kin さん プロフィール

  •  
kinさん: シップ写真教室
ハンドル名kin さん
ブログタイトルシップ写真教室
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kinswing
サイト紹介文大阪の写真教室のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/03/13 16:08

kin さんのブログ記事

  • 広告のプロカメラマンがマイクロストックを始めるなら。
  • 広告のプロカメラマンで副業でマイクロストックを考えているみなさん。わたしの経験からですが参考に成ればと書かしていただきます。私感ですが、広告のプロカメラマンが今からマイクロストックを始めるなら当初から黒字にはならないことを覚悟してください。なぜなら、国内なら写真の巧い下手ではなく先行しているモデル代を湯水のようにつかうストックフォト専属カメラマンには勝てません。もし同じ経費を掛けて専属より良い写 [続きを読む]
  • ブツ撮り 宿題2
  • ブツ撮りの宿題のやり直し前回写真と今回のものを並べます。今回は箱から出ているテッシュにも気をつけて撮影しています。あとトップの位置が少し右寄りに見えます。もう少し左では?ライティングは前回よりは商品撮影風になってきています。あとは湯飲みの歪みが気になりませんか?気になるようならレンズのチョイスを変えてみてください。やり直しの写真でもまだサイドライトが弱いのか、立体感が出ていません。サイド [続きを読む]
  • 商品写真撮影 初心者の自宅で撮った商品写真のアドバイス
  • 私ども写真教室では商品写真を学ぶ生徒さんには教室で学んだことを宿題として自宅で復習してもらっています。初心者の場合、撮影場所が変わると教室で撮影したようには再現できない場合が多いからです。では今回もメールで送ってもらった写真を見てみましょう。光が回りすぎですね。トップライトしか効いていません。サイドライトを強くして撮影してみましょう。これで綺麗に写せたと思いましたか?写真を見る目も必要です。プロが [続きを読む]
  • 商品写真の宿題から
  • 商品写真の宿題で自宅で撮影してもらった写真です。写真にも書きましたが質感を出すライトがもっと強くても良いと思います。ライトは教えた位置にあるようですがライトバランスがまだあまり良くありません。この商品にどう光が当たったら綺麗に見えるかを考えながら撮影してください。2017年度4月からのポートレートコース人物撮影に特化して写真を学びたい皆さんの写真教室参加者を募集します。写真を通して交流できる楽しい教 [続きを読む]
  • ブツ撮り実習。
  • 今回のプロフェッショナルコースは宿題で撮ってもらったティッシュボックスの撮り直しからです。前回の写真今回の実習写真宿題はトップライトはOK でサイドライトがダメだったのでサイドライトの入れ方(考え方)を教えました。宿題の写真は全面を暗くして立方体を表現してました。間違いではありませんが商品撮影と考えると全面もある程度ライトを当てて明るさを上げてやりたいものです。今回は布のドレープ撮影です。このよ [続きを読む]
  • 写真教室で器用な生徒程写真が上達しないものが多い。
  • 器用な生徒より不器用な生徒のほうが1年後には写真が巧くなっている生徒が多いと思う。最初から要領よく実習をこなす生徒に限って3ヶ月もすると成長が止まる。逆に要領の悪い生徒で一生懸命学ぶ生徒は持続的に成長すると感じる。写真コンテストにたまたま入賞して天狗になる子に多いのが前者。着実に学ぶ生徒のみなさんは焦る必要はありません。写真の評価は写真コンテストだけではありませんので・・・基礎的撮影術を丹念に学 [続きを読む]
  • 商品撮影の宿題の解説
  • 商品写真の講習を受講する女性の自宅での課題の結果です。60点以上撮れれば仕事をしても良いレベルですので頑張ってください。スタジオで実習した立方体の復習 この写真は50点ぐらいですね。立体感が良く出ていて写真にメリハリもあり良いと思います。ですがトップの位置はここがベストですか。デフィューザーとライト・デフィューザーと商品の距離の関係をよく考えてくださいね。この写真も50点ぐらいですね。右側面ですが箱 [続きを読む]
  • 人物撮影をするときは観察が重要?
  • 人物撮影も物撮も観察が重要であると思っています。特に人物の場合、被写体の良いところ悪いところをまず把握するようにしています。これにより長所を生かし短所を目立たないように撮る方法を自然と導き出しています。宣材写真やオーディション写真などは当社ではデジタルでの修正を行いませんので特にこの観察が重要になります。このモデルさんは自分では写真写りが悪いと言っていました。写真写りが悪いと言っていた理由は撮影 [続きを読む]
  • 2017年度新規受講生募集のご案内。
  •      2017年度新規受講生募集を開始いたします。     2017年度4月からの基礎コース20代〜40代前後の独身の男性・女性の写真教室参加者を募集します。写真を通して男女が交流できる楽しい教室にしたいと考えています。写真にちょっと興味がある、新しい仲間がほしいなどと思っているあなた。初心者のあなたでも楽しく仲間と交流できる写真教室を目指します。写真を学びぶのも当然ですが飲み会や撮影旅行などいろん [続きを読む]
  • ポートレート実習
  • 本日はポートレート実習を行いました。ライトは3灯ライティングです。顔の起こしは柔らかいライトを当てたいのでソフトボックスを使用しています。かすかに霞がかかっているのは全体にわざとハレーションを起こさせています。シップ写真教室では20代〜40代の男性・女性の写真教室参加者を募集します。2017年度4月新規開講予定の写真教室(仮名;サークル的写真教室) 未婚の写真好きの男女を中心に写真を通じて交流で [続きを読む]
  • 21日はポートレート実習
  • 21日(土曜日)午後1時からポートレート実習を行います。 シップ写真教室では写真教室参加者を常時募集中です。2017年度写真教室の生徒募集始めます。趣味の写真のスキルアップのため総合的に写真を習っている者もいます。趣味で女性ポートレートを専門で撮影する者もいます。仕事のための撮影を学びに来ている者もいます。ストックフォトで写真を販売するなど副業のため撮影を学んでいる者もいます。動機は自由です。写真を [続きを読む]
  • プロフェッショナルコース(物撮の方法)
  • 今回のプロフェッショナルコースは物撮の基本でした。まずは商品に合わせたトップライトの入れ方の考え方を学んでいただきました。トップライトは漫然と商品の上に入れてはいけません。商品をよく観察して商品をより良く表現できるベストの位置に入れてください。次は懐中電灯の縦のラインを表現するライトを足してみましょう。縦のラインが強調される位置から1灯入れています。次に気になるシャドー部分を起こすライトを入れて [続きを読む]
  • ストックフォト用の白バック撮影実習
  • ポートレート教室はストックフォト用の人物白バック撮影実習を行いました。モデルは可愛い女子高生です。この写真は生徒さんがライティングして撮影した写真です。ほぼOKですが気になるところがありませんか。それは、背景の白飛ばしライトのバランスがストックフォトの写真にするには微妙に良くないと言うことです。セーターの輪郭がはっきりせず溶け込んでいます。もう少しセーターをはっきり出す必要があると思います。どうす [続きを読む]
  • 本年もよろしくお願いします。
  • シップ写真教室では20代〜40代の男性・女性の写真教室参加者を募集します。2017年度4月新規開講予定の写真教室(仮名;サークル的写真教室) 未婚の写真好きの男女を中心に写真を通じて交流できる教室が出来ればと考えています。開講日は月2回(土曜日)1時間程度 参加費3000円参加最低人員 男女あわせて10名程度を考えています。写真を学びぶのも当然ですが飲み会や撮影旅行などいろんな形で交流できる写真教室に [続きを読む]
  • 今年のストックフォトは生徒さん総てが最高益でした!
  • 今年は、マイクロストックの売り上げが皆さん最高益だったと報告をいただきました。(年間100万前後の売り上げた生徒が複数でました)成果がだんだん出てきていますね。写真教室では特別にストックフォトで稼ぐための撮影は行っていません。写真で稼ぎたいと考える、それぞれの生徒さんが頑張って売り上げを上げています。新年はさらに売り上げをあげて楽しんでもらえるように実習にヘアーメイクさんを付けようと考えています。 [続きを読む]
  • 来年はヘアーメイクさんが協力してくれます。
  • 昨日、古くから付き合いのあるヘアーメイクさんと仕事の打ち合わせをしていました。その時の雑談でポートレート教室の話をしたらポートレート教室のヘアーメイクを時々ですがお願いできる事に成りました。ポートレート教室の生徒の皆さん、来年は撮影のヘアーメイクについても学ぶ事ができますのでより良い写真制作に力を注いでください。新年は1月7日(土曜日)からです。参加可能な方はメールでご連絡ください。写真の無断使 [続きを読む]
  • 今日はプロフェッショナルコースの実習でした。
  • プロがする商品写真はそのものを売るために撮るのが前提です。ただ、単純に写真が綺麗であったり格好が良かったりすれば良いものではありません。シャドー部であっても見せる所は見せながら商品を良く見せなければ成りません。今回の実習ではメイン光の入れる位置や補助光の入れ方、アクセントライトの位置について詳しく行いました。大変難しい実習でしたので理解できましたでしょうか?次回実習までにティッシュボックスをきっち [続きを読む]
  • 高画素デジカメ・・・?(最近のデジタルカメラに思う事)
  • むかしニコンは1200万画素のデジカメ(D700だったと思います)が最高画素の時に言っていました。(キャノンやソニーが2400万画素のとき)高画素デジカメはいらない1200万画素で十分と。このようにアナウンスしていた記憶があります。なのになぜD810などかなり高画素なのでしょうか?メーカーの言う事は当てに成りません。あるメーカーは過去に中盤フィルムを凌駕するカメラと言ったりもしていました。(フィルムをつく [続きを読む]
  • 写真はカメラで創るのではありません。
  • あなたは、高い高級カメラを使えば良い写真が創れるまたは見栄が張れると思っていませんか?もし、このブログをたまたま見ている方でこんな事を考えている方がいるのなら言いたい。あなたはアホです。写真は人が撮り、人が楽しみ、人が・・・・するものです。カメラだけでは写真は撮れません。写真が巧くなりたいならまずは写真の基礎を身につけてください。そして、あなた自身を磨いてください。デジタルになって写すこと(写る [続きを読む]
  • 刺激的モデルとの出会い!
  • 刺激的モデルとの出会いは写真を撮りたいと思う気持ちを刺激します。そんなモデルとの出会いは滅多にありません。今年はそんなモデルと複数名、出会えました。とてもラッキーな年でした。ネット時代になってフリーのモデルも使える時代になってきたのかもしれません。(写真のモデルさんは文章とは無関係です)今年出会ったフリーモデルの皆さん来年以降、仕事を出せるように頑張りますのでよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 料理の単品撮影は習えば意外に簡単。
  • 生徒さんの中にキッチンの横に小さな料理撮影セットを作って毎日の料理を撮影してストックフォトにあげている女性がいます。彼女のセットは一品料理しか取れないセットですが安上がりなものですがプロ並みの単品皿料理が撮れます。自身が撮影した自分の料理の写真が売れ、収入に成ることに大変喜びを感じているようです。彼女に伝授したセットと同じもので私が撮影したものです。必要なものはハンドストロボ2灯(中古で用意)とデ [続きを読む]