車場に着いたが、春の日曜日なので車が多く奥の方の非鋪装駐車場に駐めることになった。ツアーバスも多い。古い御札とお供えを持って本堂へと向かった。す [続きを読む]
  • 徒歩2巡目初日 平成29年4月8日(土) 費用
  •  往路 岡山〜観音寺(特急eキップ 坂出〜観音寺)2,280円 復路 観音寺〜岡山(特急eキップ 観音寺〜岡山)2,710円 飲料、昼食                           508円 納経代(5ヶ寺×300円)                  1,500円 特別拝観料(大興寺100円、本山寺500円)       600円 おやつ                             88円 駐車料金  [続きを読む]
  • 花の遍路 その1
  • 一巡目の徒歩巡拝では、高野山まで歩き終えた後、まとめて”花の遍路道”としてアップしたが、二巡目では区切り打ち毎に出来るだけ花を撮って”花の遍路”としてアップすることとした。 分からない、間違っている花の名があればご指摘、ご教授願いたい。 ホトケノザ観音寺市柞田町付近 ニチニチソウ観音寺市柞田町付近 カラスノエンドウ観音寺市柞田町付近 スミレ観音寺市柞田町付近 ソメイヨシノ [続きを読む]
  • 徒歩2巡目初日 平成29年4月8日(土)⑤ 神恵院と観音寺へ、そして帰路
  • (つづき)小雨が降り続いている。雨具を取り出すほどの雨とは言い難く、もう既に今日の歩きも終盤なので今さら着るのも面倒だ、濡れながら歩いた。財田川沿いの遍路道犬の散歩をしている男性から「生憎の天気で、大変やね。気ぃつけて。」と愛語施(あいごせ)を頂き、お礼を述べた。土手のソメイヨシノが満開だ。秋も10月半ばから11月半ばにかけて季候がよいのだが、夕暮れが早い。春はだんだんと日が長くなって行く。4月半ばと [続きを読む]
  • 徒歩2巡目初日 平成29年4月8日(土)④ 本山寺へ
  • (つづき)次は第七十番本山寺(もとやまじ)へと向かう。大興寺山門協力会の地図では距離感が掴みづらいので、とりあえず暫くは第六十八番神恵院(じんねいん)・第六十九番観音寺(かんのんじ)への遍路道を歩いた。 途中で、七十代だろう女性が手招きをしている。遍路道の矢印は女性の居る手前で右を指し示しているのだが、寄り道をしてもそれほど距離は変わるまい。反対側から歩いてくる初老の男性にも声を掛けている。 [続きを読む]
  • 徒歩2巡目初日 平成29年4月8日(土)③ 大興寺へ
  • (つづき)萩原寺を出て本日の主目的である第六十七番札所大興寺へと向かう。薄日が差してきた。歓迎してくれているのか?夕方までこの天気が保ってくれればよいと願った。ここからようやく、協力会地図の道を歩く。しかし、所々にしかシールはなく、勘を頼りに歩いた。粟井で県道から別れ東へと向かう。恐らくこの道で良いだろうと歩くと左手に粟井小が見えたので間違いない。途中の公民館で用足しにトイレをお借りした。少し登 [続きを読む]
  • 徒歩2巡目初日 平成29年4月8日(土)② 生木地蔵と萩原寺へ
  • (つづき)まずは別格第十六番萩原寺(はぎわらじ)を目指した。観音寺駅から萩原寺への案内は、かの協力会の地図には無い。スマホのマップを頼りに歩いた。約8kmの道のりである。左折し南へ向かう方角は概ね観音寺駅の真南だ。ブロ友さんから、無理しないでと暖かいメッセージを頂いたので返信しながら先へと進む。 気温が高く歩いていると汗ばんでくる。湿度も影響しているのだろう。時おり空が明るくなり、晴れてくれるの [続きを読む]
  • 2巡目初日 平成29年4月8日(土)① 発心
  • 思い立ったが吉日という言葉がある。まさにこの日がそうだ。4月8日はお釈迦様のご生誕日”花まつり”の日であり、薬師如来様の月ご縁日である。四国第六十七番札所大興寺(だいこうじ)の御本尊、薬師如来様が60年に一度のご開帳と、先月下旬のローカルニュースで放送されていた。60年に一度であれば、自分にとって次回はもう無い。3月26日より5月8日までのご開帳となっている。雨が降ろうが出かけることにした。合わせて、これを [続きを読む]