ムツミ さん プロフィール

  •  
ムツミさん: フランス語と私のエトセトラ
ハンドル名ムツミ さん
ブログタイトルフランス語と私のエトセトラ
ブログURLhttp://ameblo.jp/franceokinawa/
サイト紹介文英検1級、仏検準1級まで独学で取得しました。語学を身につけるのに必要なエッセンスを発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2014/03/16 15:09

ムツミ さんのブログ記事

  • 今まで築いてきたものの中に、たっぷりある
  • 最近の私は、自分がこれまでに築いてきた人間関係の中から、 本当にたくさんの幸せをもらっているなぁ、、、 と思わされる日々を過ごしています。 久しぶりに昔からの友人たちに会い、 「いい仲間との関係って、ブランクとか関係ないんだなぁ、、、」 とじんわり嬉しくなったり、 まぁ、その一方では、 お互いの人生模様が変わった事で、遠くなってしまう関係、というのも、あるんだよなぁ、、、 としんみりする事もあったりは [続きを読む]
  • 子供の英語教材選びで迷っています
  • 先日こちらの会で講師を務めた際に、語学の勉強法、取り組みに関するたくさんの質問に答えました。 今日は、その中からひとつ、シェアしてみます。 3歳のお子さんに英語教材をさせているというお母さんから、 「今のところ、何種類かの英語教材を与えているのですが、今後絞っていきたいと考えていて、どういう基準で選ぶといいでしょうか?」 というご質問を頂きました。 子供に英語力をつけさせてあげられたら、、、、 と [続きを読む]
  • お友達が本を出しましたので、紹介します。
  • 7月20日に、お友達が本を出しました。 こちらです。 それって、必要? いらないものにしばられずに、1週間で人生を変える30の方法 Amazon 著者は「筆子」さん。 影響力のある方なので、私が説明するまでもないと思いますが、ミニマリストなブロガーとして、筆子ジャーナルを書いておられる方です。 私と筆子さんの出会いのきっかけは、「フランス語」です。お互いフランス語をやっていた事で縁が繋がりました。 私は当時フ [続きを読む]
  • 「撒いた以上のものを刈り入れたい」という本音
  • ブログをやっていると、見知らぬ人から相談メールのようなものを受け取る事があり、そういうものを読んでいて思うのですが、 結果が出なくて苦しんでいる人、というのは、※本人が「出てない」と思い込んでいるだけ、という場合もあります。 往々にして、 「撒いた以上のものを刈り入れたい」 という本音がどこかにあるような気がします。 実際の行動量はまだ一定ラインに達していないにも関わらず、そこを直視せずに、現状を嘆 [続きを読む]
  • 「新しい世界」に触れる夏休み
  • 今回、久しぶりに沖縄の夏を体験しているのですが、やっぱり、暑いです(@〜@)。 毎年フランスからの里帰りは、春先を選んでいたので、「夏の沖縄」は、実に6年ぶりくらいです。 暑すぎて、何をして過ごせばいいのやら、、、と思っていましたが、 なんだかんだで毎日盛りだくさんに過ぎていきます。 子供の夏休みって、みんな何して過ごしているんだろう、、、 と思っているお母さん達もいるのかな? と思い(私も思うので) [続きを読む]
  • 「女性最強コミュニティ」のイベントで講師をしてきました。
  • 昨日は、ある場所に出向き、語学のお話をしてきました。 安慶名 勇子さん主催のCourageous Women's Clubという会員制コミュニティのイベントで、講師をさせて頂いたのです。 勇子さんと言えば、沖縄を拠点に、日本全国で活躍されていて、まさに絵にかいたような「スーパーウーマン」です。 出版もされていますし、テレビにも取り上げられました。 扱っているテーマは、主に速読、手帳術ですが、とにかく才能豊かで色んな能 [続きを読む]
  • 自分を振り返る、そして「本当の目的」
  • 招致のような形でお招き頂き、講師として話をする機会を得たので、ここ最近は、資料作りとして自分のこれまでのあゆみを振り返っていました。 こういう作業をすると、自然と、いつもは見ない視点で、自分を客観的に振り返ることができます。 なぜ私は「独学で語学」というテーマを語るようになったのか。 どんないきさつがあって、今ここでこれをしているのか。 そういう事をまとめていて、 よく偉業を成し遂げた人などが言う [続きを読む]
  • 大人になっても夏休みがある人生
  • 夏休みで実家に来ています。 今月末までいて、その後は約一か月、フランスの義実家に行きます。 子供たちが嬉々として遊ぶ姿に、私まで童心に帰ります。 ルンルンの川遊び。 虫取り網をかついで、漁に出た息子(笑)。しかしなかなかどうして、魚もなかなか賢く、かろうじて、小さなグッピーが一匹かかったのみ。 私は陰で見守り。 でもあまりに水が気持ちよさそうなので、車で見つけたゴム草履を出動して(笑)、足だけ [続きを読む]
  • 友人に会って考えた、女性の生き方の変化
  • 久しぶりの友人に会って、お互いの近況報告などしました。 友人はもうすぐ出産予定です。「結婚した」、という知らせを受けてからゆっくり会う時間がなかったので、 旦那さんになった人の事、新居の事など、積もる話に花を咲かせました。 旦那さんは研究職で、今後、仕事の関係で、海外に移る可能性もある、という事でした。 彼女は定年まで働ける仕事に就いていますが、今後旦那さんの仕事の関係でどこか別の土地に行く事に [続きを読む]
  • 幸せを運んでくれる縁
  • お友達のNoeさんから、素敵なお手紙が届きました。(Noeさんのブログです) 数週間前にも、とっても可愛いカードが届いたので、併せて紹介します。 息子と娘、それぞれに、恐竜の絵を贈ってくれました。 なぜ恐竜か? と言うと、 いつか、うちの子供たちが「恐竜好き」という話をしたから。。。 こんな他愛もない会話を覚えていてくれて、こんな粋なプレゼントをしてくれる感性に、感激☆なのです。 もちろん直接お礼も伝え [続きを読む]
  • 「一度身につけたものは、なくならない」という信念
  • 最近ちょくちょく、子どもたちとプールに行っています。 だいたい1時間半くらい居て、半分くらいは水を掛け合ったり、追いかけっこをしたり、単なる水遊び状態なのですが、 合間合間に息子から、「泳ぎ方を教えて」と言われます。 「お母さん、できてる?」と言って、息子が私に見せてくれる泳ぎは、 無駄に激しく足をバタつかせて、今にも沈没しそうな様。 お尻も水面から半分浮き出ていて、まぁ、全くなっていません(笑) [続きを読む]
  • 「子供の語学力を伸ばすには?」という質問を頂きました
  • ブログ読者の方から、 「子供の語学力を伸ばすために、どうサポートすればいいでしょうか?」 という質問を頂きました。 質問の背景はこんな感じです。 1.英語圏在住で、数か月前から現地校に通い始めた。 2.子供は小学校低学年と高学年。 3.現地校でフランス語が第二言語で必修となっている。 4.子供はフランス語の勉強に手こずっているが、親自身、フランス語の学習経験なし。 そういう状況で、子供のサポートをするた [続きを読む]
  • 友人の決断
  • 昔からの友人の一人が、仕事をやめる決断をしました。 友人が就いている職業は、試験に合格しないとなれないもので、試験のレベルも「難関」に分類されるものだと思います。 この仕事に就けたにも関わらず、退職まで勤めあげずに辞める、と言うと、 ほとんどの人が、 「もったいない!!」 と言うか、言わなくても心の中でそう思うでしょう。 私もこの話をはじめ聞いた時は、 「え!?辞めてどうするの!?」 と率直に思いまし [続きを読む]
  • 私が好きなタイプの人
  • ここ最近、過去にご一緒させて頂いた方から、お礼の言葉や感謝の言葉が綴られたメッセージを頂く事が重なったのと、 関わらせて頂く方達が、本当に気持ちのいい方達ばかりで、 なんて私は恵まれているんだろう〜 という気持ちになる事がしばしばありました。 それでふと、 こうして、接していて「ありがたい気持ち」が湧いて来るような人達とばかり繋がっていく、、、 という流れになるにあたっては、自分自身、覚悟が必要だった [続きを読む]
  • 「無駄なものを買ったと感じていましたが、、、。」
  • 今日はスカイプでの面談が2件あり、「語学の勉強の仕方」について、ざっくばらんな語学トークを楽しくさせて頂きました。 もちろん、「仕事」なのですが、自分の好きな事なので、本当にとても楽しくて(^^)。 第一、ご縁を頂く方達が、皆さんとても素晴らしいのです。 人柄がよく、モチベーションが高く、前向きな姿勢を持っている方達と関わらせて頂く事で、私の士気も高まります。 本当にありがたい事です。 今日出て [続きを読む]
  • 「遠くの誰か」より、身近な存在から
  • 今年の春からコーチングサービスを提供し始め、自主的な学びに加え、尊敬するコーチの講座に足を運んだり、日々勉強を重ねている私ですが、 そういう学びをしていて嬉しくなるのは、やっぱり、誰かの幸せに、少しでも貢献できた、、、、 と感じる時です。 その「誰か」が身近な家族だった場合には、喜びも一層深くなります。 自分一人だけいい状況になるより、それを誰かと分かち合ったほうが何倍も嬉しく、何倍も幸せになる、 [続きを読む]
  • 子どもたちの英語熱
  • 以前にもブログに書きましたが、思い出した時に(笑)、子供と英語で遊んでいます。 うちの子供たちにとって、英語はなければ絶対的に困るもの、ではないので、 「親が話せるんだから、ぜひ身につけさせよう」 とか、 「今の時代英語ができないとチャンスが狭まるからぜひ身につけさせよう」 という気持ちはありません。 ただ、私自身、 「英語が話せた事で、自分の人生の可能性が何倍にも広がった」 と感じている事は事実なの [続きを読む]
  • コンサルで学んだことが、仕事の資格試験に役立ちました
  • 最近、過去に語学の「独学コンサル」を受講された方達からの近況報告が立て続けに届いています。 「まいた種が、一気に芽吹き始める」 そんな言葉が心に浮かび、じんわりとた感謝に包まれる今日この頃です。 ついこの間連絡を頂いたのは、Tさん。 昨年秋にコンサルを受講されて、そこからの流れと最近の事について近況報告を下さったのですが、 コンサル受講後、新しく仕事を始める事になり、その仕事関係で挑戦した資格試験 [続きを読む]
  • 仏検の結果
  • 今日仏検の結果が出まして、案の定、「合格ならず」の結果を頂きました。 この記事でも書いたように、受験直後の率直な感想として、、 「まだまだやらなければならない事がいっぱいある」 という事を感じたので ギリギリ迷って間違えたとか、わずかなスペルミスで失点したとか、そういう悔しさもほとんどなくて。 細かいところで一喜一憂したってしょうがない。 圧倒的に実力をつけて合格すべし。 その気持ちで、試験の翌日から [続きを読む]
  • 熱しやすく冷めやすいもの
  • ブログをやっていると、ある日突然熱のこもった「ファンメッセージ」のようなものを頂く事があります。 「ムツミさんの存在を知って、ぜひこんな方と繋がりたいと思いました!!全く同じことを思っていました!」 という感じで、かなり熱量の高い長いメッセージが届いたりします。 それに関連して、最近気が付いた事があります。 そういう、ある日突然、私を見つけたというタイミングで、すごい熱量のメッセージと共にコンタ [続きを読む]
  • 嬉しい近況報告
  • 去年の冬頃、語学のコンサルを受けてくれた方から、近況報告のメールが届きました。 DELFというフランス語の試験があるのですが、 「見事合格しましたた!」 という喜びの知らせでした。 100点満点中、半分の50点が取れればそのレベルは合格となるのですが、なんと80点超え! 余裕の合格に、拍手喝采でした(^0^)。 しかも、コンサルの時に「一番苦手」だと言っていた会話分野が一番点数が高くて。 そう言えば、、、、 「 [続きを読む]
  • この季節になると思い出す、ほろ苦い思い出
  • 梅雨の合間の晴れの今日。眩しい太陽を感じながら、二階のベランダで、洗濯物を干していました。 すると、リンリン、、、リン、、、と、可憐で涼やかな音がどこからともなく聞こえてきました。 音の聞こえるほうを見てみると、向かいの家のベランダに、赤と水色の模様がかわいい小さな風鈴が見えました。 風鈴を見ると思い出すエピソードがあります。 今からちょうど、5年前の夏の出来事です。 私たちは、パリ郊外の、閑静な [続きを読む]
  • 義母が今やっている事
  • 2週間くらい前に、フランス人の義母が巡礼に出発しました。 この季節になると、ほぼ毎年、「巡礼」、と言って、長いハイキング?のようなものに出かけます。 私自身は経験がないので話に聞いて理解した分しか説明はできないのですが、 目的地まで、巡礼スポットを巡りながらひたすら歩き続ける、 その間に、人生について、自分について、色んな事をじっくり考える。 主には、その「考える」という事が目的のようです。 普通の [続きを読む]
  • 今年後半戦も快調にスタート♪
  • 今日から7月!「2017年が始まったなぁ〜!」と新たな気持ちで新年を迎えたのがつい最近のように思われますが、今日から今年も後半戦! 光陰矢の如し、とはよく言ったものですね。 大人になってから、特に結婚して、子供が生まれてからの一年一年は、 家族としての歩み、子どもたちの歩み、私自身の歩み、 気に掛ける存在がたくさんあるせいなのか、益々時間の経過が早く感じます。 まぁそうは言っても、焦ったって仕方がありま [続きを読む]
  • この現実に、自分はどうすべきか考えていました。
  • 日本で生活するようになってから、気になっている事があります。 街なかの色んな場所で、たびたび、びっくりするような張り紙を見かけるのです。 例えばバスの中で、 「夏場は体温が上がりすぎる懸念から、運転手は、帽子を脱いで運転させて頂く事があります。ご理解の程、宜しくお願いします。」 ある時は、スーパーのレジで 「厚生省からの助言により、レジ係も、作業中に水分補給をする事があります。何卒ご了承下さい。」 [続きを読む]