せいざん さん プロフィール

  •  
せいざんさん: 時々休み、病は気から
ハンドル名せいざん さん
ブログタイトル時々休み、病は気から
ブログURLhttp://seizanyomo.blog.fc2.com/
サイト紹介文バセドウ病の手術後再発、アイソトープ、今度は乳癌、皮下全摘術、自家移植による同時再建。ホルモン療法中
自由文バセドウ病歴20年。抗甲状腺剤の副作用で血管炎。手術後は再発。アイソトープ治療が終わったら今度は乳癌だそう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/03/16 17:34

せいざん さんのブログ記事

  • 不健康なのは自業自得?
  • ある日先生から「これからコレステロールを抑える治療をしましょう!」と言われて、びっくり。世の中、自分程度に悪い人はざらにいるはずなのに治療の必要なんてあるのでしょうか?答えは「ハイ」生命予後が大きく変わるような病気を発症してしまうと本人や、周囲はもちろん、医療費を支える国も困ります。具体的には脳梗塞、心筋梗塞、透析、というところでしょうか。発症リスクが高い患者は予防医療に力を入れようということらし [続きを読む]
  • ドキドキは恋のせい、じゃなく不整脈
  • 突然動悸が始まり、しばらく続くのが辛い。なんとかならないものだろうか?ということで出かけたところ”発作性頻拍”だろう〜ということになりました。これは突然、発作的に頻拍になるという不整脈。名前の通りじゃないか、と思うかもしれませんが、そもそも健診で指摘され循環器内科へ紹介状を書かれた原因は”QT延長”という通常より脈の間隔が長くなるという病態です。矛盾してる気がするのですが、心室頻拍はQT延長症候群に由 [続きを読む]
  • 入院中の写真
  • 昨日探し物をしていると、以前入院中に撮った写真が1枚出てきました。同室の人たちと病室で撮った集合写真です。背景は病室の壁ですから何にもないのですが、ベッドとか、ベッド廻りとか病衣とかやはり時代を感じます。(ベッドや床頭台はスチール製だったし、病衣は無料だった為ほとんどの人が利用していた)入院中に写真を撮るのはよくない、などと巷では言われています。一説には「入院中に写真を撮ると死んでしまう」という説 [続きを読む]
  • 眠れない夜
  • 夜目が覚めると病院でした。というのは夢で、よくよくあたりを見渡すと自宅の部屋でした。入院体験というのはやはりかなり印象的で、なかなか忘れられない光景です。廊下からひびく足音、食事を運ぶワゴンの音、夜間にナースが回ってくるときの懐中電灯の光、隣のベッドの人がポータブルトイレを使う気配や音、急変時の慌ただしさ、隣で急に灯る灯り夜更けにベッドの柵を越して窓から白々見える景色、朝までの時間夜間ふと目が覚め [続きを読む]
  • わざわざ受診するには理由がある
  • 診察券を窓口に出すとき、受診して良いものかどうか時々迷いませんか?予約診察で定期的に行くのは悩まず済むのですが、具合が悪くて初診で、というとき結構私は迷います。風邪で診察に行くときなども『大したこともないのに病院なんか来るな!』と実は思われてるんじゃないだろうか、と思いながらも恐る恐る診察券を出します。なので、受診の時に限って熱が下がってしまったりすると、風邪患者として説得力に欠けるのでは?なんて [続きを読む]
  • 病院で怒鳴り散らす患者
  • 風邪で病院へ。時節柄、病院は同じような症状の人が一杯で大混雑。長い待ち時間の後ようやく診察室へ呼ばれ、かくかくしかじかと症状を訴えていると「これ以上待ってられるかっ!」「早く薬を出せ、何時まで待たせるつもりだ、バカにしてるのか」「対応がなってないわ」随分気の短い患者が待合室にいるようです。怒鳴り声の後、『ガシャ〜ン』と何かに倒れるような音が聴こえて、思わず中腰に。一体何事が起きているのだろうか?先 [続きを読む]
  • 少し昔の病院
  • 相変わらず長い待ち時間はあるものの、待合室は以前に比べ便利になりました。今はどこでもあるデジタルボード。これがあるおかげで聞き逃しを心配しなくてよくなりました。これが導入される前は、患者さんの名前って、マイクで呼んでたんですよね。「〇〇さん、〇〇さん、〇番診察室へお入りください」と外来の先生などが結構早口で、聴き取りにくい音声で呼ぶのです。聴き取りやすい語感の人はともかく、似たような名前の人が大勢 [続きを読む]
  • 高血圧になってしまった?
  • 先日病院で測ってもらったところ「160−105」ととんでもない数字が飛び出し腰を抜かしそうになりました。若いころは上が90とか100とかいう時代もあったのに。。。(いつの時代?)上はともかくも、下が高いのが気になるところ。常日頃高いのか、単に病院で測ると高く出るのか?病院や白衣の人に測られると血圧が上がるのは「白衣性高血圧」と言われます。少し神経質な人には時々ある出来事だそう。昨今白衣の人なんて少 [続きを読む]
  • 通院日
  • 朝からすごい雪でした。なぜゆえこんな日に病院に行かなければならないのだろう。今更なことをぶちぶちぼやきながら待合室へ。本を読む気分でなかったので、待合室の人間模様を観察することに。酸素ボンベをつけた車いすに乗った女性の傍らで立っている家族。かなり大きいゲージで編んだと思われるピンク色のニットを着用。なかなか見ない色合いですが、この人なりのお洒落なのかもしれません。病院だからどんな格好でも良いとは思 [続きを読む]
  • 乳房再建の悩み 有給はとれるのか?
  • 最初は頑張った割に、結局中途半端なまま置いている乳房再建。素っ裸にならない限り日常生活は他の人と変わりありません。大浴場へ行くとき多少気になることはありますが、湯気の向こう越しでは定かにわからないだろう、と思うことにしています。そうとでも思わなければ、やっていられないというか。鏡を正面から見ると、結構落ち込みます。最初は、術前とそっくりに出来上がるのかと思っていたのですがそっくりとまではいかないで [続きを読む]
  • 予約診療での待ち時間の許容範囲
  • 大学病院での待ち時間というのは異様に長いです。午前中の予約なら1時間〜1時間半、午後遅くともなれば2時間越えもアリでしょうか。予約無でなんか行ったら、一体どにぐらい待たなければいけないのか想像もできません。1番診察、9時を指定したこともありますが、やっぱり遅れてました。先生が外来病棟へ来ることそのものが遅れていたりします。待ち人ばかり増え、一向に「診察」のランプが灯らないので、結局イライラが募ります。 [続きを読む]
  • 自分へのご褒美にイチゴを買う
  • 美味しそうなイチゴが道の駅で出ていました。最近は色んな種類がありますよね。さちのか、こいのか、あまおう、紅ほっぺ、淡雪色々種類があり糖度とか酸味など品種の特徴を読み比べて通路でうろうろ。目を付けた「ことか」は1パック8個入って1200円ぐらい。う〜ん、贅沢品だなぁ。迷っていると隣にイチゴのバラ売りがあるではありませんか。容器に1粒だけ恭しく入ったものが200円からです(かなり大きい)よくよく考えると結構高い [続きを読む]
  • ホルター心電図体験談
  • 「ホルター心電図をつけたまま普段通りの24時間を送ってください」と言われて病院を後にしました。普段通りなら会社に行かなければなりませんが、ホルター心電図は取り付け、取り外しまで入れると2日間かかる検査なので勤務は入れてません。満員電車にも乗らず、出かける予定もない。病院以外は家で過ごすだけです。先生は家の階段を何度か上がり降りするようにと言われましたが狭い家ですから駅の長い階段と違いそう苦しくなるな [続きを読む]
  • 最近不整脈が多い気がする
  • 不整脈(頻脈)が急に夜中とか休んでいるときに起こり目が覚めます。夢見が悪いからなのか、トイレに行かなければいけないからなのか?暫く観察していたものの、増加傾向なのが気になるので循環器内科へ行ってきました。以前から『洞性不整脈』(脈を打つ間隔がバラバラ、速かったり遅かったりする)はありそれは健康な人でも見られるもので問題は無かったのですが。。。ところが今年の健康診断では「徐脈、リズムが延長してるので [続きを読む]
  • 医師の白衣について考える
  • 医師や看護師など医療従事者と聞けばイメージする白衣ですがこの頃減ってきました。今の病院の診察着は割合皆カラフルです。多いのがスクラブと呼ばれる診療着でしょうか。緑、青、黒、結構派手な色目です。血とか汚れが目立ちにくいのかもしれませんが外科処置がある医師や救急が着るのはまだわかりますが、内科系で着ているのはよくわかりません。敢えていうなら洗濯が楽だからかな?なんて思います。いくら機能性素材で出来てい [続きを読む]
  • マンモグラフィの撮影で
  • 通院している病院では、マンモグラフィ撮影室の前に中待合室があります。撮影に時間がかかるせいか待合では、ヒーリング系(自然系)画像がTVで流れています。椅子にかけると目線の先には、ヤシの木と花のモチーフが所々に飾ってあります。飾り方がインテリアを意識したという感じでなく、普通のおうちにあるような感じで、なんとなくほっこり和む空間です。技師さんかどなたかがちょっとした気配りで場を和ませるために飾ったのか [続きを読む]
  • 待合室で話し込む人たち
  • 季節柄、風邪などの患者で混みあっている総合病院の待合室。その中にひときわ賑やかそうな団体がいました(前回書いた病院とは違う)漏れ聞こえてくる会話によると同時期に入院していた人たちが偶然(?)再会した模様。リハビリ、腰、骨という言葉が飛び交っているところを見ると整形外科だろうと思われますが、井戸端会議が開かれているのは内科前の待合室。整形外科の前で集まればよいのに、何故ここで集うかなぁ。明かに具合が [続きを読む]
  • 病院の待ち時間
  • 診察室の前はあまり混みあっていないように見えました。「まあ、この状態なら30分程度で呼んでもらえるだろう」と思い電子リーダーを開きました。ところがライトノベルを1冊読み切ったにもかかわらず、一向に呼ばれません。時計を見ると待ちだして1時間半をとうに過ぎています。急患が入ったとか、難しい症状の患者がいるとか。。。自分なりに納得のいく理由を考えようとしますが、当てはまりません。何故なら自分より後から来て問 [続きを読む]
  • 子宮体癌検査の痛み
  • 基本「痛い」検査なので、やはり検査予約は憂鬱です。時々「痛くなかった」と話す人がいますね。痛みの感じ方は人それぞれだから、そういう方もいると思うのですが「痛いのは身構えて身体を堅くしてるからじゃないの、リラックスだよ」などとあまりしつこく言われると『痛いと感じるのは本人の意識の持ちよう、大げさなんじゃないの、我慢が足りない』言われているようで、「痛い」という言葉を否定されている気もします。痛ければ [続きを読む]
  • 子宮筋腫 大きくなっていた
  • 重い腰を上げて婦人科へ。このところ腹痛は無いし、貧血気味なことも無いのですが「頻尿」は何とかしたいところ。昼間はともかく夜トイレへ何度も起きるのは面倒です。子宮筋腫のせいで頻尿になったのであれば、婦人科の治療出来るかも。泌尿器科の膀胱鏡検査よりは婦人科内診の方がまだまし、ということでまず婦人科へ行くことに。案の定、子宮筋腫は前回のジャガイモサイズから更に2?育っていました。「頻尿は子宮筋腫のせいな [続きを読む]
  • 入院用カバン
  • 予定はないのですが、とりあえずいざというときに備え一応おいています。防災グッズよりは使う頻度が高いです(今のところ)下着やパジャマ、食器類は院内の売店で揃うため、それらは入れてません。入っているのは慌ててると入れ忘れたり、院内で入手できるとは限らないものでしょうか。(出来ても種類が少なく選ぶ余地が無かったりする)☆お役立ち1、延長コードこれはベッドでゴロゴロしながら電子機器を使うための必需品。電源 [続きを読む]
  • ニューイヤーコンサートでお祝い気分
  • 少しだけお洒落してお出かけしてきました。オーケストラに、バレエや歌もついてて盛りだくさんで楽しめました。びっくりしたのは指揮者のオーラ・ルードナーがヴァイオリンの弾き振りだったこと。ピアノの弾き振りは時々見かけますが、ヴァイオリンは初めて。弓を指揮棒に見立てての演奏は、ある意味ピアノより合わせやすそうだけどすごく技量が要りそう。ヨハン・シュットラウスⅡもヴァイオリンの弾き振りをしたといいます。思い [続きを読む]
  • 初詣 おみくじを引く
  • 新年あけましておめでとうございます。年始といえばやはり初詣。今年一年を幸せに、充実したものにしたい!ということで早速出かけてきました。参拝の後のお楽しみはやはり「おみくじ」です。年の初めの運試しということで気合いを入れて引くと「半吉」初めて引きましたが、吉凶半ば、今一つっぽい感じです。気になったので調べてみると吉の半分、末吉よりは上(?)なのだそう。でも書いてある内容は散々でした。おみくじというの [続きを読む]
  • 不整脈
  • この頃どんどん徐脈になってきた。夜間目が覚めると、以前は頻脈でドキドキしてることが多かったのですが。。。この頃は鼓動がとてもゆっくりです。速いとバセドウ病の再発が疑われますが、脈が遅い分には問題はないだろう〜と思ってたのですが逆に遅すぎて「洞性不整脈、QT延長」と説明されました。前者は時々脳の虚血から失神したり、眩暈、ふらつきを起こすことがあるとのこと。後者は突然死の可能性があるため精査が必要らしい [続きを読む]
  • 子宮筋腫
  • 近頃急に尿が近くなり、『たぶん、過活動性膀胱なのだろう。。。』と思い込んでました。「年をとるって嫌ですよね、トイレが近くて」なんて乳腺外科の診察時、愚痴ってるとパラパラとカルテを繰っていた先生が、ふと手をとめ「子宮筋腫によるものかもしれないですよ、膀胱は子宮の傍にあるので、筋腫が大きくなると、 圧迫されやすくなるから」と言います。「閉経が近いから筋腫って小さくなるのでは?」「婦人科へ行って聞いてき [続きを読む]