夢酔亭主人 さん プロフィール

  •  
夢酔亭主人さん: オムライス食日記
ハンドル名夢酔亭主人 さん
ブログタイトルオムライス食日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/musuiteisyujinn/
サイト紹介文フードアナリスト夢酔亭主人の下町ランチ日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/03/15 20:01

夢酔亭主人 さんのブログ記事

  • 清水屋(池袋)/ コンビフライ定食
  • 楽しみだった6連休も終わってみればあっという間。とりあえず今日明日の2日間のおつとめに精を出しましょうかね。池袋のピンク街から明治通りを渡った富士そばの2階にあるお店。とんかつの清水屋さん。オープン10分前に到着し、開店とともに一番乗り。この店はとんかつも美味いんだが、盛り合わせセットがお薦め。一番人気の清水屋定食はクリームコロッケ、ヒレカツ、メンチカツ。コンビフライ定食を注文。その前に、とりビー! [続きを読む]
  • 「平成29年7月のランチ月間MVP」
  • 昨日は一日中家でゴロゴロして過ごしていたのでランチ記事はなし。困ったときの振り返り企画。月に一度の月間MVP。7月に訪問したランチで印象深いお店をノミネート。月間MVPを選定します。7月は14軒のノミネートだったが今回は12軒。それでそれでは紹介しよう。 ●7/3 洋食や たいめいけん(上野)の 「オムライスとボルシチ」1,080円+50円 ●7/4 田酔(神保町)の 「銀しゃり定食」1,200円 ●7/6 めぐろ [続きを読む]
  • 8月15日
  • 今年も終戦の日を迎えた。正直に言うとね、最近この日を迎えるのがつらくなってきたんだ。15日は大混雑の靖国神社。安倍首相に「こんな人たち」と言わしめた市民運動家なる共産主義者と右翼と機動隊が三つ巴の大騒ぎ。 右も左もバカとアホウの絡み合い。 今年は静かにお参りしたくて、大神宮様と共に一昨日参拝してきた。 昭和16年12月8日に始まった大東亜戦争は国土の6割を失い、二百数十万の軍人と約百万人の民間人の尊い命を [続きを読む]
  • 松乃家(池袋)/ おろしささみカツ定食
  • 2万円を行ったり来たりの日経平均株価。 夏のボーナスでどの株を購入するか1か月余り検討してきた。その候補のひとつが松屋フーズ。松屋の牛めしが美味いとは思わないが、別業態のとんかつ店「松乃家」が絶好調らしい。株購入の調査として一度食べてみようと思って初訪問してみた。 1階が牛めしの松屋、2階がとんかつの松乃家東池袋店。 客単価は650円〜700円前後だろう。カツ丼490円は「かつや」と客の奪い合いか。おろしポ [続きを読む]
  • 浅草浪花家(浅草)/ 鯛焼きとウニアン
  • 東京の3大鯛焼きといえば・人形町の「柳家」・四谷の「わかば」・麻布十番の「浪花家」 その中でも明治42年創業で、鯛焼き発祥の店でもある「浪花家」は別格で、『およげたいやきくん』のモデルにもなっている。 「浅草・浪花家」さん。麻布十番の浪花家の暖簾分けのお店。 1匹ずつ焼く一丁焼きを『天然物』、鉄板でまとめて焼くのを『養殖物』と呼ぶが、カタカタと鋳物の音がするのも一丁焼きの魅力。 焼き場の置くが客席。 [続きを読む]
  • 串八珍(飯田橋)/ 焼鳥とフィンランディア
  • 数日前の夜。今日こそはどこにも寄らずに真っすぐ家に帰るぞ。固い決意で帰路に就く。 串八珍さん。店の前を通ると焼鳥と焼くこうばしい香りが漂ってくる。いかんいかん!今日は真っすぐ帰ろうと決めたではないか。でも、焼鳥でビールをゴキュゴキュしたい。ちょっとだけなら・・・気が付いたらカウンター席に座っていた。 とりビー!ゴキュ、ゴキュ、ゴキュ・・・プッハ〜! お通しは大根おろし。これが美味いんだ。 マカロ [続きを読む]
  • 上等カレー(飯田橋)/ ささみカツカレー
  • さあ、今日から夏休み。メーカー系では20日までの10連休って会社もあるようだが、私は16日まで。終ってみるとあっという間なので、今日が一番楽しかもね。大阪発の上等カレーさん。前回はメンチカツカレー・・・じゃなくミンチカツ?カレーだったが、今回はささみカツカレーを選択。カウンター席のみの店内は壁紙の書棚が印象的。冷水はピッチャーとコップがあるので自分で注ぐ。●ささみカツカレー(830円)生玉子は無料サー [続きを読む]
  • かつ吉(水道橋)/ 冷やしかつ丼
  • 「冷やし○○」が頭に付く料理は元々温かかった料理を冷たく作り替えたたもの。冷やし中華、冷やしたぬき・・・などで、元々冷たいざるそばは、わざわざ冷やしざるそばとは言わない。つまり、温かい料理を冷たくすると、頭に「冷やし」の称号を付けていいとも言える。「冷しゃぶ」はすでに一般家庭にも普及しているし、「冷やしカレー」も最近人気のようだ。他にもある。例えば「かつ丼」「えっ!?   かつ丼・・・」「冷たい [続きを読む]
  • 膳楽房(神楽坂)/ 里麺
  • 個性的な中華料理店が多い神楽坂でも異彩を放つお店。中華料理の「膳楽房」さん。本日の日替わりは回鍋肉。よござんすね。小皿は茄子の衣揚げ。茄子・・・・ハイ、消えた!ここの名物料理は担々麺。冷やし担々麵を注文しようとしたが・・・んっ?里麺?りーめんと読むのね。里麺って何だろう。写真でもあれば別だが、食べたことがないものをいくら考えても判る訳がない。攻撃目標を変更して里麺と小ライスを注文。1階はすぐに満 [続きを読む]
  • ふじや(早稲田)/ ワセオム
  • 「ワセオムを食べつくせ!」学生の町早稲田の美味しいオムライスの名店を食べ歩く企画もほぼ出尽くし今回で最終回。大衆食堂の「ふじや」さん。古いけど沁み一つない洗い立ての暖簾が涼し気だ。店内満席で、カウンターのお客と入れ替わりに着席。壁一面に並ぶ短冊メニュー。オムライスと味噌汁を注文。4人掛けテーブル2卓、カウンター3席の小さな店は、ご夫婦で営む家庭的な雰囲気。麦茶を飲みながら厨房を眺める。調理をする [続きを読む]
  • ★★★/吉野鮨(日本橋)/ にぎり鮨
  • 最近鮨を食べていないな〜。久し振りに本格派のお鮨が食べたくなった。日本橋の吉野鮨本店さん。明治13年創業の老舗で、江戸前鮨の発展に大きく貢献した名店。壁に書いてある字は読めますか?すべて「すし」。一般的にも「鮨」とか「鮓」と書くのが正解で、「寿司」は違和感があるね。お昼の品書きはこれだけ。「おきまり」はにぎりとちらしだけで、足りなければ「おこのみ」で追加すればいい。鮨屋か割烹か、はたまた居酒屋な [続きを読む]
  • 鳥どり(水道橋)/ 夏串
  • 今年の夏休みは11日から16日までの6日間。毎年のことながらビールを飲みながら甲子園のテレビ観戦で終わっちゃうんだろうな。鳥どり水道橋店。18時ちょっと過ぎの訪問で、先客は2組。カウンターに座り、「とりビー!」ビールはサーバーから注ぐ生ビールはいけない。あたしの好みはビンビール。ゴキュ、ゴキュ、ゴキュ・・・プッハ〜!お通しは3種類の中から選べたので、鳥団子のネギ塩たれ。お通しだけでビール1本飲み干し、お [続きを読む]
  • 紅龍(神楽坂)/ 湖南チャーハンとセレージャ
  • もういくつ寝ると夏休み。 今年は6連休といつもより長いので楽しみだ。 中国湖南料理の紅龍さん。中国8大料理のひとつ湖南料理の店は日本では少ないが、中華料理では最も辛いといわれている。 ランチメニューは一般的な中華料理と湖南料理のメニューの2種類。 湖南料理のメニューの中から湖南チャーハンを注文。 毎回同じ席が空いてていつの間にかお気に入りの席になってしまった。 アサヒビールのグラスで飲むただの水。 [続きを読む]
  • 早稲田軒(早稲田)/ オムライス
  • 昨日の築地の火災は驚いたね。火元はラーメン井上らしいが、もう再建は難しいだろう。「ワセオムを食べつくせ!」第6弾。今回は中華料理のお店。迫力のある店構えの「早稲田軒」さん。まだお昼のピーク前で広い店内は半分ほどの客の入り。壁一面に貼り出される圧巻のメニュー。見やすい卓上メニュー。ここのチャーハンも絶品の旨さなのだが、目的のオムライスを注文。お水を飲みながら店内を見回すと、学生は少なくサラリーマン [続きを読む]
  • 三希房(九段下)/ あんかけ焼きそば
  • またも負けたかスワローズ。ドラ1の杉浦を出してまで日ハムから取った何とかという投手も見事に役立たず。ビールメーカーからバックネット裏のチケットを貰ってたけど行かなくてよかった。四川料理の三希房さん。「神田雲林」の姉妹店で、すぐ近所には同じ系列の担担麺の専門店「雲林房」もある。2階にあるお店に上がるとすでに15人ほどの行列。20分ほど待ち入店。カウンター席は中華料理店とは思えないほど広々としてストレスを [続きを読む]
  • ★/源来酒家(神保町)/ 冷やし中華
  • 昨日は銀座の超有名鮨店で取引先の接待を受けたが、どんなにお酒を勧めらても泥酔してガラスで怪我したり、病院で警備員に暴行したりしないように注意して帰宅。試合結果を見てみると予想通りの結果だが、亀井みたいな安いのに打たれてんじゃねえよ。源来酒家さん。創業は戦後すぐの昭和22年に初代が源来軒を開業し、源来酒家は2代目のお店。神保町は他の地域では珍しい寧波料理系の店が多く、この店の名物の飲茶もお薦め。創業 [続きを読む]
  • フォレスタ(早稲田)/ プレーンオムライス
  • 「ワセオムを食べつくせ!」学生街として独特の個性を放つ早稲田のオムライスを食べつくす企画も第5弾。早稲田駅徒歩十数秒の「フォレスタ」さん。目印はこの巨大オムライス。ランチメニューはオムライス、スパゲティ、チキンプレート、その他の先発4本柱。最初に会計をするシステム。オムライスだけでも11種類。気になったのはプレーンオムライス?レジの女の子に職務質問してみると、バターライスのプレーンが基本で、具やソ [続きを読む]
  • キリンシティプラス(池袋)/ ランチビアとナポリタン
  • 西東京決勝戦は残念ながら早実の敗退。今後は清宮君の進路に関心が移る。六大学での活躍を見たい気もするが、やはり低迷するスワローズには清宮君が必要だし、赤の縦縞のユニフォームが似合うと思うよ。KIRIN CITY+池袋店さん。家族連れや高校生風のカップルも多く、これがビアホールだとは思えない光景。人気の秘密はサラダビュッフェのランチ。前回はオムライスだったので今回はナポリタンで攻めてみよう。とりあえず熱中症 [続きを読む]
  • ★★/ナドニエ(新宿)/ メリー・ウィドウ
  • 一線を越えても越えなくてもいいけど、大人の恋はもっとスマートにやらなきゃ プライバシーを勝手に撮影したり、録音を公開する元秘書もどうかと思うけどね。 新宿のBARナドニエさん。 外の騒がしさが嘘のような素敵な大人の世界。とりあえず喉の渇きを潤したい。「マスター、冷た〜いモヒートね!」 ●モヒートとチャージ。 おっひょ〜!美味い!こんな美味いモヒートは久しぶりだ。グラスの中ですり潰したハーブの風味が後 [続きを読む]
  • 和食や(神楽坂)/ 豚角煮定食
  • 今年もたくさんの取引先から頂く野球チケット・・・ よし、行こう!そんな気になれないんだよね。どうせ、負け試合だろうし・・・清宮君最後の夏だし、高校野球は楽しみだけどね。創作和食の「和食や」さん。店内が暗いので写真は上手く撮れないが、落ち着いた雰囲気でゆっくりくつろげる。前回は松花堂弁当だったので、今回はほかの料理をとメニューを眺めてみる。豚しゃぶサラダ定食と迷いつつも豚角煮の定食を注文。冷たいお茶 [続きを読む]
  • ぶん華(神保町)/ カレーチャーハン
  • 食には「文化」がある。明治以降中国や西洋諸国など世界中の料理が日本に入ってきたが、日本人に合うように工夫されながら、より質の高い食の文化として発展している。神保町にある中華料理店の「ぶん華」さん。「CHINEASE mini RESTAURANT」の表記にも文化を感じる(笑)以前から気にはなっていた店で、今回初訪問。昭和25年の創業ということはもうすぐ70歳。間口は狭いけど奥行きが長く席数も多い。夫婦2人の営業だが、段取りが良 [続きを読む]
  • ★/はまの屋(有楽町)/ サンドウィッチ
  • 久しぶりの有楽町ランチ。晴れていれば銀座まで歩くけど、この天気じゃしょうがない。駅前の新有楽町ビルの地下にあるこのお店に訪問。昭和の雰囲気を色濃く残す喫茶店、「はまの屋パーラー」さん。1966年生まれで、今年は創業51年。店主の高齢により一旦は閉店したが、その味にほれ込んだ一人の客によって見事復活を遂げた名店。CDでもBGMでもなく、LP盤のレコードの音が暖かみを感じる。このお店では迷うことなくサンド [続きを読む]
  • キッチンブン(早稲田)/ ビーフオムライス
  • 「ワセオムを食べつくせ!」第4弾。何を思ったか思い付きで始めたこの企画。1時間のお昼休みにわざわざ交通費をかけ早稲田まで電車で往復するのは正直めんどくさくなったが、始めたからにはワセオムを食べつくすまでは終われない。洋食のキッチンブンさん。ここはラグビー部の拠点なのかな?オムライスは750円。しかし、ここは学生とは違うおとなの経済力にモノを言わせてビーフオムライスを注文(笑)冷たい水を一気に飲 [続きを読む]
  • ★/エンジン(神楽坂)/ 冷やし中華
  • 今日は土用の丑の日。滋養のある食べ物として日本では「鰻」を食べる習慣が根付いているが、韓国ではこの日は「犬」を食べる。食にはその国の文化があるのでケチをつけるつもりはないし、ウサギはよくて犬はダメということも言わないが、年間200万匹の犬が食用にされ、皮を剥がれた犬が市場で吊るされているのを見ると、韓国人に生まれなくて良かったと心から思うね。石畳の路地が複雑に絡み合う街神楽坂。路地裏に名店あり。「 [続きを読む]
  • コメダ珈琲(池袋)/ コロッケプレート
  • 我が家のつばみちゃんと楽譜の買い物に池袋のヤマハ楽器にお出かけ。ヤマハは株主優待券があるので安く買えるのだ。10時に到着してみると11時開店。開店まであと1時間あるし、つばみちゃんも朝食は食べてないのでお腹がすいてというのでコメダ珈琲店に訪問。まだモーニングの時間だがランチもかねて2階に上がる。店内満席でウエイティングが3組。名前を書き待つこと10分で、カウンターなら案内できるとのこと。まっ、いいかで着席 [続きを読む]