suzu さん プロフィール

  •  
suzuさん: つづまやかな家の庭ぐあい
ハンドル名suzu さん
ブログタイトルつづまやかな家の庭ぐあい
ブログURLhttp://saiwaikazoku.blog.fc2.com/
サイト紹介文わたしらしく慎ましく穏やかな生活を心がけています。丁寧に生きる人との出会いを大切にしています。
自由文どんな生き方も否定しない、しっかり寄り添って話が聞けるカウンセラーを目指して、ただいま勉強中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2014/03/18 12:27

suzu さんのブログ記事

  • 脱力して、心に満ちてくることは
  • 地は主の慈しみに満ちている。 日本聖書協会『聖書 新共同訳』 詩編33編 5節頑張ると夏バテしそうなので、目の前のことを終わらせよう、終わらせようと念じながら日を過ごしています。頑張れない日が続いても、ご飯はおいしいし、何とか仕事ややらなければいけないことは終わっていくし、夜は寝られる。それだけでもありがたいと感謝がわいてきました。地は主の慈しみに満ちている。 御言葉の通りだなあと思います。「探し物は何 [続きを読む]
  • 泣きっ面に蜂の状況に力が抜ける
  • 今日から子どもは一泊の教会学校のキャンプに行きました。久しぶりに、夫婦二人の時間を過ごします。ちょっと前までは、子どもがいないとほっとして、どこかにドライブに行こうかなどど考えていましたが、今は…母の介護と義兄の家の片付けに疲れて、言葉もなくだらだら過ごす休日になりました。この暑さもこたえています。家族皆が、この夏を元気に過ごせるよう祈るばかりです。(-人-)さらに今日、動物好きの妹が親戚から預かった [続きを読む]
  • 夏休みの落とし穴
  • 外にいるとうんざりとする暑さですね。家から出たくない感じです。が、先ほど子どもたちは外遊びに出かけました。(*_*;終業式の日も今日と同じ暑い日でした。子どもたちは解放感いっぱいで、外で遊んでいたようですが、わが子は熱中症のようになり、ふらふらになったと話してくれました。楽しい気持ちが先行して、ふらふらになっているのに気が付かなかったようです。今日は、しばらく家の中で遊んで、長時間戸外にいない作戦を立 [続きを読む]
  • 他人の目を通してみることの大切さを学ぶ
  • 昨日、母の介護プランを考えるためにケアマネジャーさんと一緒に話をしました。母が介護認定を受けるきっかけを作ったのが、このケアマネジャーさん。母のかかりつけ医院に併設されている居宅介護支援事業所の方です。担当者会議といって、サービスがスタートする前に、その人にとって必要と思われるサービスの責任者が当事者や家族と一緒に話し合う時間があります。昨日はその担当者会議に出席してもらうサービスを選択するための [続きを読む]
  • 片付けは攻撃的な気持ちを発散する?
  • 入院中の親戚の家を片付けてきました。昨日、犬を無事転居させたので、思いっきって片付けができました。「男やもめに…」といわれていますが、まさにその言葉のままの状況。ああそれなのに、片付けたいという気持ちが止められないのはなぜなのか?片付け好きという自覚はないのです。でも、片付けを怯むような状況であっても、作業の後、整然とした姿を眺めていると、脳内麻薬(αエンドルフィン)がド〜ッと出るような感じがある [続きを読む]
  • 2017 第29聖日
  • わたしは失われたものを尋ね求め、追われたものを連れ戻し、傷ついたものを包み、弱ったものを強くする。しかし、肥えたものと強いものを滅ぼす。わたしは公平をもって彼らを養う。 日本聖書協会『聖書 新共同訳』 エゼキエル書 34章 16節 [続きを読む]
  • 一人暮らしの高齢者にペットは必要か?
  • 一人暮らしの親戚のことでちょこちょこ動いていますが、緊急に解決しなければならないことは、飼い犬のこと。まだ3歳の室内犬なので、まだまだ長生きをすると思います。飼い主も、60代だったので十分飼えると思っていたのでしょう。でも療養生活が長引きそうなので、落ち着き先を探さなければならなくなりました。で、次の飼い主の候補にあがったのが、これまた一人暮らしの高齢者。70歳になったばかりです。さっき話をしたら [続きを読む]
  • 揺るぎのない土台の上に立った安定した人生
  • 私たちはどうして生まれ、どこに行くのでしょうか?そのことを知らない人生は、不安定なものではないのでしょうか?いつも、何かを探している…。それがどうして必要なのか確かな答えを持たないままに、です。しかし、神が据えられた堅固な基礎は揺るぎません。そこには、「主は御自分の者たちを知っておられる」と、また「主の名を呼ぶ者は皆、不義から身を引くべきである」と刻まれています。 日本聖書協会『聖書 新共同訳』 テ [続きを読む]
  • 2017 第28聖日
  • しかし、神が据えられた堅固な基礎は揺るぎません。そこには、「主は御自分の者たちを知っておられる」と、また「主の名を呼ぶ者は皆、不義から身を引くべきである」と刻まれています。 日本聖書協会『聖書 新共同訳』 テモテへの手紙二2章 19節 [続きを読む]
  • 病状がどんどん変化すると、気持ちも揺れる
  • 一人暮らしの親族の見舞いに家族で行って来ました。病状は深刻なのでしょう、面会に行った直後は心拍の数値ははナースステーションに送られるタイプのものでしたが、親族の家に行って用事を済ませている数時間の間に病室にモニターが持ち込まれていました。どうも、寝ている間の心拍数が低くなったようです。また、とても気になることがあるようで、「外出をさせてくれ」と看護師さんに訴えていました。外出できないことを告げられ [続きを読む]
  • 寿命は人の予測を超えたものと実感
  • 身内が命に係わる大病で入院しました。詳しい結果はこれからですが、検査検査の毎日が続いているようです。もともと病気知らずなその人、何度も大きなけがをしながら奇跡的に生き延びてきたようなところがあります。まさか、大病を患うなんてと、私たち家族は軽いショックを受けています。お正月に会った時、少し体調の変化があったようなのですが、加齢のためだと誰もが思いました。今になって思えば、大病の前兆だったのかなあと [続きを読む]
  • 歩いて感じる癒しの風景
  • 日常生活で出会った癒しの風景です。職場から帰ろうと外に出た時、雨はほとんどやんでいる状態。風が少しあったので、傘を差さずに駐車場までの5分ほどを歩きました。その時、ハトが小枝をくわえて、私の頭の1mぐらい上を飛んでいきました。ハトが小枝の形までわかるくらい低く飛んで過ぎていくことは初めてのことで、ちょっと嬉しくなりました。燕なら低く飛ぶこともあるのだけどね。そして、風が少し強い日のこと。街路樹のある [続きを読む]
  • 気弱い人の生きる知恵
  • 実家の片付けをしながら、家族の歴史を振り返っています。父も母も地位も名誉も力もない中で頑張ってきたことを確認できました。(*^-^*)特に母は心配性で気弱い性格。その中で、母があきらめたこと、大切にしたこと、耐えたことを改めて具体的に感じることができました。すべてが、母なりの生きる知恵だったのだろうと思います。気弱い母に育てられたので、多く望むことがなく、つつましく生活することが身についたのかなあと思い [続きを読む]
  • 心のエネルギーを使いすぎたら
  • 皆さまの健康のバロメーターは何ですか?バロメーターになるものを持っておられますか?バロメーターになるものを意識していると、生活を上手に切り替えられるようになって、セルフケアになるのじゃないかなあと、常々思っています。心のエネルギーが枯渇してしまう前に、休息をとることが必要ですよね。私は最近、毎日のように雑事に追われ、ゆっくり御言葉を味わう時間がありません。御言葉を味わう時間は私にとって、心の健康の [続きを読む]
  • 2017 第27聖日
  • あなたの重荷を主にゆだねよ主はあなたを支えてくださる。主は従う者を支えとこしえに動揺しないように計らってくださる。 詩編55編 23節 [続きを読む]
  • 発酵調味料を手作りしてみた
  • 健康のため、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を食べるようにしています。昨年までは塩こうじを作っていましたが、子どもが飽きてきたというのでしばらく作っていませんでした。今年になって、醤油屋さんの生醤油こうじをいただくことがありました。もろみのスマートな感じでしたが、家族の食が進んだので手作りしてみることに。作り方はとってもアバウト。乾燥こうじに醤油とみりんを適当に加え、時々混ぜながら2週間ほどで出来上 [続きを読む]
  • うまくいかないときは、立ち止まって見ると発見がある
  • 今日も目の前の問題に取り組みました。(*^-^*)専門家に相談して、教えられたように動いて、また教えてもらって、それを家族に伝えて、家族が動いて、また新しいことを教えてもらって、来週また、私が家族と一緒に動く。という段取りになりました。(具体的じゃないのでわかりにくいですよね〜)とにかく、亀のようにしか進まんのですわ。一歩進んで立ち止まっての繰り返し。物事の進んでいかない感じがとっても嫌だったのだけど、 [続きを読む]
  • 進め進め
  • 目の前の問題に対して、いろんな人に相談をして、相談窓口にも行ってと忙しい毎日でした。介護がらみの問題なので、職場に頼もしい人材がそろっていいてよかったなあと思います。老人に対する悪徳業者の話も出てきて、もっと勉強しなきゃなあと思います。明日に備えて、このあたりでおやすみなさい。今日も一日お疲れ様です。安らかな休息の時を過ごされますように。下のボタンを 一回、お願いします。次も頑張って書こうと [続きを読む]
  • 成長の前に土に潜る
  • いつものサイクルならば、月曜日に書くものを、今日書いています。今週は、いろんなことがあり、頭の整理がつかなくて、み言葉を呼んでも何も思い浮かばなかったのです。梅雨の季節で、どんどん木々が大きくなっています。水ってありがたいなあと思います。彼らは草の生い茂る中に芽生え水のほとりの柳のように育つ。 日本聖書協会『聖書 新共同訳』 イザヤ書 44章 4節大人になっても心の成長期ってるのでしょうか?私はここ数年、 [続きを読む]
  • 毒蜘蛛パニック事件
  • 今日は閲覧注意です。先日、我が家の中に小さな黒い蜘蛛が潜んでいるのを発見。背中には赤い模様が!!!ええそこから、大慌てですぅ。話題のセアカゴケグモか(@_@;)って。なんせ、外国では噛まれて死んだ人もいるらしいですから。調べに調べて、明らかに赤い模様が違うので、セアカゴケグモではなくフノジグモではないかということになりました。毒はなく、本州中部以南、四国、九州に生息しているようです。ほっ。最近のニュー [続きを読む]
  • 人の能力にはバラつきがあるのが当たり前と思ったこと
  • 今日は子どもの学校の講演会に参加してきました。テーマは発達障害で、当事者の方が話をしてくださいました。最近では大人になって発達障害と診断される方もあって、どんな苦労があるのか耳にすることもあります。今日は当事者ならではの詳しく聞くことができてとても参考になりました。私もこだわりの強いところがあり、上手に転換できないこともありますが、こだわりは人それぞれ。今日の講師の方は、弁当が苦手。理由は冷たい食 [続きを読む]