ムツミ さん プロフィール

  •  
ムツミさん: フランス語と私のエトセトラ
ハンドル名ムツミ さん
ブログタイトルフランス語と私のエトセトラ
ブログURLhttps://ameblo.jp/franceokinawa/
サイト紹介文英検1級、仏検準1級まで独学で取得しました。語学を身につけるのに必要なエッセンスを発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供228回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2014/03/16 15:09

ムツミ さんのブログ記事

  • 子供にただDVDを見せても語学力は伸びない理由
  • 子供が日本語を覚える様子を見て、 「外国語のインプットをたくさんすれば、そのうち日本語以外の言葉も話せるようになるのではないか」 と考える人は少なくないと思います。 その証拠に、 世の中には語学習得を目的とした、子供向けDVD教材がたくさんあります。 外国語に興味を持たせる、という動機づけの一つとして導入するのなら、いいと思います。 ただ、 「DVDを見る事で外国語のインプットをしてもらい、いつか外国語を話 [続きを読む]
  • 「耳を慣らすために、ラジオを聞き流しています」について
  • 語学の勉強法について相談してきた方に、現状を知る目的として、 「これまでの取り組みとしては、どんな事をしていましたか?」 と聞くのですが、 その答えに非常によくあるのが、 「耳を慣らすために、ラジオを聞き流しています」 というものです。 今のレベルはまだ初級程度で、聞き取りが苦手である、 という状態の人に、多いです。 ニュースやラジオなど、ナチュラルスピードのものをどんどん聞く事で、 耳を慣らしておけば [続きを読む]
  • 語学を挫折する原因
  • 語学の学習をサポートする仕事を2年前に始めて以来、語学をテーマに、たくさんの人と関わってきました。 色んな種類の悩みを聞き、一緒に解決してきました。 その中でもダントツで多かった悩みが 「いつも途中で挫折してしまう」 というものでした。 挫折に至る背景としてよくある例をあげるとすると、 4月になると毎年、「ラジオ講座、聞くぞ!」と思ってテキストを買うものの、途中で熱が冷め、いつの間にか聞かなくなっ [続きを読む]
  • 育む体験
  • 私が育児をする中で大事にしているものの一つに、「育む体験」があります。 「命」は感謝と敬意を持って扱うべきものであるという事。 「命」がそこに存在している時、その陰には、誰かの(何かの)支えや貢献があるのだという事、 普段当たり前に口にしている食べ物にしても、 どこかから自動的に降って湧いて来るものではなく、 誰かの努力と愛情、(太陽、地球含め)誰かの「はたらき」あってはじめて、生み出されるもの [続きを読む]
  • 子供を叱って罰をしたつもりが、、、。
  • 先日、お風呂の時に、娘(4歳)にちょっとした罰を与えました。 いつもは私が(もしくは夫が)子供二人を同時にまとめてお風呂に入れるのですが、 その日は、お兄ちゃんがもう体をごしごし洗い始めているのに対し、マイペースな娘は、のらくら遊び続けていました。 私は娘に数度、声掛けをしていました。 「〇〇ちゃん、あのね、おにいちゃんがお風呂終わるまでに洋服を脱いでこっちにこないと、お母さんはもうお手伝い出来なく [続きを読む]
  • フランス人に日本のこの話をしたら、大人気になった話(笑)。
  • フランスの義家族にとって、私は、彼らが直接的に知る、唯一の日本人です。 義理の家族は南仏の、かな〜り田舎のほうに住んでいるので、 世界の大都市ではもうだいぶその名をはせている「すし」でさえ「何それ?食べた事ないよ」という感じで、 日本のイメージも、中国、韓国、タイ、ベトナムとごっちゃになっていて、よく区別できていないレベルです。 そんな彼らは、私に色々と、日本人としての意見を求めてきたり、日本の [続きを読む]
  • 過去の日記に見つけた「私の将来」
  • 昔から「過去の記録」の類を読み返すのが好きな私は、日記をつけていた時期も結構あります。 今日は、ふとした事から2013年1月頃の日記を見つけ、読みふけってしまいました。 1歳の息子の育児をしながら、二人目を妊娠中で、フランスで暮らしながら、 「自分の存在意義」について思い悩んでいた時期でした。 私が思わず引き込まれた日記のタイトルは、ズバリ、「私の将来」。 「私には、何ができるんだろう?」「私は、何が [続きを読む]
  • 嫌悪感から分かる事
  • ここ半年くらい、「嫌悪感」について断続的に考えていました。 誰かを見ていて、何かイラッとするとか、「わ、なんか許せん!」と反射的に感じる事があります。 そういう感情を感じた時、 「こんな事を思うなんて、私って心が狭いなぁ〜」 と思ったりしていました。 人のこういう所が目について、見過ごせないなんて、まだまだ器が小さいな、 とか。 例えば、 義務をしっかり果たさずに、こっそり利益を得ている人、かつそ [続きを読む]
  • 娘のフランス語が落ちた時
  • 日本に来てから何か月か経った頃、それまで日本語とフランス語、両言語のバランスがうまく取れていた娘(当時3歳)の言葉が、日本語のほうに傾いた時期がありました。 三歳という、ちょうど言葉が一気に伸びる時期ともタイミングが合っていたせいなのか、爆発的な勢いで、日本語が伸びました。 日本語の語彙、表現力が急激につき、私にはない「東京アクセント」まで、身につきました。 対してフランス語はそれ以前と同じ。 [続きを読む]
  • 夫婦間もたまには素直に伝えてみる
  • 昨日の夜、寝る前に夫と話をしていて、なんとなく急に、普段は言わないような事を、口走っていました(笑)。 実は私、普段夫に対して、あまり素直じゃありません(笑)。 「こういうところ、すごいなぁ〜」と思う事があっても、それをそのまま毎回口にしてるかと言われれば、していません。 夫本人にも、「あんた、素直になりなさい(笑)」と言われるのですが、 「え、十分素直だけど?(笑)」 と言いつつ、素直じゃない [続きを読む]
  • 「分かっていたつもりが、分かっていなかった(汗)」
  • 今日は対面の語学レッスンがありました。 ブログのほうではお知らせを出していないのですが、都内で時々レッスンをしています。 単発型で一時間なので、その時間内で何かをガッツリモノにしてもらうというよりは、 その時間に見聞き、体験した事を通して、 その後、自分で勉強する時の「ヒント」になるものを持ち帰って頂きたい、という思いでやっています。 レッスンでメインとして扱っているのは、「一人では練習しづらい [続きを読む]
  • この週末は、ミニ遠足へ。
  • 天気の良かった今日は、家族でちょっと遠足、埼玉の川越まで行ってきました。 東京からほど近いのに、歴史を感じさせる風景、「小江戸」な雰囲気が味わえる、という宣伝をいつかどこかで見かけて以来、気になっていました。 行ってみての率直な感想は、 確かに風景は素敵! でも、写真からもお分かりのように、とにかく、車が多くて。。。景観が映えず、もったいないなぁ、、、と。 歩道と車道の境目もあまりないので、人をか [続きを読む]
  • ママ友関係が難しいとかなんとか
  • 我が家がフランスから日本に移ってきて一年が過ぎましたが、来る前に、心配していた事があります。 それは、日本、特に都会は、ママ友関係がすごくややこしいらしい、という事。 フランスに移る前、独身時代は東京に4−5年住んでいましたが、ママさんとして日本で生活をするのは、初めてだったので、その部分が少し気になっていました。 ちょうど、フランスで育児が始まった頃、友達もいなくて子供も小さくて家に引きこもり、 [続きを読む]
  • 「新しい波」は自分で起こす
  • 夏のバカンスが終わってから、なんとなく、まったりした気分が続いていました(笑)。 8月は、コーチング、コンサルともに新規募集はせずに、以前からの継続フォローの方数名とのやり取りのみでした。 あとはひたすらバカンス(笑)。 そんな調子だったもので、9月に入ってからも、まだどこかふわふわとした気持ちが漂っていました。 そろそろ、仕事を含め、全般的に日常のペースを活発化させていきたいな〜という気持ちがあ [続きを読む]
  • 子供に言う事を聞いてもらうための裏技(笑)
  • 「大人の接し方ひとつで子供の反応は変わる」 とか、 「親のかかわり方は、子供の能力に大きく影響する」 とかよく聞きますが、最近、自分の経験を通しても、 「言い方の工夫」が結果に違いを生む、という事を感じる瞬間が多くて、 今日はその一例を。 先月、バカンス中の話になりますが、家族で車に乗っていた時の話です。 4歳の娘は歌が大好きで、長距離ドライブになると、よく車内でかなりのボリュームで歌を歌います。 [続きを読む]
  • 語学の勉強と、家族との関係
  • 語学の勉強法を教える仕事をしている私ですが、受講の感想としてよく言われる事が、 語学という枠を超えて、自分の在り方そのものまで見つめる機会になった、 という事です。 直近で受講を終えた方からの感想としても、 「このコンサルは、人生のコンサルなのか?」 と思うほど、今までなんとなく見ないふりをしていた事に向き合う期間となりました、 という感想を頂き、なるほどな〜と思ったのでした。 もちろん、内容は「語 [続きを読む]
  • 去年の今頃のミラクルを思い出す
  • 日本に生活拠点を移してから、ちょうど一年が経ちました。 あの時の事を振り返って思う事は、 「無知って、すごいよね」 という事(笑)。 無知は、「不可能を可能にする魔法」とさえ思います。 というのも、 私たちは、フランスから東京に、家がまだ決まっていない状態で引っ越してきて、5日間で家を決めて、6日目にカギをもらい、ちょうど一週間目の朝に、入居しました。 しかも、希望していたエリアに、願い通りの広い公園 [続きを読む]
  • パリからの嬉しいお便り
  • 数か月前にコンサルを受講されたYさんから、メールを頂きました。 叶えたい夢があり、思い切って単身渡仏した彼女。 「まずはフランス語を!」という事で、半年間ほど日々一生懸命語学の勉強に取り組むものの、思うように伸びが感じられず、、、、 たしかそんな状況の時に、コンサルを受講して下さったと記憶しています。 あれからしばらく経ち。 今日届いたメールには、 目標のひとつだった試験に関しては、狙っていたライン [続きを読む]
  • 結婚式で考えた事
  • 今日は朝から大好きなお友達の結婚式に招かれ、いそいそと出かけてきました。 友人の晴れ姿を見る事はもちろん、懐かしい人たちに会えるのも、とても楽しみにしていました。 彼女は大学時代の友人。私は去年まで約6年間フランスに住んでいたのもあり、こうした、旧友と集まる機会となるような場には、ずっと出られていませんでした。 それもあって、みんなとの再会は、大学卒業以来。十数年ぶり! それなのに、みんな変わ [続きを読む]
  • 子供のこういう所、伸ばしてあげたい。
  • 昨日の夕方、子供部屋で何やら作業をしていた子供たちに、 「おかあさん、ちょっと来て来て!!^^」 と呼ばれました。 二人で「お化け屋敷」を作ったとか。 どれどれ、、、、と思って部屋に入ると、、、 真っ暗。 何も見えない(笑)。 「お母さん、こっちにお化けいるよ〜〜!!」 とおどろおどろしい声色で言われるのだけど、暗くてそのおばけさえ見えない(笑)。 というわけで、懐中電灯を持って出直しました。 [続きを読む]
  • 「変わりたい」と思った時、私がやった事
  • 私は今、語学の勉強法を教える事、目標達成のサポートをする事を主な仕事として活動していますが、それらを通してたくさんの人と接していると、気が付く事があります。 それは、どんどん変わっていく人は、まず言葉が変わっていく、という事。 私自身、「変わりたい」「このままじゃいけない」と思った時から、言葉、特に「口にする言葉」には、ものすごく気を払うようになりました。 自分自身言葉に対して敏感であるので、自 [続きを読む]
  • 義理の家族との関係が良くなったひとつのきっかけ
  • 一年前にリリースしたメルマガ(※記事最後に載せています)があるのですが、ここ一か月くらいの間に登録&講読して下さった方が結構います。 ありがたい事に、その感想を、最近立て続けに頂いているのですが、それらのメッセージを読んでいて、「これはシェアしておきたい」と思う事が出てきました。 まず感想を読みながら感じた事は、旦那さんの転勤、結婚等でフランスに来たのはいいけれど、言葉もままならず、文化も異なる [続きを読む]
  • やればやるほど楽しくなる
  • フランスに一か月行ってきて、田舎の生活をたっぷり楽しんできたせいもあるのか、また語学に対する胸キュン度(笑)が高まっています。 何事もそうだと思うのですが、語学もやっぱり、「やればやるほど、楽しくなる」、そういうものだと感じます。 何からやれば、、、、とか、どこから始めれば、、、とか、 止まっている状態のものをスタートさせる、もしくは再スタートさせるのにあたり、 二の足を踏む理由は、無限にあります [続きを読む]
  • 再出発と、「ホーム」。
  • 昨晩夜遅く、無事自宅に帰ってきました(^^)。 義実家の家を出発してから時間にすると、長い旅でしたが、「あれ?もう着いた?」という感覚で、あっという間に東京に降り立ちました。 あっという間だったのは、子供も赤ちゃん期と比べると、それほど手がかからない、というのもありますが、読書に没頭したのが大きかったです。 滞在最終日、ものすごいハードスケジュールの合間を縫って、機内での子供たち用の暇つぶしグッ [続きを読む]
  • ありがとう、田舎の夏休み
  • 田舎滞在もいよいよ最終日。明日には、東京目指して長い旅が始まります。 なんせ田舎なもので、義実家を出てから東京の自宅に着くまで、24時間以上かかります(汗)。 「遠足は、家に帰るまでが遠足!」と小学校の時に習いましたので、自宅に到着するまでしっかりと楽しんでいきたいと思います♪ フランスでの夏休み、終了に当たって思い出すことは、やっぱり、子供たちを交えての、楽しかった場面のあれこれ。 というわけで [続きを読む]