中村智景 さん プロフィール

  •  
中村智景さん: 大垣の老舗料亭 助六のちかげ女将ブログ
ハンドル名中村智景 さん
ブログタイトル大垣の老舗料亭 助六のちかげ女将ブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/chikage_sukeroku/
サイト紹介文岐阜県の西濃地方にあります大垣市の 老舗料亭「助六」三代目女将の、中村智景でございます。
自由文岐阜県大垣市の老舗料亭 助六のちかげ女将です。
www//sukeroku.com


料亭文化を守るため、閉じた世界を拓くために、大垣の応接間として、ご利用いただけますよう日々精進しております。

ブログ、Facebookを始めたおかげで、お誕生日や七五三といった冠祝い、法要や結婚式といった大切な儀式でご利用頂く機会も増えました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/03/12 16:19

中村智景 さんのブログ記事

  • 今が、鮎の一番の食べごろです。
  • この時期の鮎は、身体が成長し、厚みが出て脂が良く乗り、最高に旨いです!天然鮎はこのように身体が黄色く、スイカのような独特の香りがします。お客様にお見せしてから、調理いたします。鮎は、塩焼きにすると特に絶品です!スーパーなどでは入手困難ですが、料亭なら美味... [続きを読む]
  • 最近、こんな嬉しい出来事がありました。
  • 一昨日、嬉しい出来事がありました。ご接待で、助六をご利用いただいたお客様から、「商談が上手くいったよ」と、嬉しいお声をいただいたのです。お客様に仕事で助六をご利用いただき、良いお話が聞けると、自分のことのように本当に嬉しいものです。そのお客様は、「美味し... [続きを読む]
  • 夏といえば食べたくなる、あの魚。
  • 夏が産卵期のイサキは、産卵前の梅雨時期から初夏にかけ、真子や白子を持ち、脂の乗りも良く、丁度食べごろです。産卵が終わり秋ごろになると、脂が落ち、旬と比べ味に差がハッキリと出ます。イサキは、磯に棲むことから「磯魚」(イソキ)、幼魚の縞模様に因んで「班魚」(... [続きを読む]
  • 「竹酒」でたしなむ、最高の夏の夜。
  • この時期は、鮎や鰻をよくご注文いただきます。そういったお料理に、助六名物「竹酒」がこれまた良く合います。凍らせた竹筒の中に、キンキンに冷えた竹酒を入れ、おもてなししております。お酒に竹の爽やかな香りが混ざり、飲みやすく、一度飲むとやみつきになってしまいま... [続きを読む]
  • 先付けの作法で気を付けたいマナー。
  • 会席料理で最初に、必ず出てくる「先付け」。先付けは、「前菜・お通し・突き出し」とも言い、実はお酒をいただくための料理なのです。先付けが、平皿に乗って出されたときはあまり食べる順序を気にしなくても良いのですが、なるべく手前から、そして味が淡泊なものから、い... [続きを読む]
  • 「助六流」華道へのこだわり。
  • 助六では、皆様に四季折々の美しさを楽しんでいただけるよう、その時々の季節のお花を生けております。玄関はもちろん、お客様をお花お出迎えし、お部屋もお花で彩っております。華道は、三大流派(池坊、小原流、草月流)を中心に、2〜3,000ほどの流派があるとされて... [続きを読む]
  • スタッフ紹介:高木美夜子
  • 本日は、助六のスタッフをご紹介いたします。高木 美夜子美夜子さんは10年ほど前に入社され、最初はおもてなし係として、今は、洗い場係として働かれています。そんな美夜子さんの趣味は、野菜作りだそうです。2〜3年前に畑を始められ、少しずつ勉強されながら、ズッキ... [続きを読む]