かんこく! さん プロフィール

  •  
かんこく!さん: かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ
ハンドル名かんこく! さん
ブログタイトルかんこく! 韓国の反応翻訳ブログ
ブログURLhttp://kankokunohannou.org/
サイト紹介文韓国の掲示板などを翻訳してまとめています。
自由文しょうもないネタが多いですが、他ではあまり見かけないような部分に焦点を当てていこうと思いますので、よろしくお願いします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2515回 / 365日(平均48.2回/週) - 参加 2014/03/12 00:02

かんこく! さんのブログ記事

  • 韓国人「日本政府の負債は次の様に理解すれば良いですか?」
  • 日本政府の負債は次の様に理解すれば良いですか?スレ主韓国人7月に日本政府が発表した日本政府の負債が再び最高額を更新して我が国のお金で1京ウォンを超えたと言います。この政府負債を日本人の頭数で分けると、日本国民1人あたり8千万ウォンずつ借金を背負っている事になります。しかし、日本国民(正確に言えば日本インターネット世論)がこの言葉に反発します!何と反発するかと言えば、日本政府負債はギリシャとは違って、海外 [続きを読む]
  • 韓国人「日本右翼の狂気…日帝軍服に戦犯旗翻った光復節靖国神社」
  • 日本右翼の狂気…日帝軍服に戦犯旗翻った光復節靖国神社「戦争できる国」改憲要求の声も…日常の中に入り込んだ日本極右韓国の光復節であり、日本では「終戦記念日」の15日のA級戦犯が合祀された日本の東京千代田区靖国神社。ここは、強い帝国主義の過去の良かった時代を懐かしがって強い日本を夢見る右翼の解放区であった。右翼の狂気は、靖国神社に最も近い地下鉄九段下から開始された。ここから神社までの距離は300mほど。黒の [続きを読む]
  • 韓国人「慰安婦募集は誘拐だった…過去日本の警察が書いた文書公開」
  • 慰安婦募集は誘拐だった 「過去日本の警察が書いた文書」公開韓日文化研究所、1938年作成された「時局利用婦女誘拐血事件」公開韓日文化研究所ギムムンギル所長は日本植民地時代、当時、日本国内の慰安婦の募集プロセスを見た日本の警察がこれを「誘拐犯罪」かどうか調査に乗り出したという内容の記事を13日公開した。 (写真=韓日文化研究所提供)日本植民地時代、当時、日本国内の慰安婦の募集プロセスを見た日本の警察がこれを [続きを読む]
  • 韓国人「『強制性』なかったと主張するも…続々日本暴挙の証拠」
  • 「強制性」なかったと主張するも…続々日本暴挙の証拠「日本警察、慰安婦募集「誘拐」であると判断し調査」/韓日文化研、当時の事件の記事確保/犯罪と判断していた・・・強制証明史料/朝鮮人強制動員ドキュメンタリー6000点/「軍艦島の写真・文書など公開日本植民地時代、当時、日本軍慰安婦の募集プロセスを見た日本の警察は、その状況を「誘拐」と認識して調査したという記事が出た。慰安婦動員に強制性がなかったという日本政府 [続きを読む]
  • 韓国人「何処かで聞いた日本の歌、めっちゃ良いんですけど…」
  • 何処かで聞いた日本の歌スレ主韓国人最近、YouTubeを見てた時に偶然にも、このミュージックビデオ見たんですが…歌がめっちゃ良いんですけど…しかし、何処かで聞いた事あるのですが韓国でリメイクしましたか?この歌手をインターネットで検索してみたら、有名な日本の歌手のようですね。 私は正直に日本の歌手の歌が良いなんて一度も思った事が無いのに、この人は良い感じで魅力的なのかずっと聞きたくなりますね…何か少しR&Bス [続きを読む]
  • 韓国人「科学技術研究論文、この10年間、韓国は2倍増加、減少は日本だけ」
  • 日本メディア「科学技術研究論文、この10年間、韓国は2倍増加、減少は日本だけ」日本の科学研究失速、論文6%減…過去10年間日本の科学技術の研究論文数が過去10年間で6%減少した事が、文部科学省科学技術・学術政策研究所の調査で明らかになった。論文数が減少したのは、ヨーロッパなど主要国の中では日本だけで、日本の科学技術研究が急速に後退する姿が改めて浮き彫りになった。米国、英国、フランス、ドイツ、中国、韓国6ヶ国 [続きを読む]
  • 韓国人「米軍が原爆投下前に日本に配ったチラシがコチラ」
  • 米軍が原爆投下前に日本に配ったチラシ内容日本国民に告ぐあなたは自分や親兄弟友達の命を助けようとは思いませんか?助けたければ、このビラをよく読んでください。数日の内に裏面の都市の内、全部、若しくは若干の都市にある軍事施設を米空軍は爆撃します。この都市には、軍事施設や軍需品を製造する工場があります。軍部が、この勝ち目のない戦争を長引かせる為に使う兵器を、米空軍は全部破壊します。けれども、爆弾には眼があ [続きを読む]